釈尊の仏教

五時八教 法華経 仏教の流転



第一章 釈尊の生涯

ご投稿:やんま様

 釈尊(しゃくそん)とは、「釈迦牟尼仏(しゃかむにぶつ)」の略称で、「釈迦」とは種族の名称、「牟尼」とは聖者(せいじゃ)、「世尊」とは仏のことを指します。釈迦族出身の聖者・釈尊は、一般に「仏陀(ぶっだ)」と称され、これは真理を悟(さと)った人(覚者(かくしゃ))という意味です。

 この仏陀である釈尊の説かれた教えを「仏教」といいます。


1.釈尊の出現以前

 古代インドでは紀元前(きげんぜん)3000年頃から前2000年頃に、インダス河流域を中心にインダス文明が発達しました。

 この文明を築いた民族は、先住民のドラビダ人・インダス人・ムンダ人等でしたが、前1500年頃、中央アジアからアーリア人が侵入(しんにゅう)して先住民(せんじゅうみん)を征服(せいふく)したことによって、自由人(アーリア人)と隷属民(れいそくみん)(先住民)とに大別(たいべつ)されるようになっていきました。

 アーリア人は、ガンジス河流域を中心とした地域に独自の社会を形成し、そのなかで次第にバラモン(司祭者(しさいしゃ))、クシャトリア(王侯(おうこう)・武士)、ヴァイシャ(庶民)の三つの階級を定め、さらにその下に先住民をシュードラ(隷属民)として置き、これを使役(しえき)するようになりました。この四姓(しせい)(ヴァルナ)制度はカースト(血統・家柄)といわれ、時代が進むにつれてさらに細分化されて現在に至(いた)っています。

 また宗教的には、アーリア人は自然現象を神として崇拝(すうはい)し、その賛歌(さんか)や祭祀(さいし)・呪詩(じゅし)が四種(リグ・ヤジュル・サーマ・アタルヴァ)のヴェーダ聖典としてまとめられました。そして、これらの四ヴェーダに対してさまざまな注釈書が作られ、なかでも祭式(さいしき)の細かい規定が定められた『ブラーフマナ』には専門の知識を必要としたため、司祭者(バラモン)の力が強くなり、その結果としてバラモンがつかさどる宗教(バラモン教)は発生し、その後、さらにヴェーダに述べられている賛歌や祭祀の意義をもととして、輪廻(りんね)からの解脱(げだつ)を追求したウパニシャッド哲学(奥義(おうぎ)書)が生まれました。

 また、釈尊が出現される頃には、既成のバラモンを否定して自由な思想を展開する六師外道(ろくしげどう)と称される六人の思想家(沙門(しゃもん))がいました。これらの思想は、アジタの唯物論(ゆいぶつろん)、プーラナの道徳否定論、パクダの七要素説、マッカリの決定(けつじょう)論(宿命論)、サンジャヤの懐疑論(かいぎろん)、ニガンタの苦行論(くぎょうろん)等で、このうちニガンタは自らジナ(勝者)と称し、ジャイナ教の祖となっています。

 これらの思想や宗教は、いずれも因果の道理を無視し現実から遊離した教えで、社会や民衆を救うものとはなりませんでした。したがって、この低級な思想や宗教の影響によって、当時のインドでは16の大国や多くの小国とが互いに争い、社会はいっそう混乱の度を増していきました。


2.釈尊の出現
誕 生

 釈尊は紀元前1000年頃、釈迦族の中心地・迦毘羅衛国(かびらえこく)(カピラヴァストゥ)城主である浄飯王(じょうぼんのう)を父とし、摩耶夫人(まやぶにん)を母として4月8日に誕生し、幼名を悉達多(しったるた)と名づけられました。このとき母の摩耶夫人は、当時の風習に従(したが)って出産のため生家へ帰る途中、ルンビニーの花園で太子を出産しましたが、産後の経過が思わしくなく、出産の7日後に亡くなりました。そのため太子は、母の妹の摩訶波闍波提(まかはじゃはだい)によって養育されました。

出 家

 悉達多太子は、王位継承者として文武両道にわたる教育を受けるなか、生母と死別したということもあり、少年期より思索(しさく)にふけることが多く、次第に人生の無常(むじょう)などを考えるようになりました。

 太子は16歳のときに耶輸陀羅(やしゅだら)を妃(きさき)に迎え、一子・羅ゴ羅(らごら)をもうけたことにより、後継ぎの問題が解決すると、かねて念願していた出家の志を果たすため、19歳の年の12月8日夜半、王宮を出て修行の道に入りました。

修 行

 出家した太子は、当時、バラモン教が盛んに行なわれていた南方の新興国である摩竭陀国(まかだこく)(マガダ)の首都・王舎城(おうしゃじょう)(ラージャグリハ)に向かいました。

釈尊出家の動機
釈尊の出家の動機の一つになったものに四門出遊の故事が挙げられます。
あるとき太子が迦毘羅衛城の東門から出ると老人に会い、南門より出ると病人に会い、西門から出ると死者に会い、生あれば、老・病・死もあると無常を感じ、さらに北門から出た時に一人の出家沙門に出会ったといいます。太子は、世俗の汚れを離れた沙門の清浄な姿を見て、出家の意志を固めたといわれています
 出家に反対する父・浄飯王(じょうぼんのう)は阿若橋陣如(あにゃきょうじんにょ)ら5人をたうかわして太子に城に帰るよう勧(すす)めましたが、太子の出家の意思が堅かったので、この5人を太子の侍者(じしゃ)としてともに修行させることにしました。

 まず太子は、禅定(ぜんじょう)の大家(たいか)といわれていた二人の仙人にそれぞれ師事(しじ)し、数論学(すろんがく)等を学んで禅定の極意(ごくい)を修得しましたが、人間の苦は禅定によって解決できないと悟ってそこを去りました。

 その後、太子は、尼連禅河(にれんぜんが)(ネーランジャラー河)の西岸にある森林に入り、呼吸を止める修行や、減食・絶食などの苦行を数年にわたって行ないましたが、それらは心身を極度に消耗(しょうもう)するのみで、悩みを根本的に解決するものではありませんでした。そこで太子は苦行を捨て、尼連禅河で身を洗い清め、村の牧女・難陀婆羅(なんだばら)から捧げられた乳粥(ちちがゆ)を飲み、心身ともに回復することができました。

 この姿を見た5人は、太子が苦行を捨てて堕落(だらく)したものと誤解し、別の修行を求めて波羅奈国(はらないこく)(バーラーナシー)ろ鹿野苑(ろくやおん)(サルナート)へと去って行きました。

Top
 
3.仏陀・釈尊  
成 道

 苦行の疲労から体力を回復した釈尊は、伽耶城(がやじょう)近くの森のアシュヴァッタ樹(じゅ)の下に座し、49日間にわたって独(ひと)り沈思黙想(ちんしもくそう)を続け、心身にわき起こるさまざまな魔軍(まぐん)を降伏(ごうぶく)して12月8日の早暁(そうぎょう)、ついに悟り(正覚(しょうがく))を開き、ここに仏陀(ぶっだ)(覚者(かくしゃ))となりました。このとき釈尊は30歳でした。

 これを「成道(じょうどう)」といい、このことにちなんで悟りを得た地を「仏陀伽耶(ぶっだがや)(ブッダガヤー)」と呼び、アシュヴァッタ樹は「菩提樹(ぼだいじゅ)」と名づけられました。

転 法 輪

 まず釈尊は、悟りによって得た境地を21日間にわたって、菩薩(ぼさつ)たちに説示されました。これが『華厳経(けごんきょう)』です。

 釈尊は、この悟りの法を人々に対して説くべきか否(いな)かを思惟(しゆい)されましたが、梵天(ぼんてん)の願いを受けて説法することを決意し、かつて修行をともにした5人の侍者(じしゃ)を想い起こして鹿野苑(ろくやおん)に向かい、この5比丘(びく)に対し、四諦(したい)・八正道(はっしょうどう)の説法を行って教化しました。このときの説法を「初転法輪(しょてんぽうりん)」といいます。

四諦と八正道

四 諦

迷いと悟りの因果関係を明かした4つの真理をいいます。
現実の世界は苦であり<苦諦>、
その原因は渇愛などの煩悩であり<集諦>、
これを滅すれば苦も滅する<滅諦>、

そのために8つの正しい道を行ぜよ<道諦>   
八正道
道諦の内容を構成したもので、悟りに至る八つの正しい道をいいます。
@正見・・正しい道理・見解を持つこと
A正思(惟)・・正しい思考
B正語・・正しい言葉
C正業・・正しい行い
D正命・・正しい生活法
E正精進・・正しい努力
F正念・・正しい念慮
G正定・・正しい精神統一















弘 教

 ガンジス河流域の各地を巡(めぐ)って衆生を教化していた釈尊は、王舎城(おうしゃじょう)に向かう途上、迦葉(かしょう)3兄弟とその弟子1000人の帰依(きえ)と受け、さらに王舎城にいたっては、摩竭陀(まかだ)国王である頻婆娑羅(びんばしゃら)を教化しました。

 次にナーランダー村では、2大バラモンの舎利弗(しゃりほつ)・目連(もくれん)が
弟子250人をひきいて仏弟子となり、また、故郷の迦毘羅衛城に(かびらえじょう)に帰ったときには、父の浄飯王(じょうぼんのう)、養母の摩訶波闍波提(まかはじゃはだい)、妃の耶輸陀羅(やしゅだら)、長子の羅?羅(らごら)、従兄の阿難(あなん)等、多くの同族を教化して弟子としました。

 その後も多くの者が弟子となり、特に舎利弗をはじめとする優(すぐ)れた10人の弟子は「十大弟子」と呼ばれています。
 さらに頻婆娑羅王(びんばしゃらおう)が竹林精舎(ちくりんしょうじゃ)を供養し、国内の人々に対する教化を願い、また須達長者(すだつちょうじゃ)が深く帰依して祇園精舎を供養するなど、釈尊の尊い教えにふれた人々が次々に弟子となり、外護者となっていきました。

 しかし一方、従弟の提婆達多(だいばだった)など釈尊の化導を妨害する者もおり、「九横(くおう)の大難」といわれるさまざまな迫害もありました。


釈尊十大弟子

 釈尊は多くの弟子のなか、特に優れた能力や徳を有した10人の弟子を次のように称されています。
舎利弗(しゃりほつ)・・仏説をよく理解したことから智慧第一
摩伽迦葉(まかかしょう)・・衣食住に関して少欲知足にてっしたことから頭陀第一
阿難(あなん)・・常に仏に給仕して説法を聞いたことから多聞第一
須菩提(しゅぼだい)・・よく空を悟ったことから解空第一
富楼那(ふるな)・・説法に長けていたことから説法第一
目連(もくれん)・・通力に長けていたことから神通第一
伽旋延(かせんねん)・・よく外道を論破したことから論議第一
阿那律(あなりつ)・・あらゆるものを見とおす能力を得たことから天眼第一
優波離(うばり)・・戒律を厳守することに優れていたことから持律第一
羅ゴ羅(らごら)・・戒を微細に守り保つことに努めたことから蜜行第一
祇園精舎建立の縁由

 「祇園精舎の鐘の音・・」(平家物語)で知られる祇園精舎とは、コーサラ国の舎衛城にあった僧院のことです。マガダ国の竹林精舎(仏教史における寺院第一号)、ビシャリ国の大林精舎とともに三大精舎と称されています。
 須達(給孤独・ぎっこどく)長者が、コーサラ国の祇陀(ぎだ)太子の所有する園林を購入し、精舎を建立しようとしました。長者の尊い志を知った太子は、その園林を喜んで寄進し、精舎の建設に協力しました。このことから両者の名をとって「祇樹給孤独園(ぎじゅぎっこどくおん)」、すなわち祇園精舎と呼ばれています。














真実の教え

 釈尊は、30歳で成道してより42年間にわたり、『華厳経(けごんきょう)』をはじめとして『阿含経(あごんきょう)』、『方等経(ほうどうきょう)』、『般若経(はんにゃきょう)』と順に法を説かれましたが、これらは、衆生の機根(きこん)を調(ととの)えて真実の教えに導き入れるための方便(ほうべん)の教えでした。

 そして釈尊は72歳のときから、8年間にわたり摩竭陀国(まかだこく)の霊鷲山(りょうじゅせん)において、『法華経(ほけきょう)』を説かれました。この法華経の説示こそ、釈尊がこの世に出現した一大目的であり、真実の教法だったのです。

4.釈尊の入滅
涅 槃

 8年間にわたって法華経を説かれた釈尊は、自らの入滅(にゅうめつ)が近いことを悟り、摩竭陀国(まかだこく)を旅立って拘尸那掲羅(くしながら)(クシナーラ)に向かいました。拘尸那掲羅に着くと釈尊は、一日一夜の説法といわれる『涅槃経(ねはんぎょう)』を説かれました。そして沙羅林(しゃらりん)の沙羅双樹(しゃらそうじゅ)の間に頭を北に向け、右脇(みぎわき)を下にして臥(ふ)し、心安らかに入滅のときを待たれました。こうして釈尊は悲しむ弟子らを諭(さと)し、紀元前949年2月15日、安祥(あんじょう)として80歳で入滅されました。

 この入滅のときには、大地は震動し、天鼓(てんく)が鳴り、沙羅双樹は白色に変じたといいます。このとき十大弟子の阿難(あなん)、阿那律(あなりつ)等の比丘(びく)たちは入滅をいたむ詩偈(しげ)を唱え、さらに阿難と阿那律の法話をもってその夜を過ごしました。

 そしていよいよ荼毘(だび)に付されることになり、在家の代表者が点火しようとしましたが、火はつくことなく7日間がたち、やがて嗣法(しほう)の弟子である摩伽迦葉(まかかしょう)が到着し、その手によって、ようやく火葬することができたといわれています。
 その後、弟子たちは、遺骨と灰(はい)を分配して8つの舎利(しゃり)塔と瓶(びん)塔、灰塔の十塔を建立し、釈尊を恭敬礼拝(くぎょうらいはい)し続けました。

Top