日蓮大聖人の御生涯

佐渡期

竜口法難 (発迹顕本)
 ぶんえい                                        まつばがやつ  そうあん    
 文永八年(1271)九月十二日、日蓮大聖人は、松葉ケ谷の草庵から鎌倉の街中を重罪人のように
            ひょうじょうしょ          へいのさえもんのじょう    さどるざい  
引き回されて評定所へ連行され、平左衛門尉より「佐渡流罪」をいい渡されました。しかしこれは表向きの
                                     ざんざい              くわだ
評決であって、内実はひそかに大聖人を斬罪に処する計画が企てられていました。事実、深夜になると
               たつのくち
大聖人は処刑のために竜口の刑場へ護送されています。
      つるおかはちまんぐう                               こわだか
 その途中、鶴岡八幡宮の前にさしかかったとき、大聖人は馬から下りられ声高に、
        
 「いかに八幡大菩薩はまことの神か」(種々御振舞御書 新編 1059)
 しっせき                                      いさ  
と叱責し、法華経の行者に対する守護はいかばかりかと八幡大菩薩を諌めれました。また由比ケ浜を
                         くまおうまる
とおり過ぎたところで、大聖人は熊王丸という童子をつかわして四条金吾に事の次第を知らせると、
                          じゅんし
金吾はただちに大聖人のもとに駆けつけ、殉死の覚悟で刑場までお供をしました。刑場に到着したとき、
             おえつ              
金吾はおもわず嗚咽しましたが、大聖人は、
    覚                                                          約束
 「不かくのとのばらかな、これほどの悦びをばわらへかし、いかにやくそくをばたがへらるゝぞ」
                                                          とつじょ      
(種々御振舞御書 新編1060) とたしなめられました。その処刑の瞬間、突如として江ノ島の方角より 
                            たちとり                          くら
月のような光り物が南東より北西に光り渡り、太刀取りはその強烈な光に目が眩んで倒れ伏せました。
                                                まど
 取り囲んでいた兵士たちも恐怖におののいて逃げ惑い、ある者はひれ伏すなどのありさまで、結局、
大聖人の命を断つことができませんでした。
                                          じょうぎょうぼさつ
 この大聖人の身のうえに起こった竜口における法難は、これまでの上行菩薩の再誕日蓮としての
かり    すいじゃくしん   はら      くおんがんじょ じじゅゆうほうしんにょらい                     ほんちしん  あらわ
仮の姿(垂迹身)を発って、久遠元初自受用報身如来即日蓮という真実の姿(本地身)を顕されたという
                     ほっしゃくけんぽん                                
重大な意義をもっています。これを「発迹顕本」といいます。
 このことについて大聖人は、
              こぞ               ねうし      くび             これ こんぱく  さど
 「日蓮といゐし者は、去年九月十二日子丑の時に頸はねられぬ。此は魂魄佐土の国にいたりて云々」
                                          くおんがんじょ   じじゅゆうほうしん
(開目抄 新編563)と明かされています。 この「魂魄」とは、まさに久遠元初の自受用報身としての魂魄であり、
                       と                                    かいげん
大聖人はこの竜口法難という身命を賭する大法難のなかで、久遠元初の御本仏としての御境界を開顕
されたのでした。

佐渡配流
たつのくち       くび                             えち                                         こうりゅう
竜口における頸の座の後、大聖人は、相模国依智(神奈川県厚木市)の本間邸に一カ月近く拘留されました。
    ぶんえい                            はいる     
そして、文永八年(1271)十月十日、佐渡配流のために依智を出発されました。そして同月二十八日に
                                                      さんまいどう
佐渡の松ケ崎へ着き、十一月一日には配所である塚原の三昧堂へ入られました。
極寒の地・佐渡の三昧堂での御生活は、
         さんや          らくよう  れんだいの                          いっけんしめん
 「塚原と申す山野の中に、洛陽の蓮台野のように死人を捨つる所に一間四面なる堂の仏もなし、
    板間          しへき                                                      敷  皮         みの
上はいたまあはず、四壁はあばらに、雪ふりつもりて消ゆる事なし。かゝる所にしきがは打ちしき蓑うちきて、
                ゆきあられ いなずま
夜をあかし日をくらす。夜は雪雹・雷電ひまなし、昼は日の光もさゝせ給はず、心細かるべきすまゐなり」
(種々御振舞御書 新編1062)
と記されているように、このうえなく厳しい状態でした。しかも島民たちは念仏信者であり、大聖人は常に身の
危険にさらされていました。
 このようななか大聖人は、翌年の一月十六日、塚原において領主・本間六郎左衛門の立ち合いのもと、
数百人の諸宗の僧らを相手に問答し、これらをいとも簡単に打ち破られました。問答が終り立ち去ろうとする
                              いくさ
六郎左衛門に対し、大聖人は、近いうちに鎌倉に戦が起こる旨の予言をされました。
                        そうどう
 その一カ月後、大聖人の予言は「二月騒動」という北条一門の同士討ちとして現れ、この予言的中により、
               いけい
島民の中には大聖人に畏敬の念を抱く者たちが出てくるようになりました。


佐渡期の御著作
                     はいる            しょうじいちだいじけつみゃくしょう しょほうじっそうしょう とうたいぎしょう
 日蓮大聖人は、佐渡配流中において『生死一大事血脈抄』『諸法実相抄』『当体義抄』等、五十篇を超える
                                                   かいもくしょう   かんじんのほんぞんしょう
多くの御書を著されています。その代表的な著述書に『開目抄』と『観心本尊抄』が挙げられます。
             ぶんえい                          とぼ   ごっかん      さんまいどう
 『開目抄』は文永九年(1272)二月、紙や筆の乏しい極寒の塚原三昧堂において著されました。
この書は、当時鎌倉の弟子や信徒たちのなかで、大聖人の佐渡配流によって信心に動揺をきたす者が
出てきたという一門の危機にあたり、それらへの教導と、さらには仏法に無知な末法の衆生の盲目を
開かしめることを目的として書かれたものでした。
 この『開目抄』には、身命にも及ぶ法難を受ける日蓮大聖人こそが法華経の行者であることが示され、
            しゅししんさんとくけんび
さらに末法における主師親三徳兼備の仏が御自身であることを明示されており、このことから同抄は
にんほんぞんかいけん
「人本尊開顕の書」といわれています。
                                       いちのさわ
 「観心本尊抄」は、翌年四月二十五日、一谷において著されました。この書は、
     とうしん             そえじょう
 「日蓮当身の大事」 (観心本尊抄副状 新編662)
と示される重要書で、その内容は、末法のはじめに本仏大聖人が出現し、一切衆生のために寿量文底下種の
                                       ほうほんぞんかいけん
本尊を建立されることが明かされています。このことから当抄は「法本尊開顕の書」といわれています。
 大聖人は、
         佐 渡                     いぜん                    にぜん       お
 「法門の事はさどの国へながされ候ひし已前の法門は、たゞ仏の爾前の経とをぼしめせ」(三沢抄 新編1204)
           ほっしゃくけんぽん
と仰せられ、発迹顕本される以前と以後との法門とその御化導には、大きな違いがあることを教示されています。
                                                      ほっしゃくけんぽん
すなわち、佐渡以前は上行菩薩の再誕として題目弘通を中心とした御振る舞いでしたが、発迹顕本されて
以後は、御本尊を顕され、末法の御本仏としての御境界のうえから御化導されているのです。

赦免
 ぶんえい                           もうこ                        たこくしんぴつなん            お
 文永十一年(1274)に入ると、再び蒙古の使者の到来により、「他国侵逼難」が現実味を帯びてきました。
   てんぺんちよう
さらに天変地夭も相次いで起こり、世情はますます混乱し、民衆は不安な日々を過ごしていました。
     ときむね
執権北条時宗はこれらの事相が大聖人の予言どおりであり、さらに大聖人を流罪に処する根拠のないことに
                るざい  しゃめんじょう
気づき、二月十四日、佐渡流罪の赦免状を発したのです。
                                           いちのさわ
 この赦免状は三月八日に届き、これを受けて大聖人一行は十三日に一谷を立たれました。途中、大聖人に
    いだ       えちご     しなの
殺意を抱いていた越後や信濃の念仏者たちは、善光寺に集まり待ち伏せをしていましたが、兵士の警固によって
大聖人は無事、二十六日、鎌倉の地に到着されたのです。
                                                                     あぶつぼう     こう           さいれんぼう
 この二年半の佐渡流罪中、日興上人は大聖人に給仕を尽くされ、また阿仏房夫妻・国府入道夫妻・最蓮房・
なかおき                   きえ
中興入道等が大聖人に帰依しました。

Top