日蓮大聖人の御生涯

御誕生・出家 

御 誕 生
 日蓮大聖人は、貞応(じょうおう)元年(1222)二月十六日、安房国(あわのくに)(千葉県)長狭郡(ながさのごおり)東条郷(とうじょうごう)小湊の漁村に、三国大夫(貫名(ぬきな)次郎)重忠を父とし、梅菊女(うめぎくにょ)を母として御誕生され、幼名を善日麿(ぜんにちまろ)と名づけられました。

 大聖人は、このご自身の出生について、

 「日蓮今生には貧窮下賎(びんぐげせん)の者と生まれ旃陀羅(せんだら)が家より出でたり」(佐渡御書 新編580)

 「日蓮は安房国東条郷片海の石中(いそなか)の賎民が子なり」(善無畏(ぜんむい)三蔵抄 新編438)

等と、当時の身分制度の中でももっとも低いとされる階層より出られたことを述べられています。このことは、大聖人が「示同凡夫(じどうぼんぷ)」のお立場より、下根下機(げこんげき)の末法の一切衆生を救われるという、仏法上の深い意義によるものです。

 大聖人の御誕生当時における世相は、前年の承久(じょうきゅう)三年(1221)に朝廷方が北条義時(よしとき)らの鎌倉幕府に敗れ、しかも後鳥羽(ごとば)・土御門(つちみかど)・順徳(じゅんとく)の三上皇(じょうこう)が流刑に処せられるという未曾有(みぞう)の大事件(承久の乱)が起こるなど、「下克上(げこくじょう)」の混乱がそのまま五濁悪世(ごじょくあくせ)の末法の様相を示していました。

立 願 ・ 入 門
 善日麿(ぜんにちまろ)の幼少期、世間においては悲惨な事件が相次ぎ、大風雨や干ばつなどの天災によって大飢饉も発生し、世情の不安は募(つの)るばかりでした。聡敏(そうびん)な善日麿は、前の承久(じょうきゅう)の乱をはじめとする数々の凶相(きょうそう)は何によるのかという疑問を持つに至り、これらの社会の混乱を解決するため、天福(てんぷく)元年(1233)、十二歳の時「日本第一の智者」となるために学問を志して、小湊にほど近い清澄寺(せいちょうじ)の道善房(どうぜんぼう)のもとへ入門されました。入門後の善日麿は、主に兄弟子の浄顕房(じょうけんぼう)・義浄房(ぎじょうぼう)の二人から、一般的な教養と仏典を中心とした読み書きを学び、生来の才能と求道心によって、その智解(ちげ)を深めていきました。

 このようななかで、入門以前からの疑問が善日麿の心中で次第に明確な形となって表れてきました。

 その一つは、承久の乱において、天皇方は鎮護国家(ちんごこっか)を標榜(ひょうぼう)する天台真言等の高僧により、調伏(じょうぶく)の祈祷(きとう)をあらんかぎり尽くしたにもかかわらず惨敗し、三上皇が島流しに処せられてしまったのは何故か。

 二つには、安房地方の念仏を唱える行者の臨終が苦悶の姿、悪相を現じたのは何故か。

 三つには、釈尊の説いた教えが各宗に分かれ、それぞれ優越性を主張しているが、釈尊の本意はただの一つなのではないか、というものでした。
Top

出 家 ・ 諸 国 遊 学
 善日麿は十六歳のとき、前の疑問の解決と仏法の真髄を究めるために出家得度し、名を是聖(生)房蓮長(ぜしょうぼうれんちょう)と改め、日々の修行に精進し、昼夜を分かたず研学に励まれました。

 そして二年後の春、清澄寺所蔵の経巻・典籍をことごとく読み尽くした蓮長は、さらに深い研鑽の志を抱いて、諸国へ遊学の旅に立たれました。この遊学は後年、

 「鎌倉・京・叡山(えいざん)・園城寺(おんじょうじ)・高野(こうや)・天王寺等の国々寺々あらあら習い回り候ひし程に云々」(妙法比丘尼御返事新編1258)

と述べられているように、多くの仏典・書籍を求め、政治・経済の中心地であった鎌倉や、当時の仏教の中心地ともいうべき比叡山延暦寺(ひえいざんえんりゃくじ)をはじめとする古刹(こさつ)を歴訪される旅で、それは十四年間にもわたりました。

 このような長い修学のなかで会得されたことは、一には諸宗が釈尊の本義に背き、すべての災いの根元であるということ、二には末法に弘めるべき法は法華経の肝心たる妙法五字であり、自身こそ、この要法をもって末法濁悪の世を救済する「地涌(じゆ)上行菩薩の再誕」であるとの自覚でした。

宗 旨 建 立
 遊学の旅を終えられた蓮長は、建長五年(1253)の春、三十二歳のときに故郷・小湊の清澄寺に帰山され、深い思索を重ねた後、いかなる大難が競い起ころうとも「南無妙法蓮華経」の大法を弘通しなければならないとの不退転の決意を固められました。そして三月二十八日、蓮長は夜明け前より清澄山・嵩が森(かさがもり)の頂(いただき)に歩みを運ばれ、昇り来る太陽をはじめとする法界に向かって、「南無妙法蓮華経 南無妙法蓮華経・・・」と内証(ないしょう)に具わる題目を開宣(かいせん)され、清澄寺において念仏無間等の法門を説かれ、その一カ月後の四月二十八日には、一切衆生へ一期(いちご)弘通の題目を開示され、宗旨を建立されました。

 このときの心境を、後に大聖人は、

 「これを一言も申し出だすならば父母・兄弟・師匠に国主の王難必ず来たるべし。いわずば慈悲なきににたりと思惟(しゆい)するに、法華経・涅槃(ねはん)経等に此の二辺を合はせ見るに、いわずば今生は事なくとも、後生(ごしょう) は必ず無間地獄に堕(お)つべし。いうならば三障四魔(さんしょうしま)必ず競ひ起こるべしとしるぬ」(開目抄 新編538)

と述懐されています。

 大聖人の唱え出された「南無妙法蓮華経」は、

 「仏記(ぶっき)に順じて之を勘(かんが)ふるに既に後五百歳の始めに相(あい)当たれり。仏法必ず東土(とうど)の日本より出づべきなり」(顕仏(けんぶつ)未来記 新編678)

 「日蓮が慈悲曠大(こうだい)ならば南無妙法蓮華経は万年の外(ほか)未来までもながるべし。日本国の一切衆生の盲目をひらける功徳あり。無間地獄の道をふさぎぬ」(報恩抄 新編1036)

と仰せのように、一切衆生救済のために「東土の日本」より出現し、末法万年・未来際(みらいさい)にわたって全世界に流布していく古今未曾有(みぞう)の独一本門の題目であったのです。
Top

日 蓮 の 二 字
 宗旨建立(しゅうしこんりゅう)を機に蓮長は、今までの名を自ら改めて「日蓮(にちれん)」と名のられました。
 これは、法華経『涌出品(ゆじゅっぽん)第十五』の、

 「世間の法に染まざること 蓮華の水に在(あ)るが如し」(開結425)

の経文と、『神力品第二十一』の、

 「日月(にちがつ)の光明の 能(よ)く諸の幽冥(ゆうみょう)を除くが如く 斯(こ)の人世間に行じて 能く衆生の闇を滅し」(開結516)

との経文に由来するものです。このことについて大聖人は、

 「明らかなる事日月にすぎんや。浄(きよ)き事蓮華にまさるべきや。法華経は日月と蓮華となり。故に妙法蓮華経と名づく。日蓮又日月と蓮華との如くなり」(四条金吾女房御書 新編464)
と示されています。

 すなわちこの「日蓮」の御名のりは、あたかも太陽が一切の暗闇を照らし、蓮華が汚泥(おでい)より生じて清浄(しょうじょう)な花を開くように、日蓮大聖人御自身こそ、末法万年の一切衆生の闇を照らし、濁悪の世を清浄にするために出現された上行菩薩の再誕を明示されているものなのです。

 さらに、

 「日蓮と名のる事自解仏乗(じげぶつじょう)とも云ひつべし」(寂日房(じゃくにちぼう)御書 新編1393)

と仰せられ、自らが仏の境界であることを示されています。

立 宗 宣 言
 日蓮大聖人は四月二十八日の午の刻(正午)、清澄寺・諸仏坊の持仏堂において妙法弘教のための説法の座に登られました。そしてその座において、法華経こそが最高の法であり、末法の衆生は南無妙法蓮華経によってのみ救われ、これ以外の教えにとらわれることは大きな誤りであると示されました。

 この説法を聞いた念仏の強信者である地頭の東条景信(とうじょうかげのぶ)は、烈火のごとく怒り狂い、その場で大聖人の身に危害を加えようとしました。

 このことはまさに法華経『勧持品(かんじほん)第十三』に、

 「諸(もろもろ)の無智の人の 悪口罵詈(あっくめり)等し 及び刀杖(とうじょう)を加うる者有らん」(開結375)

と説かれる経文が、そのまま事実となって現れたものでした。
しかし、大聖人はこの危機を浄顕房(じょうけんぼう)・義浄房(ぎじょうぼう)たちの助けによって逃れられ、景信の領地外である花房の地に身を寄せられました。

 その後、大聖人は両親への真の孝養を果たすべく、小湊にいる父母の元を訪ね、諄々(じゅんじゅん)と法の道理を説いて教化し、御父に「妙日」、御母に「妙蓮」という法号を授けられました。

Top