日蓮正宗の信仰  
日蓮正宗総本山大石寺 日蓮正宗入門より

信 徒 の 心 得


外 護 の 精 神

             ご じ
日蓮大聖人の仏法を護持し正しく伝えていくことは、本宗僧俗の大切な使命です。
       ねはんきょう
大聖人は『涅槃経』を引かれ、
             じんじん      さと         しょうじょう だんのつ          くじゅう
 「内には弟子有って甚深の義を解り、外には清浄の檀越有って仏法久住せん」
                                           そ や
                                          (曾谷入道殿j許御書 新編790)
              ない ご   げ ご  
と示されています。この内護と外護があって、はじめて正法が正しく厳格に、未来永劫まで護られて
                                          けつみゃく     ごほっす
いくのです。すなわち内護とは、教団の内側から法を護るとの意味で、血脈付法の御法主上人をはじ
                        りょうぼうくじゅう      にな  
め、本宗僧俗が正法を誤りなく伝持する令法久住の任を担っていることをいいます。
                                                 いとな
それに対し外護とは、外側から正法を護るとの意味で、在家信徒が各々の生活を営みながら浄財な
               
どをもって正法の興隆に資することをいいます。

大聖人は、在家信徒の信心のあり方について、
           ただ  
 「在家の御身は、但余念なく南無妙法蓮華経と御唱へありて、僧をも供養し給ふが肝心にて候なり。
              ずいりき
それも経文の如くならば随力演説も有るべきか」(松野殿御返事 新編1051)
                           さんぽう                               しょうじん
と仰せられ、一心に唱題行に励み、仏法僧の三宝への御供養に努め、折伏弘通に精進することが肝要
                                         ぼだいじ
であると教示されています。この外護によって、総本山並びに各々の菩提寺である末寺が護持発展し

ていくのです。
Top

法 統 相 続
                   つ                ほっとう
日蓮正宗の信仰を子孫に受け継がせていくことを法統相続といいます。
                  
法統相続は、親として子供に真の幸せを得る道を歩ませ、一家の幸福と繁栄を確立するために大切
                                                     すぐ         ほう
なことです。日蓮大聖人が説き示された南無妙法蓮華経は、あらゆる財宝や資産よりも勝れた無上宝
じゅ
珠なのですから、親として子供にこの信心を受け継がせていかなければなりません。
      
日蓮大聖人は、
         もう  
 「経王御前を儲けさせ給ひて候へば、現世には跡をつぐべき孝子なり。後生には又導かれて仏になら
                        
 せ給ふべし」(経王御前御書 新編635)

と仰せられているように、信仰を受け継ぐ子供は、孝養心のある子として親の追善供養を行い、成仏
          
に導いていく宝となるのです。

ただし法統相続するためには、何よりもまず、親が強い信心をもって模範となる姿勢を示すことが肝要
                                りようぼうくじゅう
であり、そこからおのずと子供は信心を学ぶのです。令法久住・広宣流布のためにも法統相続は、

決して揺るがせにしてはならないものなのです。

実 生 活 に お け る 謗 法 厳 誡
                                  ほうぼう                   よどう      
日蓮正宗においては古来、他宗教は不幸の根源であり、謗法であるとして、そこに与同することを
     いまし
厳しく誡めています。

しかし、私たちを取り巻く現代社会は謗法が充満しており、たとえ正しい信仰をし、謗法に近づくまいと

しても、社会全体が謗法である以上、私たちは謗法にまったく無縁の状態で生活することはできません。
                                             き ふ
たとえば、世間の人との付き合いのなかで、神社や祭りやそれにまつわる寄付、葬式や結婚式への
           
参列など、謗法に近づいてしまうことは誰にでもあることです。
                                   げんかい
このような場合においても、日蓮正宗の信仰者として謗法厳誡を基本に対処していくことが大事と
        
なります。
          
祭 り と 寄 付
                      
祭りについて考えるとき、それが宗教的なものかどうかということに注意する必要があります。も
                                     みこし   かつ
し、その祭りが宗教に関係するものであるならば、参加したり神輿を担いだりすることは謗法となり、
                                                 
正法に敵対する行為になります。
                                         うやま
なぜならば神を祭る行為は、知ると知らずとにかかわらず、その神を敬い信ずることになり、日蓮
               まじ
正宗の信仰に他の教えを混える行為となるからです。

神と一口にいってもその種類は多く、山や岩などの自然神や神話に出てくる神々、また先祖や偉人・
 
英雄を神として祭るなど、さまざまですが、これらの神々はそのほとんどが人々の観念によって作ら

れたもので、神としての真の意義や人々を守る力を持つものではありません。     
                                                     にってん
仏法では、「神」の意義は正法を信ずる者を守護するところにあると説かれ、その神として日天・
がってん    しょうはちまん てんしょうだいじん                               しょてんぜんじん
月天をはじめ正八幡・天照大神などが挙げられ、これらの神はあくまでも正法守護の諸天善神として
     にな
の役目を担っていることが明かされています。
           りっしょうあんこくろん
しかし、大聖人は『立正安国論』に、
   みな   そむ   ことごと                    あい   しょうにん         かえ      ここ
 「世皆正に背き人悉く悪に帰す。 故に善神国を捨てゝ相去り、聖人所を辞して還らず。是を以て魔
          さい    なん
 来たり鬼来たり、災起こり難起こる」(新編 234)

と仰せられ、世間の人々が皆、正法に背く謗法充満の国土であるために、善神は国を去り、魔や悪鬼
     わざわ                                              すみか
が来て、災いが起こることを示されています。したがって、神社には善神はおらず、悪鬼の栖となっ

ているのですから、そこに参詣することは悪鬼を拝む行為となり、それによって魔の力を増長させて

しまうことを知らなければなりません。
                                                      かたん
これらの意味から、他の宗教にかかわる祭りへの参加や寄付行為などは、邪教の繁栄に加担するこ
                                        つつし
とになり、災いをもたらす要因を作ることになるわけですから、厳に慎まなければならないのです。
Top
即 身 成 仏
                                   ぼんの
他宗派で行われる葬儀への参列
                           さが                                ろっこんしょうじょう

他宗派で行われる葬儀に、本宗信徒が参列しなければならない場合があります。
                       にちう     けぎしょう
そのときの心構えについて、第九世日有上人は『化儀抄』に、

                      とぶ                               じんざ             
「他宗他門等の人死せば知人ならば訪ろうべし、但し他宗他門の本尊・神座に向かって題目を唱え
                          しょっかく
経を読まず、死去の亡者に向かって之を読むべし」(聖典989)
                                            いはい  
と示されています。すなわち、他宗の葬儀に参列した際には、その本尊や位牌に向かって題目を唱え
                   いたい                         めいふく
たり読経することなく、ただその遺体に向かって心の中で題目を唱え、故人の冥福を祈るべきことを

教えられています。

私たちは、日蓮大聖人の仏法が、いかに他宗の人といえども、救わずにはおかない大慈悲の教えで
  ほっしくどくほん
あることに思いをいたし、どのような場所・立場にあっても節度ある振舞をすべきでしょう。
  こ                     も                 じゅ         げせつ                               まさ
 「是の法華経を受持し、若しは読み、若しは誦し、若しは解説し、若しは書写せん。是の人は、当
         まなこ      
他宗での儀礼や神社仏閣への参詣

他の宗教で行われる結婚式や法要などに、世間的なかかわりなどから出席しなければならないこと

があります。このような場合には、宗教的な行為をできるだけ避け、あくまでも儀礼上・形式上の参

列と心得るべきです。
                  ぶっかく                         にちう     けぎしょう
また、団体旅行などで神社・仏閣に行かざるを得ない場合もありますが、日有上人は『化儀抄』に、
                      さんぐ                   かんじょう
「他宗の神社に参詣し一礼をもなし散供をも参らする時は、謗法の人の勧請に同ずるが故に謗法の
              ゆさん
人なり(中略)但し物見遊山なんどには神社へ参らせん事禁ずべからず、誠に信を取らば謗法の
             とがすぐ                               じんみょう
人に与同する失あり」(聖典987)
           おだ 
と示されているように、神社などを見学することは一応許されていますが、信仰に基づく「参詣」は謗
          いまし                            さいせん  がん
法であると厳しく誡められています。したがって、守り札の購入や、賽銭・願かけなどは謗法となり、
                         のぞぶっかく
見学においては謗法破折の一念をもって臨むことが大切です。大聖人が、
  えげん  ほうげん ぶつげん
「今、末法に入りぬれば余経も法華経もせんなし。但南無妙法蓮華経なるべし。(中略)此の南無妙

法蓮華経に余事をまじへば、ゆゝしきひが事なり」(上野殿御返事 1219)
                 ゆいいつ                 たも             まじ
と示されているように、末法唯一の正法である大聖人の教えを持ちながら、他の宗教を混えることは絶
                        いま         たぐい
対にあってはならないのです。
                                                  おんぎくでん
要は、御本尊を深く信受し、不幸の根源である謗法を破折する精神と、妙法を弘通する一念を堅持する

ことが、謗法厳誡の教えを守ることになるのです。

Top

 


冠 婚 葬 祭 な ど

初 参 り
                                        はつまい
本宗では、生れた子をはじめて日蓮正宗寺院に参詣させることを「初参り」と称しています。子

供の初参りは、世間では生後三十日前後、あるいは百日前後と、地域の風習によってさまざまですが、

本宗では特に何日目という定めはありません。乳児の生育の様子などによって日を決め、所属寺院に
            そろ
はできるかぎり家族揃って参詣することが望ましいでしょう。ここでは御授戒をいただき、子供の健
        ほっとう
やかな成長と法統相続を御本尊に祈念します。

日蓮大聖人は、
なかんずく           じしゃ         る ふ                           め で
「就中、夫婦共に法華の寺者なり。法華経流布あるべきたねをつぐ所の玉の子出で生れん。目出
たく
度く覚え候ぞ。色心二法をつぐ人なり」(四条金吾女房御書 新編464)

と仰せられているように、妙法を受持する夫婦の間に生れる子供は、信心を受け継ぎ、正法流布の

担い手としてこの世に生れてくるのです。

したがって本宗の初参りは、世間的な人生の慶事としての意味ぼみではなく、広布の人材として成

長することを願う大切な儀式なのです。

七 五 三 祝 い

子供の成長の節目とする、三歳の男女児、五歳の男児、七歳の女児を対象に、毎年十一月十五日に

七五三祝いが行われます。

本宗では、一応世間の風俗にならって、七五三祝いの日にその祝儀を行います。これは悪鬼

の宿る神社に詣でるのを防ぎ、正法の寺院に参詣せしめるという目的から行われています。

大聖人は、
 おなご        おのこご                                  たから
「女子は門をひらく、男子は家をつぐ。日本国を知りても子なくば誰にかつがすべき。財を大千に
                        げてん
みてゝも子なくば誰にかゆづるべき。されば外典三千余巻には子ある人を長者といふ。内典五千

余巻には子なき人を貧人といふ」(上野殿御返事 新編1494)
                                                たも
と仰せられて、子供は無上の財であると教えられています。すなわち、正法を持った親にとって子供

は、大聖人の仏法を受持し、広く流布していくための大事な後継者であることから財といえるのです。
                  にちもく     しょうつき                     あかつき
また、十一月十五日は第三祖日目上人の祥月命日にあたっています。広宣流布の 暁 には、日目上人

が出現されるという、宗門古来のいい伝えがあります。
                               さんぽう                         にな
したがって、この意義ある日に寺院に参詣して仏祖三宝に御報恩申し上げ、未来における広布の担
           そくさい
い手である子供の息災と成長、さらに信心倍増を祈念することが大事なのです。

成 人 式

毎年、「成人式」に合わせ、満二十歳を迎えた青年男女を対象として、本宗寺院においても成人式
 
が執り行われます。

成人とは、一般的には「成年に達した人」との意で、大人としての自覚と責任のうえから、社会人

としての良識ある振る舞いが求められる年齢に達した人をいいます。

本宗信徒は成人式において、無事、成人を迎えたことを御本尊に報恩感謝申し上げるとともに、両

親をはじめとする自らを育んでくれた人々の恩の恩を自覚し、生涯、不退転の信心をもって広布の人材と

して精進していくことを誓うことが肝要です。日蓮大聖人は、
                    かんじんのほんぞんしょう
「法華を識る者は世法を得べきか」(観心本尊抄 662)
                           わきま
と、法華経を信仰する人は、世間の道理をも弁えることができると仰せです。すなわち、正しい信仰

に励むことによって、確固たる人生観を築き、社会人としての良識が培われ、さらに立派な人格・品

性もおのずとそなわっていくのです。

したがって成人式は、成人を迎えたことを機に信仰を深化させ、たゆまざる実践修行の積み重ねを

もって、一段と成長した人間となりゆくことを決意する日としたいものです。

結 婚 式
                    しっこう
結婚式は、寺院御宝前において執行することを基本とします。ここでは、読経・唱題の後、三々
    さかずき             ちぎり
九度の盃を交わし、末永い夫婦の契りを結ぶことを御本尊にお誓いします。

これは、正法を受持した夫婦が、その信心を基盤として健全な家庭を築き、御本仏大聖人の広大な
      むく                                   こうりゅう             ほうとう
大慈悲に報いるため、正法興隆を期して精進し、また合わせて家運の興隆、子孫の繁栄を祈り、法燈

相続を願うという深い意義が込められています。
                  わきま
本宗信徒は、これらの意義を弁え、神社やキリスト教会などで婚儀を行うことは慎むべきでしょう。

大聖人は、夫婦のあり方について、
                           
 「をとこははしらのごとし、女はなかわのごとし。をとこは足のごとし、女人は身のごとし。をとこは羽の
                                                    
 ごとし、女はみのごとし。羽とみとべちべちになりなば、なにをもってかとぶべき。はしらたうれなば
                            
なかは地に堕ちなん。いへにをとこなければ人のたましゐなきがごとし」(千日尼御返事 新編1476)

と、一心同体をもって和合することが大切であると示されています。結婚を控えた二人は、その深い
                  のぞ
因縁と意義を自覚して婚儀に臨むべきです。

地 形 式 ・ 起 工 式

地形式は、新たに土地を購入したときなど、その土地を清めるために行う儀式をいい、一般には地

鎮祭ともいいます。また起工式は、建物を新築するときなど、工事をはじめるにあたって執り行う儀

式をいいます。大聖人は『草木成仏口決』に、

 「妙法とは有情の成仏なり、蓮華とは非情の成仏なり。有情は生の成仏、非情は死の成仏、生死の成

 仏と云ふが有情・非情の成仏の事なり」(新編 522)

と仰せられ、御本尊に対し題目を唱えて祈念すれば、有情(意識あるすべての生物)も非情(木や石

など意識のないもの)もともに、必ず仏になることができると教示されています。

この仏法の原理に基づき、地形式・起工式は、御本尊の大功力と、正法を持つ僧俗の信心をもって、

謗法によって穢れた非情の敷地を清め、工事の無事竣工を祈る儀式なのです。

これらの式には、祭壇を設けて仏具を調え、御造酒、洗米や塩、季節の野菜や果物などをお供えし、

寺院よりお迎えした御本尊を奉掲して僧侶の導師により、読経・焼香・唱題を行います。

なお、鍬入れを行う場合は、祭壇のわきに砂を盛って鍬や鋤などを用意し、読経後、導師、願主、

施工者の順に三度、砂に打ち込みます。

上 棟 式

上棟式は、一般に「棟上げ」とも「建前」ともいわれ、地形式・起工式の後、家屋の基礎となる骨

組み、結構が整い、棟木を上げたときに行われる祝儀です。ここでは、御本尊を奉掲して仏祖三宝に

御報恩申し上げ、工事の無事竣工と家屋の安全を御祈念します。

なお、上棟式の祭壇や供え物は、地形式・起工式に準じます。

また、建物が完成した後は、僧侶の導師により落成式を行い、仏祖三宝に無事竣工できた報告を行い、

御報恩謝徳申し上げます。

葬 儀

葬儀は、故人の即身成仏を御本尊に願って行う大事な儀式です。

この葬儀に奉掲する御本尊は、故人を寂光浄土へ引導し即身成仏せしめることから、「導師御本尊」

「導師曼荼羅」と称されます。曼荼羅の功徳について大聖人は、

 「此の曼荼羅は文字は五字七字にて候へども、三世諸仏の御師、一切の女人の成仏の印文なり。冥

 途にはともしびとなり、死出の山にては良馬となり、天には日月の如し、地には須弥山の如し。生

 死海の船なり。成仏得道の導師なり」(妙法曼荼羅供養事 新編689)

と仰せられています。

葬儀に際しては、所属寺院より故人に対して戒名が下付され、僧侶の導師のもとに読経・唱題・回

向が行われます。大聖人は、

 「今日蓮等の類聖霊を訪ふ時、法華経を読誦し、南無妙法蓮華経と唱へ奉る時、題目の光無間に至

 って即身成仏せしむ」(御義口伝 新編1724)

と仰せられているように、この葬儀によって故人は大御本尊の功徳に浴し、成仏を遂げることができる

のです。喪主や遺族は、導師の読経に唱和し、故人の即身成仏を心から祈念していくことが大事です。

なお、葬儀に白木の位牌を用いますが、五七日忌・七七日忌等の法要を終えた後、自宅の過去帳に

戒名を記入していただき、位牌は寺院に納めます。

法 事

法事は、故人の忌日や年忌等の際に、寺院に願い出て営む法要です。これには、初七日忌から七七

日忌(四十九日忌)、百箇日忌、一周忌、三回忌、七回忌、十三回忌、十七回忌、二十三回忌、二十七

回忌、三十三回忌、五十回忌等があります。ここでは、故人の菩提を期して、僧侶の導師のもとに読

経・唱題し、塔婆建立の功徳をもって、追善供養を行います。この法事を修することにより、故人は

その節目節目に御本尊の功徳に浴し、遺族もまた功徳善根を大きく積むことができるのです。

大聖人の御在世には、富木入道が母親の三回忌にあたり、下総から身延の大聖人のもとへ参詣

して追善供養を願い、また、阿仏房の遺子・藤九郎守綱も、親の遺骨を抱えてはるばる佐渡より

身延に登山し御回向を願われています。そのほか曾谷入道、千日尼、形部左衛門尉の女房等も、

親の年忌に追善供養を行ったことがうかがえます。大聖人は、

 「其の時過去聖霊は我が子息法蓮は子にはあらず善知識なりとて、娑婆世界に向かって

 おがませ給ふらん。是こそ実の孝養にては候なれ」(法蓮抄 新編820)

と仰せられ、真心からの追善供養を営まれた信徒を称讃されています。

また寺院では、永代回向願や大過去帳記入願による追善回向が行われています。

なお、法事を自宅で行うときは、仏壇の清掃にも心を配り、仏供と季節の果物や菓子、お酒などを

御本尊にお供えし、精霊用のお膳があれば精進料理を供えます。ただし、魚や肉のほか、五辛

(にら・らっきょう・ねぎ・にんにく・しょうが)は避けます。

塔 婆 供 養

諸 祈 念 願 い

葬儀に際しては、所属寺院より故人に対して戒名が下付され、僧侶の導師のもとに読経・唱題・回

向が行われます。大聖人は、

 「今日蓮等の類聖霊を訪ふ時、法華経を読誦し、南無妙法蓮華経と唱へ奉る時、題目の光無間に至

 って即身成仏せしむ」(御義口伝 新編1724)

と仰せられているように、この葬儀によって故人は大御本尊の功徳に浴し、成仏を遂げることができる

のです。喪主や遺族は、導師の読経に唱和し、故人の即身成仏を心から祈念していくことが大事です。

なお、葬儀に白木の位牌を用いますが、五七日忌・七七日忌等の法要を終えた後、自宅の過去帳に