日蓮正宗の信仰  
日蓮正宗総本山大石寺 日蓮正宗入門より

信 仰 の 功 徳


日蓮正宗の信仰の実践は、人間の生命を根本から浄化し、英知と福徳をそなえた人生を築くととも

                                              だい くどくりき
に、真の平和社会を構築することを目指しています。この実証こそ、御本尊の大功徳力なのであり、
        りやく
信仰実践の利益なのです。
       しゃっくるいとく   く のうふくとく
功徳とは、「積功塁徳」「功能福徳」の意で、仏道修行という善因を修し、善根を積むことによって

得る福徳のことをいいます。すなわち、利益が他から与えられるものに対し、自ら積むことを功徳と
                 とくやく
称しますが、仏道修行による得益の相からいえば、その意義は功徳も利益も同一です。

 功徳について大聖人は、
                           しゅういんかんか                                 あつ
 「釈尊の因行果徳の二法、三世十方の諸仏の修因感化、法華経の文々句々の功徳を取り聚めて此の
                   おんこうききがき
 南無妙法蓮華経と成し玉へり」(御講聞書 新編1859)と仰せられ、妙法蓮華経には

無量の福徳がそなわっていることを示されています。さらに、そのはかり知れない功徳も、
おおきなるさいわい         ろっこんしょうじょう      おんぎくでん
 「功徳とは即身成仏なり、又六根清浄なり」(御義口伝 新編1775)
               そくしんじょうぶつ             きょうがい            きわ
と仰せられているように、「即身成仏」「六根清浄」の境界を得ることに極まると教示されています。
             おびや
すなわち、何ものにも脅かされない安心立命の境界の確立と、生命の浄化、そして物心両面にわた

って福徳に満ちた人生を築くことが、妙法信仰の功徳なのです。

六 根 清 浄
                                   ぼんのう
仏法では、衆生の苦悩の原因を迷いの生命の根源である煩悩から引き起こされるものと解明しています。
                       さが                                ろっこんしょうじょう
その衆生の迷いの生命を浄化し、悪い性を断ち切るという果報が、まさに「六根清浄」の功徳なのです。
                  たと
六根の「根」とは、草木の根に譬えられ、私たちの生命が周囲のものを取り入れたり、認識する能
       げんこん にこん  びこん ぜつこん しんこん いこん
力のことで、眼根・耳根・鼻根・舌根・身根・意根の六つの器官をいいます。
                                              きゅうかく
眼根とは、視覚能力・視覚器官。耳根とは、聴覚能力とその器官。鼻根とは、嗅覚能力とその器官。
                          しょっかく
舌根とは、味覚能力とその器官。身根とは、触覚器官としての身体とその能力。意根とは、前の五根
                       しゆい
によって得られた内容を総合判断する思惟能力、または知覚をいいます。
           おお
この六根が煩悩に覆われていると、外界の事象を正しく認識できないばかりか、それにともなう行

動も誤ったものとなり、苦しみの原因を作ることになるのです。

こうした業苦を消滅させるためには、六根そのものを清らかな状態にしていくことが必要です。
  ほっしくどくほん
 『法師功徳品第十九』には、
  こ                     も                 じゅ         げせつ                               まさ
 「是の法華経を受持し、若しは読み、若しは誦し、若しは解説し、若しは書写せん。是の人は、当
         まなこ      
 に八百の眼の功徳、千二百の耳の功徳、八百の鼻の功徳、千二百の舌の功徳、八百の身の功徳、千
        こころ                           もっ          しょうごん      しょうじょう
 二百の意の功徳を得べし。是の功徳を以て、六根を荘厳して、皆清浄ならしめん」(開結474)

と説かれ、法華経受持の功徳によって、六根それぞれに多くの清浄の果報を得ることが明かされてい

ます。これを概説すると、次のようになります。

眼根の功徳 ― すべての事象が明らかに見え、物事の因果を正確に知ることができる。
                       じつ
耳根の功徳 ― あらゆる音声から、実・不実を聞き分けることができる。
                     か        ふんべつ
鼻根の功徳 ― あらゆる臭いを嗅ぎ分け、分別を誤ることがなくなる。
           すぐ                               じんみょう
舌根の功徳 ― 勝れた味覚を持ち、さらにその声は深妙となり、聞く者を喜ばせることができる。
           おだ 
身根の功徳 ― 穏やかで健全な身体となり、外界の刺激に適合させ、自身を処することができる。
                        めいせき        ちえ
意根の功徳 ― 心は清らかに、頭脳は明晰となり、智慧が深くなる。
                             けが
すなわち、六根清浄とは六根にそなわる頭脳の汚れが払い落とされ、物事を正しく判断できる智慧
                                                      にくげん
を得ることをいうのです。たとえば目が不自由であったとしても、妙法受持の功徳によって、肉眼以
  えげん  ほうげん ぶつげん
上の慧眼・法眼・仏眼を得ることができるのであり、このような功徳は他の五根にもつうじていえる

ことなのです。

 日蓮大聖人は、
                        いま         たぐい
 「功徳とは六根清浄の果報なり。所詮今日蓮等の類南無妙法蓮華経と唱へ奉る者は六根清浄なり」
                                                  おんぎくでん
                                               (御義口伝 新編1775)         

と仰せられ、末法の法華経である南無妙法蓮華経を信じ唱える者には、必ず六根清浄の功徳がそなわ

ると教示されています。

Top