日蓮正宗の歴史

七 百 五 十 年 の 清 流
            けんちょう                                                           しゅうし
日蓮正宗の歴史は、建長五年(1253)四月二十八日に日蓮大聖人が「南無妙法蓮華経」の宗旨

を建立されたことにはじまります。
                  
日蓮大聖人は、多くの法難に遭われながらも、法華経の肝心である南無妙法蓮華経を弘められ、
こうあん                               ほんかい         かいだん               ごずけん
弘安二年(1279)十月十二日に出世の本懐として「本門戒壇の大御本尊」を御図顕されました。
                             にっこう  にこう
そして弘安五年(1282)、本弟子六人(日昭・日朗・日興・日向・日頂・日持)の中で、日興上人
 けつみゃく
を血脈付法の第二祖と定め、大御本尊をはじめ仏法の一切を附嘱され、十月十三日に六十一歳を

もって御入滅されました。
                          みのぶ                          は ぎ り さねなが  ほうぼう
日蓮大聖人の後を受け継いだ日興上人は身延へ入山されましたが、地頭・波木井実長が謗法行
          しょうおう                                                        ごれいこつ
為を重ねたため、正応二年(1289)の春、本門戒壇の大御本尊をはじめ、大聖人の御霊骨・御書
        ほうじ                                             しょうせい
などの重宝を捧持して門弟とともに身延を離山され、南条時光の招請により富士上野の地に大石寺を
     ごゆいめい
創建して御遺命の本門戒壇建立の霊地と定められました。
                                     うつ                 ゆいじゅいちにん
以来七百有余年、日蓮大聖人の仏法は、一器の水を一器に瀉すように歴代の御法主上人の唯授一人

の血脈相承をもって、今日まで日蓮正宗総本山大石寺に正しく伝持されています。
Top


 鎌 倉 時 代
                       げんぺい                                 まっぽう
鎌倉時代には、平安末期から起こった源平の争いによる世情の不安に加え、「末法思想」が世間
     まんえん
一般にも蔓延したことにより、後世、「鎌倉新仏教」と呼ばれる宗教が数多く生まれました。
          りっしゅう                                 にっこう          にちもく
このような時代に立宗された日蓮大聖人の仏法は、二祖日興上人・三祖日目上人と相伝され、正

法による宗団が確立されていきました。
 第二祖日興上人

<常随給仕と弘教>

        かんげん                    かいのくにおおいのしょうかじかざわ
日興上人は、寛元四年(1246)三月八日、甲斐国 大井荘 鰍沢(山梨県鰍沢町)に誕生され、幼

          するがのくにかんばらのしょう
少期に修学のため駿河国蒲原荘(静岡県蒲原町)四十九院に登られました。
しょうか                                                      だいぞうきょう えつらん
正嘉二年(1258)二月、大聖人が『立正安国論』の述作に際し、大蔵経を閲覧するために岩本

(静岡県富士市)実相寺へ入られたおり、当時十三歳であった日興上人は大聖人の弟子となって、
    ほうきぼう      びゃくれんあじゃり  たまわ              こうちょう                      はいる    ぶんえい
名を伯耆房(後に白蓮阿闍梨)と賜りました。以後、弘長元年(1261)五月の伊豆配流や、文永八年
             たつのくちほうなん 
(1271)九月の竜口法難に続く十月の佐渡配流にもお供をされ、その後も大聖人への常随給仕を

尽くされました。
                        みのぶ    
文永十一年(1274)五月、大聖人とともに身延に入山された日興上人は、有縁の地であった甲
                                      りゅうせんじ
斐・駿河地方に弘教を展開され、その結果、四十九院・実相寺・滝泉寺などから、多くの僧侶や
             き え
農民信徒が法華経に帰依しました。
                         こうあん                あつわら  ほうなん
そしてこのような教線拡大が原因となって弘安二年(1279)九月、熱原に法難が起こりました
  じんしろう   やごろう   やろくろう
が、神四郎・弥五郎・弥六郎等の熱原の法華講衆は、日興上人の指導のもとに死身弘法・

不自惜身命の信心を貫きました。

<二箇相承と本門弘通の大導師>

          こうあん                   ひゃくろっかしょう ほんにんみょうしょう
日蓮大聖人は、弘安二年(1278)頃より、日興上人に『百六箇抄』『本因妙抄』等の多くの相伝書を

             ふぞく                              いちごぐほう
もって種々の宗義を付嘱されました。そして、同五年(1282)九月には『日蓮一期弘法付嘱書』をもっ

て仏法のすべてを付嘱され、日興上人を本門弘通の大導師と定められました。
    ごせんげ                    ひたち  とうじ  おもむ          むねなか やかた
一代の御施化をまっとうされた大聖人は、常陸へ湯治に赴かれる途中、池上宗仲の館において
                    したた                     べっとうしょく かんず
十月十三日に『身延山付嘱書』を認めて、日興上人を身延山久遠寺の別当職(貫首)と定められ、
あんじょう
安祥として御入滅されました。
                                  
大聖人の葬儀は、多くの弟子・檀那の参列を得て厳粛に執り行われました。日興上人はこのときの
        ごせんげ         とど
様子を『宗祖御遷化記録』に書き留められています。
                            ごれいこつ  ほう
大聖人の葬送を無事終えられた日興上人は、御霊骨を捧じて同月二十五日に身延へ帰山され、
            
久遠寺の別当職に就かれました。
                                さだむ むしょ    べ         こと    ごびょうりん
弘安六年(1285)一月、大聖人の百箇日忌法要の際、『定墓所守る可き番帳の事』(身延御廟輪
ばん
番の制)をもって、門下の代表十八人が輪番で大聖人の墓所を守護することを定めましたが、鎌倉方
              にこう
の五老僧(日昭・日朗・日向・日頂・日持)等はこれを守らず、大聖人の一周忌・三回忌にも参列し

なかったので、おのずと日興上人とその門弟によって御廟の守護と給仕が行われるようになりました。

<身延離山>
        こうあん                       みんぶにこう
日興上人は、弘安八年(1285)春頃、身延に登山してきた民部日向を迎え入れ、学頭職に任ぜ
                        なんか                             したが
られました。しかし、鎌倉にあってすでに軟化していた日向は次第に日興上人の厳正な信仰に随わな
                      あらわ                  なんぷう  まど         
くなり、翌年の末頃から不法の態度が露になってきました。この日向の軟風に惑わされた地頭・波
ぎりさねなが                  くんかい
木井実長は、日興上人のたびたびの訓戒も聞き入れなくなり、ついに釈迦一体仏造立・神社参詣・福
          くほんねんぶつ           し か
士の塔婆供養・九品念仏の道場建立という「四箇の謗法」を犯しました。
日興上人は、かねて大聖人から、
                         みまさかぼう
 「地頭の不法ならん時は我も住むまじ」(美作房御返事 聖典 555)

とうかがっていた時がきたことを自覚され、もはや身延は大聖人の御魂の住まわれるところではない、

と判断し離山を決意されました。このときの御心境を日興上人は、
       まか     こと めんぼく              がた そうら      かえ あん
 「身延沢を罷り出で候事 面目なさ本意なさ申し尽くし難く候えども、打ち還し案じ候えば、いずく
          おんぎ  あいつ  まい                  せん
 にても聖人の御義を相継ぎ進らせて、世に立て候わん事こそ詮にて候え。さりともと思い奉るに、
     ことごと てきたい            いちにん                          じん
 御弟子悉く師敵対せられ候いぬ。日興一人本師の正義を存じて、本懐を遂げ奉り候べき仁に相当
    おぼ
 って覚え候えば、本意忘るること無くて候」(原殿御返事 聖典 560)

と仰せられています。
    しょうおう                   かいだん                   ごれいこつ
そして正応二年(1289)春、日興上人は、本門戒壇の大御本尊をはじめ、大聖人の御霊骨・御書など
      ほうじ                      かわい            がいそふ  ゆいにゅうどう
の重宝を捧持して弟子とともに身延の沢を出発し、河合(富士郡芝川町)の外祖父・由比入道の館に
     とうりゅう                とくしん                          しょうせい
しばらく逗留された後、大聖人御在世より篤信の士であった富士上野の地頭・南条時光の招請に
            じぶつどう    しものぼう
よりその館に入り、持仏堂(後の下之坊)に住されています。

この身延離山は、直接的には地頭波木井実長謗法が契機となりましたが、その真意は、
                                  いちごぐほう
 「富士山に本門寺の戒壇を建立せらるべきなり」(日蓮一期弘法付嘱書 新編一六七五)
         ごゆいめい
との大聖人の御遺命によるものでした。


Top


<大石寺創建>
                                  しょうおう
日興上人は南条時光から「大石が原」の寄進を受けて、正応三年(1290)十月十二日に「大
                          にちもく     じょうざ ごほんぞん       けつみゃく ほっすい ない
石寺」を創建されました。そして翌十三日、日目上人に「譲座御本尊」を授与して血脈の法水を内

付嘱されています。
           れんぞうぼう       じゃくにちぼう にっけ  りきょうぼう にっしゅう  しょううぼう
この頃、門弟等も、蓮蔵坊(日目上人)・寂日坊(日華師)・理境坊(日秀師)・少輔坊(後の南之坊・
にちぜん  じょうれんぼう        にっせん  くじょうぼう にちぞん      れんとうぼう にちぞう  れんせんぼう
日禅師)・上蓮坊(後の百貫坊・日仙師)・久成坊(日尊師)に続いて蓮東坊(日蔵師)・蓮仙坊(後の了
    にちじょう  れんじょうぼう にちべん                            ととの
性坊・日乗師)・蓮成坊(日弁師)などの坊舎を次々と建立し、大石寺は次第に整えられていきました。
                   えいにん
大石寺創建より七年余りを経た永仁六年(1298)、日興上人は大聖人の例に順じて、六人の本弟
子(本六僧)を定めました。本六僧とは、日目・日華・日秀・日禅・日仙・日乗の六人を指します。

<重須談所と「五一の相対」>
えいにん                 おもす                       よしただ 
永仁六年(1298)二月、日興上人は重須(富士宮市北山)の地頭・石川孫三郎能忠の請いによ
                      だんじょ                                
り重須へ移られ、ここを人材育成の「談所」として三十五年にわたって住まわれました。その間、嘉
げん                            にこう               じゃくせんぼうにっちょう
元二年(1304)には、重須談所の初代学頭として、日向のもとから帰伏してきた寂仙房日澄師を
 ほにん       ぶんぼ                    さんみ にちじゅん
補任され、さらに文保元年(1317)末に、二代学頭として三位日順師を任ぜられています。
                                                    かいもくしょう  おん
また日興上人は、長年にわたり、大石寺との間を往来する門弟たちに、『立正安国論』『開目抄』『御
ぎくでん  かみてんじょうかんもん                   けい い
義口伝』『神天上勘文』等の講義をはじめ、身延離山の経緯や本門寺建立の構想などを教示されまし
                                       い げ
た。特に大聖人の法門においては自身の立場と、他の五老僧の異解を明確にされました。このことは
   いっせきもんとぞんじのこと  ごにんしょはしょう                            しゃもん
『富士一跡門徒存知事』『五人所破抄』等に記され、その内容は五老僧たちが天台沙門と号し、神社に
                  あが
参詣し、釈迦一体仏を本尊と崇めるなどの謗法行為に対し、日興上人はあくまでも日蓮大聖人

の弟子と称し、神天上の正意を厳守したうえで、大聖人御自筆の大曼荼羅を本尊とするなどの

正義を示されたものです。
                                  ごいち
このような、日興上人と五老僧との正邪の立て分けを「五一の相対」といいます。

<その他の事跡と門下>

日興上人は、日蓮大聖人の仏法のみが一国の平和と繁栄をもたらす方策であるとの申状を、たびた
              そうじょう こっかかんぎょう
び朝廷や幕府に対して奏上し、国家諌暁をされました。この当時、朝廷や幕府へ書状を奏上すること

は命がけのことでした。
                                       ごせんげ
また日興上人は、大聖人の御書を数多く収集され、自らも『宗祖御遷化記録』『弟子分本尊目録』等
       かみてんじょうかんもん ゆいかいおきもん                 さどのくに ほっけこうしゅう
の記録や、『神天上勘文』『遺誡置文』等の文書を著し、さらには『佐渡国法華講衆御返事』等の

数多くの御消息文を残されています。
                               にちだい にっちょう       にちごう にちじょ  にちじょう
日興上人の門下には本六僧のほか、新六僧である日代・日澄・日道・日妙・日毫・日助や、日盛・
にちぞん                                              かわい  ゆい
日尊・日善・日満等の多くの弟子と、上野の南条時光・富士賀島の高橋入道・富士河合の由比入道・
おも す         か い あきやまやすただ       はたけごう にいだ                 だんのつ
重須の石川入道・甲斐の秋山泰忠・奥州や伊豆畠郷の新田家などをはじめとする多数の壇越があり、

これらの人々は一族縁者とともに正法の護持と弘通に励まれました。

<遺誡>
げんこう   げんとく                             おんき
元弘元年(元徳三年・1331)十月、日興上人は大聖人の第五十遠忌を奉修され、翌年十一月、
にちもく         じょうそう じん にいだごう あじゃ り                          したた   
日目上人に、「最前上奏の仁 新田卿阿闍(梨)日目に之を授与す一が中の一弟子なり」と認めた「御 
てつぎ                              にっこうあとじょうじょうのこと
手続御本尊」を授与されました。さらに同月十日には『日興跡条々事』をもって、本門戒壇の大御本尊
                     いちえんぶだい ざしゅ
を付嘱されるとともに、日目上人を一閻浮提の座主と定められました。
         しょうきょう
また元弘三年(正慶二年・1333)正月十三日、日興上人は日目上人をはじめとする門下一同に対し、
         ゆいかいおきもん                                 け ぎ  かんかい
二十六箇条の『遺誡置文』をもって、大聖人の御化導に基づく肝要の法門・信条・化儀・勧誡
                                  いちご
等の永遠の指針を示され、同年二月七日に八十八歳を一期として入滅されました。

Top

第 三 祖 日 目 上 人

一閻浮提の座主・日目上人
にちもく     ぶんおう          にいだごうりはたけごう    かんなみ はたけ        ぶんえい
日目上人は、文応元年(1260)、伊豆仁田郡畠郷(静岡県函南町畑毛)に出生され、文永九年
                 そうとうざん えんぞうぼう                    けんじ
(1272)、十三歳で修学のため走湯山円蔵坊(熱海市)に入室されました。そして建治二年(1276)
                                                       こうみょう くないきょう
四月、十七歳のとき、日興上人が伊豆へ布教中に走湯山へ立ち寄られた際に弟子となり、交名を「宮内卿
  きみ    にいだきょう あじゃり  たまわ
の公」(後に新田卿阿闍梨)と賜り、同年十一月より身延へ登って大聖人に常随給仕を尽くされました。
    こうあん
そして弘安五年(1282)九月、日目上人二十三歳のとき、池上において大聖人の命を受け、幕府要人の
にかいどう いせのかみ          いせほういん
二階堂伊勢守の子で天台僧の伊勢法印と十番問答を行い、これをことごとく論破されました。

大聖人御入滅の後、日目上人は日興上人に随順して身延に入山され、弘安六年(1283)正月に定めた
 むしょりんばんせい                           こうげ
「墓所輪番制」により、大聖人の祥月命日にあたる十月の香華当番を勤められています。このころから

日目上人は、たびたび奥州・関越・東海の各地に弘教され、特に有縁の地である奥州(宮城県)において

数多くの人を教化折伏し、その地に上行寺・本源寺・妙経寺・妙円寺を建立されました。
                                                          しょうおう
日目上人は、日興上人の身延離山にお供をして富士へ移られ、大石寺大坊が創建された翌日の正応
                        けつみゃく
三年(1290)十月十三日に日興上人から血脈の内付嘱を受けられ、蓮蔵坊に住まわれました。そ
   えいにん                  おもす
して、永仁六年(1298)二月に日興上人が重須の地に移られた後は、大坊に入って大石寺の維持
              にな
と興隆の責任を一身に担われています。
              げんこう   しょうきょう                            にっこうあと
それより三十数年後の元弘二年(正慶元年・1332)十一月、日目上人は日興上人から『日興跡
じょうじょうのこと                         ないふ
 条々事 』を授けられました。この書は、前の仏法内付の証であるとともに大石寺の譲り状として記さ
          いちえんぶだい ざ しゅ
れ、日目上人を一閻浮提の座主と定められたものです。

広宣流布への規範
                         かんぎょう                ごゆいめい
日蓮大聖人が『立正安国論』をもって国家諌暁をされたように、日目上人も御遺命たる広宣流布の
                く げ
ために、鎌倉の武家・京の公家へと為政者への諌暁を続けられ、その数は実に四十二度にも及んだと
                  しょうあん           そうもん
伝えられています。そのなかで正安元年(1299)六月の奏聞のときには、永年の願いであった公
              ろくはらみつたんだい        むねのぶ                    じっしゅうぼう
場対決が実現し、京都六波羅探題において、北条宗宣(十一代執権)が帰依する念仏僧・十宗房道智
      かんぷ
と対論し、完膚なきまでに論破されました。
                                                     げんこう
日興上人は、このような日目上人の功績に対して、後に授与された御本尊の脇書きに、「元亨四年
              じょうそう じん きょうあじゃり     しょうきょう
十二月二十九日 最前上奏の仁 卿阿闍梨日目」「正慶元年十一月三日 最前上奏の仁 新田卿阿闍(梨)
                           したた        にっこうあとじょうじょうのこと
日目に之を授与す 一が中の一弟子なり」と認められ、さらに『日興跡条々事』にも、
 こうあん     げんとく                                 
「弘安八年より元徳二年に至る五十年の間、奏聞の功他に異なるに依って此の如く書き置

く所なり」(新編1883)と記されています。

このように日目上人は、多くの奏聞と公場対決によって、末弟らに正法興隆・広宣流布への規範を

示されたのです。

最後の天奉
げんこう   しょうきょう
元弘三年(正慶二年・1333)には百五十年間続いた鎌倉幕府が滅亡し、京都に天皇を中心と
   く げ             
する公家一統の政治体制が敷かれることになりました。
                                 てんそう
日目上人はすでに高齢でしたが、このときを好機として天奏の決意を固められ、出発に先立って
             にちどう    ゆいじゅいちにん                  にちぞん  にちごう
同年十月、直弟子の日道上人に唯授一人の血脈を相承され、翌十一月、日尊師と日郷師を

お供として京都へ向かわれました。
        み の たるい            しゅく
しかし途中、美濃の垂井(岐阜県垂井町)の宿に至って病床に伏され、日尊師・日郷師に天奏

の完遂と日道上人への報告を遺言して、十一月十五日、七十四歳で入滅されました。
                          じょうらく
その後二人は、日目上人の御意のままに上洛し、日郷師は日目上人の御遺骨を抱いて十二月に
                     けんむ
大石寺へ帰山し、日尊師は翌年の建武元年(1334)に代奏を果たし、京都の地で弘教に努め、
ようぼうじ
要法寺の前身である上行院を建立しました。


Top