日蓮正宗の現況


 日蓮正宗の総本山である大石寺には、総本山の維持運営をはじめとし、登山の事務や典礼関係等を主に管轄する(内事部)があります。

 また、宗教法人日蓮正宗は、広布への伸展を目的とし、宗門興隆のために官長猊下(法主上人)のもと、宗務を統括する(宗務院)がおかれ、そこには庶務・教学・海外・財務の各部と、護法局・教学護法財団・寺院建設委員会等の各機関、さらに議決機関の宗会・諮問機関の参議会・裁決機関の監正会等があります。

 さらに僧侶の教育機関として、富士学林(大学科・研究科)が設立されています。

 
本尊
          本門戒壇の大御本尊
 
宗祖
          日蓮大聖人(1222〜1282)
 
開祖
          日興上人(1246〜1333)
 
経典
          妙法蓮華経及び日蓮大聖人御書
 
教勢
          (国 内) 寺院 667、教会 34、出張所等 11
          (海 外) 37カ国、寺院・布教所 21
          (教師数) 824人
          (信徒数) 約35万人
 
機関紙
          『大日蓮』月1回刊行
 
ホームページ
          http://www.nichirenshoshu.or.jp


平成14年1月現在          

Top