釈尊の仏教

釈尊の生涯 五時八教 法華経

仏 教 の 流 転

インド仏教 中国仏教 日本仏教

三 時 の 弘 経  ―大集経の予言―


                                                             しょうぼう ぞうぼう まっぽう  
釈尊は、自らの入滅後における教法の流布すべき「時」を大別し、正法・像法・末法という三つの

時代があることを説かれています。

この正・像・末の三時の期間については、経典などによって種々の説がありますが、日蓮大聖人は
 せんじしょう
『撰時抄』において
だいしっきょう  だいがくせそん  がつぞうぼさつ                       たま     いわゆる
「大集経に大覚世尊、月蔵菩薩に対して未来の時を定め給えり。所謂我が滅度の後の五百歳の中には
げだつけんご                  ぜんじょうけんご                        どくじゅたもんけんご                   たぞう
解脱堅固、次の五百年には禅定堅固已上一千年、次の五百年には読誦多聞堅固、次の五百年には多造
とうじけんご                                          とうじょうごんしょう   びゃくほうおんもつ
塔寺堅固已上二千年、次の五百年には我が法の中に於て闘諍言訟して白法隠没せん」(新編836)

と説かれています。

 
正 法 時 代
                                             げだつけんご            ぜんじょうけんご
正法時代とは、釈尊入滅後の第一の五百年の解脱堅固と、第二の五百年の禅定堅固を合わせた

一千年間をいいます。堅固とは、堅く確定している状態を意味します。
                     こんじょう
第一の解脱堅固の時代は、衆生の根性が素直であったことから、釈尊の法が正しく伝えられ、その
   ち え
仏の智慧を得て悟りを開くための仏道修行が行なわれました。
                                              さんまい                   しゆい
第二の禅定堅固の時代は、衆生が大乗を修して深く三昧に入り、心を静めて思惟の行に専念し、悟
            
りを得ようとする仏道修行が用いられました。
                    きょう       ぎょう       しょう
正法時代は、釈尊の教(教法)・行(修行)・証(悟り)が正しくそなわっており、仏道を求める衆生も
              きこん                                  しょうか
過去に善根を積んだ機根であったので、釈尊の教法によって証果を得ることができました。
            でんぱ                                           かしょう  あなん          もっぱ
正法時代の仏教の伝播は、釈尊の入滅直後より約百年の間、弟子の迦葉・阿難等によって専ら小乗
                                                           めみょう りゅうじゅ てんじん
教が弘められ、次に、小乗教を表にしてわずかに大乗教が弘まり、さらにその後、馬鳴・竜樹・天親
                          せんよう                              
等によって、小乗教が破折されて大乗教が宣揚されるなど、釈尊から伝持・弘教の付嘱を受けた「付
ほうぞう
法蔵の二十四人」が中心となっていました。
            あじゃせおう  あいくおう   かにしかおう                           けつじゅう
またこの時代には、阿闍世王・阿育王・迦膩色迦王等の外護によって仏典の結集があり、仏法はイ

ンド全体に広く流伝していきました。


像 法 時 代
ぞうぼう              しょうぼう               へ                   どくじゅたもんけんご                     たぞう  
像法時代とは、前の正法時代の一千年を経た第三の五百年の読誦多聞堅固と、第四の五百年の多造
とうじけんご
塔寺堅固を合わせた一千年間をいいます。
                                                                                   え せ
この頃になると、仏の入滅より一千年以上のときが経過していたため、仏法を悪用する似非仏法者
                                                    やぶ
が多く現れ、仏法本来の姿が失われるようになり、その結果、小乗教によって大乗教が破られたり、
ごんだいじょうきょう               はい
権大乗教により実大乗教が廃されるというように、仏法は次第に混乱していきました。
                                          しょうか
この時代は、仏法の教えや修行がわずかばかり残っていたとはいえ、証果は得られず、形だけが正
   
法に像た時代となっていたので、像法時代といいます。
                                      らじゅうさんぞう  げんじょう
第三の読誦多聞堅固の時代には、中国に経典が伝えられるなかで、羅什三蔵や玄奘三蔵の多くの
                             けんさん
僧侶によって漢訳や講説がなされ、さらに教義の研鑽などが行われました。次の第四の多造塔寺堅固
                                こんりゅう
の時代には、多くの寺塔や仏像が建立され、形のうえで仏法流布の姿が見られました。
                                                               ゆうわ
またこの時代、中国に渡った仏教は、中国古来の宗教であった道教と融和をはかりながら広まって
                                         なんさんほくしち
いくなか、仏教者の間では次第に教義論争が盛んになり、ついには「南三北七」といわれる十派が生
           てんだいだいし                            はしゃく
まれました。やがて天台大師の出現により、これら十派の邪義もことごとく破折されて法華経が大いに
                                            おお
流布しました。しかし、その後に禅宗・真言宗等の権大乗教が中国全土を覆うようになり、釈尊の仏法
     すいたい
は徐々に衰退していきました。

また、多造塔寺堅固の時代に日本にも仏教が伝わり、「多造塔寺」の言葉どおりに、奈良や京都に
                                             なんと
盛んに寺塔の建立が行われました。このうち、奈良においては南都六宗の諸派が栄えましたが、
         でんぎょうだいし
平安期に入ると伝教大師が出現し、これらの六宗の教義を破折して法華経を弘通しました。
                       びゃくほうおんもつ
しかしほどなくして、釈尊が予証した「白法隠没」という末法時代の到来となり、法華経を立てる
                       まんえん
天台宗が衰退し、真言宗等の邪義が蔓延していきました。


末 法 時 代
                                                                                          まつ
末法時代とは、釈尊の仏法の力がなくなり、人心は悪化し、世相の混乱によって争いが絶えない末
せほうめつ
世法滅の時代をいいます。
                            げれつ              まんしん  ぎわく      いだ
この末法時代は、衆生は仏法に対して下劣な考えをもって慢心・疑惑などを懐き、また法華経の教
                われかしこ
義を盗み取って我賢しと主張するなどの多くの邪義が続出しました。それにより思想は混乱し、衆生
     とんよく  しんに  ぐち        ぼんのう  おうせい                 すさ                     とうじょうごんしょう
の生命も貧欲・瞋恚・愚痴などの煩悩が旺盛となり、世のなかも荒んで争いごとが絶えず(闘諍言訟)、
   てんぺんちよう                           てい                  まんえん
さらに天変地夭の連続による末世の様相を呈し、退廃的な風潮が蔓延していきました。
      じょくらん                                       びゃくほう  おんもつ 
このような濁乱の世相である末法において、釈尊の教法(白法)は隠没し、末世の闇を根本から救

う日蓮大聖人の南無妙法蓮華経(大白法)が出現するのです。この大白法が末法に流布すべきことを
               やくおうほん
釈尊は、法華経『薬王品第二十三』に、
    めつど      のち                 えんぶだい   こうせんるふ      だんぜつ  
「我が滅度の後、後の五百歳の中に、閻浮提に広宣流布して、断絶せしむること無けん」(開結539)
         ご か                                                             さいど
と説かれ、五箇の五百歳の最後・第五番目にあたる末法において、一切衆生を済度する仏法として、

末法の法華経である南無妙法蓮華経が出現し、永久に断絶することなく広宣流布していくことを予証
                                       うるお
されています。これについて天台大師も「後の五百歳、遠く妙道に沾わん」と述べられ、また伝教大
       やや                はなは                               まさ   こ    そ
師は「正像稍過ぎ已って、末法太だ近きに有り、法華一乗の機、今正しく是れ其の時なり」と、末法

時代は妙法流布のときであることを示されています。

Top