骨董品とアンティーク着物の店福嶋屋 町家紹介、町家カフェ営業中、アンティーク着物、アンティーク家具、アンティークガラス、骨董品店福嶋屋   骨董品とアンティーク着物の店福嶋屋 町家紹介、町家カフェ営業中、アンティーク着物、アンティーク家具、アンティークガラス、骨董品店福嶋屋

骨董品とアンティーク着物の店 福嶋屋

実店舗 大阪府茨木市上泉町6番29号 
Tel 072-624-5552 

 

福嶋屋TOP  福嶋屋紹介  営業時間  アクセス情報  貸店舗・ブース  イベント情報  通販サイト  リンク

 

大阪の骨董&着物店 福嶋屋 アクセス情報

〜 茨木市のカフェ&着物&骨董 〜

 

電車をご利用のお客様へ

阪急京都線  茨木市駅から 徒歩10分

JR京都線  茨木駅から 徒歩20分

(JPよりも阪急がお勧めです)

 

 

《 阪急京都線茨木市駅をご利用のお客様への御案内 》

 

大阪の骨董&着物店福嶋屋へ

阪急京都線 茨木市駅には改札口が2つあります。

改札口の内側から見てエスカレーターが目の前に見える方を御利用下さい。

(もしくは広そうな方にお進みください)

     
大阪の骨董&着物店福嶋屋へ  

エスカレーターを降りると手の方向に赤い石碑が立っているのが見えます。

石碑の方向に真っ直ぐ進めば今度は横断歩道が見えます。

     
大阪の骨董&着物店福嶋屋へ  

横断歩道の向こう側、正面にはケーキ屋さんがあります。

歩道を渡ったらへ、道なりに進んでください。

この先はず〜っと真っ直ぐ。

     
大阪の骨董&着物店福嶋屋へ  

すぐにコンビニのデイリーがあります。

100メートル以内にデイリーがなければ道を間違えてるかもしれませんので確認してくださいね。

デイリーを過ぎたらひたすらまっすぐ。

五分くらい真っ直ぐ。

顔をあげて歩くと歩道橋がかかっているのが見えるはずです。

     
大阪の骨董&着物店福嶋屋へ  

歩道橋を少し超えると今度はローソンがあります。

その手前の角を左に折れて進んで下さい。

     
大阪の骨董&着物店福嶋屋へ  

正面に昔ながらのタバコ屋さんが見えてきます。

ちょっと道がガタついてますがそのまま直進!

今では珍しくなった丸いポストの横を通りましょう。

まっすぐまっすぐ♪あとちょっと♪

     
大阪の骨董&着物店福嶋屋へ  

ポストの横を通ってまっすぐ行くと白壁のお家

※ 現在は右に見える白壁が小さな駐車場になっています。

ここを右折して六軒目ぐらいのところに福嶋屋があります。

 

JR茨木、阪急茨木市ともに駅にレンタサイクルがございますので、ご利用の方は駅でご確認ください。

 

 

お車で御来店のお客様へ

当福嶋屋の駐車スペースは店の軒先に『車高2.1mまでのお車を一台分』しかございません。

イベント時などは市営駐車場などのご利用をお願い致します。

(御案内 : 近くに「川端康成文学館」の駐車場(有料)などがございます)

 

《 川端康成文学館からの御案内 》

 

川端康成文学館から福嶋屋までは徒歩1分です。

川端康成記念館

川端康成文学館

この建物、まっっっっったく目立ちません!!!

通り過ぎに御注意下さい。

川端康成記念館道路標識

道路標識に従ってお越し下さい。

視覚はあてになりません。

青少年センター

川端康成文学館に併設して青少年センターがあります。

建物は正面から見て左に茶色の川端康成文学館、右に白壁の青少年センターです。

車を止めた後は真正面にある横断歩道を渡りましょう。

石碑があります。

石碑

石碑にたどり着いたら左へ曲がって下さい。

石碑を左へ

石碑を見ながら左へ、左へ10歩ほど進むと右側に出口があるのでそこを出ます。

石畳

足元に石畳があるのでわかりやすいです。

その石畳を出たら次も左へ。

石畳を出たら左

石畳を出た所です。

左手を見ると数メートル先に細い坂道があります

坂を下りる

この坂を下まで降りて今度は右に曲がって下さい。

右に曲がってまっすぐ進む

坂を下って右を見た所です。

この5.6軒先ぐらいに福嶋屋があります。

福嶋屋map

頑張って辿り着いて下さい

皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております

 

 

自転車、バイク、スクーター等での御来店はいつでも歓迎致しております。

 

大阪の骨董&着物店 福嶋屋

〒567-0811  大阪府 茨木市 上泉町 6番29号

TEL 072-624-5552

 

福嶋屋MAP TOPへ

 

 

〜*〜  〜*〜*〜*〜  〜*〜*〜*〜 福嶋屋ブログ 〜*〜*〜*〜  〜*〜*〜*〜  〜*〜

ハンドメイド制作メモ。by福嶋屋