バウデッキです。
仕様は厚さ15mmの合板にステンレス製のボルト・
プラスティック製のノブ仕様です。裏の角材をノブで
締め込みボートに固定します。サイズは12V用の
標準仕様は縦が550mm・横が770mmとなります。
ご希望により、24Vハイパワーエレキ対応の18mm・
21mmタイプも製作いたします。価格は15mmタイプで
\7000。18mmは\9000。21mmは\10000です。
また、エンジン船とローボートとどちらも利用する方
向きにはバウデッキに角材を取り付けたタイプの仕様
も製作いたします。(角材のままorカーペット巻き仕様)
エレキのマウント固定用の穴はお客様自身での
加工をお願いいたします。15mm厚のバウデッキと
ハイデッキの同時注文は割引があります。
(魚探とマウントは撮影用に取り付けたものです。)
こちらもハイデッキと同じブラックカーペット貼りです。
ハイデッキです。
仕様は厚さ15mmの耐水合板にステンレスの丁番・ボルトを
使用しています。型が4タイプあって、ヤマハ専用・スナガ専用
ヤマハ&スナガ兼用・14フィートボート専用サイズです。
収納時は下部写真のようにコンパクトに折りたためます。
デッキ面は見栄えとできるだけ突起物を出したくないので
丁番が表面に出ない様に丁番を固定してからカーペットを
貼っています。もちろん左右共に上方向に開きますので、
デッキ下部にスペースが生まれ、雨具やタックル類、昼食などが
かなり収納できます。センターの部分は縦横両方向に、
開閉出来る左右サイド部分もセンターからの角材で補強して
あるので、たわみもほとんど気になりません。価格は
シートベースを固定する、爪付きナット埋め込み加工と
固定ネジ付きが\22000。シートベース付が\26000です。
浮力体に固定OP.付きは\3000〜\5000のアップとなります。
こちらの写真はブラックカーペット貼りタイプとなります。
ボートにハイデッキをセットしたところです。こちらはヤマハ
&スナガ:兼用サイズをヤマハボートにセットしています。
前方に見えるプラスチックのノブがアジャスターで、まず
ヤマハとスナガの浮力体間の幅の違いを調整し、その後
に裏側の固定ノブを締めこんでボートに固定します。
デツキのサイズもなるべくボートとの隙間が空かない様に
採寸していますので、サイド部分の脇には延長コードを通す
為の隙間しか空きません。スナガにセットした時は片側15mm
程度、ヤマハにセットした時は両側20mmくらいづつ隙間が空きます。それぞれ専用サイズのデッキの場合は方側15mm
程度の隙間となります。写真の仕様はブラックカーペット
仕様となります。
折りたたんだ状態のデッキ。
こちらはスナガ専用タイプの
固定OP.付きで、後ろのみ
アジャスター付きとなります。
標準仕様の裏面です。
浮力体間に載せるだけ
ですので、固定する為の
ノブ類はありません。
エレキや魚探の配線を
デッキ下に通したい方には
配線用穴空け(25φ)加工
もいたします。
使い易いフラット仕上げの
デッキ上部の丁番部分!!
サイドの丁番部分!! 
折りたたんだ時の写真
となります。
レンタルローボートで釣りをされている方は非常に多いと思いますが、最近ローボートでもアルミボート
のようにハイデッキ仕様にして、キャスティングシートを付けて釣りをされている方が増えました。
ハイデッキ&キャスティングシート付きのボートはメリットが色々あります。まず 目線が高くなるので
入射角の関係でサイトがしやすくなります。またボート自体の使用スペースも広がり、エレキも踏みやすく
なります。また立ち位置が高くなる事でロッドの操作性がかなり良くなりキャスティングが楽になります。
そしてデッキ下にかなりの収納スペースが生まれ、雨具、昼食、すぐには使わないタックル類などが
かなり余裕をもって入れておけるようになります。そこで、元バスプロプロデュース・湘南匠工房より
バウデッキ&ハイデッキをリリース!! 但し本業の合間に作ってますので、納期がかかる事があります。
バウデッキ&ハイデッキに
入る湘南匠工房の焼印!!
Cクランプ使用時に便利な
角材を取付けたタイプもあります。
(角材のままとデッキカーペット
を巻いた仕様とあります。)
角材は脱着可能な固定ボルト
2本で固定していますので、
角材の取り外しも可能です。
レンタルボート用
バウデッキ&ハイデッキ
製作・販売いたします。
湘南匠工房で取り付けるシートベースです。(調達の都合で
変わりますが通常は左の大きな写真のタイプで黒地に銀色
のラメ塗装を施したタイプになります。)右の2点も形は
異なりますがどれもボルトの口径もボルトの間隔(約70mm)も
同じです。シートポールを差し込む穴も口径は3/4インチ
(約19mm)のタイプで一般的に流通している物です。
シートベースをお持ちの方はこのシートベースにあわせて
爪付きナットを埋め込み加工しますので念の為、お手持ちの
シートベースのサイズを確認してください。シートベース付きは
もちろん、シートベースなしを注文いただいてもシートベースを
固定する爪付きナットを埋め込み加工をして、ボルトを
お付けしていますので、すぐに取り付けが可能です。
湘南匠工房ハイデッキ&バウデッキ価格表
ハイデッキ 標準仕様 (ヤマハ用・スナガ用・ヤマハ&スナガ兼用、シートベース用埋め込みナット付き) \22000
シートベース付き 標準仕様プラスシートベース取り付け済み(塗装済みタイプもサービスで同価格です。) \26000
14フィート専用 14フィート専用の大きいデッキです。前方浮力体がないので、船体には固定できません。 \24000
シートベース付き 14フィート専用プラスシートベース取り付け済み(塗装済みタイプもサービスで同価格です。) \28000
OP. エレキ&魚探用配線穴空け加工 (1箇所につき) お好きな位置に空けます。 \500
ブラックカーペット ブラック&濃いグレーカーペット貼りは在庫がある時のみ受付いたします。 \1000
固定仕様OP. ボートの浮力体にデッキ後方のみをアジャスターネジで固定仕様(ヤマハ用&スナガ用) \3000
固定仕様OP. 同仕様でヤマハ&スナガ兼用タイプは前後共にアジャスタータイプ仕様となります。 \5000
12mmOP. 軽量化の為12mm合板仕様。補強済みでサイド部分のたわみもほとんど気になりません。 ▲\2000
ハイデッキ用フット 14フィートボート使用時のアジャスターフット。ヤマハ&スナガ兼用サイズの固定OP.付用 \4000
14フィート用フット 14フィート専用サイズ用のアジャスターフット。(発泡スチロールのブロックでも代用可能です。) \5000
ダウンBOXカット ペダルダウンBOXはめ込み用のカット(465mmX235mm)をいたします。 \1000
ペダルダウンBOX デッキのカット・本体(モーターガイド用・ミンコタ用・ツアーエディション用)・取付費込・ \14000
バウデッキ 標準仕様 15mmX550mm (通常は12V・54lb程度までならこちらで大丈夫です。) ¥7000
バウデッキ 強化仕様 18mmX550mm  (24Vエレキなら、こちらのタイプがお勧めです。) ¥9000
バウデッキ 強化仕様 21mmX550mm  (36Vエレキなら、こちらのタイプがお勧めです。) ¥10000
OP. Cクランプを使用して取り付けるための角材の取り付け仕様 (カーペット巻き) ¥3000
OP. Cクランプを使用して取り付けるための角材の取り付け仕様 (角材そのまま) ¥2000
同時注文割引 バウデッキ(15mm厚のみ)とハイデッキを同時注文の場合は割引をさせていただきます。 ▲\2000
ハイデッキはヤマハ&スナガ兼用タイプが縦1230mmX横980mm・重量11.5kg前後・ヤマハ専用タイプが
縦1230mmX横1010mm・重量12.0kg前後・スナガ専用タイプが縦1230mmX横980mm・重量11.5kg前後、
14フィート専用サイズは縦1230mmX横1080mm・重量14.0kg前後となります。また軽量化の為の12mm合板仕様は
10.0kg前後の重量となります。(裏には補強の角材を入れていますのでサイド部分のたわみもほとんど気になりません。)
もちろん木工製品ですので誤差は多少ありますし、特に重量は合板によってかなり重量にバラツキがありますので、
重さはあくまで目安としてお考えください。なおアジャスター付きの固定オプション仕様はわずかですが重くなります。
またシートベースを付けるとプラス約1.2〜1.3kgくらい重くなります。折たたんだ外形寸法は12フィートタイプはどれも幅は
560mm〜570mm程度。14フィート専用サイズは620mm前後です。厚さはシートベースなしで、80mmくらい、
シートベースを付けると150mmくらいになります。12フィートボート用はほとんどの湖で見かけるヤマハとスナガの大半の
12フィートボートに合うように採寸していますが、ごく稀ですが極端にボートの幅が狭いもの(980m以下)やボートの
浮力体の間隔の狭いもの(720mm以下)には対応していません。良くお使いになるボートのサイズが特殊な場合は
ご相談下さい。また14フィートボート用対応OP.は12フィート用のヤマハ&スナガ兼用サイズの固定オプション仕様のみ
フロントアジャスターの位置に別体のアジャスターフットを取り付け出来ます。(その場合は前方に浮力体がありませんので
固定出来ません。ハイデッキ自体は12フィート用ですので、船体幅のある14フィートに装着すると両サイド共に50〜70mm
程度空きます。)ヤマハ&スナガ兼用サイズの固定オプション付き以外は前方のスライドノブのアジャスターがないので
対応出来ません。その他のデッキは後から14フィート用のアジャスターフットを取り付けることは出来ませんが、
ハイデッキ注文時でしたら、アジャスターフットを取り付け出来るように製作いたします。(加工+フットで5000です。)
14フィートボートに良く乗られる方は14フィートボート専用タイプがお勧めです。ただし標準仕様ではそのまま使用
できません。アジャスターフット付きを注文いただくか、発泡スチロール製のブロックなどをフット代わりにご使用ください。
なお改良の為予告なく仕様を変更することがあります。ハイデッキ&バウデッキ共に送料着払いにて
全国発送いたします。但し本業、トーナメントの合間にコツコツと作っていますので、あまり数は出来ません。
基本的にはオプションなどの細かい仕様を打ち合わせをしてから受注。代金入金後の受注生産となるケースが
大半です。バックオーダーを抱えて納期がかなりかかることもありますので詳しくはお問い合わせください。
また、かなり大きいものですので送料も関東近県で¥1200〜¥1600程度はかかると思います。
シートベース取り付け部分は爪付きナットを埋め込み
加工済みでステンレスボルト付きとなります。
シートベースをすでにお持ちの方は簡単にご自分で
取り付けが出来ます。左側のグレーカーペットが
標準色となります。右側のブラックカーペットはOP.です。
ヤマハ&スナガ兼用サイズの固定
オプション付き仕様です。兼用タイプは
前後共にアジャスター付きとなります。
前のスライドノブでヤマハとスナガ
の浮力体の間隔の調整をします。
このタイプのみ14フィートボートにも
使用出来るアジャスターフットOP.が
可能です。
ヤマハ&スナガ兼用サイズの固定
オプション付き仕様の裏側です。
前のスライドノブを前方浮力体に
当たる様に調整した後で後ろの
ノブを締め込みボートに固定します。
ヤマハ専用・スナガ専用タイプは前の
スライドノブはなく後方アジャスターのみ。
前方の浮力体のない14
フィートボート対応のフットです。
ヤマハ&スナガ兼用サイズは
浮力体間の長さ調整の為に
前方にスライドノブ付きの
アジャスターがあります。
こちらのアジャスターのあて木を
取り外してその位置に代わりに
フットを取り付けます。これで
14フィートボートにも使用できます。
フロントのスライドノブです。
裏にアジャスターのあて木が
あり、このあて木をスライド
させてヤマハとスナガの
浮力体の幅の調整をします。
固定オプション仕様共通の
後ろの浮力体にセットする
アジャスターネジです。
ノブで締め付け固定します。
ヤマハ&スナガ兼用タイプに14フィート
対応のアジャヤスターフットを取り付け、
14フィートボートにセットしたところです。
12フィートボートと比較して、船体幅が
100mm〜140mmほど異なりますので、
両サイドには50〜70mm程度の隙間が
空きます。こちらはハイデッキ&バウデッキ
ともにブラックカーペット貼り仕様です。
木工製品ですので、仕入れの状況で合板の色合い
やカーペットの色なども少しづつ異なります。標準色は
右のグレー。真ん中のブラックと左側の濃いグレー
カーペット貼りは在庫がある時のみ受け賜わります。
出荷を待つハイデッキ。これらは全てヤマハ&スナガ
兼用サイズで固定オプション無しタイプです。
真中のシートベース付きは\26000・両サイドの
シートベース無しは\22000となります。左写真の
固定OP.仕様はそれぞれプラス\5000となります。
スパイダー・\2100
サドルシート・\5250
アジャスタブルポール
\5250も扱ってます。
デッキと同梱は不可。
受信拒否設定を解除
してからメールを
お願いいたします。
※ ここのところの原材料(特に合板・カーペット類)の高騰により、2012年2月10日価格改定をさせていただきました。
14フィートボート専用のサイズも製作
いたします。12フィートボートに比較
して幅がありますので、もちろん12
フィートボートにセツトすることは出来
ません。掲載写真はキャスティングチェア
を使用しない方向けにシートベース固定
の爪付きナット加工をしていません。通常
は爪付きナット加工仕様となります。
フットを注文いただくか、発泡スチロールの
ブロックをフット代わりにご用意ください。
メールのリンクをクリックしてもうまくいかない時はお手数ですが、griffonpapa@tbt.t-com.ne.jp まで直接お願いいたします。
ステンレス製のペダルダウン用の
BOXです。モーターガイド用・
ミンコタ用・ツアーガイド用と
3タイプあります。価格はデッキの
カット・本体・取付費で\14000です。
ペダルダウンBOXをデッキに
取り付けしたところです。
写真はセンター位置ですが、
50mm〜60mm程度は左右に
オフセット可能です。
14フィート用デッキにシートベース&
ペダルダウンBOXを取り付けた仕様です。