C51 5

青梅鉄道公園の保存蒸機 C 51 5(青梅鉄道公園時代)をご紹介します。



101
 『C 51』  C 51 5  保存機の少ないC51の中でも、若番の5号機。デフレクタが垂直で平面なのも特徴です。
 パイルナショナル社製の前照灯でないのが残念ですね。

 2002/02


102



103



104



105



106



107



108



109
 いわゆる、初期の「矩形テンダー」です。



111
 C51(18900)を製作されているモデラー様へ。
 鉄博入りでもう見られないC51の非公式側です、模型製作にどうぞ。
2018/1/8


112



113
 上の写真の合成です。



201
 大宮に開館する博物館に入るとのこと。再訪した時には他の蒸機と共に漆黒に塗り直されて、イメージも一新でした。
 赤いナンバープレートもやっと落ち着いて見えました。
 ナンバーの下には、小さく「17立方米」

 2007/04


202
 短軸でした。


203
 モーションプレート後端下部には高木氏が指摘された出っ張り(註) があります。

 註 Takagi,H. The Rail 1997, 36, 37.


204
 従台車はコール式。貴重です。


205



206




Photo by T.Takanashi

写真館へ戻る