コンタクトインプロビゼーション・グループ C.I.co.(代表・勝部ちこ)のサイトです。C.I.co.は、コンタクトインプロビゼーションの研究、普及、国際フェスティバル制作、教授活動、国際交流などを行なっている、日本では希少な国際派ダンスグループです。

即興パフォーマンスから始まる気軽な研究会 テーマは「間」



日程: 2018年4月30日(月・祝)14:00 - 15:30
場所: 鹿児島県霧島アートの森 展示ロビー 
(鹿児島県姶良郡湧水町木場6340番地220) 


    
    

出演:コンタクト・インプロビゼーショングループC.I.co.(勝部ちこ、鹿島聖子)
   蓑茂尚美(音楽) 

音響 / 照明:前畑竜郎

鑑賞料:大人310円、高校生 / 大学生200円、小学生 / 中学生150円
(アートの森への入場料でご覧になれます。)


【プログラム】

Movement & Sound 即興パフォーマンス (約30分)
パフォーマーからの作品コンセプト解説 (10分)
観客との交流座談会 (20分)
まとめ/アンケート記入 (10分)

【経緯】


兼ねてから、C.I.co.はコンタクト・インプロビゼーションというダンスの中で、日本的「間」をテーマにしたワークショップやパフォーマンスを行ってきました。

そのことから縁あり繋がったイスラエル人アーティスト、アサフ・バックラ氏が、今年2月、東北大学電気通信研究所でのシンポジウムに誘ってくれました。理工学系研究者の多い集まりで、ほとんどが外国人。テーマは「間」。 海外の人たちが真剣に「間」について論じる姿は、改めて深く研究する意欲をかきたててくれました。その4日間のシンポジウムの研究成果を、各自が何らかの形でレポートする宿題があるのですが、私たちは、やはり、ダンスパフォーマンスとしての表現をしてみたいと思いました。

さらに、そのシンポジウムでは日本人が少数で、日本人にとっての「間」についての資料、情報が欲しいと思いました。 

ぜひ会場にお越しになり、私たちの研究にご協力いただけると幸いです。



主催:コンタクト・インプロビゼーショングループC.I.co.

協力:鹿児島県霧島アートの森