篆書手本

書研印社篆書課題5

永綏吉劭
ちょっと保多流の影響か、私は起筆を逆入しないで、「ぽんと置くだけ」で済ませることもある。そういう点は、
手本としては
良くないのかもしれない。縦画の引き方も独自と思うが、まっすぐには引きやすいと思う。

書研印社篆書課題(バックナンバー)

「看又過何」 小篆体
この手本は私の師匠古川悟の折本です。二世中村蘭台先生に頂いた手本をベースに私達に書いてくれたということを記憶しています。保多孝三先生の手本も持っていますが、今となってみれば貴重な財産ということになります。

NEXT>> 失敗しない篆刻依頼法
<<BACK

shoken-insha keikobi