TOP 略歴・小型印 朱文 白文 ちょっと高度な篆刻講座 篆刻メルマガ 篆刻教室

白文



石印「四十不惑」
平成20年7月毎日書道展出品
6.5cm×6.5cm。青田石印材。
画像処理で軽くしているうちに、若干ボケ気味になってしまった。
師系の特徴である「等分配字の排斥」、「空間処理の特色」などを出したくて印文を選択。
私の実年齢とは一致していない。



竹裏庵主
石印「竹裏庵主」
平成15年3月制作
自解:5cm×5cm。この印材は「白芙蓉」だが、最近のもので印面がかなりゆが
んでいた。印矩が当たるように修正はしたのだが、上部に大変立派な彫刻が施さ
れているので、徹底的に正方形には直していない。
構成としては典型的な4字印としての、疎密の関係になった。実用として使用する
印なので、遠慮しているが、純粋作品だったら「庵」の字は、もう少し白く抜き「竹」
の朱との対比を際立たせたいところである。
当然「庵」の字は、作った形であるが、皆さん多くはこの字形で作るようだ。「主」の
字は、「点」だけでも良いのだが、前に小型印をその構成で刻したので、今回はこ
の字形を選択した。



放下便是
石印「放下便是」
自解:だいぶ前の作品。弟子もいなかった時代で、一人勝手にやっていたので、
気ままに暴れている。全般的には蘭台風を気取った。ご覧の通り、右の行は派
手に動きを出した。「是」は右の「下」の空間との対比で画数を多くしたかったの
で、掟破りの手法になった。作品としては面白く出来たので、気に入っている作
品である。ただし、弟子が何人かいる、今となっては、良い手本とは言えない。
右の行はともかく、「是」の字形は、特に審査を受ける場合は「ダメ」ですので念
のため。



流水不腐
石印「流水不腐」



ご高覧ありがとうございました。よろしければ芳名録に感想など記入下さい。
NEXT>> ちょっと高度な篆刻講座
トップ アイコン
トップ