TOP 略歴・小型印 朱文 白文 ちょっと高度な篆刻講座 篆刻メルマガ 篆刻教室

吉永隆山略歴、小型印

1950年  東京・中野で生まれる
1971年  彭不去、保多孝三先生に篆刻の手ほどきを受ける
1972年  古川悟に師事
1975年  25歳で日展初入選、以降4回にわたり連続入選「物外游」
1976年  日展入選「一念萬年」
1977年  日展入選
1978年  日展入選
以降 思うところがあって、日展などの公募展出品を取り止める。
大学時代よりの書友と東京銀座・香港・中国西安などでグループ展活動を展開。
仕事柄(大学卒業後JTBに勤務、以降旅行業に従事、主に海外旅行を担務)
中国旅行開放直後より書道訪中団に多数随行、書道交流をする。
その交流活動における「篆書作品」が杭州・西冷印社にて展観などされる。
2 0 0 8年 公募展活動再開 毎日書道展審査会員
2 0 0 9年 女子美術大学講師となる
2 0 1 2年 第64回毎日書道展審査員となる
2 0 1 3年 神奈川県代表書家展出品(以降毎年)
2 0 1 4年 一瀾書道会入会 常任理事となる
現在 毎日書道展審査会員(篆刻部)
書研印社(新宿、蒲田、横浜)主宰・産経学園(吉祥寺)篆刻講師
女子美術大学講師(芸術学部美術学科日本画専攻非常勤)
Pressなど 日本経済新聞オフビジネス欄、神奈川県「まち協リブィズ」、月刊「現代印章」
技術評論社刊「和風年賀状素材集 和の趣」酉年版、戌年版に作品掲載。
竹書房刊「月刊まんがくらぶ」に1日篆刻講習会の体験漫画掲載。
2006年2月25日テレビ朝日系列放映土曜ワイド劇場「科学捜査研究所・文書鑑定の女3
篆刻監修
2007年4月7日日本経済新聞朝刊、首都圏経済「生活のレシピゆとりプランニング」に1日篆刻講習会の記事掲載
2007年4月21日産経新聞朝刊、生活面に出講の吉祥寺産経学園篆刻教室の記事掲載。
2007年7月14日(13日発行)日刊ゲンダイ情報欄「人気の習い事」に書研印社篆刻教室掲載
2007年10月ナツメ社刊「心を伝える日本の特選年賀状(子年版)」に篆刻素材(作品)提供掲載。
教場 吉祥寺産経学園(東京・中央線「吉祥寺」)
篆刻研究書研印社(東京・新宿、蒲田、横浜・上大岡など、通信指導)ご案内こちら

今日この頃
篆刻メルマガ第79号  11月20日より
初歩の方への篆刻アドバイス 発表形式・観賞など(改定)その1
---------------------------------------------------------------------
 展覧会などで篆刻を観賞する形式は、押捺した「印影」を額装又は軸装したものを観賞するケースがほとんどである。一種の「版画」形式というわけだ。ただし、版画のように「何枚摺ったら版木を壊す」といったルールが無いので、その「印影」作品そのものの美術的価格は付かないのが通常である。表具してあるものだから、表具代プラス「何がしかの金額」ということになる。価値があるのはその印影を押捺する「印材」そのものということになり、通常はこれを購入することとなる。したがって、チャリティということで、値段が付いている「かながわ書道まつりの小品展」(上記でご案内)で、私の篆刻作品を購入(31500円で)いただくと、印材そのものが付いて来る。大型の印なので、通常の刻料とのバランスからするとかなり「お得」ということになる。

 刻った「印材」そのものも併せての展観はいうと、毎年1月に開催される朝日20人展の篆刻だけは「印材」も一緒に陳列されている。これは「日展」などでも大昔に行われた展示形式で、篆刻第一人者が実際に刻した刀痕、側款などを見るチャンスといえる。ちなみに「鈕」は本人の作では無い。販売しているものを買ったもの、または作鈕家に依頼して作ってもらったものである。

 聞くところによると「日展」などの展覧会で、印材そのものを陳列しなくなったのは「取扱いが面倒」という点と「ただ買ったものを並べる=しかも安物印材」だけでつまらないので廃止されたという。私の師匠である古川悟先生は、印材は一般的な青田石、寿山石だが、「鈕」を自作で出品していたようであるがーーーよく中央大学職員というサラリーマンをやりながら、そういう時間のかかることが出来たと感心してしまう。この印材は先生遺作展で展観された。

 しかし、近年「印材」展観の動きも出てきたようで、この11月に開催された神奈川書家30人展では、篆刻家の河野隆先生、柳濤雪先生の2人共に印材を出品している。また、今年の中村蘭台一門展でも幹部の諸氏が印材を出品している。

 「印影」観賞形式の話に戻れば、この「印影」観賞形式のそもそもの原点は、もちろん「印譜」ということにもなる。これは考えかたによっては、印刷物なので今日の図録ということもいえる。今日のように頻繁に開催される展覧会など無い時代には、これが発表の場ということである。したがって、大印を刻すということが行われるようになったのは、発表形式の主流が「印譜」から「展覧会」になったということが原因ともいえる。印譜のように手元で見るものは「小さな」もので良いが、大きな会場で見るには「ある程度の大きさ」が必要になったということだ。

篆刻メルマガ第75号より
篆刻徒然 篆刻鑑賞
---------------------------------------------------------------------
 産経新聞が運営している、ブログサイト「iza:イザ」の専門家ブログ に、昨年の9月より「まったくの素人向けというコンセプト」で篆刻を紹介 している。

 そこで、篆刻の鑑賞ということを書いたのだが、やはり、「篆刻をやった ことの無い人」が、篆刻を鑑賞するのは難しいだろう。裏返せば、篆刻作品 を制作して、果たして一般の人を感動させることが出来るかととも考えてし まう。例えば、北大路魯山人の篆刻を「有り難がる」人は多いだろうが、そ の篆刻そのものの良さというより、北大路魯山人ブランドを認めているに過 ぎない。

 それはともかく、NHKの番組で「迷宮美術館」「美の壷」という番組が ある。この番組のように、作者がどんなことを表現したいか、どんな点に注 目して観るのかということを解説してもらうことが、やはり良い。これは、 書道全体に言えることであろう。昨日、現在(明日6日まで)横浜のそごう デパート内の「そごう美術館」で開催されている「毎日書道展 第60回記念毎日現代書巡回展」「今をえがく書かながわ」を拝見したのだが、目録 に作者の「一言」が掲載されているのが有り難い。最近は、ギャラリートー クといって展覧会で作品解説をしてくれるということも流行っている。篆刻 に限らず、書道がもっと開かれた芸術となるためには、そういった努力を私 も含めもっと推進すべきだろう。そういった意味では、私のHPも反省すべ き点は多い。

 また、この間、横浜で開催されていた篆刻グループ展を拝見したのだが、 そこに刻した印材そのものを額に組み込み展示していた出品者がいた。これ は、印影だけではなく、その「刻り」も観てもらいたいということなのだろ う。面白い試みである。あと、観点は違い彫鈕を観てもらいたいというのだ ろうが、私の書友阿部氏の群馬書道奨励賞展(2月から4月開催)出品作品も印材を額に組み込み出品している。

 朝日20人展も印材が出品されているので、あながち印材出品も不可能と いうわけではなかろう。そういうことも、大勢の人に理解、鑑賞してもらう 一つの手段になるのかも知れないと考えている今日この頃である。

小型印

<プラウザ、設定によりますが、実際の大きさより大きめに表示されております>



陶印(陶磁器の印)「大吉」3.2cm×2.9cm:土は益子の粗いもの
これは素焼きの状態で彫ったもの。本焼きの火の力によって「形」「線」は変化する。その偶然性が陶印の魅力となる。
 

石印「淡雪(あわゆき)」2.5cm×2.5cm:賀藍石
2005年3月の作。淡雪のイメージを表現したくて3顆彫ってみた中の1作。
 

石印「梅飛」2.5cm×2.5cm:巴林石
2005年1月の作。昔は白文が好きだったのだが、最近は朱文のほうが面白い。PC画面の特性(後ろからライトで照らしている+赤色は膨張色の為)として太く見えるが実際は、これより細い。
「梅」は偏と旁のある字の為、当然横幅をとってしまう。この「木」偏と旁の「毎」そして「飛」という3つのパーツの字形をパズルのように工夫することにより、画面(印面)いっぱいを有効利用したい。「何の変哲もなく」見えるかも知れないが、作者としては随分、印稿を練った作。
 

石印「一軒家」3cm×1cm:臨江石
2004年7月の作。新作は書研印社会報に掲載、いわば身内(私の教えている方)には時折披露しているのだが、HP掲載はついつい遅くなる。この作品もWEB上で掲載してみると、若干太くなり、実物とイメージが異なってしまう。小さい印のHP掲載に抵抗感があるのは、そんなところにも原因はある。


浩子印
石印「浩子印」



石印「貞子」


墨山
木印梅材「墨山」



石印「癸未元旦」2.5cm×2.5cm:青田石
2003年の年賀状に使用。
反省点:朱文の辺縁処理法としては四隅を開放する私の癖が出過ぎてしまった。下方一隅は「くっつけて」おけば良かった。しかし、細身の分間をそろえる方法(初世蘭台先生の変形印のようにと)は成功したと自負している。



石印「延」
HPで繊細な印をお見せするのは難しい。ドットの大きさに規定されてしまう。ほかの印もそうだが、実物はもっとシャープなのだがーーーー



石印「ゆみこ」




石印「墨」 倣刻印です



石印「行雲所得金石書画」
スキャンの関係で大きくなったが実際は6分角。



石印「愛」:寿山石 印箋に押印はこちら

NEXT>>