USI将棋の使い方

  1. はじめに
  2. インストール方法
  3. メニューの説明
  4. 画面の説明
  5. エンジンの登録
  6. 対局
  7. ネットワーク対局
  8. 検討
  9. 詰将棋
  10. オプション
  11. Linuxでの使用法
  12. ライセンス関係
  13. 謝辞

1. はじめに

USI将棋はUSI(Universal Shogi Interface)に対応したコンピュータ将棋エンジン用のGUIです。
コンピュータ同士の対局、ネットワークに接続した対局を行うことができます。

2. インストール方法

ファイル USIshogi.zip をダウンロードして展開し、 適当なフォルダに保存してください。
USIshogi.exeをダブルクリックするとUSI将棋が起動します。

(注1)インストール先
"\Program Files" の下ではなく、 "\Users\{ユーザー名}" の下のフォルダにインストールしてください(UACのため)。
(注2).NET Framework
.NET Framework 4.5以上が必要です。 インストールされていないときは下記からダウンロードしてください。
https://www.microsoft.com/net/download

3. メニューの説明

  1. ファイル
    • [棋譜を開く]:CSA形式の棋譜を開きます。
    • [棋譜を保存]:現在の棋譜をCSA形式で保存します。
    • [終了]:プログラムを終了します。
  2. 対局
    • [開始]:対局を開始します。対局開始ウィンドウが現れます。(詳しくは6.参考)
    • [中断]:対局を中断します。
    • [ネットワーク対局]:ネットワーク上で他のエンジンと対局します。ネットワーク対局開始ウィンドウが現れます。(詳しくは7.参考)
  3. 編集
    • [棋譜貼り付け]:クリップボード内の棋譜(USI形式またはCSA形式)を貼り付けます。
    • [棋譜コピー]:現在の棋譜をUSI形式またはCSA形式でクリップボードにコピーします。
    • [局面貼り付け]:クリップボード内の局面(USI形式またはCSA形式)を貼り付けます。
    • [局面コピー]:現在の局面をUSI形式またはCSA形式でクリップボードにコピーします。
    • [読み筋コピー]:手番側のステータスバーに表示されている読み筋をクリップボードにコピーします。
  4. ツール
    • [エンジン管理]:エンジンを登録・削除します。(詳しくは5.参考)
    • [エンジン設定]:検討と詰将棋用のエンジンを設定します。(詳しくは8.参考)
    • [オプション]:その他の設定を行います。(詳しくは10.参考)
    • [読み筋ウィンドウ]:読み筋を表示するウィンドウを開きます。ステータスバーに表示される読み筋はここにも表示されます。
    • [ログ出力ファイル]:エンジンとの送受信文字列を出力したログファイルUSIshogi.logを開きます。[オプション]メニューで[ログをファイルに出力する]がONのとき有効です。

4. 画面の説明

  1. 棋譜リスト操作
    • 指し手をクリック:その局面に移動する
    • キーボード↑↓:一手戻る/進む
    • キーボードHome/End:開始局面/終了局面
    • キーボードPageUp/PageDown:一画面分戻る/進む
  2. 時計
    • 先手と後手の消費時間が表示されます。左は最新の一手について、右は累積時間です(単位:時:分:秒)。
  3. スコアグラフ
    • スコアの履歴を表示したものです。中心より上は先手有利、下は後手有利です。
    • は先手エンジン、 は後手エンジンの送ってきたスコアです。
    • 縦軸のスケールは[オプション]メニューの[スコアグラフ最大値]で変更できます。
  4. ステータスバー
    • 先手、後手別に表示されます。
    • 順に「スコア」「NPS」「探索深さ」「読み筋」です。 それぞれエンジンの出力する"info"行の "score", "nps", "depth/seldepth", "pv" に対応します。

5. エンジンの登録

対局を開始する前にエンジンを登録する必要があります。
[ツール]→[エンジン管理]メニューをクリックするとエンジン管理ウィンドウが開きます。

追加
[追加]をクリックしてエンジンの実行プログラムを選択すると、 エンジンに"usi"コマンドが送信され、その応答が下に表示され、 上にエンジン名とそのパスが表示されます。 エンジン名は"id name"行から取得します。
なお、ここではエンジンが正しいUSIエンジンであるかどうかはチェックしません。 エンジン応答を見てユーザーが判断してください。

削除
エンジンをリストから削除するにはエンジンを選択して[削除]をクリックしてください。

USI対応エンジン
USI対応エンジンの一覧については、
将棋所 のページを参考にしてください。


図1 エンジン管理ウィンドウ

6. 対局

エンジン同士の対局を行うには、[対局]→[開始]メニューまたは[開始]ボタンをクリックします。
ここで先手と後手の[エンジン]を選択し、必要な設定を行い、 [開始]をクリックすると対局が始まります。


図2 対局開始ウィンドウ

設定
[設定]をクリックするとエンジン設定ウィンドウが開きます。
ここでエンジンの思考条件などを設定します。
なお、エンジン設定ウィンドウの構成はエンジンが決めるもので、 エンジンによって大きく異なります。 それぞれの意味はエンジンの説明書を参考にしてください。
ここで設定した内容は、[対局]、[ネットワーク対局]、[検討]、[詰将棋] で用いる同じ名前のエンジンに反映されます。

時間
USI将棋は[持ち時間]と[秒読み]の設定と現在までの消費時間をもとにエンジンにコマンドを送信します。
go btime xxx wtime yyy byoyomi zzz
go btime xxx wtime yyy binc uuu winc vvv (フィッシャールールのとき)
(xxx,yyy,zzz,uuu,vvvは適当な数字です)
ただし、[設定]の中で時間を決めるエンジンもあります。 その場合、どちらが優先されるかはエンジンの仕様によります。

同じエンジン同士の対局
同じエンジン同士を対局すると出力ファイルが競合して不具合が発生することがあります。
もし不具合が発生したときはエンジンを別のフォルダにコピーして別々にエンジンを登録してください。
なお、同じエンジンで先手と後手の設定を変えたいときはエンジンを別のフォルダにコピーして登録する必要があります。

予測読み(ponder)
予測読み(ponder)についてはUSI将棋はエンジンと何もデータの送受信を行いません。 エンジンの方で適当に処理してください。

棋譜自動保存
[棋譜を保存する]をONにして、[保存先]のフォルダを指定すると、 そのフォルダにCSA形式の棋譜が保存されます。
棋譜のファイル名は "120801_120000_結果_手数.CSA" のようになります。 ここで、最初の数字は年月日、次の数字は開始時の時分秒、 "結果"は先手勝ち、後手勝ち、引き分けのとき、それぞれ"S","G","D"となります。

(注1)異常終了
何らかの理由でUSI将棋が異常終了したときは、エンジンが動き続けていることがあります。 このときは、タスクマネージャでエンジンを終了させてください。
(注2)エンジン起動
エンジンの起動に10秒前後かかるものもあります。 対局がすぐ始まらないときはしばらく待ってください。


図3 エンジンの設定ウィンドウの一例


図4 読み筋ウィンドウ

7. ネットワーク対局

将棋対局サーバーに接続して、ネットワーク上で他のエンジンと対局することができます。
[対局]→[ネットワーク対局]メニューをクリックすると、 ネットワーク対局ウィンドウが開きます。
ここで、エンジンとその他の設定を正しく行い、 [開始]をクリックするとネットワーク対局が始まります。


図5 ネットワーク対局ウィンドウ

8. 検討

[検討]ボタンをクリックすると現在の局面についての検討結果がステータスバーと読み筋ウィンドウに表示されます。
使用するエンジンは予め[ツール]→[エンジン設定]メニューで設定してください。


図6 エンジン設定ウィンドウ

(注1)
検討を途中で中止するにはタスクマネージャで実行プログラムを終了させてください。

9. 詰将棋

[詰]ボタンをクリックすると現在の局面について詰みがあるかないかを調べます。
使用するエンジンは予め[ツール]→[エンジン設定]メニューで設定してください。
USI将棋はエンジンに
go mate 10000
等のコマンドを送信します。数字はミリ秒単位の思考時間です。
詰みがあったときその手順はステータスバーに表示されますが、長すぎるときは、 [編集]→[読み筋コピー]メニューでクリップボードにコピーし、 メモ帳などに貼り付けてください。

(注1)
詰将棋を途中で中止するにはタスクマネージャで実行プログラムを終了させてください。
(注2)
詰将棋に対応していないエンジンもあります。

10. オプション

[ツール]→[オプション]メニューをクリックするとその他の設定を行うことができます。


図7 オプションウィンドウ

11. Linuxでの使用法

配布されている実行プログラムはmonoを用いてコマンドラインで以下のように実行することができます。
$ mono USIshogi.exe
MonoDevelopを使用してソースコードからビルドするときの注意点は以下の通りです。

  1. [ファイル]→[開く]メニューでUSIshogi.slnを開く。
  2. [プロジェクト]→[USIshogiのオプション]メニューで以下の修正を行う。
    • [ビルド]・[一般]・[Target framework]でインストールされている.NETのバージョン(例えば Mono/.NET4.0)を選択する。
    • [ビルド]・[出力]・[出力パス]で実行プログラムを保存する場所をユーザーの環境に合わせて設定する。
ビルドされた実行プログラムをコマンドラインから実行する方法は以下の通りです。
$ USIshogi.exe

12. ライセンス関係

13. 謝辞

トップページへ