マイボナの使い方

  1. はじめに
  2. 操作方法
  3. エンジン管理
  4. カスタマイズ機能
  5. 盤面編集と詰め将棋
  6. 連続対局
  7. 棋譜解析
  8. 棋譜データベース
  9. 定跡
  10. 棋譜検索

1. はじめに

マイボナは、将棋プログラム Bonanza 用のGUI(Graphical User Interface)です。
Bonanzaと合わせて使うことによって、Bonanzaとの対局、Bonanza同士の対局を楽しむことができます。

2. 操作方法

  1. 対局
    対局を開始するには、先手・後手を設定した後、 [対局]→[新規]メニューまたは[新規]ボタンをクリックします。
    対局を中断または投了するには、 [対局]→[中断/投了]メニューまたは[中断]ボタンをクリックします。
    その後、対局を再開するには、[対局]→[再開]メニューまたは[再開]ボタンをクリックします。
    中断時に、対局者やその設定を変えた後、再開することもできます。

  2. 駒の動かし方
    駒を動かすには、移動元をクリックした後、指を離して移動し、移動先で再びクリックします。
    持ち駒を打つ方法も同様に、駒台の(一番上の)駒をクリックした後、 マウスを移動し、移動先で再びクリックします。
    既定状態では、駒はマウスに合わせて動きますが、 [ツール]→[オプション]メニューの[駒の動き方]で[移動先をクリックすると動く]、 または[マウスに最も近いマスの中心]を選択することもできます。

  3. 棋譜と局面
    中断中は、ツールバーの局面変更ボタンまたは棋譜リストを操作して、 局面を変更することができます。
    変更した局面から再開することもできます([待った]など)。
    棋譜リストの指し手をクリックすると直接その局面にジャンプします。
    その後、カーソルキーの上下で局面を変更することもできます。

  4. 駒落ち
    手合い割りを変更すると駒落ち対局を行うことができます。
    途中局面で手合い割りを変更すると開始局面に初期化されます。

  5. 時間設定
    [時間設定]はコンピュータ側の制限時間の設定方法を指定するものです。
    [時間]:[持ち時間]と[秒読み]を設定して下さい。
    [ノード数]:[ノード数]を設定して下さい。Bonanza1/2/3/4/6の下限は1/100/100/10/10[K]です。 NPSが100KのPCで100Kとすることは思考時間を1秒に設定することと同じです。
    [探索深さ]:[基本探索深さ]を設定して下さい。下限は1です。1増えると約3倍の思考時間になります(レーティング差約200)。
    (注)Bonanzaを弱くするには[ノード数]または[探索深さ]を選択し、棋力に合った小さい値を設定して下さい。

  6. 人間の制限時間
    人間に制限時間を設定するには、[ツール]→[オプション]メニューの[人間に制限時間を設定する] をオンにして、対局者の人間側の[持ち時間]と[秒読み]を適当に設定します。
    人間の手番のとき、[警告時間]前になると、時計が赤になり、ビープ音が鳴ります。
    対局の途中で設定を変更することもできます。
    なお、両対局者が人間のとき(検討中など)は制限時間は無効です。

  7. スレッド数
    並列処理に対応したBonanzaをマルチコアのPCで使用するとき、 [スレッド数]に2以上の数値を代入すると、思考時に並列処理を行い、NPSの数値が高くなります。

  8. 定跡最長手数
    主にコンピュータ同士で対局するとき、定跡手が長く続きすぎることを避ける機能です。 例えば20とすると、21手以降は定跡を使用しません。 定跡の使用に制限を設けないときは[無限]を選択して下さい。

  9. 時計
    時計の左の数字は一手の消費時間、右の数字は合計の消費時間です。(単位は[分:秒])
    時計のフォントとサイズは、 [ツール]→[オプション]メニューの[時計のフォント,サイズ]で変更することができます。
    フォントサイズは14〜16ポイントが最適です。

  10. [編集]メニュー
    • [棋譜/局面貼り付け]:クリップボード内のCSA/KIF/KI2形式の棋譜または局面が貼り付けられます。 形式は自動判定されます。貼り付けた局面から[再開]ボタンで対局を継続することができます。
    • [棋譜コピー]:現在の棋譜が選択された形式でクリップボードにコピーされます。
    • [局面コピー]:現在の局面が選択された形式でクリップボードにコピーされます。
    • [読み手順コピー]:ステータスバーの文字列がクリップボードにコピーされます。

  11. 読み手順ウィンドウ
    [表示]→[読み手順ウィンドウ]メニューをクリックするとウィンドウが現れ、 ステータスバーに表示される読み手順がリアルタイムで追加されます。 対局、棋譜解析、ヒントで有効です。

  12. ヒント
    [ヒント]ボタンをクリックすると、現在の局面に対するBonanzaの思考結果が ステータスバーに表示されます。
    ヒントは局面や棋譜には影響しません。
    ヒントの右の数字は思考時間[秒]とスレッド数です。適当に設定して下さい。
    Bonanzaの思考を途中で停止するには、その右の停止ボタン■をクリックして下さい。
    ヒントで使用されるエンジンは既定エンジン(MyBona.exeと同じフォルダにあるbonanza.exe)です。

  13. スコアグラフ
    スコアの履歴を表示したものです。中心より上は先手有利、下は後手有利です。 赤は先手側、青は後手側の送ってきたスコアです。 縦軸のスケールは[ツール]→[オプション]メニューの[スコアグラフ最大値]で変更することができます。

  14. ログ
    [ツール]→[ログを開く]メニューをクリックすると、最新の対局のBonanzaとの送受信ログを見ることができます。
    ここで、1>, 1<は先手側への送信と受信、2>, 2<は後手側への送信と受信です。

  15. 局面画像保存
    [ファイル]→[局面画像保存]メニューをクリックすると、現在の局面のgifファイルが保存されます。
    その大きさ(縦横同じ)とフォントは[ツール]→[オプション]メニューの[局面画像ファイル] で変更することができます。

  16. 強制終了
    プログラムが何らかの理由で応答しなくなったときは、タスクマネジャー (タスクバーの空いたところを右クリック)でMyBona.exeとbonanza.exeを終了して下さい。

  17. 棋譜ファイルの関連付け
    エクスプローラで棋譜ファイル(CSA/KIF/KI2)をMyBona.exeに関連付けすると、 棋譜ファイルをダブルクリックするとマイボナが起動して棋譜ファイルを読み込みます。

  18. 設定の初期化
    すべての設定を初期状態に戻すには、プログラムを終了した状態で、 環境設定ファイルMyBona.iniを削除して下さい。

  19. アンインストール
    マイボナをアンインストールするには、解凍してコピーしたファイルを削除して下さい。 レジストリは操作していません。

オプションウィンドウ


読み手順ウィンドウ

3. エンジン管理

初期状態ではMyBona.exeと同じフォルダにあるbonanza.exeが登録され使用可能状態になっています。
これ以外のフォルダにあるBonanzaまたはBonanza互換のエンジンを登録するには、 [ツール]→[エンジン管理]メニューをクリックして下さい。

エンジン管理ウィンドウ

ここで、[エンジン名]に適当な名前をつけ、[実行プログラム]を指定し、 [追加]をクリックすると上の一覧に追加されます。 対局時に適当なエンジンを選択して下さい。
参考までに必要なファイルと注意事項は以下の通りです。
マイボナを使用すると、これ以外にいくつかのファイルができます。

4. カスタマイズ機能

以下の外観を変更することができます。自作の素材を使用することもできます。
  1. 駒画像
    所定のフォーマット(8X4形式)の駒画像を
    ここ からダウンロードして保存し、 [ツール]→[オプション]メニューの[駒画像ファイル]で選択すると、 駒画像を変更することができます。
    なお、ウィンドウサイズを変えると、盤と駒の大きさも変化します。

  2. 駒音
    駒音ファイル(wavファイル)を ここ または ここ からダウンロードして解凍し、 [ツール]→[オプション]メニューの[駒音ファイル]で選択して下さい。

  3. 盤・駒台・畳の画像
    [ツール]→[オプション]メニューの[画像ファイル]でそれぞれ適当な画像ファイルを選択して下さい。
    盤と駒台では画像が自動伸縮され、畳では等倍率で繰り返し表示されます。

5. 盤面編集と詰め将棋

[編集]→[盤面編集開始]メニューで盤面を編集することができます。
編集を開始する局面を、[開始局面]、[現局面]、[詰め将棋]の3通りから選択して下さい。
盤面編集時は駒を自由に動かすことができますが、対局関係の操作はできません。
また、駒を右クリックすると駒の種類(成/不成、先/後)を変えることができます。
編集が終了したら、[編集]→[盤面編集終了]メニューをクリックして下さい。
このとき、手番を[先手番]と[後手番]から選択して下さい。(詰め将棋では通常先手番です)
[詰め将棋]のとき、Bonanzaは両方に玉がいないと不具合がありますので攻め方にも玉が必要です。
編集終了後、[ヒント]ボタンをクリックするとステータスバーに解答が表示されます。
詰み手順を再現するには、先手・後手にBonanzaを選択し、[投了値]を[なし]にして、 [再開]ボタンをクリックして下さい。
なお、Bonanzaは詰め将棋プログラムではありませんので、解けない問題もあります。

6. 連続対局

コンピュータ同士の対局を連続して行うことができます。
そのためには、[ツール]→[オプション]メニューの[連続対局数]を設定した後、 先手と後手の対局者にコンピュータを選択し、 [対局]→[連続対局]メニューをクリックします。
連続対局中は勝敗の途中経過が左下に表示されます。
連続対局が終わると、勝敗結果と対局条件が"連続対局.txt"ファイルに追加されます。 [ツール]→[連続対局結果を開く]メニューで確認することができます。
また、すべての棋譜(.CSA形式)が開始時間名のフォルダに保存されます。 棋譜ファイル名は"通し番号"_"手数"_"勝敗"です。ここで"勝敗"は先手勝ちのとき"S"、 後手勝ちのとき"G"です。
連続対局を途中で中止するには[中断]ボタンをクリックします。 このときも既に終了した棋譜は保存されています。

7. 棋譜解析

現在読み込まれている棋譜を、現在設定されている対局者(先後ともコンピュータであることが必要) とその設定条件で解析する機能です。
[対局]→[棋譜解析]メニューをクリックすると解析を開始します。
本譜と解析結果が一致したとき○、途中の候補手と一致したとき△、一致しないとき×で表示します。 ・印は定跡と一致したことを表します。
[スコア]は解析結果のスコアであり、本譜を評価したものではないことに注意して下さい。 また、スコアはスコアグラフにも図形表示されます。
[差]は一手前のスコアとの差です。
解析中に右上に本譜と解析結果との一致率が先後別に表示されます。 括弧内の左が○について、右が○と△の和についての数字です。
解析結果は"棋譜解析.txt"ファイルに毎回上書きされます。 [ツール]→[棋譜解析結果を開く]メニューで確認することができます。

棋譜解析ウィンドウ

8. 棋譜データベース

棋譜データベースを用いて、現在の局面と一致する棋譜の次の指し手を表示する機能です。
[棋譜DB]ボタンをクリックすると開始します。 再度クリックすると終了し、通常の対局モードに戻ります。
矢印が次の指し手を表し、矢印の太さは棋譜の数に比例します。 棋譜の数は数字でも表示されます。
任意の矢印の数字の位置にマウスを移動させると、データの詳細が表示されます。 ここで、左の数字は棋譜数で、棋譜数の多い順に表示されます。 右の年月日はその人が最初にその手を指した日です。 なお、その手を最初に指した人の名前の前に*マークが付きます(いわゆる"新手")。
次に、任意の矢印の数字の部分をクリックすると、その指し手で局面が進められます。
以上の操作を繰り返し行うことができます。
[編集]→[棋譜DBコピー]メニューをクリックすると、 現在の局面の指し手のリスト(指し手、棋譜数、勝率)がクリップボードにコピーされます。

注意事項とヒント

棋譜データベース

棋譜データベースは、 2ちゃんねる棋譜 から作成したものです。 2chkifu.binはバイナリファイルで書式は以下の通りです。すべて平手です。
盤面座標は1一が1、1九が9、9九が81です。

-------------------------------------------------------------------
作成日(20081219等) int 4バイト データ管理に用いる
総棋譜数(42723等) int 4バイト
以下、棋譜に関するループ
| 手数 int 4バイト
| 以下、差し手に関するループ
| | 移動元 unsigned char 1バイト 盤面座標1-81 持ち駒=82-88(歩-飛)
| | 移動先 unsigned char 1バイト 盤面座標1-81 成るときは +128
| |  ・・・
| ・・・
-------------------------------------------------------------------

9. 定跡

Bonanzaの定跡ファイルbook.binを表示・編集する機能です。
[定跡]ボタンをクリックすると開始します。 再度クリックすると終了し、通常の対局モードに戻ります。
現局面に対応する定跡手が矢印で表示されます。 矢印の数字の部分をクリックするとその指し手で局面が進められます。

定跡

数字は頻度[%]であり、矢印の太さは頻度に比例します。 数字の合計はおよそ100%になります。
数字を右クリックすると、[編集]と[削除]メニューが現れます。
[編集]を選択すると頻度を変更するダイアログが現れますので適当な数字を入力して下さい。
[削除]を選択するとその指し手が定跡から削除されます。
指し手を追加するには、コントロールキーを押したまま、移動元をクリックした後、 移動先を再度クリックして下さい。初期状態では頻度は1%ですので、 [編集]メニューで頻度を設定して下さい。
編集した定跡をファイルに上書き保存するには、[定跡]ボタンをOFFにするとき、 "定跡ファイルbook.binを更新しますか"というメッセージが出ますので[はい]を選択して下さい。
定跡ファイルを更新せずにマイボナを終了すると編集内容は消えますので注意して下さい。
なお、定跡ファイルbook.binはユーザーの判断で適宜バックアップをとっておくことをお勧めします。

注意事項とヒント

10. 棋譜検索

棋譜データベースを用いて、現在の局面と一致する棋譜を検索する機能です。
[ツール]→[棋譜検索]メニューをクリックすると棋譜検索ウィンドウが表示されます。
使い方は棋譜検索ウィンドウの[ヘルプ]を参考にして下さい。

棋譜検索ウィンドウ

[ツール]→[レーティング]メニューをクリックすると棋譜データベースをもとにレーティングが計算・表示されます。
使い方はレーティングウィンドウの[ヘルプ]を参考にして下さい。

レーティングウィンドウ

トップページへ