【書家 山本祐司】 ・・・書道・書作品・筆文字と芸術・・・

 

 

 

 → Home

 プロフィール。

 

 → News

 お知らせ。

 

 → Works

 書の作品。

 

 → Photo

 展覧会など。

 

 → Column

 書のコラム。

 

 → Contact

 電話、メール。

 

 

 

 

 個展『山本祐司展』

 2014年

 7月23日〜27日

 安城市民ギャラリー

 

 後援

 愛知県

 愛知県教育委員会

 安城市

 安城市教育委員会

 中日新聞社

個展 『山本祐司展』 2014年

2014年個展 『山本祐司展 −書の美 悠然の美−』

 

2014年7月、

愛知県にて7回目の個展を開催。

 

書道美術新聞記事

 

連載執筆の「書の美 悠々」の

2013年の掲載分(前半の12回)を

作品の原本とともに、

机上に展示しました。

 

連載の原本の12枚は、

それぞれ趣向を変えた作品で、

文章とともに好評をいただきました。

 

中央の額の作品は、

「手袋を買いに」、「ごんぎつね」

などで知られる童話作家、新美南吉の

「寓話」の一節を書いたものです。

 

新美南吉が教鞭をとった県立安城高校の

ご依頼により、南吉の生誕百年記念の

作品として制作しました。

 

色紙サイズのシンプルな額の作品も

文字数や書風の雰囲気を変えて

展示しました。

 

筒状の照明は、

会場に3点、展示しました。

 

現代的な感覚で、

好評をいただきました。

 

参考出品

王献之の「地黄湯帖」(複製)

 

王献之は東晋時代(300年代)の人で、

書の名人として有名な王羲之の子です。

 

地黄湯帖は、王献之の手紙であり、

行書の名品として名高いものです。

 

地黄湯帖の巻末には、

文膨、常生、成親王、英和らの

観記や跋があります。

 

これら題跋もすべて広げて、

見ることができるようにしました。

   

 

↑上に戻る   ↑写真集に戻る