Music M-S

■猛毒  「ザ・ベスト」  殺害塩化ビニール  2CD
今ではフラッシュ等で御馴染みとなったサンプリング・コラージュを

90年代に入る前からやっていた日本が誇るネタバンド、

猛毒。本当は4枚組ベストが欲しかったのですが、なんかすげぇプレミアが付いてて諦めてこっちを買いました。

こっちも高かったけどね、ボリやがって。
中身は、サンプリングや歌での芸能人中傷ソング、カウ゛ァ?(カラオケを歌ってるだけの曲もあり)、

そしてオリジナルの曲。個人的にははたらくくるまがマストですね。買わなくてもネット上に転がってるし。

■モロトフ  「ダメダメ・ムーチョ」  ビクターエンターテイメント  CD
メヒコ産ミクスチャーバンド。チカーノロック+ラップってとこでしょうか。
グラミー賞にノミネートされただけの事はあって完全に「メジャーの」音になってます。
メヒコゴアグラインドやハードコアパンクも凶暴なのですが、やっぱりチカーノラップが

一番スペイン語の凶暴さが出ていいなぁ、と思えるのですよ。

メジャーなのでブックオフとかにもあるかもしんないですね。

■NILE  「IN THEIR DARKENED SHRINES」  RELAPSE RECORDS  CD
人間技とは思えない速さの演奏を魅せる連中が多数生息するブルータルデスメタル界。

その頂上に君臨するバンドが出した名盤がこいつ。速いだけでなしに中東系のエキゾチックなムード

を漂わせるリフ、ドラムマシンと間違える程のテクニカルなブラストを叩くドラム
、ギターとベースの3人が繰り出す低すぎるデスヴォイス。

その全てが一つになり疾走するサマに興奮しなければ、

デスメタルは聴かない方がいいんじゃないかと。最高

■OXIDISED RAZOR  「''...CARNE...SANGRE...''」  OBLITERATION RECORDS  CD
ディスゴアージがメタル路線へシフトした今、メヒコゴアグラインド界で一番熱いバンドがこいつら。

ファーストでは(ゴアバンドにしては)控えめにカーカス的な音で演っていた彼等ですが、

この2ndで大化け。ヴォーカルは豚の断末魔と形容される程の病的な声になり、

新しく加入したKEI氏(日本人)のベースはギター以上にビンビン響くオンリーワンなバンドへと進化しました。

ゴアを聴くなら買って損はしませんよ。これは
ちなみにこれが私の記念すべきゴア初体験CD、のっけから濃すぎるモンを買っちまいました。

■PAINKILLER  「COLLECTED WORKS」  TZADIK  4CD
日本の歌謡曲を愛するあまり一時期日本に住んでたインテリ男、

ジョン・ゾーンが組んでたユニット「Painkiller」  

あのミック・ハリスも在籍となれば買わない訳にはいきません。
ゲストに山塚アイや灰野敬ニが参加してますね、スゲぇ豪華!

みんな演奏上手いですな。至極当たり前の意見ですが。

何もかもが一つになってそのまま耳に特攻かけてくるのを唖然と受け入れるだけ、

それでもドラムが完全なカオスになるのを防いでいる感はありますね。
個人的には大阪ライブでのジョンとアイの発狂掛け合い漫才が最高でした。

■PETER PAN SPEEDROCK&ZEKE  「アルバム名無し」  BITZCORE  CD
オランダとアメリカの激走ロケンローラーによるスプリット。運転中に聴いていい音ではありません。

眠気と一緒に理性も吹っ飛びます。これはもうどっちのバンドの音がどーだ言うアルバムではありませんね、

共に押さえる所押さえたスピード感ありまくりのロックンロールナンバーを演ってます。

ジャケのホットロッドは伊達じゃないって事ね。

■パブリック イメージ リミテッド  「フラワーズ オブ ロマンス」  日本コロムビア株式会社  CD
パンクロックの偉大なる墓石、Sex Pistols  

その中心的人物であるヴォーカル ジョニー・ロットンがバンド脱退後に始めたのがこのPIL、

あんまり売れてないんで知ってる人が少ないのが残念なんですが、

初期から中期にかけてはかなり実験的なサウンドで新譜を出す度に音楽好きを驚かせていた

バンドなんですな。さらにその中でも史上最高の名作と呼ばれているのが本作なんです。

シンプルな民族音楽的グルーヴに特徴的なヴォーカル、

一曲目の「アラー!」の一声でもう名盤指定ですわ。

このアルバムには81年に製作された作品だという事実を否定したいくらいの緊張感があります。

■屍  「人のために生きるか 自分のために生きるか」  MCRCOMPANY  CD
究極にネガティブな歌詞が他のバンドを圧倒する東京発病み病みグラインドコア。
ここまでやっておいて歌詞がただのヤケクソじゃない所はさすが、ヴォーカルが仏教を学んでいただけ

の事はありますね。音的には結構ヘウ゛ィな割にはスピード感があっていいですね。

あんまり低音が強いスピーカーで聴くと声が消えちゃうかもしれないですよ。

Back Top Page