Movie

■「π」  KLOCK WORX  VIDEO/DVD
個人的には好きなんですが、ネット上ではあんまり良い評判を聞きませんね。
「数学を知らない人間が造ってる」「鉄男のマネだろ?」「月並み」
なるほどなるほど、確かにその通りかもしれません。でもね?それはこの映画の正しい観方では無いんです。こんな映画、クソマジメに観てはいけないんです。
ストーリーは頭からすっ飛ばして、絵とBGMを楽しむんです。
モノクロのスクリーン(ブラウン管だけどね)に映る主人公の偏執狂っぷり、一定の規則性を持つ膨大な数字の羅列、囲碁、歯と目だけが白く浮かぶ黒人、脳味噌と電車、、、、そしてそれに重なる電子的なBGM、これを気付いたら本編終わってた的ないい加減さでボーッと観る。これでOK、様は視覚と聴覚でトリップするドラッグなんですね。
だからもう内容はどうでもいいでしょ?感想なんて「勉強ばっかしてるとバカになんぞ」

で大丈夫。以上、間違った「正しいπの楽しみ方」でした。

■「JACKASS the movie」  パラマウント ホーム エンタテイメント ジャパン 株式会社  DVD
危険なネタが災いし、全米各地で真似するバカキッズが続出(俺もその一人)。

どうやら死者まで出してしまったようで番組打ち切りの憂い目に遭ったジャッカスですが、

不死鳥の如く復活してくれましたぜ、旦那。なんと映画で(!) と言っても中身はいつものジャッカス、

ネタを小出しにしてラストまで持って行きます。テレビの規制は無くなってさらに過激になり爆笑度もアップ!

おまけに器材を奮発して画質が大幅に上がって最高!ま、今回も嘔吐、下ネタ、

痛そうなネタばっかりなのでそこらへんは今回も要注意。

Back Top Page