FMD Music A-F

■AKAKNUE 「Shattered Dome」
P.A.W.Cとのスプリットで初見参のAKAKNUE 、読めねぇよ!こんなん。造語?
ま、名前はいいとして肝心要の音ですが、P.A.W.CがアニメSE無しでやったら、、って感じですね。

基本はエレクトロノイズなんですが、泌尿器なんかより聴きやすいです。

泌尿器がゲームの接触不良的な音ならば、こちらはラジオのチューニング的な音と解釈していいと思います。

個人的には全然アリですね。

■BASKET OF DEATH 「Suitcase of Mutilated Entrapent」
泣く子を犯す極悪オタ野郎が日本製アニメを抱えてやって来た!!FMDという黒船を連れて。
ノイズゴアなる新しいジャンルらしいですが、まさにその通り。ノイジーな音質のサウンド、、

ではなくてノイズでメロディを構築している感じでしょうかね。そこENBILULUGUGAL的な

ギャンギャン言ってるノイズとゴボゴボガリガリなゴアヴォーカルが絡みます。

SEはジャケそのままな世界なので深くは説明しません。見たい方ははるまげ堂あたりでチェックして下さい。

メジャーなのってバトル・ロワイアルくらいしか無いですよ。まあ、あの音で可愛いSEカマされても困惑しますがねぇ。

■BASKET OF DEATH 「リミックス戦争」
一部で熱狂的なファンを持ってるオタクグラインダーの(多分)最新作。
私もそのファンのうちの一人ですが、今作では少し色合いを変えていたのでちとがっかり。

特徴としてはまず、いつもの凶悪なSEが無い事。そして、ノイズの占める割合が増えた事が挙げられます。

それでもBASKET OF DEATHらしさは十分わかるので、鬼畜ノイズゴア入門の方。

単独のジャケがヤバくて手を出せない人にオススメです。

■BASKET OF DEATH 「Split」
極悪サウンドはそのままに、SEだけ間違った方向に進化をとげたP.A.W.Cとのスプリット。

禁断のポルノアニメSEが入りました。あのワケわからない陰惨なSEが良かったのに、、、

と嘆きたくなりましたが、最高にマッチしていてクール。
汚れきったその音は、黒く美しく鈍い光を発しています。

■BASKET OF DEATH 「ORrigami jigoku」
セカンドアルバム。前作と変わりのないジャケに音、文句の付け所がありません。
不快指数100%オーバーなグチャグチャゴボゴボサウンドに常識人は真っ青。俺達は狂喜。
狂った物が聴きたい方。隣家に嫌がらせをする予定のある方。FMDの神髄を知りたい方。
買って損はしません。

■BEARTRAP 「split」
日本在住のTIM氏のノイズコアバンド。特徴としては、あまり暴走パートが無い事が挙げられます。

結構珍しいんじゃないでしょうか?ヴォーカルが猛獣の唸り声みたいでカッチョヨカですね。

こんな声出せるようになりたい。ホントに、、

■BUKKAKE MASTER 「split」
MFBとのスプリット作品、ノイズグラインドです。基本は喘ぎとギターと叫びですが、

音質を極端に悪くして音割れさせているために雑音にしか聴こえません。

今聴き直して初めてドラムが入っている事に気がつきました。これもFMDらしい真性ゴミサウンドなので、

メロデスくらいしか聴かない人は興味本位で買わない方がいいでしょうね。
ちなみに今作ではSEは控えめ。

■BUKKAKE MASTER 「CUHOROPS SESSION」
泌尿器とのスプリットはシングルCD-R、なので全部で4曲しか入ってません。
まずジャケがマズい。蓮コラに近いものがあります。気分悪くなるわ、、、、、
中身はバンド名やジャケそのままのエロSE天国。

お子様の手の届かない場所に保管するようにしましょう。てか、ケース付けてよ。

■The BUTTPLUGS  「Double Penetration 2 In 1 EP」  

アメリカの打ち込みドラム使用ハードロックバンド。2枚のEPをまとめたディスコグラフィ盤らしいです。
よくこの腕でレコード出したなって感じです。しかも恐ろしくやる気が無いです。特にコーラス隊。

ある意味ドゥームよりもダウナーですね。FMD好きにもキツいかも知れないですよ、これは。

ジャンクロック(とも違うかな?)好きか物好きにしかオススメは出来ません。

でも、なんかこの屑加減がたまらなくなって来てる自分が恐い。

■COSTES 「FECAL MASTER」
ウンコ大好き! なコステス兄さんがFMDからリリースしたこの作品。

一曲目以外のタイトルには全て「SHIT」が入ってるリスペクトっぷりに思わず聴かずして棚の肥やしにしたくなりますね。

曲の中でもSHITへの愛を語り続けるのは構いませんが、喋りばっかりでいつものコステスらしくなくてガッカリでした。

ジャケは100点。友人や彼女へのプレゼントに最適です。

こんなもんもらって「ありがとう!」と言われたらその人とは付き合いを考えましょう。


■DIARRHOEA CRISIS  「Fecal Remnant Reek」
FMD中毒患者へ投与された近年稀に見る最高の駄作!
ABOSRANIE BOGOMも真っ青な下水道ゴボゴヴォーカルをアカペラでカマすクールな
シングルCD-Rの登場だ!!!
AxCxのカヴァ−!意味も無く付属する茶色い紙袋!何故かDVDケース!この価格設
定!
あなたが逝くとこまで逝っちゃってるかを計るリトマス試験紙ですね。これは

■DECHE-CHARGE  「The Preps Suck」 
カナダの有名なノイズグラインドらしいんですが正直よく知りません。デモ音源の再発だそうです。

AxCxがよく「どの曲も同じに聴こえる」と言われてますが、このバンドには敵わないですな。

初めて聴いた時は同じ曲を何度もリピートさせてるのかと思いました。
「グァ?」 「グァー」 「グァー」 「グァー」 「グァー」
一言一曲って感じですね、ホント。現在も活動中らしいので、是非ともこの路線で突き進んでもらいたい!

■DIAHRETTICGUTFUK 「Discography」
超無名米国産一人ポルノゴアグラインドバンドが唐突にリリースした176曲入り2枚組ディスコグラフィアルバム。
音悪いなぁ、これ。ゴアヴォーカルはくぐもっちゃってモゴモゴ言ってるのにドラムは乾いた音割れで聴きにくいです。

ギターなのかノイズなのかもよくわかりません。しかし、よく聴けば同じような曲が何曲も続くような事は無いし、

収録時間も多めなので元を取った気はします。そーいや、ポルノゴアなのにポルノSEは皆無でした。

ジャケは酷い有様ですがね。

■EBOLA HOLOCAUST  「Biohazard Bagged Discograpy Set」
エボラ出血熱による大虐殺、と訳してよろしいのでしょうか?

わざわざ4枚のシングルCD-Rに分けたディスコグラフィアルバムです。

限定38セットとの事ですが、過去にバラで販売していたらしいので(はるまげ堂を知ったのが今年の初めですから、

最低でもそれ以前)、持ってる人は全部持っていると思います。FMDのノイズと聞いて、

エレクトロノイズだと判断して購入したら、違いました、、まあ電子系の音もあるのですが、

どうも打ち込みドラムのような音をベースにしているし。不規則な感じがしなくて拍子抜けしちまいました。

電子的な音が苦手な方やノイズ初心者向けですかね。まあ、あんまり自分の好みだけで悪く言い続けるのはアレなんで、

一つセールスポイントを。それはCD-Rを入れる袋!特注品で凄い良いです。BIOHAZARDとか書いてあってクール。

それだけで元を取った気分になれてよかったよかった。


■FIBROSARCOMA  「Ebola Haemorrhagic Fever」   
FMDからKOTSへ仕向けられた刺客がついに登場!
テクノゴア系サウンドに被さるコロコロ+ゴボゴボヴォーカルが正にFMDです。
SMESとKOTSとCBTの寄せ集めとか言っちゃいけませんよ。
文句を言うだけ野暮ってもんです。

Back Top Page