FMD Music M-S

■MFB 「split」
BUKKAKE MASTERのお相手はアメリカの暴走2人組、MFBことMIND FUCKING BOY、

こちらも音質さえ上げればタダのロックらしき曲にになりますが、

普通に歌っていたりするので聴ける事は聴けます。BUKKAKEよりは鮮明な音、

といってもどちらも狙ってこの音質なのでしょうが。
フォークソングなんかも入っていたりするので英語がわかれば面白いんでしょうがね、、

■NAPALM DEATH IS DEAD 「split」
素晴らしいバンド名なんでウチのバンドの曲名としてパクらせて頂きました。スイマセン、、、、

いやぁ、これはいい!暴走しまくりの過激なノイズコアです。途中でおちゃらけたパートに入る

曲があるのもセオリー通りですね。ドラムとベースの2人組と言う事ですが、

海外にもそんなバンドがいましたね。聴いたは事ないけど。

■Parade Of Paraphilias 「ANAL GORECUM PISSFLAP SRAP」
狂えるオーストラリアン、RANCID SHIT WANKとともにお目見えしたのが彼等。ジャンルは、、

限りなくノイズに近いノイズゴア(コアじゃないです、死のバスケット系です)
ゴボゴボゴアヴォイスにノイズ寸前な打ち込みが気持ち悪いです。住所が載ってないんですが、

まさかRANCID SHIT WANKのサイドプロジェクトじゃないだろうな?とりあえず、

ノイズが聴けないゴアグラインダーにはオススメ出来ません。

■PHAGOCYTOSIS 「Rest In Pus」
アホンダラブラジリアン共のディスコグラフィ。スゲぇ声だなぁ、、、
こりゃゴアヴォーカルじゃないよ。ゲップしながら喋ってるんじゃないか?そんな感じの声です。

曲は、クラシックSE→打ち込み突進サウンドがなだれ込み→お下品ヴォーカルが登場。

な展開です。クラシックの美しさが一瞬で破壊されるのは結構いい感じですよ。
スキャットマンやサッチモのSEも笑えて、名盤との呼び声も納得。でもあんまりずっと聴いてると飽きますよ。

あと一言、PCに入れたら何故か再生出来ませんでした。基本的にFMDはCD-Rがショボ過ぎです。

値段上げてでももっと良い物を使っていただきたいですね。

■PRINCESS ARMY WEDDING COMBAT 「Split」
「死のバスケット」ことBASKET OF DEATHとのスプリット、どうやらこれがコンピ以外では
初の音源のようです。のっけから「もひもひぃ、、、、、」「もしもし、、、?」
の問答が1分近く続いて疲れます、元ネタ何?
今作ではSEは気持ち控えめ、しっかしまあ日本人でも知らないようなアニメがゴロゴロ出て来ます。

俺は「あずまんが大王」くらいしかわからんかった、、、、

アニメ以外でも葉っぱ隊やKAWAIの「僕はロリコン」等ウケそうなモンは何でも使ってます。

何故お前はKAWAIを知っている?ノイズさえ聴ければネタ物として持っていても損は無いと思いますよ。

買うのが不安なら公式サイトで試聴出来るのでどうぞ。

■PRINCESS ARMY WEDDING COMBAT 「ロリータ宇宙海賊のノイズ・パーティ」
ジャパノイズ、グロイクソとのスプリットとなる今作が2枚目のFMD作品。

中身はナンにも変わっていない爆笑ノイズ絵巻!今回はおるちゅばんエビちゅネタが多いですね、

これは反則でしょw 後は、デジ・キャラット(多分)とかピンクレディー(!)がありました。

いくら全米デビューしてたからってピンクレディーはねぇだろ、、

やっぱあっちの中古レコード屋じゃあキワモノとして売ってるんでしょうか?

とりあえず面白いもん好きなら買うべし。

■PRINCESS ARMY WEDDING COMBAT 「split」
またワケのわからないタイトルで出してくれたもんです。

フィルタリングに引っかかるとアレだからタイトルは自主規制。あ、ちなみにAKAKNUE とのスプリット音源です。

前回はありませんでしたが、あずまんが大王のSEが復活してくれててうれしいです、

珍しくこっち系で好きなタイトルなもんで。 中身は今まで通り、てかこの路線で行く限り変わらないでしょうね。

そうである事を祈りましょう。今回は少し毛色が変わってゲームのサウンドも入っています。

主にファミコンで、ボンバーマン、チョコボのテーマ、ロックマン、ツインビー。

後は、、、、聴いた事あるけど忘れました、、、、、ファミコン以外だとサムライスピリッツがありましたよ。

チャムチャムより腐れ外道の方がよかったなぁ、個人的に。

■PRINCESS ARMY WEDDING COMBAT 「Split」
今回もまたスプリット、単独で出してもいいのになぁ。THE EARWINGSとの音源 。

曲はもう説明の必要がありませんね、P.A.W.C節大炸裂。でも、SE無しの普通のノイズが増えたのに

何故かノイズパートの占める割合が減ったように思えます。SEより短いノイズが増えたのと、

相手が長ったらしいから余計にそう思えるのかもしれません。でも オススメである事には変わりありません。

SE無しの曲を聴くと普通にハイテンションな感じのノイズですしね。星みっつぅ!(ドン小西風に)

■RANCID SHIT WANK 「split」

世界一狂ってるアルバムのランクがあるのなら、確実にトップクラスと言えるこの1枚。
音楽もクソもありません。申し訳程度に流れるノイズを下地に数えきれない量の絶叫が駆け抜けて行きます。

病んでるとしか言いようがないです。「INTESTINAL DISGORGEすら可愛く聴こえる。」

と言うはるまげ堂の売り文句はダテじゃないです。購入の際は、

カールマイヤー等で慣れてからの方がいいです。捨てたくなっても知らないよ?

■shunt inction  「Blatant Hatred」
クロアチア産サイバーゴア。なんたってサイバー、この一言に尽きます。
サイバーに打ち込んだ音とサイバーなエフェクトが掛かったヴォーカルがサイバーにくぐもった音質で再生される19分3秒のサイバーな世界。
20世紀の後半に人々が夢見た「サイバー」の腐敗しきった残骸がここにありました。
FMDのゴアグラインドを知りたい方はこれを基準にすれば良いと思います。
ここのゴアはどれもこんな感じの音質ですよ。

Back Top Page