椎家移転のお知らせ
2011.9.17
ご無沙汰しております。管理人のshiyでございます。

更新無かったら死んだと思ってくださいと書き残し早何年経った事やらという感じですが、皆様如何お過ごしでしょうか。気がつけば僕ももう三十路ですからね、時の流れってのはこう残酷なものです。

この度、諸々の事情によりこのウェブサイトをブログに移設する事にしました。まあ諸々の理由ってのはサイトの構築がダルいですとか、パソコン新しくしたらこのサイト絡みの環境の移設を忘れていて恐ろしい程に更新がやり難い環境になってしまったですとか、何か長文の日記を書かなければいけないという妙な強迫観念に襲われて夜も眠れなかったですとか、まあ主に個人的な理由によります。最近ちょっと流行にのってデジタル一眼とかそういったシャレオツなものを購入した事もあり、写真なんかも交えつつ新天地でチマチマ更新していこうと思っております。継続は力なり、ですからね。ヘルス自転車、所謂エアロバイクで10キロ痩せた僕ですが、何だ痩せるじゃんって油断してその習慣を無かった事にしたところ、すっかり体重が戻りましたがそれはまた別の話。

というわけで、リンク先です。

シャブットシイヤ -写真ブログ@椎家-
http://shiyhome.blog.fc2.com/

こちらで人気のあった記事のリメイクなんかもチマチマ載せつつ、僕のセンスがキラリと光る素敵な写真も載せつつ、もうこれからはおセックスですとかそういったシモネタとは無縁な高尚なブログ運営を図りますので宜しくお願いします。それではいざ新天地へ!アディオス!

パニックルーム
2007.6.19
5本指の靴下を履いて家の中を闊歩しておりましたところ母親に、

「アンタそれ物凄く似合うねえ」

とマジマジと言われてしまいました。5本指靴下の似合う男shiyでございますこんばんは。

さて、気がつけば6月も後半に差し掛かっておりまして、何か待ち受けを催促する脅迫メールみたいなのが2通程届きましたのでここに置いておきますね。それから全然関係ないのですが、今月で椎家も2周年を迎えました。何かこう時間ばかりが過ぎていて内容がちっともついてこなくなってしまっている感は否めませんが、それでも2年は2年ですからね。まあ頑張ったんじゃねえの?とどうにか自分を誤魔化す日々です。

      

梅雨らしく紫陽花です。もう最近はこうやって月に一度待ち受けを作るだけで一体どの辺りが日記サイトなんだとお叱りを頂く事もありますが、なかなかこれで日本に帰って来て依頼忙しい日々が続いていたりするのです。帰国してすぐの「仕事中に日記が書けるぜ!」と息巻いていたあの頃が懐かしい。実は先週も中国に出張に出ておりまして、そこでまあホテルのエレベーターに閉じ込められるという未曾有の事態。世界中が震撼したね。

雨季の中国。じっとりとした朝。清々しいとかそんな言葉は微塵も存在しない中、僕は朝食を摂るためにレストランに向かったのです。僕の部屋は9階で、レストランは1階ですからこれはもうエレベーターを使う以外に道はないわけですよ。こんな蒸し暑い中階段なんかで降りようものなら2秒で死ねる。そういうわけでエレベーターに乗ったまでは良いのですが、動いて数秒経ったところで激しい揺れと轟音を伴いながらエレベーター急停止ですからね。しかも直後に電気も消えて真っ暗ですよ。これはもう尋常じゃない。誰かの陰謀だとしか思えない。

暫くすると予備電源みたいな赤いランプが点いたのですが、エレベーターは一向に動く気配もありません。何か止まった手がかりはなかろうかとエレベーターを見回しますが、特に変わった事もない。例えばこれがベタベタな推理ドラマで誰かの陰謀によってエレベーターが止められたのだとすると、大体このエレベーターの内部に手がかりがあったりするんですよね。

床の隅の方でキラリと光る何か。拾い上げるとそれはコンタクトレンズだった。そうか、これはきっと犯人が前日下見を行った時に落とした物だ。すると犯人はこの中にいる!ジッチャンの名にかけて!みたいな事になってきて、コンタクトが落ちているという事は必然的に犯人は目が悪い人物という事になり、犯人はメガネをかけている…おれしかいねえじゃん!!てゆうかエレベーターおれしか乗ってないし!みたいな独り芝居をしていたわけなんですけど、エレベーターはうんともすーとも言わないわけですよ。いい加減ちょっと心細くなりまして、そろそろ本気で脱出する方法でも考えようじゃないか、映画とかだと大体天井の板を外して何とかするよな、どっかに足をかけるところでもないかなーと周囲を見回しましたところ、ふと緊急呼び出しのボタンがある事に気が付きました。

おお!これは神の助け!そんな風に思った僕は早速ボタンを押してみようと手を伸ばしてみたわけですが、ここである事実に気がついたわけですよ。何と言ってもここは中国。これで仮にオペレーターが中国語で何か言ってきたとしても僕にわかるはずもない。でもこのまま押さなければ誰も僕に気付く事なく僕は短い生涯をこのエレベーターの中で過ごさなければいけない。さあどうする、押すか、押すまいか。そんな事を考えながら腕を伸ばしたり引っ込めたりしていたところ、突如電気が点いたかと思うと何事もなかったかのようにエレベーターは動き出しました。しかし安堵したのも束の間、エレベーターのドアが開くと床とエレベーターとの間に何か30cmくらいの段差ができていて驚愕しました。中国は恐ろしいところです。

そういうわけで今後も毎月のようにこんな恐ろしい国に行き、恐ろしいホテルに泊まらなければなりません。もしも2ヶ月とか更新が止まったら真剣に天に召されている可能性もありますので、そんな時はちょっと心配してやってください。考えただけで恐ろしい。でも一番恐ろしかったのはこのエレベーターの話を中国の工場の人にしたところ、

「そんなもんはまだマシだ、たまにドアが開いてもエレベーターなかったりするからな!」

と高らかに笑いながら言われた事です。とりあえずエレベーターがあっただけ良かったんだなあとポジティブに考えて頑張ろうと思います!
椎家/shiyhome@yahoo.co.jp
Counter

椎家Menu

過去の日記
ジェニーの呟き(絵日記)
携帯待ち受け
リンク
管理人プロフィール

更新情報と一言

不定期作文
韓国出張記(改訂版)
補正下着屋とのディスカッション
高級ギターと廉価版
世界にひとつだけの花
悪徳絵画商法に引っ掛かった
ネットワークビジネス強制連行

韓国コラム
冬のソナタ
竹島タオル
韓国の食文化
工事用看板
韓国物売りスクランブル
韓国人の苗字
写真

メールフォーム
名前
アドレス

  

メールフォームです。
積極的に使用してください。


※返信の必要な方はメールアドレス欄の「aa@aa.aa」をご自分のアドレスに打ち直して頂きますと、漏れなく返信が行くかもしれません。
無料掲示板または掲示板レンタル





IE6.0で動作確認を行っています。それ以外のブラウザでは何が起こっているかわかりません。ごめんなさい。

RSSテスト中  






椎家はリンクフリーです。
相互リンク大歓迎ですので連絡を頂けると喜びますが、連絡がなくても凹みません。
Copyright © 2005-2007 椎家 all rights reserved.