先頭
表題
          
INDEX
INDEX
HOME
団体紹介
活動写真
月間予定表
会則
入会案内
END
  更新日時    2017年 4月 2日

 「酒々井里山フォーラム」の会は、

   千葉県の印旛沼に隣接する酒々井町、
その町を取り巻く谷津の緑と湧水からなる里山の拠点づくりを通して、 自然との共存(保全整備・活用・学習・課題の共有化)に取組む事を目的とした活動をしています。基本的には、「里山のすばらしさ」を守り、次世代に引き継ぐ活動です。

『里山のすばらしさ』


  • ★ 多くの動物が生きる「生物多様性の宝庫」
  • ★ 美しい傾斜林に囲まれた田園風景
  • ★ ストレス緩和・癒しの空間生産の場
  • ★ 歴史と伝統に育まれた「里山文化」
  • ★ 水や空気・土壌の「環境調整と安定化」

{取組の姿勢}
  • ・ 主体である、地主や地域の人々との想いを同じくしていきます。
  • ・ 都市マスタープラン等、地域や全町の施策に関係する事については、
       町との共同の実行委員会を設け、「協働(パートナーシップ)」により
       取組んでいます。
 鷹
     (サシバ)
   あか蛙
   (ニホンアカガエル)
ライン

お知らせ


トピックス

前年度までのトピックス


  • 9月の【 西井戸入口の畑 】の野菜発育状況

               ≪ 9月15日 なんと!皆、もう発芽しました。 ≫

     H28.09.15 大根  H28.09.15 ブロッコリー
     大根:あと一週間後に間引きします。  ブロッコリ−:しっかり根付きました。
     H28.09.15 春菊  H28.0915 白菜
     春菊:生育が遅れ気味、二週間後に間引き!。  白菜:葉の数が増えています。
    虫除けの寒冷紗を掛けています。

               ≪ 9月29日 日射時間が少なく心配しましたが、何とか生育してます。

     H28.09.29 畑  H28.09.29 大根
     全体図です。  大根:間引きしました。
     H28.09.29 ブロッコリー  H28.09.29 春菊
     ブロッコリ−:青虫に食べられました。  春菊:発育しているのか?
    山桜の枯れ葉で隠れてしまいます。。
     H28,09.29 白菜  H28.09.29 苦土石灰挿入
     白菜:元気いっぱいに育っています。
    忘年会用鍋料理が待ち遠しいです!
     大根の左隣に、ほうれん草を蒔きます。
    苦土石灰を入れて耕運機で耕し、寝かせます。

  • 9月の【 馬橋作業場の散策路 】の景観

    彼岸花     9月19日
     秋を彩る彼岸花。
     馬橋散策路を散歩する人々の目を
     楽しませています。

     キノコ    9月12日
     数年前の台風で倒れた桜の木に
                   生えたキノコ群。
     馬橋小屋の前で観られるので、
     作業を終わって、疲れて戻って来た時に、
     癒してくれる眺めです。


  • 8月に於ける 各作業地区の様子

       【 馬橋地区 】



     8月の初頭、
     ヤマユリが見事な高さで咲きました。

     今年は、2株に増え、高さも3m近く成長して
     いました。
     隣に、人の姿と比較して、いかに高いかが
     分かると思います。
     ヤマユリ

     倒木1  倒木2
          8月22日に上陸した台風9号の強風で6〜7本の杉が倒木致しました。
    散策路でも古竹や栗の枝などが折れたり、倒れたりししました。
             8月の月曜日は、雨ばかりで、作業が進展しない中、新たな仕事が増えました。

       【 西井戸入口の畑 】
           (女性グループが活動しています)

     秋野菜の白菜(右側)、 ブロッコリン(真中)、
     春菊(真中奥)、大根(左側)の苗を
     植えたり、種を播きました。

     肥料の他に、愛情も込めて播きましたので
     きっと美味しい大根になると思います。
     
     今から、収穫が楽しみです。
     野菜畑


  • 7月4日 馬橋作業場の散策路での発見

     雉の卵    冬場に、親キジ鳥を見かけるのですが、
    今日、散策路を草刈り中、傍から親鳥が飛び立った事で近くを調べて見ると卵を見付けました。
     卵を見付けたのは初めてですが、ヘビも多いい処、無事に育つ事が出来るか観察してみたいと
    思います。

     「ヤブカンゾウ」の花    作業を終えて、小屋に戻る途中に「ヤブカンゾウ」の花が咲いていました。
    尾瀬沼の「ニッコウキスゲ」と広義で同種の仲間です。
    一面に咲き乱れると、見ごたえがあるのですが、この花は、一日花で、朝に咲き、夕方には枯れてしまうので、多くの花を望めません。
    今年の花の量は、例年より少ない様です。
画面の先頭