YAHAアンプ 改良版


秋月基板に(どうにか)納めた例


CQ出版社 今 一義さんのご好意で、エレキジャック No.18にてYAHA特集記事に掲載されています。

YAHA生みの親 フランクさんと、ぺるけさんによるYAHA解説も同号に掲載されています。

興味のある方は是非読んでみて下さい。

エレキジャックHP
http://www.eleki-jack.com/

 エレキジャックNo.18 YAHA目次(PDF) 
http://www.eleki-jack.com/news/2010/04/23/Elc18_012~013_yaha01.qxd.pdf

 

◇YAHA 改良版の回路図

http://www.geocities.jp/shirocable/yaha/yahasch.jpg


◇実態配線図(のようなもの)

http://www.geocities.jp/shirocable/yaha/jisso.jpg

 

◇主な改良点

 ・突入電流対策によるレギュレータ及びAC-DCアダプタの保護
  レギュレータの発生熱量の分散も考えてサーミスタではなく酸金抵抗にしてみました。

 ・帰還抵抗の追加 オーソドックスに帰還経路はコンデンサ2つを通ります。

 ・真空管個体差のためのバイアス調整回路

 ・LM317Pによるヒータ電圧調整回路

 ・YAHA回路の場合、抵抗による左右のデカップリングは効果が見えなかったので省略。(真空管内部のシールドに頼ります)
  ただし、左右別のコンデンサはデザインもあって真空管の近くに残してあります。
  ソケット周辺は、極力左右chの配線が離れるように配置しています。

 ・(やはり遊びで)面白い見た目の部品を使ってみる。(色や形)

◇波形の確認

入力(ケンウッド製 ファンクションジェネレータ)
@100kHz 0.1Vp-p

オリジナル回路の出力(CD900ST+3mケーブル)
@100kHz


改良後YAHAの出力 (同条件)

@10kHz


@100kHz

帰還をかけ増幅率を下げたので、多少は改善したようです。

実際の音がどうなったかの判断は試された方に委ねますが、使い勝手は確実に良くなりました。

入力及び帰還抵抗を追加するだけですので、既にオリジナルで製作された方でも簡単に改良が可能です。

 

参考ページ

情熱の真空管
Pre Amp Project http://www2.famille.ne.jp/~teddy/pre/pre-yaha.htm

おまけ



やはだらけ

戻る