「 城山 三郎 

            TOPへ戻る  芥川賞著目一覧へ進む
プロフィール 年 譜  所蔵読書文庫  
    ・・・初版発行日と装幀・カバーデザイン
者も載せています
              
 

しろやま・さぶろう
 
 城山三郎
            
      「プロフィール
                                          
  1927年、名古屋市の商家に生れる。本名は杉浦英一
 東京商科大学(現・一橋大学)を卒業後、一時愛知学芸大学で教鞭を
とるが、城山三郎のペンネームで応募した小説『輸出』が「文学界」新人
賞に入選、翌年1959年 『総会屋錦城』で第40回直木賞を受賞、1963年
には大学を辞し、創作に専念する。以後、近代日本の歴史上の人物や、
経済をテーマとした小説を発表権力と組織、歴史に対峙して生きる男たち
の凛然とした人物像を描いた作品が読者の深い共感を呼ぶ、また経済小
説の開拓者となる。吉川英治文学賞、毎日出版文化賞受賞、菊池寛賞
受賞。『辛酸』『鼠』『落日燃ゆ』『毎日が日曜日』『もう、きみには頼まない
』『「粗にして野だが卑ではない』など気骨ある人物の堂々たる人生を描き
、伝記文学の新しい領域を拓く。

 ペンネームのいわれ・・・名古屋市の東郊、織田信長の出城の1つが

あったことから通称「城山」と呼ばれる地域に昭和32年3月に引越しした

ことから「城山三郎」として『輸出』を書き上げると、「文学界」誌に投稿した。


 「 年 譜 」                                            
 昭和2年(1927年)                             
 8月17日、父政之丞、母寿々子の長男として、名古屋市中区で生まれる。本名杉浦英一
父25歳、母20歳のときの 子である。育った家は、中区朝日町2-6(現・錦3丁目1410)市の
中心である栄町のすぐ近くで、メインストリートの一つに面していた。家業はインテリア。父は
発明好きで折畳式洋服箪笥などの特許をとったりし、東京の芝や京橋に支店を出したことも
ある。母は短歌や琴を趣味としていた。
 9年1月、弟妹の2人が一日にして亡くなり、子供心にショックを受ける。同年4月、八重小学
校に入学担任の影響で絵が好きになり、また、作文も得意であった。6年間、無遅刻無欠席
痩せてはいたが、芯が強い体であった。
 昭和15年(1940年) 13歳
 4月、名古屋商業に入学。名古屋の商家の長男の当然のコースとされていた。陸上競技
部、滑空部などに入る。軍国主義教育の影響をまともに受け、杉本五郎中佐著『大儀』など
に心酔。
 昭和20年(1945年) 18歳
 3月、大同製鋼に勤労動員されたままで名古屋商業を卒業。たびたびはげしい空襲にさら
され、身近に爆弾を受けた。父は徴用されて軍隊へ、母たちは郊外の豊明村の別荘に疎開
していたが、名古屋の家は夜間空襲で焼かれた。
 4月、愛知県立工専に入学。徴兵猶予となったが猶予を返上し、
 5月に海軍特別幹部練習生として志願入隊。三ヵ月後大竹、郷原の部隊を転々としながら
、広島の原爆の雲を見て終戦を迎える。
 昭和21年(1946年) 19歳
 アララギ東海支部に加わって短歌を作る一方、私塾に通って、キプリング、コンラッドなどを
学ぶ。この頃、スタインベック、コールドウェル、ヘミングウェイなどを乱読する。
 3月、東京商科大予科(後、一橋大学と改名)に合格したが、軍学徒進学制限令のため、
 9月になって入学。哲学研究会に入った後、同会を主宰して、講義にほとんど出ず、カント
とマックスウエーバーを読む。通称「哲研の杉浦」といわれるほど。吉祥寺の禅寺に1年間、
禅僧なみの生活をしたあと、さらにYMCA寮に2年間住み、洗礼を受ける。予科時代、特別
奨学生となる。
 24年、学部に進学、山田雄三教授に師事し、理論経済学を学ぶ。この頃、詩を書き、北
川冬彦氏の《時間》、山本太郎氏の《零度》の同人となる。
 昭和27年(1952年) 25歳
 3月、一橋大学を卒業。父大病のため、帰郷の必要あり、たまたま話のあった岡崎の愛知
学芸大学に奉職し、「景気論」などを担当する。また、金城学院にも出講する。
 昭和29年(1954年) 27歳
 1月、小山容子と結婚。この年、丸山薫氏を通して、永田正男、宇佐美道雄、国司通、岩
崎宗治の各氏と共に月1回の読書会を持ち、会名を「クレトス」とし、延々と今日まで続く。同
名の雑誌を刊行したこともある。名古屋の<近代批評>の同人に加わる。
 昭和30年(1955年) 28歳
 5月「中京財界史」を《中部経済新聞》に連載(11月完結)。6月「田宮虎彦論」を《近代批
評》に発表。
 9月、長女弓子誕生したが、11月昇天。この年、一橋大学経済研究所に十箇月出張。
 昭和31年(1956年) 29歳
 2月、母寿々子急死。同月『中京財界史』上下ニ冊を中部経済新聞より刊行。
 11月、長男有一誕生。12月「生命の歌」を《近代批評》に発表。
 昭和32年(1957年) 30歳
 3月城山近くの借家へ移る。これを機に、文学に本腰を入れようと、城山三郎のペンネーム
を考え、《文学界》の新人賞に「輸出」を応募し、受賞。同誌7月号に掲載される。夏は信州
で執筆にふけり、
 9月、「プロペラ機・着陸待て」を、
 11月「神武崩れ」を《文学界》に、
 12月「生命なき街」を《別冊文藝春秋》に発表。この年、小松伸六氏を知り、《赤門文学》同
人となる。
 12月、茅ケ崎に移る。
 昭和33年(1958年)  31歳
 岡崎の愛知学芸大学へ、週2日の通勤生活が始まる。往復8時間余の準急東海号の車中
は、絶好の読書の場となっ た。
 3月「事故専務」を《週刊新潮》に、
 9月「挑戦」を《オール読物》に、
 10月「総会屋錦城」を《別冊文芸春秋》に発表。
またこの年「鳩侍始末」を《赤門文学》10号に発表。
 昭和34年(1959年) 32歳
 1月「総会屋錦城」が直木賞を受賞。同月『大義の末』を五月書房より、
 3月、短編集『総会屋錦城』を文藝春秋新社より
 5月、短編集『事故専務』を講談社より刊行。同月、次女紀子誕生。
 8月「乗取り」を《財界》に(翌年8月完結)、同月「黄金峡」を 《週刊東京》に(12月完結)、
「無頼空路」を共同通信の配信で(翌年5月完結)連載した。
 10月26日、名古屋で伊勢湾台風に遭う。朝日新聞の依頼で、小船に乗って、泥の海と化
した村々や死体置場を訪ねて回り、衝撃を受ける。
 12月、テレビドラマ「壁」(CBC)が芸術祭奨励賞を受賞。この年、「若い日本の会」に参加
する。
 昭和35年(1960年) 33歳
 2月、アメリカとメキシコへ旅行。グランド・キャニヨンの雄大さに圧倒され、一昼夜ただただ
大峡谷を見つめる。
 5月、安保闘争に参加。
 1月、短編集『着陸復航せよ』を新潮社より、
 2月『黄金峡』を中央公論社より、9月『乗取り』を光文社より、
 10月『無頼空路』を講談社より刊行。
 昭和36年(1961年) 34歳
 3月、短編集『社長室』を新潮社より刊行。6月、「辛酸」を《中央公論》に発表。「騒動」と題
した第二部は、騒然たる時節柄のため、掲載を拒否され、第一部と合わせて翌年1月『辛酸
』として、中央公論社より刊行。モスクワの外国文学出版社刊行の『日本の文学』に「神武崩
れ」のロシア語訳が収録される。
 昭和37年(1962年) 35歳
 2月、カイロで開かれたアジア・アフリカ作家会議に、日本代表団の一人として参加。十日
近く、さまざまな民族の声を聞く。会議からの帰途、単身、アテネ、イスタンブール、ローマ、
パリと廻る。
 1月「緊急重役会」を《オール読物》に発表。同月「小説日本銀行」を《エコノミスト》に連載
(12月に完結)。同月『辛酸』を中央公論社より刊行。2月、最初のユーモア小説「イチかバ
チか」を《週刊朝日》に連載(8月完結)。
 10月『イチかバチか』を朝日新聞社より、
 11月、短編集『緊急重役会』を文藝春秋社より、
 12月『危険な椅子』を集英社より刊行。同月「昨是今非」を地方紙に連載(翌年8月完結、
後「昨日は昨日」と改題)、テレビドラマ「汽車は夜九時に着く」(NHK)が芸術祭奨励賞を
受賞。
 昭和38年(1963年) 36歳
 1月『小説日本銀行』を新潮社より刊行。
 5月「幹部保育園」を《報知新聞社》に連載(翌年2月完結、後「重役養成計画」と改題)。
 11月「硫黄島に死す」を《文藝春秋》に発表。
 6月、愛知学芸大学を退職。日本作家代表団の一員として中国へ。
 昭和39年(1964年) 37歳
 2月、「硫黄島に死す」が文藝春秋読者賞を受賞。4月『企業者根性』をダイヤモンド社より
(続編『前途洋々』は12月刊)、
 6月重役養成計画』を新潮社より刊行。
 10月「鼠」を《文学界》に連載(41年3月完結)。同月、短編集『ある倒産』を新潮社より『昨
日は昨日』を集英社より刊行。
 11月、二作目のユーモア小説「一発屋大六」を《サンデー毎日》に連載(翌年5月完結)。
 昭和40年(1965年) 38歳
 8月『一発屋大六』を光文社より刊行。この頃から、近くの空手道場へ毎日のように通う。
 昭和41年(1966年) 39歳
 1月、ユーモア小説「学・経・年・不問」を《オール読物》に連載(12月完結)。
 4月『鼠――鈴木商店焼打ち事件』を文藝春秋より刊行。
 5月「前照灯」を地方紙に連載(翌年1月完結、後「盲人重役」と改題)、「当社別状なし」を
《アサヒ芸能》に連載(10月完結)。
 8月『風雲に乗る』を光文社より刊行。
 10月「成算あり」を《サンデー毎日》に連載(翌年2月完結)。
 11月『企業小説シリーズ』全七冊を東都書房より(翌年3月完結)、
 12月『学・経・年・不問』を文藝春秋より、『当社別状なし』を徳間書店より刊行。この頃から
、不眠症を治すためもあって、ゴルフをはじめる。
 昭和42年(1967年) 40歳
 3月から7月にかけて、アメリカ一周バス旅行。メキシコ、カナダにも寄る。家を出てから帰る
まで、船とバスなどで、一度も飛行機に乗らず、文字通り地に足をつけた旅。旅行記の一部
を《サンデー毎日》に連載し、
 10月『ヒッピー発見―アメリカ細密旅行』として毎日新聞社より刊行。この年3月『成算あり』
を毎日新聞社より、
 7月『盲人重役』を東都書房より刊行。空手、初段をとる。
 昭和43年(1968年) 41歳
 久しぶりに戦争小説にとりくみ、
 3月「一歩の距離 小説予科練」を《別冊文藝春秋》に発表。
 5月「メキシコの侍たち」を《週刊言論》に連載(8月完結、後「望郷のとき」と改題)。
 6月『一歩の距離 小説予科練』を文藝春秋より、
 11月、短編集『硫黄島に死す』を光文社より、
 12月『望郷のとき』を文藝春秋より刊行。
 昭和44年(1969年) 42歳
 4月、カリフォルニアへ取材旅行。梅雨どきに頭痛と耳鳴り続く。はじめての経験。この年、
1年を限って、小学校のPTA会長を引き受ける。また、久しぶりに忍耐の味を噛みしめながら
、運転免許をとる。1月「価格破壊」を《週刊読売》に(8月完結)、2月「忘れ得ぬ翼」を《オー
ル読物》に連載(12月完結)。
 10月『価格破壊』を光文社より、
 11月『野生的人間の経済史』を番町書房より、
 12月連作『忘れ得ぬ翼』を文藝春秋より刊行。
 昭和45年(1970年) 43歳
 2月『華麗なる疾走』を集英社より刊行。4月「零からの栄光」を《サンデー毎日》に連載(9
月完結)。同月『猛烈社員を排す』を文藝春秋より、
 9月『零からの栄光』を毎日新聞社より刊行。
 10月「役員室午後三時」を《流動》に連載(翌年5月完結)
 12月『男たちの経営』を大泉書店より刊行。
 10月から11月にかけて、江藤淳、藤枝静男氏と共に日本作家代表団としてソビィエトを訪
問。ヤースナヤ・ポリャーナのトルストイの静かな邸、土を盛っただけの墓に強い印象を受け
る。その後、藤枝氏に伴われ、ヨーロッパへ。ボストン、ニューヨークなどで取材。
 昭和46年(1971年) 44歳
 1月「寒灯」を《毎日新聞社》に連載(12月完結、後「雄気堂々」と改題)。
 7月、短編集『鮮やかな男』をKKベストセラーズより刊行。
 8月「うまい話あり」を地方紙に連載(翌年3月完結)。
 12月『役員室午後三時』を新潮社より刊行。
 昭和47年(1972年) 45歳
 3月から4月にかけて、アメリカ横断バス旅行。ソルトレーク、ニューヨークなどで取材し、さ
らにジョージア州オーガスタでマスターズ・トーナメント観戦。帰りにフロリダ、モントレーの両
半島で、ゴルフなどして休養。
 5月『うまい話あり』を光文社より、
 8月『雄気堂々』上下二冊を新潮社より刊行(下巻・9月刊)。
 昭和48年(1973年) 46歳
 8月、アメリカへ家族旅行。このときも、アリゾナ横断のバス旅行を組みこむ。グランド・キャ
ニヨン再訪。
 9月、「働き一両・考え五両」を地方紙に連載(翌年4月完結、後「百戦百勝」と改題。
 10月から11月にかけてアメリカへ講演、スイスへ取材旅行。
 12月、再びアメリカへ対談のため旅行。その後、中南米へ。
 昭和49年(1974年) 47歳
 1月から2月にかけて東南アジアへ旅行。
 1月、書下ろし『落日燃ゆ』を、
 5月、連作『真昼のワンマン・オフィス』をそれぞれ新潮社より刊行。
 6月「通産官僚たちの夏」を《週刊朝日》に連載(12月完結、後「官僚たちの夏」と改題)。
 9月、『百戦百勝』を日本経済新聞社より刊行。
 昭和50年(1975年) 48歳
 1月、『落日燃ゆ』が毎日出版文化賞と吉川英治文学賞を受賞。
 2月「毎日が日曜日」を《読売新聞》に連載(12月完結)。
 6月『官僚たちの夏』を新潮社より刊行。
 8月、ケニヤ、タンザニヤへ家族旅行。もともと動物好きなので、待望の野生とのふれ合い
の旅であった。
 昭和51年(1976年) 49歳
 2月「打出小槌町一番地」を《週刊新潮》に連載(9月完結)。
 4月『毎日が日曜日』を新潮社より、9月『プロフェッショナルの条件―アメリカ対談紀行』を
講談社より、
 11月『繁栄とは人間にとって何か―アメリカ細密旅行』を毎日新聞社より刊行。
 昭和52年(1977年) 50歳
 1月「今日は再び来らず」を《週刊現代に連載》(6月完結)2月、『打出小槌町一番地』を
新潮社より、
 4月、短編集『生命なき街』を新潮社(文庫)より、
 9月、短編集『生命の歌』を光文社より、『今日は再び来らず』を講談社より刊行。
 11月「素直な戦士たち」を地方紙に連載(翌年4月完結)。同月『ビジネス・エリートの条件
―対談・企業の内と外』を講談社より刊行。この年3月、アラブとヨーロッパへ取材と講演。
イランのバンダル・シャプールや湾岸諸国の広漠たる砂漠の中での工場建設ぶりなどが強
烈に印象となった。これら一連の取材の記録は「経済最前線をゆく」と題して《文藝春秋》に
連載(後『海外とは日本人にとって何か―経済最前線をゆく』として、文芸春秋より54年2月
刊行)。
 9月より12月にかけて、メキシコ、シカゴ、アメリカ、カナダへ取材旅行に行く。『落日燃ゆ』
英語版 “WAR CRIMINAL”がジョン・ベスター氏の訳で講談社インタナショナルより刊
行。『官僚たちの夏』中国語版『官僚們的夏天』が北京の人民文学出版社より、別に黄玉燕
氏訳の中国語『官場風景』も台北百傑出版社より刊行。
 昭和53年(1978年) 51歳
 1月、書下ろしの『黄金の日日』を新潮社より刊行。同作品はこの年のNHK大河ドラマの
原作となる。同月短編集『甘い餌』を文藝春秋(文庫)より刊行。2月下旬、ハワイのキリマ岬
などで休養。
 5月、直木賞選考委員となる。
 5月より6月にかけて、日本作家代表団の一員として中国へ。団長井上靖氏。北京、大同
、南京、上海などを訪問。
 6月、短編集『怒りの標的』を文藝春秋(文庫)より、
 9月『素直な戦士たち』を新潮社より、
 10月『歴史にみる実力者の条件―対談・人とその時代』を講談社より刊行。年末よりオー
ストラリヤへ家族旅行。エアーズ・ロックで猛暑、ケアンズでは暴風(サイクロン)に見舞われ
る。
 昭和54年(1979年) 52歳
 1月『中国・激動の世の行き方』を毎日新聞社より刊行。
 2月、東南アジアに講演旅行。3月「男子の本懐」を《週刊朝日》に連載(11月完結)。夏、
取材のためニ度、北海道へ。
 昭和55年(1980年) 53歳
 1月「男たちの好日」を《日本経済新聞》に連載)(8月完結)。同月『男子の本懐』を城山三
郎全集第一巻として新潮社より刊行。以後、3月より毎月一巻ずつ刊行(翌年3月、全十四
巻完結)。
 3月、伊藤肇氏との対談集『人間学対談―管理社会を生き通す』を光文社より刊行(後、『
対談サラリーマンの一生』と改題、角川文庫)この月上旬マ ウナケア・ビーチなどで休養。
 4月『臨3311に乗れ』を、
 7月『経済小説名作選』(選)をそれぞれ集英社(文庫)より刊行。
 7月、ヨーロッパ、アメリカへ取材と対談のため旅行。いったん帰国して8月末、ウィーンへ
講演に。
 11月、風邪をこじらせて、急性肺炎に。
 昭和56年(1981年) 54歳
 1月『男たちの好日』を日本経済新聞社より刊行。2月、「冬の派閥」を《東京新聞》に連載(
9月完結)同月『野生のひとびと―大倉喜八郎から松永安左衛門まで』を文藝春秋(文庫)よ
り刊行。
 5月『生き残りの条件―欧米対談紀行』を講談社より刊行。
 10月、「外食王の飢え」を《週刊現代》に連載(翌年5月完結)同月、エッセイ集『わたしの
情報日記』を集英社より刊行、ネパールに旅行。
 昭和57年(1982年) 55歳
 1月『冬の派閥』を新潮社より刊行。
 2月、アメリカへ取材旅行。
 5月『梅は匂い人はこころ―伊藤英三伝』を講談社(文庫)より刊行。
 9月『外食王の飢え』を講談社より刊行。
 12月、書下ろし『勇者は語らず』を新潮社より刊行。
 昭和58年(1983年) 56歳
 2月、海の見えるマンションに仕事場を設ける。5月、エッセイ「人生のステップ」を《日経流
通新聞》に連載(12月完結、後「打たれ強く生きる」と改題)。同月、はじめての翻訳書『シン
」ボリック・マネジャー』(テレンス・ディール、アラン・ケネディー共著)を新潮社より刊行。
 6月「アメリカ生きがいの旅」を《文芸春秋》に連載(12月完結)。
 8月、考えるところあって直木賞選考委員を辞任。
 10月、対談集『午前八時の男たち―トップが語る/強い企業の秘密』を光文社より刊行。
 昭和59年(1984年) 57歳
 1月「本田宗一郎との100時間」を《週刊朝日》に連載(6月完結)。
 3月『アメリカ生きがいの旅』を文藝春秋より刊行。
 4月、翻訳書『頭にガツンと一撃』(ロジャー・フォン・イーク著)を新潮社より刊行。
 5月、オーストリア、スイスを旅した後パリなど四都市で講演。同月『軽やかなヒーローたち
―城山三郎対談集』を講談社より刊行。
 9月『本田宗一郎との100時間―人間紀行』を講談社より刊行(後、『燃えるだけ燃えよ』と
改題、同文庫)。
 昭和60年(1985年) 58歳
 1月、エッセイ「湘南―海光る窓」を《諸君》に連載(63年12月完結)。同月、エッセイ集『
打たれ強く生きる』を日本経済新聞社より刊行。
 2月「秀吉と武吉」を朝日新聞に連載(8月完結)。
 3月、対米広報文化調査団の一員としてアメリカへ、各界の人々と懇談。
 9月、エズラ・F・ヴォーゲル氏との連続対談のためアメリカへ。『乗取り』のブルガリア版が
ソフィアで刊行される。
 昭和61年(1986年) 59歳
 1月『秀吉と武吉―目を上げれば海』を朝日新聞社より刊行。2月、「本当に生きた日」を地
方紙に連載(9月完結)
 4月、ヴォーゲル氏との対談集『日米互いに何を学ぶか』を講談社より刊行。
 6月、父政之亟急死。同月、聞き書き『静かなタフネス10の人生』を文藝春秋より刊行。
 9月、アフォリズム集『人生の流儀―ビジネスマンに贈る言葉337』を文化出版局より刊行。
 11月「屈託なく生きる」を《現代》に連載(翌年8月完結)。
 昭和62年(1987年) 60歳
 1月、ニュージーランドへ。翻訳書『ビジネスマンの父より息子への30の手紙』(キングスレ
イ・ウォード著)を新潮社より刊行。
 8月、好きな町インスブルックを再訪、南ドイツなどを廻る。
 昭和63年(1988年) 61歳
 1月、対談集『屈託なく生きる』を講談社より刊行。
 4月「粗にして野だが卑ではない―石田禮助の生涯」を《別冊文藝春秋》に発表。
 6月『粗にして野だが卑ではない―石田禮助の生涯』を文藝春秋より刊行。
 7月、アメリカ、9月、上海・武漢、10月、マレーシアへと、いずれも取材旅行。
 10月「友情力あり」を《現代》に連載(12月完結)。
 11月『友情力あり』を講談社より刊行。
 平成 初年(1989年) 62歳
 1月、翻訳書『ビジネスマンの父より娘への 25の手紙』(キングスレイ・ウォード著)を新潮
社より刊行。
 2月、西オーストラリヤとハワイ島へ取材に。
 3月、エッセイ集『湘南』を文藝春秋より刊行。
 6月、バンクーバーに取材、カナディアン・ロッキーで静養。
 10月、書下ろしルポルタージュ『人生余熱あり』を光文社より刊行。
 平成 2年(1990年) 63歳
 3月、講演のためハワイへ。4月「賢人たちの世」を《文藝春秋》に連載(11月完結)。
 7月、本田宗一郎邸での最後の鮎釣りパーテイに出席。
 9月、ヨーロッパへ、愛読書である『ダブリン市民』の舞台ダブリンをはじめ、フランスの田舎
などを廻る。
 11月『賢人たちの世』を文藝春秋より刊行。
 平成 3年(1991年) 64歳
 4月、編著『「男の生き方」40選』上下ニ冊を文藝春秋より刊行。5月、短編集『飛行計画変
更せず』を角川書店(文庫)より刊行。
 12月、短編集『逃亡者』を新潮社(文庫)より刊行。
 平成 4年(1992年) 65歳
 1月、前年10月《文藝春秋》に発表した「本田宗一郎は泣いている」が文藝春秋読者賞を
受賞。
 2月、「ビックボーイの生涯」を《現代》に連載(12月完結)。
 平成 5年(1993年) 66歳
 5月『ビックボーイの生涯 ― 五島昇その人』を講談社文庫より刊行。
 平成 6年(1994年) 67歳
 5月『わしの眼は十年先が見える ― 大原孫三郎の生涯』を飛鳥新社より刊行。
 7月『創意に生きる ― 中京財界史』を文藝春秋(文庫)より刊行。
 平成 7年(1995年) 68歳
 1月『もう君には頼まない ― 石坂泰三の世界』を毎日新聞社より刊行。
 平成 8年(1996年) 69歳
 2月『花失せては面白からず ― 山田教授の生き方・考え方』を角川書店より刊行。
 平成 9年(1997年) 70歳
 5月『わしの眼は十年先が見える ― 大原孫三郎の生涯』を新潮社(文庫)より刊行。同月
、『運を天に任すなんて ―  素描・中山素平』を光文社より刊行。
 平成 10年(1998年) 71歳
 6月『もう君には頼まない ― 石坂泰三の世界』を文藝春秋(文庫)より刊行。
 平成 11年(1999年) 72歳
 1月『花失せては面白からず ― 山田教授の生き方・考え方』を角川書店(文庫)より刊行。
 平成 13年(2001年) 74歳
 8月『指揮官たちの特攻 幸福は花びらのごとく』を新潮社より刊行。
 平成 14年(2002年) 75歳
 経済小説の分野を確立した業績で朝日賞を受賞。
 
 平成 19年(2007年) 79歳
 間質性肺炎で死去。
 
<引用文献>
城山三郎 「人生の流儀」(新潮文庫)


  「所蔵読書文庫
出版社
発行・装幀
総会屋錦城 新潮文庫 S33.11.5発行、S61.8.30三十九刷
  カバー/荒木哲夫
真昼のワンマン・オフィス 新潮文庫 S54.1.30発行、S59.1.20十刷
 
 カバー/木村光佑
毎日が日曜日 新潮文庫 S54.11.25発行、H6.4.30三十三刷
 
 カバー/東谷武美
官僚たちの夏 新潮文庫 S55.11.25発行、H21.7.20五十五刷
 
 カバー装画/井筒啓之
男子の本懐 新潮文庫 S58.11.25発行、H6.11.25二十四刷
    カバー印刷/錦明印刷
冬の派閥 新潮文庫 S60.11.25発行、S63.12.25九刷
  カバー/麻田鷹司
勇者は語らず 新潮文庫 S62.4.15印刷、S62.4.25発行
  カバー/森岡完介
秀吉と武吉 ― 目を上げれば海 新潮文庫 H2.12.10印刷、H2.12.20発行
  
カバー/三井永一
逃亡者 新潮文庫 H5.12.20発行  カバー/赤坂三好
人生の流儀 新潮文庫 H4.4.25発行、H8.2.5七刷
  
カバー/森岡完介
わしの眼は十年先が見える−
大原孫三郎の生涯
新潮文庫 H9.5.1発行
 
 カバー装画/百瀬 寿
イースト・リバーの蟹 新潮文庫 H13.3.1発行
  カバーデザイン新潮社装幀室
指揮官たちの特攻
−幸福は花びらのごとく−
新潮文庫 H16.8.1発行
 カバー印刷 錦明印刷 デザイン 新潮社装幀室
静かに健やかに遠くまで 新潮文庫 H16.8.1発行
  カバー装画/宮廻正明
部長の大晩年 新潮文庫 H16.8.1発行
 カバー印刷 錦明印刷 デザイン 新潮社装幀室
静かに健やかに遠くまで 新潮文庫 H16.8.1発行
 カバー印刷 錦明印刷 デザイン 新潮社装幀室
     
     
風雲に乗る 角川文庫 S47.11.15初版発行、H5.12.10三十三版
  装幀者 杉浦康平 カバー/山羊十生
一発屋大六 角川文庫 S48.11.30初版発行、H5.11.20三十七版
  装幀者 杉浦康平 カバー/山羊十生
大儀の末 角川文庫 S50.8.15初版発行、S60.12.20十二版
  装幀者 杉浦康平 カバー/山羊十生
うまい話あり 角川文庫 S52.2.10初版発行、H2.6.30二十二版
  装幀者 杉浦康平 カバー/山羊十生
辛酸田中正造と足尾鉱毒事件 角川文庫 S54.5.30初版発行、H7.5.30二十四版
  装幀者 杉浦康平カバー/鈴木一誌
零からの栄光 角川文庫 S56.5.15初版発行、S59.5.30七版
  装幀者 杉浦康平 カバー/大川範彰
花失せては面白からず
山田教授の生き方・考え−
角川文庫 H11.1.25初版発行  
装幀者 杉浦康平Photo IPS
忘れ得ぬ 角川文庫 H13.7.25初版発行、H13.9.25再版
  装幀者 杉浦康平
  カバーイラスト/生頼範義
一歩の距離 小説予科練 角川文庫 H13.7.25初版発行、H13.9.5再版
  装幀者 杉浦康平
  カバーイラスト/生頼範義
     
黄金峡 中央文庫 S54.5.10初版、S59.7.30三版
  カバー/上西康介
     
華麗なる疾走 集英社文庫 S52.7.30第1刷、S53.4.10第4刷
  カバー/上西康介
わたしの情報日記 集英社文庫 S61.10.25第1刷  カバー/安彦勝博
     
外食王の飢え 講談社文庫 S462.2.15第1刷発行、S62.3.16第2刷発行
  デザイン/菊地信義
  カバー装画/辰巳四郎
本田宗一郎との 100時間
燃えるだけ燃えよ
講談社文庫 1988.2.15第1刷発行、
1998.12.15第20刷発行
  デザイン/菊地信義
  カバーデザイン/山岸義明
友情力あり 講談社文庫 1993.2.15第1刷発行
  デザイン/菊地信義
  カバーデザイン/岸 顯樹郎
ビックボーイの生涯
五島昇その人
講談社文庫 1997.5.15第1刷発行
  デザイン/菊地信義
  カバーデザイン/石倉ヒロシ
     
鼠  鈴木商店焼討ち事件 文春文庫 1975.3.25第1刷、1991.1.25第26刷
学・経・年・不問 文春文庫 1976.7.25第1刷、1988.3.1第23刷
  
カバー/上西康介
静かなタフネス10の人生 文春文庫 1996.6.10第1刷  カバー/高麗隆彦
創意に生きる中京財界史 文春文庫 1994.7.10第1刷  装画 堀  晃
  AD 上野和子
湘南 海光る窓 文春文庫 1997.1.10第1刷  写真 川原利也
  AD 高麗隆彦
もうきみには頼まない
石坂泰三の世界
− 
文春文庫 1998.6.10第1刷  カバー/高麗隆彦
失われた志 −対談集 文春文庫 2000.8.10第1刷  カバー 竹元良太
勝つ経営 文春文庫 2001.6.10第1刷  カバー 坂田政則
気張る男 文春文庫 2003.2.10第1刷
  カバー写真提供 松岡正義
  (松岡家第九代)松岡洋司
  装幀 ・ 菊地信義
     
落日燃ゆ 新潮社 S49.1.20発行、S53.1.15三十五刷
  
装幀 辰巳四郎
そうか、もう君はいないのか 新潮社 2008.1.25発行、2008.6.20 10刷
  
装画 牧野伊三夫 装幀 新潮社装幀室
     
     
男の生き方  文藝春秋 1991.4.25第一刷発行、
1993.9.25第十三刷発行
  装幀 小泉 弘
男の生き方 
文藝春秋 1991.4.25第一刷発行、
1991.6.30第六刷発行
  装幀 小泉 弘
粗にして野だが卑ではない
石田禮助の生涯
文藝春秋 1988.6.30第1刷、1991.1.15第12刷
  装幀 高麗隆彦
  写真 角田孝司
賢人たちの世
文藝春秋 1990.11.20第1刷
  装画 加藤 一
  AD 坂田政則
     
午前八時の男たち 光文社 1983.10.15初版第1刷発行、1983.12.5第8刷発行
  装丁 R.B.P 
写真 橋本 玲
運を天に任すなんて 
素描・中山素平
光文社 1997.5.30初版1刷発行
  装幀 鈴木一誌
     
     
     
     


    
戻る

setstats1