日本国史略

巻の選択へ


はじめに

 「増補點註國史略」は,全5巻からなる,神代から107代,後陽成天皇迄の天皇を中心にした歴史の漢書で,これを祖父が愛読してた物であります。それを悪戦苦闘して,読み下して,まとめ上げました。内容として,数字は大分相違ある点が有ります。又,漢字につきましては,著された物を忠実に写しました。

訳者:塩澤信彦

訳者プロフィールと制作経緯はこちらをご覧ください。

【増補點註國史略】

巖垣 松苗 著

巖垣 杉苗注釋

明治10年10月

明治13年10月2刻

各巻の概要

巻1

先史時代~古代(BC~7世紀)

自神代・至41代持統天皇

特筆事項,7代,孝靈天皇,5年,富士山湧出し近江の國,湖水開く。
(紀元376年。西暦前285年)

巻一へ

巻2

古代(7世紀~9世紀)

自42代文武天皇・至65代花山天皇

特筆事項,50代桓武天皇,19年・21年富士山焚ける。
(紀元1460年。西暦800年)

巻二へ

巻3

古代(10世紀~12世紀)

自66代一條天皇・至85代仲恭天皇

巻三へ

巻4

中世(13世紀~16世紀)

自86代後堀河天皇・至105代後奈良天皇

特筆事項,96代後醍醐天皇,元弘元年7月諸国地大に震し富士山崩る数百丈。
(紀元1991年。西暦1331年)

巻四へ

巻5

中世(16世紀~17世紀)

自106代正親町天皇・至後陽成天皇

巻五へ

巻の選択へ

Counter