選手・卒業生の声
選手・卒業生、スタッフから頂いた潮見パワーズへの声を掲載いたします。潮見パワーズへの応援の声を随時募集中です。
   それでも僕は野球をやりたい
早い打球に喰らいつき、ボールを捕れた時の喜びを、僕は忘れない。ある日の練習中に僕は自分の不注意から、顔面にボールが当たった。以来、ボールが怖くなった。あんなに好きだったキャッチボールが億劫になった。
潮見パワーズのIコーチは、ボールを怖がる僕を呼び、マンツーマンで、ただひたすら優しいボールを投げ続けてくれた。時には柔らかいボールを使って、日が暮れて、ボールが見えなくなるまで。

僕が早い打球を捕れた時、誰よりも喜んでくれたのはIコーチだった。そして僕も嬉しかった。困難にぶつかった時、怖がらず、根気よく挑戦することの大切さを、僕に教えてくれたのは潮見パワーズだ。
仲間と闘ったあの大会、最後は悔しくて、涙がとまらなかったけど、それでも僕は野球を続けたい。もっともっと練習して野球が上手になりたいんだ、一緒に練習した仲間達と試合に勝ちたいんだ。これからも勝つために僕は挑戦していきます。

寄稿:卒業生O君
   家族の絆を深めてくれたパワーズ!
我が家の一人息子が初めて潮見パワーズの体験練習に参加したのは、彼が小学校に入学して2ヶ月が過ぎた頃。学校生活にも慣れ、そろそろ野球に挑戦できると思ったからだ。とは言え、我が息子に野球など見せたこともなかったし、二人でキャッチボールもしたこともない。そもそも彼は野球が何かも理解していなかったようだ。
私はそんな彼を自転車の後ろに乗せ、辰巳グランドへ向かった。かわいい我が息子、ある程度はみんなに混じって野球らしいことをやってくれるかと、期待の目で見ていたが、それは早々にとてつもない不安へと変わった。
野球どころか彼はふらふらと先輩のバットで遊び、グラブを蹴飛ばす。あろうことか真剣にミーティングに話し込む先輩を、こずいたり、ちょっかいを出したり。兎にも角にも初めての体験はこれっぽっちも練習にならなかった。

そんな我が家の息子を潮見パワーズの監督やコーチ、先輩部員は温かく迎え入れてくれた。そして根気強く、指導し、面倒をみてくれた。夏の日の練習の時、強い日差しが照りつける中、あのどうしようもない息子が、一生懸命にみんなと練習している姿をみた時、私は鳥肌が立つような喜びと、溢れ出る涙を抑えることが出来なかった。

私は潮見パワーズが好きになった。土曜と日曜が待ち遠しくなった。私の妻も練習に参加するようになった。そして何よりも、今は息子が潮見パワーズ大好き、野球が大好きになった。
我が家は今、温かい大家族のような潮見パワーズというチームで過ごす事で、しっかりと家族の絆を深めている。

寄稿:Tコーチ(小学1年生S君のパパ)

年間行事
部費について
選手・卒業生の声
特集