特定非営利活動法人 九州森林ネットワーク
NPO Corporation Kyusyu Forest Network 

「九州のまちと山々を結ぶ」

九州の山と町が共に手を結んだ NPO法人 九州森林ネットワーク が2004年9月18日に設立されました。

林産地の自治体、森林組合、山を守ろうという林業家、そして水源の森づくりの取り組みをすすめる町や団体、木の家づくりを実践する建築家や工務店など、九州各地の山や町からの参加者を募り、ネットワークによって連携し、貴重な地域の森林資源を生かす21世紀のまちづくりと森づくりを実現しようというものです。

What's New ! (Last Update 16-10-04)

Counter
HP since 2004-11-04
 

第21回 九州森林フォーラムin熊本


〜今こそ地域材を活用した安全安心の木の家づくりを〜

[ チラシ申込書PDF ]   [ 報道機関プレリリース用文書 ]


熊本地震を経験した木造在来工法、伝統工法に取り組む工務店、設計者 3社よる報告会

<緑と水の森林ファンド助成事業>

主  催  NPO九州森林ネットワーク
https://www.facebook.com/QFN2004/


日  程  平成28年11月25日(金)26日(土)

[報 告 会] 
11月25日  12:30〜受付開始 13:00〜17:10

会  場  熊本森都心プラザ A・B会場...
参 加 費  フォーラム:一般の方1000円、会員無料

<報告者>

1. 株式会社ミズタホーム 代表取締役社長 水田 和弘氏
2.  新産住拓株式会社 代表取締役社長 小山 英文氏 氏
3. すまい塾古川設計室有限会社 代表取締役 古川 保氏

[交 流 会]
11月25日  18時〜20:30

会  場  大量食堂HERO  海 熊本駅店(096-352-4141)
交流会費  4500円

[現地見学会] 
11月26日 8:50受付開始 集合9:10 〜14:30

集合場所 熊本駅 新幹線口前ロータリー(チラシ参照)
参 加 費 (昼食代として):1500円

<スケジュール>
9:00 集合 熊本駅新幹線口前ロータリー
9:15 出発 バス移動(30分)

9:45 着  @古川設計室 建築現場 見学(30分)
10:15 発  バス移動(45分)

11:00 着  A山ぼうしの樹(ミズタホーム)見学
(30分見学 +食事1時間)
食事 お弁当ケータリング
12:30 出発 移動(45分)

13:15 着  B構造館見学(新産住拓) (90分)

14:45 発  移動(15分)
15:00着  熊本駅新幹線口前ロータリーにて解散

[申 込 締 切] 平成28年11月11日(金) 

報告会 先着順90名
[申 込 方 法] 添付申込用紙にご記入の上、下記連絡先ヘ
FAXもしくはMAILエ


[申込・問合先] NPO法人九州森林ネットワーク事務局 
株式会社トライ・ウッド 総務企画部(担当:福沢) 

TEL:0973‐55‐2888 FAX:0973−55−2323 
MAIL:fukuzawa@try-wood.com

<趣旨>

2回の大きな地震動が深刻な被害をもたらした「2016年熊本地震」。住宅の被害棟数は2016年8月1日時点で全半壊棟数3万6千棟超、死亡した人の多くが建築基準法の新耐震基準以前の古い建物の倒壊で犠牲になっており、防災意識の地域差などから耐震化が進んでいなかった事が問題と考えられます。

さらに過去の大地震と比べて、新耐震基準導入以降に建てられた比較的新しい住宅の被害があったこと、川沿いや盛り土の造成地では地盤の変状によって多数の住宅が倒壊・大破したこと等も特徴としてあげられおり、現在様々な視点から被害状況の検証が行われています。

新耐震基準は1981年6月に導入された耐震性能の基準であり、建物を設計する際に「震度5強程度の中規模の地震動でほとんど損傷しない」「震度6強から7程度の大規模の地震動で倒壊・崩壊しない」というレベルの性能を求めているものですが、今回のような2回続けてこのような大きな地震動を受けたときにどうなるのかは耐震基準では想定されていないことが指摘されています。私たちは「想定外」という言葉を使うのではなく、現場で何があったのかを真摯に見つめ、教訓を導き出す必要があります。

これまで本NPO法人は九州の山とマチを結ぶことを目的に、森林・林業を中心にした活動をテーマにフォーラムを開催してきました。そして山とマチを結ぶ木材の流通において、地域材を活用した健全な家づくりは大きな課題であるといえます。そこで今回のフォーラムでは熊本地震を経験した木造在来工法・伝統工法に取り組む工務店や設計者を講師として招き、地域の山の木を活用した家づくりの現場では何が起ったのか、何を教訓とできるのかを報告していただくこととなりました。

今こそ山村を含め、九州の家づくりにかかわる人たちで課題を共有し、復興へ向けての足掛かり、そしてこれからの地域の山の木を活用した安全な家づくり・地域に根差した家づくりへのあり方を議論する場にしたいと思います。

後  援  熊本県、大分県、福岡県、鹿児島県、宮崎県、
佐賀県、長崎得kン、小国町、諸塚村、
小国町森林組合、耳川広域森林組合、
潟gライ・ウッド

協  賛  公益社団法人 国土緑化推進機構

[ チラシ申込書PDF ]

[ 報道機関プレリリース用文書 ]

山と緑の最新情報 Blog NPO九州森林ネットワーク
環境教育・緑の雇用・Uターン・ワーキングホリデイ・山のつぶやき ・自然派住宅・室内環境・山のイベント etc

 

 

これまでの森林フォーラムリスト開催状況 (2002 〜 2009)
第2回九州森林フォーラム報告集「九州のまちと山々を結ぶ」
希望される方にお届けします!
LINK ネットワークの仲間です
九州の山について 環境について 家づくりについて みんなで取り組み、考えています。

 

設立発起人

設立総会

九州森林ネットワーク 定款

九州森林ネットワーク 組織

九州森林ネットワーク 年間行事計画

これまでの九州森林フォーラム開催状況

入会申込みはこちら!


◆お問い合わせ◆

NPO九州ネットワーク事務局

(株) トライ・ウッド 総務企画部(担当:福沢) 

Tel  0973‐55‐2888

E-mail fukuzawa@try-wood.com

top BlogMai

管理用