Fate/Promised Land〜IF STORY of Caster route〜

もしも、Fateマテリアルにあった「幻のロリ化キャスタールート」があったら?
そんな「IF」の聖杯戦争を描いてみました。
もともとギャグの短編予定だったためにタイトルはちょっとギャグ風味ですが、今は真面目に聖杯戦争やっています。

以下の条件に該当する方は、ここまで来ていただいて恐縮ですが、読まないことをお勧めします。

・ Fate/stay nightを未プレイで、ネタバレが嫌だという方
・ ロリキャラが嫌いな方
・ 原作の悪女っぷりキャスターじゃなくては嫌だという方
・ 原作の葛木×キャスターのカップリング以外は認めないという方

それでは、それでも読んで下さるという方はお楽しみください。



第一話(真面目リメイクバージョン)
〜運命に出会う〜
倒れていたキャスターを見つけた士郎。
聖杯戦争、そしてキャスターの身の上を聞いたうえで、
果たして士郎が下した決断とは?
※本当の第一話はギャグ短編のふざけた内容でしたが、連載にともない話が真面目なものになったため、11/4、真面目な内容のものにリメイクしました。昔の第一話は黒歴史にさせてください。
第二話
キャスターとの出会いから一日明けた翌日。
士郎は藤ねえと桜の来襲する朝を無事に乗り切れるのか?
そしてなぜか二日目からデートイベント。お前ら聖杯戦争はどうした。
第三話
〜緋色の研究〜
まだ二日目。午後は○○思いっきり魔術講座。
キャスターは士郎を一人前の魔術師に出来るのか?
第四話
〜Media〜
二日目夜〜三日目朝。キャスターが気づいた士郎の真実とは?
第五話
〜屋上の魔術師〜
四日目昼。そして舞台は原作の時間軸へ。
続く日常、そして終わる日常。屋上で士郎を待ち受けるものは……。
第六話
〜弓兵と獣のダンス〜
2月2日夜。ランサーVSアーチャー。
士郎というイレギュラーが混じったことで、戦いの展開は違った方向へ……。
第七話
〜槍兵は二度強襲す〜
2月2日夜。衛宮邸。士郎&キャスターVSランサー。
衛宮邸を襲撃したランサー。士郎とキャスターはランサーを撃退できるのか?
第八話
〜風と共に出でぬ〜
2月2日夜。衛宮邸。士郎&キャスターVSランサーその二。
原作以上に続く、士郎とランサーの死闘。そして――――。
第九話
〜彼らと彼女らの事情〜
2月2日夜。衛宮邸。セイバーVSランサー。
セイバーの登場により、展開は一気に変わる。死闘、遂に決着へ。
第十話
〜Midnight/Shuffle〜
2月2日夜。衛宮邸。あかいあくま襲来。
遠坂さん切れる。そして教会へ。
第十一話
〜アインツベルン家の魔神〜
2月2日深夜。
キャスター、セイバー、ランサー、アーチャー連合軍VSバーサーカー。
白い少女が歌い、鉛色の巨人が月下に吼える。
第十二話
〜夜空のムコウ〜
2月2日深夜〜2月3日昼。衛宮邸。
それぞれの夜が更け行く。夜空の向こうに彼女達は何を思うのか。
そして、長かった運命の夜がようやく明ける。
第十三話
〜赤毛連盟〜
2月3日昼。衛宮邸。
一夜明けての現状把握。凛が士郎に対して放った言葉は……。
第十四話
〜Sweet Days〜
2月3日昼〜2月4日夜。
キャスターとの甘い時間。更に不吉な甘さを増す学校の結界。犯人は見つけることが出来るのか。そして、また夜が始まる。
第十五話
〜狩ルモノ×狩ラレルモノ〜
2月4日夜。
深夜の公園の決闘。生き残りを賭け、二人の狩猟者が激突する。
第十六話
〜DOUBT〜
2月4日夜〜2月5日夜。
明かされる事実。暴かれる嘘。平和なはずの日常にも、やがて暗雲が……。
第十七話
〜Never ever〜
2月6日。
倒れた桜を助けることを決意する士郎。そんな士郎の前に現われたのは……。
第十八話
〜ever free〜
2月6日夜〜2月7日夜。
教会に向かった士郎たち。果たして桜を救えるのか。桜を救うのは、誰なのか……。
第十九話
〜衛宮邸の攻防・前編〜
2月7日夜。衛宮邸。
突然攻めてきた慎二。藤ねえを人質にされた士郎たちはどう切り抜けるのか。
今ここに、冬木の聖杯戦争史上、最大規模の総力戦の幕が上がる――。
第二十話
〜衛宮邸の攻防・中編〜
2月7日夜。衛宮邸。激突する三組。ランサー&キャスターVSアサシン。士郎&凛VS臓硯。そしてセイバー&アーチャーVSライダー。戦いの行方は如何に。
第二十一話
〜衛宮邸の攻防・後編〜
2月7日夜。衛宮邸。激化する戦いは決着へ。
最大の総力戦、生き残るのは果たして誰なのか。
第二十二話
〜The long goodbye〜
2月8日夜〜2月10日夜。衛宮邸。VS間桐編、最後の決着。
戦いの果て、犠牲の果てに、士郎は何を思い、何を決めるのか。
士郎が直面した、長き別れとはいったい何との……。
第二十三話
〜世界の支配者〜
2月10日夜〜2月11日夜。衛宮邸〜アインツベルンの森。
突如として現れたギルガメッシュ。そのイレギュラーな行動によって、聖杯戦争は予想外の展開へと動いていく。
第二十四話
〜嵐の中で、君の名を呼ぶ〜
2月11日夜、アインツベルン城。バーサーカーとギルガメッシュの死闘。そこに駆けつけた士郎たちとギルガメッシュの死闘が始まる。飛び交う宝具。巻き起こる嵐。戦いの終わりにその場に立っていられたのはいったい誰なのか――。
第二十五話
〜古城のお茶会〜
2月12日。アインツベルン城。
目覚めた士郎。ギルガメッシュとの激闘の後、残ったものは。
第二十六話
〜マックラ クライ クライ〜
2月12日昼〜夜。アインツベルンの森。
見えない敵。得体の知れない恐怖。そして、忍び寄る影。
真っ暗な森の中の逃走劇。そして、また夜が来る。
第二十七話
〜Eine Kleine Nachtmusik〜
2月12日夜〜2月13日朝。衛宮邸。
アインツベルンの真実に憤る士郎。アンリマユの真実に戦慄する一同。
そして激しい戦いの後で、救われた者たちの小夜曲。
第二十八話
〜二つの背中〜
2月13日昼〜2月13日夜。新都。
アンリマユを追い、調査を続ける士郎たち。
その前に、ついに最後の敵が姿を現す。
第二十九話
〜剣の丘の死闘〜
2月13日夜。冬木中央公園。
黒バーサーカーVSアーチャー&ランサー。
言峰の置き土産たる最凶の相手を前に、己の信念のため、二体の騎士が死力を尽くす。果たして生き残るのは――。
第三十話
〜あなたがわたしにくれたもの〜
2月13日夜。衛宮邸。
言峰の手からイリヤを守るため、家へと急ぐ士郎たち。だが予想外の結末が彼らを待ち受ける。
もう後戻りは出来ない。決戦前夜、それぞれの想いを胸に、夜はふけて行く。
30話終了時点でのまとめ
二年半に渡り、連載が長期化してしまったため、過去の展開を忘れかけている読者の方々のために、このSS内での各キャラをまとめたもの。
最終話までの話の流れを理解したい、けどこんな長い話を一話から読み直すのは時間がかかりすぎる。そんな方向けです。
(※ 30話までのネタバレ多数。また新規情報はほとんどありません)
第三十一話
〜dance in the dark〜
2月14日昼。最終日。柳洞寺地下空洞。
アンリマユの復活を阻止するために、最期の決戦の地、大聖杯へ。
第三十二話
〜王女メディアの伝説〜
2月14日。最終日。柳洞寺地下空洞。
セイバー&桜、士郎&キャスター。二組の最後の戦い、決着のとき。
最終話
〜最後の挨拶〜
決着は着いた。
聖杯戦争は終わった。
だがそれは、同時に避けられない離別のときでもあった。
全てを使い果たした士郎とキャスターは、最後の挨拶を交わす。
エピローグ
〜Promised Land〜
そして。
二人が交わした小さな約束は守られた。



戻る