湯島聖天 心城院のサイトは、移転致しました。
10秒後にジャンプします。ジャンプしない場合は、下記のURLをクリックしてください。
http://www.shinjyo-in.com/


心城院 縁起



江戸三十三観音札所第七番 
天台宗  柳井堂 りゅうせいどう 心城院 ( 湯島聖天 しょうでん


(文京区湯島天神男坂下)


御本尊
大聖歓喜天(聖天さま)
十一面観世音菩薩


奉安
宝珠弁財天
出世大黒天


寺宝
聖天秘密曼荼羅(江戸時代の傑作)



   


 当山はもと宝珠弁財天堂と称し、湯島天神の一堂宇であった。湯島天神は菅原道真公を祭神としているが、 道真公は、藤原時平公の讒言により九州へ流されたとき、その冤罪をそそぐため聖天(大聖歓喜天・大聖歓喜自在天)様に祈念され、 その信仰が篤く、ために「天満大自在天」ともいわれた。
 ときに江戸の元禄七(1694)年、湯島天神別当職の天台宗喜見院第三世宥海大僧都が、 道真公と因縁浅からざる大聖歓喜天を湯島天神境内に奉安するため開基されたのが当山のはじめで、 この聖天様は比叡山から勧請した慈覚大師作と伝えられている。 当山は太田道灌時代には湯島天神の表門に当り、また道灌の皓月亭跡とも伝えられた。

 元禄の開基以来当山は湯島の聖天さまとして熱心な信者の参詣があり、有名な紀国屋文左衛門も 当山に帰依された一人であった。(文学博士・林屋友次郎著『聖天利生記』抜萃)
 享保のころ、幕府の財政事情で、幕府が扶助してきた神社仏閣への支出を削減しようと富くじを発行し、 江戸では谷中感応寺、目黒滝泉寺とならび湯島喜見院が公認で富くじが行なわれ、 江戸の「三富」といわれ、後に江戸各所で行なわれるようになった。

 当時の喜見院は相当の境域があったが、明治維新の神仏分離令の影響で惜しくも廃寺、当然喜見院の隠居所的性格をもった当山も廃寺の運命にあるところだったが、聖天様の御加護により湯島天神との本末関係を断つのみで、その難を逃れたのである。 単独の寺院として歩み出した当山は、建立当時の因縁により天台宗に属し、寺名を心城院と改めた。

 当山は開基以来幾度となく発生した江戸の大火(有名な振袖火事、安政の大火)、 大正大震災や東京大空襲の戦災にも遭うことなく法灯を伝えてきたが、 約三百年の長い風雪に耐えた堂宇は老朽化し破損が甚だしくなったので、近年に改修された。

 さて当山は江戸名水の一つ「柳の井戸」があることから「柳井堂 (りゅうせいどう)」と称され、これについて徳川時代の文献(江戸砂子 御府内備考・紫一本・江戸志)に次のようにある。

    柳の井  男坂下

  この井は名水にして女の髪を洗えば如何ように結ばれた髪も、はらはらほぐれ、垢落ちる。 気晴れて、風新柳の髪をけづると云う心にて、柳の井と名付けたり。

と記され、この名水により大正大震災の時、湯島天神境内に避難した多数の罹災者の唯一の水として生命を守ったため、 当時の東京市長から感謝状を受けた。


   


また境内の弁財天放生池は、同じく徳川時代の文献(御府内備考・江戸志)に、

    宝珠弁財天  男坂下

  江戸砂子にいう、此所の池は長井実盛
(後に斉藤別当実盛になる)庭前の池と伝ふ。 昔は余程の池なりしを近世其の形のみ少しばかり残りたり。
と記され、元禄の昔から病気平癒などの祈願で縁起の良い亀を放し、いまも「亀の子寺」として親しまれている。

 さて、当山を作品の中に取り入れた作家として泉鏡花、久保田万太郎、鴬亭金升等がいる。 泉鏡花はその作品「湯島詣」の中で湯島天神下の一画を、かくれ里と呼び詳細に書いているが、 その中に「心城院の門も閉って云々」と夜の情景を記している。久保田万太郎は、天神下の一画が好きで、 わざわざ鎌倉から当山の裏の三軒目の家に引越して来た。 この心城院の前を通りながら、一寸立寄っては「おみくじ」を引いたり亀を見たりして一句をよんだ。

    「きさらぎや 亀の子寺の畳替

鴬亭金升は聖天様の信仰篤く、当山の信者となり、

    「名 残したきものぞ 花の香り 月の影

という自作自彫の板碑を奉納している。

 聖天様の他に、十一面観音、宝珠弁財天、および大黒天等の諸仏天を奉安する当山は、 湯島天神別当喜見院が江戸三十三観音札所第七番であった関係で、同じく第七番札所として選定されている。 商売繁昌、家内安全、厄除、縁結び、受験合格、病気平癒等霊験あらたかな当山は 三百年の昔から信仰の篤い参詣者が絶えない。









ホーム縁起聖天さま江戸三十三観音年中行事アクセスお知らせ

Copyright (C)2006 SHINJOUIN. All Rights Reserved.

湯島聖天 心城院 〒113-0034 東京都文京区湯島3-32-4