自転車(ママチャリ)四国88箇所お遍路巡り

2005年8月9日〜25日まで自転車(ママチャリ)で四国88箇所お遍路巡りに挑戦しました。
現金を所持せず、道中に大道芸で得た収入のみで旅を続ける、と言うコンセプトで、
総合距離1500キロにも及ぶ自転車旅に出ました。


まずはフェリーにて徳島へ向かいます。
後方はオーシャン東九フェリー(東京〜徳島)
東京フェリー埠頭にて。

出発地点の徳島駅前です。
自転車に「四国88箇所お遍路巡り」と書いた黄色いノボリを立てました。
目立ってやろう…の芸人気質からですが、ちょっと恥ずかしかったです。

1番札所、霊山寺から順番に88箇所を巡ります。
大阪から来たお遍路さんと一緒に記念撮影です。

僕の自転車お遍路旅が、地元の徳島新聞に載りました。
おかげで、たくさんのご声援を頂きました。

峠の多い四国の道は、自転車には厳しい環境でした。
しかし自然の美しさが心を癒してくれました。
12番札所、焼山寺へ向かう途中。

今回の四国自転車旅を密着取材してくれた四国放送のスタッフの皆様と記念撮影です。

地元のニュース番組に出演させて頂きました。
おかげで少しだけ有名人になりました。

スタートより6日目。ようやく室戸岬に到着。
室戸岬はかなり寂しい所でした。

高知市内にて。
日焼け防止のため、真夏でも長袖のシャツを着ています。

高知よさこい祭りの練習をしていた地元の小学生たちです。

日の出から日の入りまで走り続け、
夜は海岸や道の駅、キャンプ場などにテントを張って過ごしました。
この日は高知県四万十川の畔にテントを張りました。
天気が良くて、流れ星をたくさん見ました。

ときには1000メートル級の山に自転車で登ることも。
山道では自転車は役に立たず、
坂道をひたすら自転車を押して登るはめになります。

四国には、まむしがたくさんいます。
間違えて、まむしを踏んだこともありました(笑)

足摺岬に着きました。
この辺りは札所と札所の間隔が遠く、
一日に100キロ以上、移動してました。

札所の方も順調に40番札所、観自在寺まで来ました。

地元の方に頂いたスイカを食べてます。
四国の方はとても親切で、飲食物や現金を頂いたり、
民泊をさせて頂くなど、人の優しさに支えられた旅でした。

愛媛県松山市内の道後温泉です。
千と千尋の神隠し…のモデルにもなった温泉施設の前です。

四国の海に沈む夕日です。
四国は海、山、川、空が素晴らしく綺麗です。
まさに自然の宝庫です。

札所も80番台に突入!
あとひと息です。

最後に来て自転車の後ろタイヤがパンクしました。
自転車屋さんでパンク修理してもらってます。

スタートより16日目で、ついにゴールしました。
88番札所、大窪寺。
ゴール時の所持金は970円で、
結局、道中に大道芸で稼いだ金額は19000円でした。

僕の自転車お遍路旅が、月刊ニューサイクリング12月号に特集記事として掲載されました。
嬉しいな〜。

>>>HOME