トトリヴィネット リリース開始記念企画!!ヽ(●´w`○)ノ    


■ファット製トトリヴィネット リリース開始記念企画!!
トトリ制作時のラフスケッチや写真とかをドドンと公開SP〜!ヽ(●´w`○)ノ
Amazonベストセラー商品ランキング、ホビー部門第2位を記念しまして!(2011/11/19付け)
普段なかなか覗く事のできない仕事原型の制作過程を順を追ってざっくりご紹介!!
どうやってデザインが決まっていくのかを体験してもらおうというスペシャル企画です!!
ではでは早速スタート〜♪(゚▽^*)ノ⌒☆




■まずはイメージを描き出します。
公式イラストを元に立体感をどの程度出すのかや、背景パーツの大きさ、種類、数を検討。
「箱も懲りたいよね〜」的なイラストも^^
そして初期スケッチAでデザインの方向性はほぼ決定。(走り書きがちょっと面白い)
ここからメーカーの要望にあわせて要素(パーツ)を差し引きし、美観を上げる作業へGO♪




■池袋の喫茶店でほいく粘土弄りながら担当さんと背景の位置関係を検討。(画像:左)
うちの童話ヴィネットシリーズでも使われている「床の後方を持ち上げて高さを稼ぐ案」を採用しました。
(パーツの選び方と取り付け方は同じくキツテフヴィネットシリーズの五色神話の手法から)
その床に合わせてポージングを再度検討。(画像:中央)
抜けの景色(ヴィネ背景)にキャラの四肢や衣装をどのように重ねたら美しいかなどを考えながらポーズ描き。
ポージング検討Aはファット担当さんが描いてくれた案。(画像:右)
同じく喫茶店で熱いトトリ談議を重ねながら作ってます。(この案もかなりかわいい)
アイデアを一緒に考えて、一緒に苦悩して頂けるのは原型師的にすごくありがたいです。




■背景とキャラを一枚に描き重ねてまた検討。(画像:左)
この頃は左手や身体のひねりが逆ですね。
背景部分は床の手前に付ける布束以外はほぼ決定。
また、立体にしたときにパーツ同士が干渉しないか(ぶつからないか)も
粘土や近い体系のアクションフィギュアを使い再確認。(画像:右)
「不自然な床の傾きを違和感の無い必然に見せられたらかっこいいよなぁ」とか欲がでてくるのもこの頃。




■少し時間が飛んで原型制作中盤くらい。
どんどん制作は進んでいる様に見えますが・・・実はまだ1/3くらいはダミーパーツ。(画像:左)
ここまで来るととにかくバランスを取るのが大事・・・というか取るので必死^^
立体としての見栄えを追いかけつつも、画像になった時の正面受けを外さないように!とかを注意してます。
購入者様のほとんどは店頭ではなくPC越しに画像で判断することが多いですからね。
初見のイメージって大事(=^_^=)
そして彩色案も頭の中をぐ〜るぐる。(画像:中央)
「左上には杖のビカビカがあるから右側のフラスコは彩度高めに!」や
「劇中の背景やメルさんっぽい色のとり方を大事にしつつ、構図も活かす色の選び方にしないとね!」なんてことも考えます。
あとデカール制作はファットさんにお願いしたので、太さ調節の指示書なんかも。(画像:右)




© GUST CO.,LTD. 2010
■こんな感じで精魂込めて作られたトトリヴィネット!
背景部分の話が多くなってしまいましたが、
透明パーツやその内側ももちろんきちんと作りこんでおります!
是非是非お買い求め頂き隅々まで堪能してくださいませ〜♪

でもホントは上の全部嘘で錬金術でパパッと作ってるのはナイショな!(*・∀<*) <グルグルグル〜 <デキタ〜!

発売元のPhat!さんにも感謝!^w^
ブログにも画像あります⇒http://ameblo.jp/phatcompany/


お土産にトトリ塗り絵もどぞ〜
好きに塗ったって〜<(´・д・`)ノ


© kitutehu Characters
<注意> このホームページに掲載されている全ての画像・文章等を 作者の許可なく転載・悪用することを禁止します。