ホームukuleleな研究>魔法使いの杖?


ukuleleな研究
ukuleleに関する様々な研究レポート


魔法使いの杖?


1 はじめに

オオタサンのワークショップへ出かけたとき、会場で日本ウクレレ協会のMATTさんに呼び止められました。

「面白い楽器があるんだけど、レポートをお願いできます?」
と、釣り竿のケースのようなものに入った細長い楽器をお預かりしました。

どのような、楽器なのでしょうか?
予備知識は全くありません。
それでは、その不思議な楽器についてレポートします。


2 UKULELE STRUMSTICK とは?


注:ケースは肩に掛けるときは逆さまにします

釣り竿ケースから出してみると、魔法使いの杖のようなものが出てきました。
スチール弦が4本張ってあり、ボディが極端に小さな楽器です。
ひもに、ブルーのタグがついていました。

The Steel-String
UKULELE
STRUMSTICK

Sharps and flats!
Not for Beginners!
(The Standard Strumstick
is for beginners)
Play in all keys.
Ulukeke tuning G,C,E,A
(My Your Dog Has Fleas!)
Steel strings(not nylon)

strumstic.com

【直訳】(Excite翻訳)

鋼ストリングウクレレSTRUMSTICK
粗挽き小麦粉と平面!初心者のためにではない!
(標準のStrumstickは初心者のためにあります。)すべてのキーの中で遊んでください。
UlukekeチューニングG、C、E、1つの(あなたの犬はノミを持っています)
鋼ストリング(ナイロンではない)
strumstic.com

よく分かりませんが、この楽器は、

  • スチール弦のウクレレ・ストラムスティックという楽器
  • 決して初心者向きではない
  • また、スタンダードのストラムスティック(初心者向け)というのがある
  • 全てのキ−(調)が出せる
  • チューニングはGCEA(ハナコサン)
  • スチール弦(ナイロン弦ではない)

という特徴があるようです。
ちなみに、strumstic.comをのぞいてみました。
スタンダードのストラムスティックが置いてありました。フレットが所々歯抜けになっていて適当な音階に成っているようです。
また、1弦をどんなに無茶苦茶に弾いても、2弦3弦が適当なコードとなって、曲が弾けるようです。


3 全体

ウクレレ・ストラムスティックの大きさを、スタンダード・ウクレレと比べてみました。
全長65cm、全幅12cm、全厚2.7cmというコンパクトなサイズで、サドル〜ナット間は、コンサートウクレレ程度の43cmです。

材質は、ストラムスティックのホームページを見ると、表板がSpruce(スプルース)、裏板がPadouk(インドシタン)、側板とネックがMaple(メイプル)らしいです。すべて単板です。


4 ヘッド

ヘッドはネックと同じ幅と厚みですが、徐々に薄くなり、先端は丸みを帯びています。
ペグは、クラッシックギター用のペグを流用しています。元々、3連で1セットのものから、ひとつを切り取って、切断面に軽くやすりをかけてあります。
ギア式ですので、チューニングは快適です。

ただ、弦を張るのはとても難しいと思います。この楽器にはナットがありません。ですから、弦の間隔をきちんと取るために、糸巻きの入っている穴からうまく弦を出さなくてはなりません。この穴の下側にはプラスチックの板が埋め込んでありますが、何度か弦の位置を変えたキズがついています。また、無理矢理この位置から弦を出すために、糸巻きはガラ巻き状態です。


5 ネック

ネックには指板がなく、フレットが直にネックへ打ち込まれています。
一番上が0フレットです。これを除いて15フレットあります。フレットは正確に打ってありますが、何故か0フレットの幅が3.4mm、15フレットの幅が3.2mmとなっていて、ハイポジションに向かって、徐々にネックの幅が細くなっています。


6 ボディ

ボディの形はマーチンのバックパッカーにそっくりです。このウクレレ・ストラムスティックは、バックパッカーの設計者が作ったという、未確認情報がありますが、真相は分かりません。

サドルは極端に斜めになっていますが、オクターブピッチは、ほぼ正確です。

全体的に荒削りな仕上げですが、ガタつきなどはなく、しっかりとした造りです。


7 サドル

サドルは三味線のようにボディの上にのっかっています。
弦の端は、輪になっていて。ボディエンドの釘にひっかけます。
(バンジョーかマンドリンの弦のようです。)
弦とボディの角が当たる部分には、モールがついていて、ボディが傷つくのを防止しています。


8 サウンドホール

ほとんど、飾り気のないウクレレ・ストラムスティックですが、唯一のおしゃれが、このサウンドホールの飾りです。月と星の模様が、エスニックな感じを醸し出します。


10 音

(1)周波数特性

この、ウクレレ・ストラムスティックには、プラスチックのピックがおまけで付いています。
ピックで弦を弾くと、小さなボディからは想像できないほどの大きな音が出ます。
普通のウクレレの音とは、かけ離れた、かん高い金属的な音です。
それでは、GCEA(ハナコサン)をお聴きください。

なんとなく、アラビアっぽいエキゾチックな音色です。
これらの、周波数特性を計測してみました。




どの弦も派手な倍音が、イヤと言うほど出ています(^^)
ちなみに、ボディの固有振動を測ってみました。

333Hzにピークがあります。これは2弦のE音とほぼ同じ周波数です。
思ったより、低い音なので驚きました。

(2)音のサンプル

適当に弾いてみましたので、お聴きください。


11 まとめ

この魔法使いの杖は、おもちゃのように見えますが、音程も確かで、ちゃんとした楽器です。
どことなく、哀愁のある音は、工夫次第で様々なジャンルの音楽で使えそうです。

ところで、MATTさん。どこで、買ってこられたのですか(^^)

「ukuleleな研究」目次へ戻る


ホーム/うちのukuleleたち/ukuleleの小物たち/ukuleleな研究
/ukulele伝説/ukuleleなゲストブック/ukuleleなリンク