ホームukuleleな研究>コードネームは”マロニー”?!


ukuleleな研究
ukuleleに関する様々な研究レポート


コードネームは”マロニー”?!


1 はじめに

最強のフロロカーボン(Worth Stringsのフロロカーボン・ヘビーゲージ弦)について、BBSで皆さんと話し合っていたところ、
「3弦を4弦に張ってみたら緩いけれどLOW-Gが可能であります!」とか
「テナーだったら、いけるかも知れない。コンサートだと、ちと緩い」
というご意見が寄せられました。

そんな折り、Worth Stringsの販売元のワースクリェーションの高橋社長から手紙が届きました。
中には、透明な太い弦が入っていました。
ちょうど、姿形が鍋に入れるマロニーにそっくりな弦です。
★マロニーとは中村玉緒さんがCMでマロニーちゃんと呼んでいる春雨に似た食品です。

まだ、サンプルということなので、ここでは”マロニー弦”と呼んでいきます(^^)


2 マロニー弦


弦が3本しかない?マロニー弦は透明です

Worth Stringsの弦は、すべて100%フロロカーボンでできた弦です。そして、使用目的やウクレレの大きさに合わせて、ゲージ(太さ)と材質を変えて、4種類のラインアップがあります。
今回、お送りいただいた弦は、いままでの弦とは一回り太く、ゲージが0.91mmとなっています。

0.91mmとは、どのような太さなのでしょうか?
今までのWorth Stringsの中では、一番太いヘビーゲージの3弦用が0.81mmでしたから、とても太く感じます。
でも、スタンダード用のマーチン弦やghs弦の3弦と同じ太さです。

これは、期待が持てます。


3 今までのLOW-G弦

低音を出すには、弦の単位長あたりの質量を増やす必要があります。
しかし、太くすると振動の節(振動しない部分)が内側へ移動するため、ピッチが悪くなり、3弦の太さがほぼ限界だと思います。

このため、太さを大きくしないで、質量を稼ぐために、ナイロンの周りに金属の素線を巻き付けた、いわゆる巻弦を4弦に張って、低音を出してきました。
しかし、初めて、この巻弦を張った瞬間、「なんちゅう音やねン!」とがっかりした方も多いと思います。

巻弦だけ、他の弦とは鳴りが違います。ボヨ〜〜ンとした音が、他の弦の小股の切れ上がった音から遊離して、やけに耳に残ります。
そして、コードチェンジの時に、「キュッ!」というノイズ(フレットノイズ)が発生します。潤滑油を塗ったり、石鹸を塗れば、音が小さくなるといわれていますが、完全に消すことはできません。

このようなことから、LOW-Gチューニングでは4弦のコントロールが難しく、無用に響かさないように、そしてフレットノイズを出さないように弾くには、相当のテクニックが要求されました。

また、弾き込んでくると、錆びたり、フレットに当たる部分の素線が切れてきたりして、寿命も通常の弦よりずっと短いのがネックでした。


4 マロニー弦を張る

マロニー弦をスタンダードウクレレに張ろうと玉をつくりブリッジの4弦の溝へ押し込みます。
でも、入りません。巻弦なら入るのですが、さすがに0.91mmだときついです。
溝を削ればいいのですが、そこまで広げてしまうとスタンダードチューニングに戻せませんのであきらめました。

ということで、今回はこれまで・・・ジャンジャン。石が飛んできますね(^^)
それでは、ということで、コンサートウクレレを引っぱり出しました。
コンサートクラスになると、ブリッジへの弦の止め方は、溝に玉を引っかける方式から、クラッシックギターのように、ブリッジに弦を巻き付けるタイプになりますので、余裕で付けられます。

また、ナットの溝にも無理なく乗せられます。ペグを巻いていくと、最初はどんどん伸びてきます。
まだ緩いかな、というところで、チューナーがGを示しました。
今、1〜3弦には、NYLGUTのスタンダード用の弦を張っていますが、これらの弦よりはテンションは低くなっていますが、ゆるゆるという感じではなく、マーチン弦(M600)をスタンダードウクレレにGCEAと張ったときの3弦のテンションと同じぐらいの感じです。

12フレットにおいて、ハーモニクスに比べて実音が+10セントだけシャープします。ですから、オクターブピッチは、ほぼ問題なしといっていいでしょう。


5 マロニー弦と巻弦の比較

今まで張っていた、巻弦との音の差を計測してみました。
マロニー弦と巻弦の仕様は次の通りです。

マロニー弦と巻弦の仕様

区分

メーカー

太さ

値段

備考

マロニー弦 Worth Strings 0.91mm 400円 100%フロロカーボン
巻弦 YAMAHA 0.82mm 170円 クラッシックギター4弦用
マロニー弦は63inch(160cm)で400円ですから、3本分は楽に取れます。1本あたり133円です。


(1) 波形

まず、波形を測ってみました。データは、次のとおりです。

マロニー弦(MP3 11KB)      巻弦(MP3 20KB)



フロロカーボン製のマロニー弦は自然に減衰していますが、巻弦はいったん減衰した後に再び鳴っています。

これが、いわゆるボヨ〜ンとしたゆらぎのある音です。
また、巻弦は長く鳴るため、音を上手くミュートしないと、きれいな演奏になりません。


(2)周波数特性

続いて、周波数特性を計測しました。

一目瞭然ですね。
マロニー弦は巻弦より、第2次、第3次の成分が大きく出ています。

このことは、マロニー弦の方がゴ−ジャスな音であることを示しています。


(3)フレットノイズ

今までの巻弦の最大の弱点が、指が弦の上を移動するときに発する、フレットノイズです。
特に、セーハが連続する曲では、コードチェンジごとにノイズが発生し困っておりました。
マロニー弦はツルツルなので、私のような下手くそでも、そこそこの演奏が可能になります。

まず、巻弦で、Dm→C→Bb→Aとセーハで降りてくるパターンの演奏をお聴きください。

巻弦の演奏(MP3 106KB)

フレットノイズが気になりますね!!
次に、マロニー弦での演奏をお聴きください。

マロニー弦の演奏(MP3 106KB)

はい!ノイズがありませんね(^^)
急に上手くなったように聞こえますから、不思議です。


6 おわりに

ウクレレにLOW-G弦を張って、ソロに挑戦したいと思っていても、従来の巻弦の欠点(ボヨ〜ン、鳴り過ぎ、フレットノイズ)を克服するには、高度なテクニックが必要でした。
しかし、マロニー弦は、これらの欠点を一気に解消する革命的な弦だといえるでしょう。

現在(2002年10月26日)、まだ、この弦は商品化されていません。1日も早い発売が待たれるところです。
しかし、絶対にマロニー弦という商品名ではないと思いますので、ワースクリェーションさんへお問い合わせの時は、お気を付けください(^^)

最後に、このような画期的な弦のモニターをさせていただきました、ワースクリェーションの高橋さんに感謝申し上げます。

■追記

なんと、Worth Stringsさんで、マロニー弦が発売になりました(2002.10.28)。
63inch単品で400円という嬉しい値段設定です。また、このマロニー弦を入れたLOW-Gセットも発売になりました。

■追記2

スタンダードへもブリッジの溝を広げずにマロニー弦を張ることができました。
ダーイマさんとかまやんさんに掲示板で教えていただいた方法ですが、まず、マロニー弦の溝に入れる部分をペンチで挟み平らにし、サンドペーパーで少し削ります。
すると、スタンダードの狭い溝にも入れることができます(コロンブスの玉子的発想です)。

スタンダードでは、少しテンションが下がりますが、ビビリもなくちゃんと使えます。
もう、金属の巻弦へは戻れません(^^)v

マロニー・あるでんてに続く


「ukuleleな研究」目次へ戻る


ホーム/うちのukuleleたち/ukuleleの小物たち/ukuleleな研究
/ukulele伝説/ukuleleなゲストブック/ukuleleなリンク