ホームukuleleな研究>茶髪は意外とおとなしい?!


ukuleleな研究
ukuleleに関する様々な研究レポート


茶髪は意外とおとなしい?!


1 はじめに

最近、色々なラインナップが増えてきました、Worth Stringsさんのフロロカーボン弦ですが、このたび、ミディアムゲージのブラウン弦が発売されました。
早速、Worth Creationの高橋社長から、この新しい弦を送っていただきました。

今までのミディアムゲージはクリア弦でした。
はたして、ブラウンとクリアの色の違いで、どのような違いがあるのでしょうか?


2 ブラウン弦とクリア弦


ブラウン弦                     クリア弦

Nakanishiのスタンダードウクレレにブラウン弦とクリア弦を張ってみました。
左の写真のブラウン弦はボディの色と同じなので、影しか写っていません。
遠目では、弦が張っていないように見えますが、手元ではちゃんと見えますのでご心配ありません(^^)

ブラウン弦とクリア弦の仕様を次に示します。                     

Worth Strings

ブラウン

クリア

Medium Gauge
弦長:116mm
Medium Gauge
弦長:116mm
型番 BM 型番 CM
1stplain
0.52mm
1stplain
0.52mm
2ndplain
0.66mm
2ndplain
0.66mm
3rdplain
0.74mm
3rdplain
0.74mm
4thplain
0.57mm
4thplain
0.57mm


ここで、お気付きの貴兄も多いと思います。
「なんだ、全く同じではないのか?」
ハイ、正解です。外見は色以外は全て同じです。

しかし、張ってみると、タッチが微妙に違います。テンションはほぼ同じですが、ブラウン弦の方が優しいタッチに感じます。


3 音

それでは、ブラウン弦とクリア弦の音をお聞きください。

ブラウン弦(40KB)       クリア弦(40KB)

明らかに違いますね!
ブラウン弦は甘く優しい音、クリア弦は透明な澄んだ音です。

この音の分析を行っていきます。

(1)波形

次に、ふたつの弦の3弦、2弦、1弦の波形を示します。


上がブラウン弦、下がクリア弦です。

ブラウン弦は、弾いた後、約20ミリ秒後に最大振幅になっています。
このため、柔らかく甘い音になっています。

それに対しクリア弦は、弾いた直後に最大振幅を示しています。
このため、透明な澄んだ音になっています。

最大振幅を示した後は、同じカーブで減衰していますので、弾いた直後の性格で音の違いが出ていると思われます。

(2)周波数分析

続いて、ふたつの弦の周波数分析を行ってみました。


上がブラウン弦、下がクリア弦で、左から、3弦、2弦、1弦の周波数特性を示しています。

ご覧のとおり、倍音の出方はそっくりです。なお、音のサンプリングは、発音直後ではなく、減衰中の音で行っています。

(3) まとめ

以上のことから、ブラウン弦とクリア弦の音の違いは、発音直後の音の立ち上がり方であると言えます。
この、ちょっとした違いにより、全く性格の異なる音が楽しめます。


5 おわりに

甘い優しい音のブラウン弦は、NakanishiNo.80のようなマホガニーのウクレレの魅力をさらに引き出してくれます。
透明で澄んだ音のクリア弦は、カマカのようなコアのウクレレに似合います。
しかし、同じコアでも、VGコンサートには、ブラウン弦が合っています。
ウクレレによって、そして、個人個人の好みによって、ふたつの弦を使い分ける楽しみができました。

また、ブラウン弦のライトゲージの1弦を4弦と同じゲージにした(ミディアムゲージの4弦を1弦と同じゲージにするのと同じです)、ブラウン弦のカスタムゲージもラインナップに加わりました。
これは、ライトゲージとミディアムゲージの中間的なタッチで、1弦でメロディを弾く奏法に最適化した弦です。

この度も、(有)ワースクリエーションの高橋さんには、大変お世話になりました。
ありがとうございます。

これらのフロロカーボン弦の詳細につきましては、

 をご覧下さい。

New Clear フロロカーボン弦へ続く


「ukuleleな研究」目次へ戻る


ホーム/うちのukuleleたち/ukuleleの小物たち/ukuleleな研究
/ukulele伝説/ukuleleなゲストブック/ukuleleなリンク