ホームukuleleな研究>ソフト・マロニー登場!!


ukuleleな研究
ukuleleに関する様々な研究レポート


ソフト・マロニー登場!!
スタンダードにピッタリなフロロカーボンLow-G弦です


1 はじめに

以前、ご紹介しました、WorthStringsのフロロカーボン製のLow-G弦(マロニー弦)は、金属巻弦の

  • 他の弦との音質の違和感
  • Low-G弦だけが鳴りやまない
  • 指をすべらすと、「キュ!」というノイズが出る
  • 金属の素線が切れやすく長持ちしない

という大きな欠点を克服する夢の弦として、今では多くの方が使用されています。
しかし、マロニー弦にも欠点がありました。
それは、スタンダードに張ると、テンションが弱いので、押弦したときに、よれやすい(チョーキングしてしまう)という点です。

コンサートサイズ以上では、概ね大丈夫なのですが、スタンダードでLow-Gを楽しみたい方には、ともすれば敬遠されがちでした。

もっとテンションの高い、フロロカーボンのLow-Gがあればなぁ・・・と思っていた矢先に、Worth Creationの高橋さんから、新しい弦が届きました。

クリア・フロロカーボンのLow-G・Extra-Gaugeです。
この、Low-G弦は、今までのフロロカーボンのLow-G弦のゲージが0.91mmであるのに対し、1.10mmと一回り太くなっています。

早速、ビニール袋から、この新しい弦を取り出してみました。

太いです!!カジキが釣れそうな太さです。
はたして、どのような音がするのでしょうか?期待が高まります。


2 Extra弦を張る

いつものように、先端に結び目を作り、ブリッジの溝へはめ込みます。あれ!太すぎて入りません。

酔っぱらっていれば、溝を削って広げるのですが、今日は、しらふで作業をしています。
一旦大きく広げてしまうと、High-Gに戻せないと思い、ペンチを探しました。

そうです、溝の幅に弦を合わせればいいのです。

力を込めて、結び目の隣をグイっとつぶします。ついでに、結び目も先端をペンチで引っぱって小さくしておきましょう。

ハイ!無事に溝へ収まりました。
そして、あとは糸巻きに通して巻き上げるだけです。しかし、問題が起こりました。
ナットの溝に入りません。

そこで、また、ペンチの登場です。少しペグを緩めて、アタリを付けた場所をつぶします。

この時、指板を傷つけないように注意してください。

ハイ、無事にナットの溝へ収まりました。

できあがりです。どこから見ても、Low-G弦を張っているように見えませんね!!


3 Extra弦の感触

ウクレレへの装着が終わり、チューニングをして弾いてみました。
テンションは?・・・ピッタリです。他の弦とほぼ同じテンションです。今までのフロロカーボンLow-G弦のユルユル感は全くありません。

太くなったので、押さえるときに指先が痛くなるのでは、と予想しましたが、押さえてみてビックリ!ソフトなタッチで押さえることができます。
高橋さんによると、今度の弦は少し柔らかめの素材を使用しているそうです。

ハイポジションでも、難なくセーハできますし、テンションが適正になったので、とても弾きやすくなりました。

しかし、ゲージが太くなったことで、一点だけ不都合な点が発生しました。
それは、ハイポジションでのピッチ(=音程)のズレです。しかし、それも、従来のナイロン弦の3弦程度ですので、十分に許容範囲かと思います。


4 音

それでは、肝心の音について見ていきましょう。
比較対照として、もともと計測用のウクレレに張っていた、従来のフロロカーボンLow-G弦と比較してみました。

(1) 波形

上が、従来のフロロカーボンLow-G弦、下が新しいExtra GaugeのLow-G弦です。
まず、大きな違いは、弾き始めから消音までの発音時間の長さです。
従来のLow-G弦が1950msであるのに対し、新らしいExtra GaugeのLow-G弦は約3割音が伸びています。

しかしながら、金属巻弦のような、ボヨーンとした音ではなく、すっきりと減衰してくれます。

(2) 周波数特性

周波数特性でも、大きな差が認められました。
従来のLow-G弦は、基音より2倍音の方が強く出ていますが、新らしいExtra GaugeのLow-G弦は基音の方が強く出ています。

また、高次の倍音は従来のLow-G弦の方が多く出ています。
このことから、新らしいExtra GaugeのLow-G弦は、マイルドな音だと言えます。

ここで、計測に使用しました音源をお聞きください。
開放のG音に続き、ハワイアンバンプを弾いてみました。
(32kbpsに圧縮していますので、AMラジオ程度の音質です)

従来のLow-G弦(63kb)         Extra GaugeのLow-G弦(68kb)


5 おわりに

今回の新しいLow-G弦は、待ちに待ったスタンダード・ウクレレにピッタリのLow-G弦です。
現状に満足せずに、たゆまない努力を続けていらっしゃる、Worth Creationの高橋さんには頭が下がります。

WorthStringsについて詳しくは、
WorthStringsをご覧ください。


コーヒー・フロロカーボンへ続く

「ukuleleな研究」目次へ戻る


ホーム/うちのukuleleたち/ukuleleの小物たち/ukuleleな研究
/ukulele伝説/ukuleleなゲストブック/ukuleleなリンク