ホームukuleleな研究>コーヒー・フロロカーボン


コーヒー・フロロカーボン
コーヒールンバはいかが?


1 はじめに

WorthStringsのフロロカーボン弦は、透明のクリアと茶色のブラウンに大きく分類できます。
クリアはどちらかと言うと「切れ」のある音、ブラウンはどちらかと言うと「マイルド」な音として、演奏者の好みで使い分けられてきました。

また、ブラウン弦は光の加減で金色に輝くため、ゴージャスなウクレレとのビジュアル的なマッチングは抜群です。

WorthStringsを開発したワースクリエーションの高橋さんから、「ブラウンの材質を見直していますが、なかなか難しい」というお話を以前から伺っていましたが、このたび(2005年1月)、新ブラウン弦が我が家に届きました。

さて、新しいブラウン弦はどのような弦なのでしょうか?
早速、見ていきましょう!!


2 NEWブラウン・ミディアム弦(BM)

パッケージから、NEWブラウン弦を取り出してみました。
まず、驚いたのは、その色です。以前の金色に近い茶色(茶髪の茶色)からコーヒー色に変わっていました。

一見、ghs弦かと間違えそうな色ですが、深入りのコーヒー色です。
それでは、ウクレレに張ってみましょう。

何も言わなければ、黒弦のghs弦が張ってあると思ってしまいまいます。

次に、以前のブラウン弦とNEWブラウン弦の仕様を示します。

区分

New ブラウン弦

従来のブラウン弦

ゲージ Medium Gauge Medium Gauge
1弦 1st:plain
0.0205 inch 0.52mm
1st:plain
0.0205 inch 0.52mm
2弦 2nd:plain
0.0260 inch 0.66mm
2nd:plain
0.0260 inch 0.66mm 
3弦 3rd:plain
0.0291 inch 0.74mm
3rd:plain
0.0291 inch 0.74mm
4弦 4th:plain
0.0224 inch 0.57mm
4th:plain
0.0224 inch 0.57mm
タイプ color:Brown color:Brown
長さ Length:46inch Length:46inch

従来の弦と全く同じ仕様です。

WorthStrings弦のうれしいところは、弦の長さにあります。通常のセット弦の倍以上の長さですから、2本分が余裕で取れます。今回も、スタンダードとコンサートの2台分を1セットから取れました。
また、テナーにも張ることができますので、色々なウクレレで楽しむことができます。

さて、「全く同じということは、違いは色だけですか?」とお悩みの貴兄もいらっしゃると思いますが、当然ながら、音が改善されています。
続いて、音について詳しく調べました。


2 音

(1) 波形


上がNEWブラウン弦、下が従来のブラウン弦です。
大きな違いは、発音して最大レベルに達した後の減衰時のカーブです。
NEWブラウン弦の方が減衰カーブが急になっています。

このことは、NEW弦の方がウクレレらしいポロンという音だと言えます。

(2) 周波数分析


倍音はどちらも派手に出ていますが、上のNEWブラウン弦は2倍音のレベルが従来のブラウン弦より大きくなっています。
そして、3倍音から高次倍音のレベルは反対に小さくなっています。

このことから、NEWブラウン弦は、フロロカーボン特有のキンキンした音が押さえられていると言えます。

(3) 音源

NEWブラウン弦でハナコサンを弾いてみました。


3 感想

(1)音の分析で分かったように、新しいブラウン弦は、フロロカーボン特有のクセを改善し、よりウクレレに適した音になっています。

(2)音色は甘く、メローな曲を弾くのに向いています。また、軽くストロークで弾くとハワイアンに適した軽い音が心地よいです。

(3)材質が柔らかくなり、タッチが優しくなりましたので、長時間の演奏で左手の指先が痛くなることも改善されています。

(4)切れがありパワフルなクリア弦と甘くメローなブラウン弦の音の違いが明確になりました。

(5)色がコーヒー色になり、ウクレレの表情が引き締まります。

(6)温度変化に対するチューニングの安定、ハイポジションでのピッチの正確さは従来どおりです。


4 まだまだあります(^^)

うれしいことに、もう一つお知らせがあります。
今までフロロカーボンのLow-G弦は、クリアだけでしたが、いよいよブラウンのLow-G弦の登場です。
色と材質は上で述べたNEWブラウン弦と同じです。

ゲージは0.91mmで、従来のクリアLow-G弦と同じです。
NEWブラウン・ミディアム弦といっしょにコンサートに張ってみました。

Low-G弦の他の弦への親和性が素晴らしく、見た目も統一がとれました。
メローなソロにおすすめの組み合わせです。


5 おわりに

近い内にWorthStringsのHPでもアナウンスされると思いますが、ワースクリエーションさんでは、従来のブラウン弦のすべてのラインアップを今回レポートしました新しい材質に変更するそうです。

今回も発売前の最新の弦をお送りいただいた高橋さんに感謝申し上げます。

さて、コーヒー弦でコーヒールンバでも練習しましょう(^^)

WorthStringsについて詳しくは、
WorthStringsをご覧ください。

 

「ukuleleな研究」目次へ戻る


ホーム/うちのukuleleたち/ukuleleの小物たち/ukuleleな研究
/ukulele伝説/ukuleleなゲストブック/ukuleleなリンク