- Mobile Diary -

2001/07

「 天候不順、体調不調 涙の絶不調の旅 」  

釧路・富良野・美瑛  四泊五日

全道的に雨の月曜日 雨に濡れる北の大地も美しかったっ!
避暑のつもりでやってきた釧路は濃霧。
思いもかけない「気管支炎」で病院のお世話になるというハプニング
ラベンダー畑と美瑛の風景に癒されたものの…最終日は雨。
涙雨の北の大地をあとにして次回リベンジを決意したのでした。


                                                      2001/07
 ■ 1日目 羽田→釧路 
◇走行距離 約123km  ◇天気 雨・霧 ◇気温 17℃〜24℃ 
  
* 画像上にポイントを置くとコメントが見られます
 
◆ どうも釧路とは相性が悪いようで…   

 羽田はこんなにお天気で暑いのに…  釧路空港は霧。 ごらんのような状況です。(T_T)
 釧路って夏の時期、霧が多いんですよね(^_^;)
 am7:00 羽田はこんなにお天気で暑いのに…  釧路空港はごらんのとおり、雨と霧 17℃

釧路湿原展望台も、なぁ〜んにもみえないし

 旅行前からsayの体調芳しくなく…… 
 20℃を下回る釧路の肌寒さも加わって、
 喉が痛いのと風邪の症状が治らない。  
 このまま旅を続けられるかどうかもかなりの不安。

 とりあえず釧路湿原展望台に行ってみますが
 あたり一面で何もみえず。
 とっても楽しみにしていたので残念だけど
 今回は釧路湿原をキッパリあきらめました。

とりあえず、お昼はなぜか「豚丼」 せっかくの、海の見えるお部屋からも… なぁんにもみえないし…
 具合が悪くては、どこに行っても楽しくありません。 おまけに霧と雨で何もみえないし。
 白糠でお昼ご飯を食べて、早めにチェックイン。 今日は大人しく寝ています。

 

 

 ■ 2日目 釧路→釧路湿原(細岡展望台)→帯広(釧路国道〜十勝国道経由)
◇走行距離 約200km 
 ◇天気 釧路 朝・霧 → 昼・曇り時々晴れ → 午後・霧 / 帯広 夕方 晴れ時々曇り
◇気温 釧路 16℃〜19℃ 帯広 22℃ 
  
 
◆ 気管支炎で釧路の病院へ    

am6:00 釧路の朝… 昨日より霧が深いよぉ〜 (T_T)
 釧路の悪天候とsayの体調不調のダブルパンチで
 とうとう地元の病院へ(^_^;)
 結果急性気管支炎ということでクスリをもらい
 気分的にほっとして少し楽になりました。

 そのとたん朝の濃霧はスッキリとなくなって
 薄日がさしてくるではありませんか。





 無理をしないようゆっくりと細岡展望台へ。 
 すこし雲が多めながらも細岡展望台から湿原を眺めることが出来ました。
ばんざ〜い。  お昼過ぎの細岡展望台からの釧路湿原。ちょっと雲が多いけど爽やかなお天気っ! 釧路湿原 細岡近辺 釧路川の流れ 鳥のさえずりが心地よい

一路、帯広を目指して海岸沿いをひた走る。釧路国道は延々と濃霧が続く。湿原はお天気だったのに(^_^;)

 元気で天気ならコッタロ湿原などを回るところですが一路帯広へ。
 太平洋を左に見ながら走る海岸線の釧路国道(38号線)はず〜と濃霧。
 海岸線どころか前の車さえほとんど見えない。(^_^;) 
 それが1時間以上続くのです。 私はほとんど寝てました。
 十勝国道に入ると次第に霧は晴れていき
 十勝の田園風景が広がる頃には
 太陽の光まぶしく車内は一気に温度が上がります。
 …こういう気温の変化が身体に良くないのだけれど。



 帯広には夕方到着。ホテルで一息ついて「豚丼」を食べに行きました。
 3年前に食べたところとは別のお店に行きたかったのですが
 探し回る気力と体力がsayにはありません。
 しかも前もって用意した手作りのガイドブックには肝心の地図が無く……
 結局また同じお店へ。前日の「しらぬか恋問」の豚丼と味比べ。
 六花亭本店での喫茶もあきらめてマンゴープリンとソフトカスタードプリンをテイクアウト。
 無料のコーヒーだけいただいてきました。

ということで夕方、お天気の帯広着。帯広名物の豚丼。 おなじく帯広の六花亭本店にて、テイクアウト

 せっかくの美人の湯「モール温泉」はshinに入って貰うとして 今日も早めに休みます。
 今日は関東地方は猛暑。熊谷で39℃だったそうです。
 それにくらべれば北海道はなんて爽やか。でも私は寒いので長袖着てます。
 明日は旭川は30℃近くまで気温も上がり天気も良いようです。
 なんとか体調も回復しつつあるようですがけして本調子ではありませんので
 当初の計画をあきらめて無理せずにぼちぼち回ろうと思います。

 

 

 ■ 3日目 帯広→然別湖→富良野→美瑛
◇走行距離 約262km  

◇天気 帯広 朝 曇り → 富良野・美瑛 晴れ 
◇気温 帯広 朝 16℃ → 富良野・美瑛 14:00 30℃ 
  
 
◆ ふっふっふっ(^O^) 十勝の大地は私たちの味方でした。  

 朝は曇っていた帯広ですが、どこまでも延々と直線が続く道を走り続けると
 しだいに空は青くなり鹿追町では「エゾシカ」も目撃して然別湖はお天気でした。
帯広から然別湖へ。 延々と続くまっすぐな道。これぞ十勝の風景 神秘の湖、然別湖。 くちびる山だっ! ばんざぁ〜い
 峠を越えてお昼を過ぎた富良野は日差しまぶしくあっというまに日焼けしてしまうほど。
 最盛期のラベンダーの花畑が点在する富良野の道はさすがにノロノロ運転。
 ファーム富田近辺は渋滞でした。私達は「彩香の里」でラベンダーを見てすぐに美瑛に。
そして、ラベンダーの真っ盛り 富良野 彩香の里だっ! ばんざぁ〜い ラベンダーだけじゃないよ〜 お花畑のグラデーションがキレイっ!
 大好きな美瑛。 小麦の黄色とじゃがいもの緑の畑が丘を彩ります。
 ただいまぁ〜(^O^) って感じでそれまでの体調が嘘のように元気になっちゃいまして(^^ゞ
 土の香り丘を吹く風鳥の鳴き声…… 自然が一番のクスリだったのかも?
大好きな美瑛。じゃがいもの畑 大好きな美瑛。季節によって丘の彩りが違うのが魅力
 そして千代田の見晴らし台まで shinが見たくてたまらなかった星を眺めに 夜のドライブ。 
 真っ暗な丘の上から見上げる星空の言葉では言い表せないくらいほどの美しさよ!
 プラネタリウムを見ているかのようにこんなに星ってあったの?って思うほど
 きらめきまばたく星の数々に圧倒されました。 もっと星座を勉強しておけばよかった。
 いや…… 星座のような大きな星だけじゃなく 小さく細かな星が無数に広がり
 北斗七星すらその星の群に埋もれてしまうくらいです。

 いやぁ〜 ほんとうに美瑛はすばらしい。 またひとつ大好きな風景が増えてしまった。
 文字通り大地に癒されたsayでございます。

 

 

 ■ 4日目 美瑛→富良野→美瑛
◇走行距離 約150km  ◇
天気 美瑛 朝 曇りのち晴れ → 富良野 曇り → 美瑛 午後 曇りのち雨 
◇気温 予想最高気温29℃ 美瑛 
  
 
◆ 早起きは三文以上の得(笑)  

 なんといっても日の出が4時ですからね。いつもだったら寝てる時間ですが…
 たとえ靄に包まれていてもひと時も目が離せない美瑛の景色。
 朝飯前のドライブ5時半から2時間ほど走ってきました。
朝5:30頃 霧に煙る丘の風景。美瑛・三愛の丘〜千代田の丘の途中 雲の隙間から朝日を受けて、千代田の見晴らし台を見上げる。水沢ダムへ行く途中 霧深い早朝、一瞬、麦畑の上に光が射す。黄色から黄金色に色彩を変える丘

 写真は「ぼんやり」しておりますが実際にこの風景の中を走り回るのは実にすがすがしくまた幻想的。
 まだ寝静まっている丘に響くかっこうの声風にそよぐ草木の音。とびかう虫たちの羽音。
 日常の生活ではけして聞くことの出来ない自然のBGMです。
赤麦の畑。奥の緑の麦との対比が美しい、四季彩の丘 四季彩の丘。ポピーとひまわりにうずもれたロールくん。見た目はひょうきんだけど、実はとっても重たいので近づくと危険デス。 押し花学園のラベンダー ハッとするほど濃い紫色の一画。丘の緑や黄色、建物の屋根とのコントラストが美しい。今回見つけた、とっておきの風景

 ゆっくりと霧が晴れていく風景。雲の合間から朝日が顔を見せる一瞬丘の色が微妙に変化する様。
 お天気だけが「美しい」と思う自分の俗っぽさが恥ずかしくなるほどです。

 そしてまた恥ずかしくなるほどお腹が空いて宿に戻り 朝風呂で汗を流してから食べる朝食のまた美味しいこと。
 これだから美瑛から離れられないのです。

◆ラベンダーの最盛期 賑わう富良野は大混雑

 昨日の「彩香の里」のお花畑はとってもよかった(^O^) 今日は思ったより蒸し暑い曇り空。
 ラベンダーを見にふたたび富良野へ。 237号線は60qの車の流れがとぎれることはありません。
 閑散期には80q当たり前で飛ばしている身にはちょっとイライラ。(苦笑)
 途中深山峠に寄りラベンダー畑を見て富良野へ。
美瑛から富良野へ 237号沿い 深山峠 う〜ん曇ってる(ーー;) 深山峠からみたラベンダー畑  おなじく深山峠の花畑 お天気ならバックに壮大な山並みの、最高のロケーションなのに…

 富良野近辺のおもだったラベンダー畑はいまが盛り。ちょうどお休みの日ともあってどこもかしこも車と人。
 この日ファーム富田近辺は早朝5時過ぎからすでに混雑をはじめていたそうです。
 10時前に着いた私たちが目にしたのははるか手前の道路に並ぶ路上駐車の列。
 ただでさえ狭い道に各方面から集まってくる自家用車と観光バスが入り乱れて
 ながぁ〜いながぁ〜い列を作っていて途中であきらめようにも抜けるのも一苦労。

 確かに花畑のグラデーションは遠目からみても美しく花畑から見え隠れする観光客の姿もすずなりです。
 路肩にはラベンダーを中心とするお土産もの屋さんが軒を連ねすごい活気と熱気。
 2月の雪の時には人っ子一人いなかったこの場所を体験している私たちはちょっとキツイものがありまして……
富良野 日の出公園のラベンダー畑 そう高くはない丘の上なのに、けっこう富良野の平野を一望できます おなじく 日の出公園 展望台へ上る無料のシャトルバスもありました。暑いのでこれは助かります
 結局なんとか列を抜け出し日の出公園へ。こんもりした丘の斜面に花畑で作った「日の出」の文字。
 町営のお花畑だそうでほのぼのしてますね。
 汗がにじむ蒸し暑さのなか丘まで徒歩で上るのが億劫な横着者にはたいへんありがたい
 展望台までの無料シャトルバスに乗って展望台へ。 富良野の平野が見渡せて後ろを見れば山並み美しく…
 (晴れていれば)地元の人たちの憩いの場といった感じですね。
 観光客向けのプロフェッショナルなガーデニングを施したファーム富田とはまた違った趣がありますね。

富良野から美瑛へ 千望峠からのラベンダー………と言っても、こぢんまりしてます。やはり眺望がすばらしい(お天気なら)

 暑いのと人が多いのとで
 早々に美瑛に引き上げようと
 237号を通らず千望峠を経由していくことに。
 ここもこぢんまりしたラベンダー畑でした。
 でも名前の通り富良野の平野を見渡せる眺望です。






 最盛期のラベンダーを見るのが旅の目的のひとつだったのに…結局軽く流してしまった感じです。 
 どうも人が多いのが苦手で(^^ゞ
 富良野には富良野の魅力がたくさんあるのにまだ出会わないまま美瑛に戻ってきてしまいました。
 また次回に持ち越しですね。
 

 

 ■ 5日目 東神楽→富良野→美瑛
 ◇天気 雨 ◇気温 8℃〜21℃ 
  
 
◆ 雨で始まった旅。ふたたび雨で終わるのか…    

 また早起きをしてしまったので露天風呂にゆっくり浸かっています。
 今日は全道的にかなりの量の雨が一日中ふりそう。関東は猛暑だというのに…
 雨の最終日のまる一日気の向くまま富良野・美瑛をふたたび走ってきます。
 景色は期待できませんがなにか面白いこと楽しいことみつけてきますね。

am9:00 237号線沿い 美瑛 「ぜるぶの丘」の花畑
 だんだん雨が小降りになる美瑛の丘
 北海道は所によっては雷雨などの悪天候。
 2月の猛吹雪のリベンジに泊まった東神楽のホテル朝から激しい雨。
 美瑛に向かう道も雨と霧で視界不良。
 どうも東神楽のお天気の神様とは気が合わないようです。

 雨の旅。
 最終便までの丸一日をどうすごそうかと 憂鬱な気分で
 車を走らせ237号線を美瑛へ。
 傘を差して立ち寄った「ぜるぶの丘」はなかなかみごとなお花畑。



 少し小降りになってきたのを幸い大好きなパノラマロードへ入ります。
 富良野へは237号を使うのが早いのですが今回shinが見つけた裏道で
 深山峠の丘に咲くラベンダー畑を遠目にみながら再び237号線へ出て富良野に向かいます。

 さすが! ファーム富田の花畑 ラベンダーの最盛期はやっぱり必見でしょう。
am10:00 富良野「ファーム富田」の花畑。雨にしっとり濡れた花々もまた美しい 同じく「ファーム富田」のラベンダー畑 様々な品種のラベンダーが最盛期

 上富良野あたりから雨はパラパラと落ちる程度。 
 中富良野のファーム富田に着いたときはほとんど傘は必要なくなっていました。
 さすがに雨の月曜日でも観光客はたくさんいましたが週末の大混雑が嘘のよう。
 気温は20℃あるかないかで雨の湿気もあまり感じなくほどほどに快適。
 陽の光を浴びた花畑は写真で見るとして、しっとりと落ち着いた花畑をゆっくりと鑑賞。
 いやぁ〜 さすがファーム富田。 手のかけ方見せ方が「プロ」です。来て良かった。

 ここのお天気の神様はなかなかのテクニシャン(笑) 
 さてこのあと次回のロケハンと称して厚い雲に覆われて姿をお隠しになっている(笑)十勝岳へ。
 上富良野から吹上温泉への霧の山道をドライブ。
 グレー一色の空を見上げながら晴天なら見えるはずの十勝岳を想像していると……
 ななっなんと! ところどころ緑の山裾がチラチラ見えるではありませんかっ!

 実はこのチラリズムが曲者でまた来たくなってしまうんですよね。
 あえて「悪魔のささやき」と呼んでいますが 
 私の耳には「そこにすばらしい風景があるのじゃよ。…ただしお天気ならと
 北の大地の神様の声が聞こえてくるのです。

 吹上温泉から十勝岳の展望台を霧のなかからチラチラのぞく山をみながら白金温泉へ下ります。
 このコースはお天気ならサイコーにすばらしい風景になります。見たこと無いけど保証します。(笑)

pm2:00 美瑛 パノラマロード「哲学の木」 雨に煙る丘首を傾げて君は何を思うのか…
 白金温泉から美瑛市街につづく真っ直ぐな道
 「白金街道」を途中 
 美沢小学校の手前から左にまがり再びパノラマロードへ。

 今回初めて見たのが「哲学の木」
 すこし傾いた感じが何かを考えている風情。
 麦の黄色との対比がステキ。
 これに空の青が加わればサイコー(^^ゞ




 もうshinはカーナビいらず。 パノラマロードを縫うように走り美馬牛のほうから237号線へ抜けます。
 国道を出てすぐ横にある花畑「かんのファーム」へ。

pm2:30 美瑛 かんのファーム 237号線沿いに車窓からも美しい花畑が良く見えます。 shinお気に入りのファーム。
 いつも何か花が咲いてる かんのファーム
 すぐ横の237号沿いに車窓からも見られる畑。
 期待にたがわぬ色とりどりの花を見せてくれて
 もちろん無料です。 なんて太っ腹なんでしょうね。
 雨で道がぬかるむので遠景からしか眺めませんでしたが
 もちろん今回のメインはラベンダー
 行った人はよ〜くご存知の
 毎回わかっててもハッと驚いてしまう
 作業着姿のマネキンくんやヒッチハイクのねーちゃん(笑)
 そしてでこぼこの駐車場(^_^;) 何度も訪れると癖になりそう(笑)


pm3:30 美瑛 パノラマロード「新栄の丘」 牧草ロール人形雨が降ってびしょぬれ。なぁ〜んか情けない表情(笑)
 行ったり来たり忙しくってごめんなさい(笑) ふたたび美瑛に戻り
 すっかり観光名所となった「新栄の丘」へ。
 観光バスが路肩に横付け(^_^;) 
 雨だから悲しいのか 新栄の丘のロール人形
 牧草ロールの人形は新星の丘や四季彩の丘などにもありますね。
 雨に濡れるとむちゃくちゃ重そう。
 でも前に来たときと表情が違うような……? 気のせいかな?
 前に見たときよりなんかとっても情けない顔してる。
 きっと晴れたらにっこり笑うんだよ!



 未踏の場所パッチワークの路「五稜」の高台へ
pm4:30 美瑛 パッチワークの路 五稜の丘 お天気なら美瑛の丘を一望のロケーション 同じく五稜の丘を走る。丘の上の一本の木。この頃にはすっかり雨も上がり、薄日がさすほどに。
 さて そろそろ夕方になり最後のポイントはパッチワークの路の奥の方にあたる五稜へ。
 ここって絶対自転車じゃ素人さんには無理でしょう。 観光バスも入れないし。ちょっと穴場かもしれない。
 同じ美瑛好きの方に教えて貰わなければなかなか行こうと思わなかった場所です。
 車がすれ違うのがやっとの細い道アップダウンカーブを延々走り抜け
 急に目の前に広がったのが美瑛の丘を一望できる景色。
 青空を背景に十勝連峰が広がり丘の起伏を全体的に見渡すことができます。  今度お天気の時に絶対こようっ!


 帰る頃になってまぶしいほどの夕陽。茜色の空。明日は晴れ?

pm 7:00 旭川空港。今朝の豪雨が嘘のような、夕暮れ。思わず、もう一泊したくなってしまう。(^^ゞ
 旭川空港からの夕陽はわらっちゃうほどキレイでした。
 お天気の神様のいたずらっぽい微笑みが見えるようだ。
 2月に来たときも、暴風雪警報だったのに
 帰りはお天気だったしね。(ーー;)まったく

 でも 
 ぜんぜん平気だも〜ん負けないも〜んまたくるも〜ん。(笑)

 今回の旅は前半絶不調で旅の中止も考えたけど結果オーライ。
 北の大地の空気のおかげで体調も回復しました。あ〜 楽しかった。



 もう浮気はしません 美瑛と富良野だけにします。 
 と誓いを立てて(ちょっと自信ないケド)旭川を後にしました。
 この日旭川空港は20℃ 27℃の羽田に降り立ったとき、
 サウナにはいったかと思うくらいムンムンでした。(ーー;)  はぁ〜 また体調崩しそう。

◆ 旅の便利リンク 

■ 気になるお天気 北海道の週間予報 http://www.wni.co.jp/cww/docs/week/hokkaido.html
■ 気になるラベンダー情報 富良野観光協会 http://www.furano.ne.jp/kankou/lavender/lavender2.htm
■ 然別湖の風景 然別湖ネイチャーセンター http://www.netbeet.ne.jp/~nature/index.html
■ 大雪山国立公園 旭岳の映像 http://town.higashikawa.hokkaido.jp/jp/topage/camera2.html


* お店、宿、観光情報は「リンク」「ホテルリポート」へ
 

Copyright - © shin & say 2000 - 2006 All Rights Reserved
http://www.geocities.jp/shin_say/

<< close >>