国際航空運賃まとめ H18.4.01現在

国際航空運賃
------------
旅程上の地点名称:
- 全旅程(Journey):旅程全体
- 始発地(Origin):全旅程の最初の地点
- 終着地(Destination):全旅程の最終地点
- 経由地(Via Point):乗換地点(Transfer Point)
- 途中降機(Stopover):経由地で24時間以上滞在する
- 乗り継ぎ(No Stopover):24時間以内の乗り継ぎ地点

航空券(Passenger Ticket and Baggage Check)
- 旅客切符と手荷物切符のこと
- 航空券の様式:
磁気式のATB(Automated Ticket & Boarding Pass)主流
 搭乗用片(Flight Coupon):1冊で4区間まで発行
旅客用片(Passenger Receipt):旅客の控え
審査用片(Audit Coupon):運賃、諸条件の審査用片
Ticketed Points: 券名上に記載される都市(From/To)
Sector: 2都市の旅程区間
TAX(Charge, Fee): 発券時に徴収されるTAX類
SW=日本空港施設使用料、GB=英国旅客税、UB=英国旅客サービス税
FR=仏民間航空税、空港税、QX=仏旅客サービス税 etc.
XT=欄外記入の合計

運賃の種類:
普通運賃:Normal Fare 制限なし
制限付き普通運賃:途中降機なし、乗換制限あり
平日/週末運賃:安価な平日運賃(X)と、割増な週末運賃(W)
各種コード(運賃種別/予約クラス Reservation Booking Designator)
---------------------------------------
座席 Cabin Code 運賃種別Code RBD
普:First F,P F,P F,P
通:Business C,J C,J C,J
運:Economy Y Y Y
賃:Limited-Y Y Y2 Y
特別運賃: Y QFWZPEU1 etc. Q,M,K,V etc.
---------------------------------------

特別運賃:
- 学生割引:12才以上26才未満の学生
- 配偶者割引:夫婦同伴旅程
- ファーストクラス高齢者夫婦割引:60才以上でハワイ行き
- 修学旅行:中学高校生の修学旅行
- PEX FARE: 個人向け特別回遊運賃 航空会社別差異なし。
- ZONE PEX: 航空会社独自に自由に設定、条件付き
- IT(INCLUSIVE TOUR FARE): 包括旅行向けの安い運賃

大人運賃:12才以上(小学生でも12才になれば大人運賃)
小児運賃:2才以上12才未満 大人運賃の75%
幼児運賃:2才未満 座席使用しない場合 大人運賃の10%

運賃表の読み方:
Passenger Air Ta
riff: IATA発行の運賃表
公示運賃(Published Fare):タリフに掲載されている直行運賃
Specified Fare:公示運賃の中で一定額で掲載されている運賃
Constructed Fare:Add-on Fare等運賃計算規則に従って合算された運賃
直行ルート(Directed Route):都市間を結ぶ最短ルート
直行運賃(Directed Route Fare):直行ルートの適用される運賃
適用運賃(Applicable Fare):運賃計算規則に従って算出された運賃
国際線出発国通貨建て運賃(Local Currency Fare):原則出発国通貨で公示

IATAエリア:
IATA地区:TC1 -> 南北アメリカ、ハワイ
TC2 -> 欧州、中東、アフリカ
TC3 -> アジア、オセアニア
小地域(Sub-area):TCを更に分類
TC3 -> Japan/Korea, South Asia, South West Pacific, South East Asia
東半球地域(EH):TC2 + TC3
西半球地域(WH):TC1
米国大陸部(Continental USA):米国48州(除くハワイ)
北アメリカ:上記+ハワイ、カナダ、アラスカ、メキシコ、プエルトリコ、バージン諸島
スカンジナビア:ノルウェー、スウェーデン、デンマーク(除:グリーンランド)
地区内の表示方法:
2地区間の表記法:1->2->3->1 の順で2つの隣合う数字を表記
NRT(TC3)->SFO(TC1): TC31
KIX(TC3)->LHR(TC2): TC23
3地区間の表記法:上記と同様
NRT(TC3)->CDG(TC2)->JFK(TC1): TC123
NRT(TC3)->JFK(TC1)->CDG(TC2): TC213 <- *

Grobal Indicator(GI):
PA: TRANS PACIFIC (TC31)
AT: TRANS ATRANTIC (TC123) (TC12)
TS: TRANS SIBERIA (TC3)
AP: TRANS ATLANTIC PACIFIC (TC213)
RU: RUSSIAN FARE (TC23)
TS: TRANS SIBERIA (TC23)
FE: FAR EAST (TC23)

NUC, ROE:
NUC(Neutral Unit of Construction): 航空業界の世界共通単位 = USD
ROE(Rate of Exchange): 実際の通貨単位に換算するための換算率
NUC x ROE = 出発国通貨建て運賃 (JPY:100円未満の端数切上げ 34,598 -> 34,600)

運賃表と Add-on価格:
直行片道運賃(One-way Fare:OW): 細字の活字体
直行往復運賃(Round Trip Fare:RT): 太字の活字体
Add-on価格: 直行運賃が設定されていない都市は、代表的な都市(Gate Way)
から目的地までの加算用運賃(Add-on Fare)を、加算する。

運賃計算のルール:
基本用語:通し運賃(Through Fare), Fare Component(運賃構成区間),
運賃の結合(Combination of Fare), Fare Break Point(運賃分割地点)
中間地点(Intermediate Point): 途中降機地点、乗継地点のこと
折り返し地点(Turnaround Point): 往路復路分割地点
往復旅行:始発地点に戻る、往路と復路の連続する2つのFare Componentから
構成され、往路/復路で運賃が同額
周回旅行:往路/復路で運賃が異なる、又は、連続する3つ以上のFare Component
から構成される
Open Jaw: 始発地点、又は終着地点に Surface がある旅行
Single Open Jaw: 始発地点、又は終着地点側に Surface
Double Open Jaw: 往路の始点と復路の終点が違う、かつ、
往路の終点と復路の始点も違う。
NRT -> MEL, SYD -> KIX
周回/OpenJaw旅行の適用運賃:
HRT(Half Round Trip Fare:1/2直行往復運賃)か、OW運賃のどちらか適用する。
HRT適用:普通運賃OpenJawの場合(Surfaceの両端都市が同国で、往復とも国際線)
OW運賃適用:上記以外(Surface両端都市が、違う国)
Surfaceのある旅程:航空機を利用したものとみなして(Surface Sector)通し 運賃計算する or Surfaceを除外して空路区間のみ計算r> OJでみなし計算ができる例:折り返し地点側のみにSurfaceがある場合

通し運賃計算方法(Through Fare): 経由地があっても通しの直行運賃を適用
運賃の最低結合方式(Lowest Combination of Fare): 直行運賃が公示されて
いない2都市間は、中間地点で運賃を結合する。中間地点が
複数ある場合は、最も運賃が低額になるよう結合する。
又は、直行通し運賃を適用すると、規定の割増率(25%)を超
える場合、中間地点で運賃の結合を行う。
公示運賃優先の原則(One Way Subjourney Check: OSC):
最低結合運賃を適用する場合、どのような場合も始発から終着地までの公示
されている直行運賃を下回ってはならない。
A -800-> B -300-> C であっても、A->C直行公示運賃が1200ならそれを適応

マイレージシステム:飛行距離(mile)で運賃計算を行う。
- MPM(Maximum Permitted Mileage): 直行運賃が適用できる最大許容距離(120%)
- TPM(Ticketed Point Mileage): 区間距離 2都市間の最短運航距離
- STPM(Sum of TPMs): 各Fare Component のTPMの合計
- Excess Mileage Surcharge: STPM > MPM の場合の割増額
- 割増率:5%, 10%, 15%, 20%, 25% の5段階
EX) NRT-1822->HKG-712->MNL-1368->BKK-762->KUL (MPM:4005)
(STPM:4664)/(MPM:4005)=1.1645 -> 20%の割増率
- 例外規定:
1. Extra Mileage Allowance: 特定区間内のSTPM から一定Mile数を差引く
TPM Deduction Table -> Mileage Deduction: 800mile (Japan to USA via HNL)
2. Specified Routing: 割増が必要となる経路でも、直行運賃が適用できる
Japan to SEA via LAX/SFO: LAK or SFO経由でも直行運賃が適用できる

- HIPチェック(Higher Intermediate Point):
Fare Component内で最も高い運賃を見つける。(HIF: Higher Intermediate Fare)
Check Pointは全ての途中降機地点、復路についても出発地からの直行運賃比較
同クラスで複数運賃がある場合は、その地点までの条件に合う運賃を選択(Y2等)
EX) NRT-6206->CDG-492->DUB-905->MAD (MPM:8154, STPM:7603)
NRT/CDG:Y2(NUC3560), NRT/DUB:Y(NUC4410=HIF), NRT/MAD:Y(NUC4290)
EX) NRT-1822->HKG-1604->SIN|SIN-897->BKK-2868->NRT (MPM:3973, STPM3426/3765)
NRT/HKG:CX(NUC2170), NRT/SIN:CX(NUC3630), NRT/BKK:CX(NUC3370) HIPなし
EX) NRT-5699->VIE-793->ATH-1310->CDG|CDG-6206->NRT (MPM:7447, STPM:7802 M5)
NRT/VIE:CW(NUC9150), NRT/ATH:CW(NUC9660=HIF), NRT/CDG:CW(NUC9150)
(9660/2)x1.05 + 9150/2 = NUC9646.50* (要 CTMチェック 下記↓)
- CTMチェック(Circle Trip Minimum Fare):
上記周回旅行例のようにNUC9646.5は、NRT/ATH:CW(NUC9660) より安価な運賃に
なり不公平。よって、NUC9660まで運賃の引き上げを行う。(全てのS/O地点と比較)
注1:2種以上の運賃が設定(Y/Y2)の場合は、全てのCheck Pointで安価な運賃で
比較する。<-> HIP Check とは相違!!
注2:往路と復路で飛行経路GIが違う(TS/EH)場合は、運賃が安いGIで比較する。

- Surfaceを含む途中降機:
1.折返し地点までの中間にSurfaceがある: A -> B .... C -> D|D -> E -> A
2.折返し地点がSurfaceに含まれる場合: A -> B .... C|C ->A
HIP Check -> 1. 24h以上の滞在で BもCも HIPチェック必要 (24h以内は不要)
2. 必ず BもCも、HIPチェック必要
CTM Check -> 1. 24h以上の滞在で BもCも CTMチェック必要 (24h以内は不要)
2. 24h以上の滞在で BもCも CTMチェック必要 (24h以内は不要)
EX) NRT-6220->xLHR-288->DUB-771->CPH-634->CDG|
CDG-386->MIL..309..ROM-6147->NRT (MPM:7447, STPM:7913=M10/6842)
NRT/DUB:CW(NUC9390=HIF), NRT/CPH:CW(NUC9150), NRT/CDG:CW(NUC9150)
NRT/MIL:CX(NUC8750), NRT/ROM:CX(NUC8750)
往路:(9390/2)x1.1=NUC5164.50 復路:(8750/2)=NUC4375
CTM Check(All CX): NRT/DUB:NUC8990=CTM, NRT/CPH etc:8750
Total 5164.50+4375=9539.50 > 8990(CPT) よって NUC9539.50=JPY954,000

運賃計算欄の読み方:
ex1) 24OCT04 TYO JL x/LON BA DUB SK CPH AF PAR 10M TYODUB5164.50CWRT
AF MIL//ROM/ JL TYO M4375.00CXRT NUC9539.50END ROE105.000000
-往路:TYO-xLON-DUB-CPH-PAR
-10M: Mileage割増10%
-HIP: TYODUB (往路運賃:5164.50CWRT)
-Surface: // OpenJaw: /-
-復路:PAR-MIL//ROM-TYO
-M: Mileage割増なし
-復路運賃:4375.00CXRT
-最終適用運賃:NUC9539.50 (5164.50+4375.00)

ex2) 16JAN05 TYO NH VIE OS ATH AF PAR 5M TYOATH5071.50CWRT
AF TYO 4575.00CWRT P TYOATH13.50 NUC9660.00END ROE100.0000
- P TYOATH13.50: CTMチェックの結果、引上げ加算額がある +13.50

ex3) 14NOV04 TYO JL LAX 2705.00CWRT /-SFO UA E/KOA JL TYO M2505.00CXRT
NUC5210.00END ROE:100.0000
/-: LAXとSFOのOpen Jaw (通し運賃計算に含めない)
E/KOA: TPM Deduction (-800mile)

ex4) 24NOV04 TYO CX HKG UB RGN Q4.23 MH KUL 5M TYORGN2026.50CXRT
PR MNL PRTYO M1815.00CXRT P TYORGN18.50 NUC3864.23END ROE100.0000
Q4.23: HKG Security Charge
折返し地点:KUL, 5%, HIP:TYOGRN, P TYORGN: CTM 18.50:CTM加算額

ex5) 15DEC04 TYO JL IST TK ROM M TYOIST4720.00CXRT
AF PAR JL TYO M4375.00CXRT P TYOIST345.00 NUC9440.00END ROE100.0000
-> HIP:M TYOIST4720.00 CTM:P TYOIST345.00

特別運賃:IT/PEX/Zone-PEX/配偶者割引
名称・運賃種別:YLWPX3M/CH25/LAX
 Y:予約クラス L:Seasonality W:Weekend 3M:有効期間 CH25:Child Fare
旅行形態:OpenJawの場合、特別運賃の往復運賃の半額(HRT)を計算する
Seasonality: 日本出国の国際線出発日を基準
予約発券:1ヶ月前(4/15->3/15までに発券, 7/31->6/30)
21日前(11/16-> 11/16+31=10/47 10/47-21=10/26)
旅行必要日数:2日発・開始(出発の翌日を1日目: 8/16 -> 8/18 0時以降復路)
(14日発:8/1 -> 8/15以降、1ヶ月発:9/30->10/31以降)
有効期間:有効期間満了日の24時までに帰路の旅行を開始
(1年:2004/7/1->2005/7/1)
結合運賃:特別アドオン運賃等、結合できる運賃
小幼児運賃:小児運賃:大人運賃の75%、幼児運賃:10%(座席を要しない)
同時旅行:修学旅行運賃など団体運賃が原則だが、区間で個別旅行が可能な場合
途中降機:Fare Componentの両端は除く。Surfaceがある場合、24時間を越える
場合は、途中降機とみなす。但し、Fare Break Pointを含む折返し
地点になる場合は、みなさない。
途中降機料金:1回当たりの降機料金に回数を乗じる(-> 3S300 NUC:100x3)
同伴する小児(幼児)料金は、総額x0.75(x0.1)
乗り換え:国際線同士の乗り換え、日本国内での乗り換え等
24時間を越えても、乗り換えとして扱われる。

特別運賃のHIP/CTMチェック
HIPチェック
1. 通常のCheck:[始点-中間地点] & [中間地点-終点] の途中降機地点
       (但し、中間地点-中間地点のCheckは不要)

HIPあり-> HIP区間の[特別運賃]と、始点-終点の[特別運賃]を比較
2. 特別規定においてのチェック
通常のHIP/CTMチェック -> 出発点から全ての途中降機点でHIP/CTMチェック

CTMチェック(周回旅行の場合のみ)
1. 通常のCheck:[始発地点-途中降機地点]&[始発地点-折返し地点]の往復直行運賃
(*途中降機地点でHIPがない場合は、CTM不要)
Checkする運賃は、特別運賃と同じClassの普通運賃(Y,Y2 etc)
-----------------------------------------------


HOMEへ