中堂の考え Concept

 

 
 Home
 
 
 GALLERY

 

 

中堂日記 WEBLOG

 

 実例: 2007年7月16日にお引渡した作品に添えたお手紙です

 

 

 私の器を手にする方へ

 

  器のタイトル: 無二 

 

 私が器を作る上で考えている事は存在感のある器を作る

  事です。 

 たとえ目を閉じていても、手触りで私が作った作品である

  とわかる器を目指しています。

  器の形や色、また切り込みや出っ張り凹みが「これこそが

  中堂が作った器である」と主張するかのような器です。

  その意味を込めてタイトルは  “無二” としました、2つと同

  じものは無いとの意味です。

  この器を手にされた方が器の切り込みや出っ張り、凹み

  などを感じて器の存在感を楽しんでいただければ幸いです。

 

  2007年7月16日     中堂