各地の紫金草ニュース

 

 

日うた全国交流会に5紫金草合唱団出場

11月23日〜25日 広島

 

宮城紫金草合唱団

金沢紫金草合唱団

関西紫金草合唱団

奈良紫金草合唱団

エガンス(広島)

 

 

 全国紫金草合唱団名古屋公演予定

2013年1月5日 名古屋市女性会館ホール

名古屋南京友好都市35周年記念音学会

 

 

 

 

 南京事件75周年記念追悼式参加

合唱団・訪中団募集

2012.1211(火)〜14(金)  中国・南京 

 

 

 

 立命館大学国際平和ミュージアム公演

2012.4.28  京都・立命館大学 

全国紫金草合唱団 演奏73名 25分間の短縮版 

 国際シンポジウム「人間科学と平和教育」の中で、中国・米国の研究者などの集う約50名の観客の前で演奏し、大門先生からプロジェクタによる紫金草運動のレポートがありました。報告者から、「感激した」など多数高い評価をいただきました。米国のArmand Volkas氏は戦争による廃墟と紫金草の花の対比による美学を語られました。

 この国際シンポジウムは、「日中の戦後世代を対象にした新たな東アジア型歴史・平和教育プログラム開発」というテーマで、文科省の科学研究費の助成を受けて開催されたものです。紫金草物語が平和教育の研究対象のなっていることに、この曲の意義の深さや、戦後世代への一層の普及の必要性が感じられます。

 今回の公演は紫金草合唱団のまだない京都で初めての公演でした。

 

全国紫金草合唱団「紫金草物語」

 

大門先生プロジェクタでのコメント

紫金草の花の陰での演奏

     小田先生の紫金草札幌公演報告

 

   

 

オーケストラで歌う 2つの平和の讃歌

カンタータ「この灯を永遠に」

合唱朗読構成「紫金草物語」

2012.4.8 王子北とぴあ さくらホール

指揮者の安藤由布樹さんの深く関わられる、2つの平和の曲を扱ったコンサートが行われ、全国紫金草合唱団は108人が「この灯を永遠に」合唱団は226人が出演し、成功裏に終わりました。
 北海道からも1人参加があり、北海道公演の流れができてきました。

「紫金草物語」リハーサル

「この灯を永遠に」本番 


 

  紫金草合唱団が初めて北海道で

「紫金草物語」札幌2つの公演大成功裏に終わる

2012・1・18

1、北海道大学授業内コンサート

北海道大学文学部文化人類学
 小田博志
教授担当の90分受講生約100人の授業での公演

「人類の約20万年永い歩みの中に「平和」を位置づけること」[平和を「他者」との友好な関係をつくっていく積極的な実践として捉え」「そこで活用される資源に焦点を当て(平和資源)、その担い手として地域住民や一般市民も含める」平和観 を目標に授業が行われていました。

 この授業。若い鋭い感性で聞いてくれ、後でたくさんの質問が出ました。後日感想文が送られて来たとき追掲載します。

 

   

      演奏前挨拶       演奏後学生と交流

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

参考:文化人類学の授業の目標 Course Objectives)小田先生の大学講義資料より
   「平和」について考えるとき、この授業では
2つのアプローチをとります。
1)巨視的なアプローチ:人類(ヒト)が約20万年前にアフリカに発生し、地球上に広がっていく永い歩みの中に「平和」を位置づけること
2)現場へのアプローチ:人びとが実際に活動している「平和の現場」に焦点を当てること。また「平和」に関して、新しい捉え方を提起します。それは、平和を「他者」との友好な関係をつくっていく積極的な実践として捉え(ポジティブ・ピース、関係としての平和、実践としての平和)、そこで活用される資源に焦点を当て(平和資源)、その担い手として地域住民や一般市民も含める(インフォーマルな平和)という平和観です。

2、市民のための演奏と交流会

  クリスチャンセンター

 主催:紫金草物語」札幌公演実行委員会

  出演:全国紫金草合唱団・北海道合唱団・ウタンネ合唱団

    200人の会場は若い保育士さんらで満席となりました。中国人留学生や撫順戦犯管理所から帰還された数少ない幸存者も一人来場され、感激の意見ゐ述べられました。

写真

全国紫金草合唱団  

北海道合唱団

 

 北海道にはまだ紫金草合唱団;はありませんが、これまで「むらさき花だいこん」が朗読されたり、学芸会で上演や北海道全道教研集会ではウタンネ合唱団を中心に先生方の「紫金草物語」の演奏などその芽がありました。これらはすべて作者大門先生の地道な運動の結果です。  また北海道大学での公演は、「撫順の奇跡を受け継ぐ会」との関係で北海道大学の小田博志准教授と大門先生の話合いの中で、学生対象の演奏の依頼がありました。そしてそれらをまとめる実行委員会ができ2箇所での公演が実現しました。これを契機にして北海道での「紫金草合唱団」の誕生が期待されます。

 

 

日本のうたごえ祭典(11・18〜20)

in千葉へ

     全国の次の紫金草合唱団などが合唱発表会に出場します
          (金沢紫金草合唱団は推薦されたが都合で不出場)

みやぎ紫金草合唱団(職場)
関西紫金草合唱団(
A)
合唱団エガンス(A)
千葉から愛と平和を!合唱団(B)



 

 

紫金草運動発祥の地茨城で

日中平和の紫金草花園完成記念

「愛と平和の音楽会」

成功裏に終わる

2011・8・27 小美玉市四季文化館「みのーれ」 

第一部 孫 曼さんアコーデオン独奏

ハンガリヤ舞曲、ドナウのさざ波、この道など6曲、日中友好のきれいな音色が響きました。

第二部 紫金草物語全曲

      指揮 安藤由布樹  ピアノ 朝原 望  二胡 馬 高彦
  出演  東京紫金草合唱団  府中紫金草合唱団   
    金沢紫金草合唱団 関西紫金草合唱団 など47人  
 

 山口さんの地元のお客さんが多く観客は350人。アンケートは『近所のどこにでも見るこの花にこんなに深い背景があったことを恥ずかしながら初めて知りました。感激して、涙しました』『戦争は二度としてはいけないとあらためて感じました』『これからもこの歌を広めていってほしい』など沢山集まりました。

 

 

 

 



  

関西紫金草合唱団2ndコンサート

成功裏に

守口市エナジーホール 7月3日  

    
  関西紫金草合唱団は昨年の昴との合同による十周年コンサートに続いて、初めて独自のコンサートを取り組み、総勢65名の舞台で、客席は450の会場ほぼ満席、演奏も、与謝野晶子の「君死に給ふことなかれ」、二胡・揚琴などでのジクールアンサンブル伴奏による紫金草物語、男声女声ソロをはじめとし、どれも好評で大成功しました。

第1部 関西紫金草合唱団

第3部 紫金草物語全曲演奏、奈良・金沢紫金草合唱団友情出演

 




  

奈良紫金草合唱団 2ndコンサートご案内

 

 

 



  

東京紫金草合唱団 十周年コンサート大成功

 

  10周年コンサートの成功おめでとうございます。全国の紫金草合唱団から65人が応援に駆け付け、100人の大舞台となりました。客席は超満員で、今回が紫金草指揮のデビューとなった安藤先生の柔らかい新しい指揮のもと、舞台と客席が一つになって盛り上がり、会場出口では「よかったよ」の声がたくさん聴かれました。

日中関係の懸念されているときだからこそ、私たちが今この歌をうたう意味は大きいといえるでしょう。3月の訪中公演は上海在住の日本人音楽家27人によるオーケストラ伴奏の準備が進んでいます。東京紫金草合唱団は7次訪中公演の企画担当でも奮闘中。

 

第1部 100人以上の全国紫金草合唱団で「紫金草物語」を力強く歌う

 

第2部 日本フィルハーモニー交響楽団のカルテットと:心に染み入る弦の調べと
ともに「原爆を許すまじ」「長崎の鐘」「おりづる」を歌う

第3部  ×→第2部 楽しい演技をつけてナツメロや団の歌を元気に歌う

第3部 超満員の観客に挨拶をする団長。舞台そでから

  

 



  

東京紫金草合唱団 十周年コンサート

 

 



  5紫金草合唱団 日うたin長崎 に参加

 10月15日〜17日の日うた祭典に、今年は全国から5つの紫金草合唱団が合唱発表会に出場します。大音楽会のグレートジャーニーには東京紫金草、エガンスなどのメンバーが、まだ大音楽会NPTニューヨーク行動代表団のプログラムには関西紫金草・金沢紫金草からの参加者が出場します。

 

 全国の紫金草関連合唱団 日うた出場状況

地域

  合唱団        (出場の部)

関係合唱団 

人数

開催日

広島

エガンス         (一般B)

 

20

10月15日

 

広島合唱団      (一般B)

エガンス

 

15日

東京

東京紫金草合唱団 (一般B)

 

27

15日

 

再生の大地合唱団  (オリジナル)

東京紫金草合唱団

 

16日

大阪

関西紫金草合唱団  (一般B)

 

20

15日

 

 無言館をうたう合唱団                (オリジナル)

奈良紫金草、関西紫金草、昴

 

16日

奈良

奈良紫金草合唱団  (一般B)

 

20

15日

宮城

 宮城紫金草合唱団     (職場)

 

20

 

金沢紫金草合唱団から 8人が参加

 

 

 

合唱団エガンス

第7回エガンスコンサート

紫金草物語

広島で初演

広島県民文化会館  2010年6月12日

 

  第7回エガンスコンサートが開催され、エガンスの声の優しさ、温かさがあふれていました。村中さん追悼の曲は、味わい深く、平和を願う広島の心をじっくり書かせてくれました。第4部の紫金草物語の演奏は、広島では初演で、エガンスのほか広島合唱団や市内のいくつかの合唱団。サークルからも特別団員としてこの曲に賛同して練習に参加され、公演にこぎつけられました。全国の紫金草合唱団の応援もあって100名を超える舞台となり、「感動した」「是非歌い続けてほしい」などの感想が寄せられ、大成功に終わりました。

  これで紫金草物語を歌う合唱団が日本に1つ増えたことになります。

 

 

合唱団エガンス紫金草物語を

広島で初演します

第7回エガンスコンサート2010年6月12日

 

  原爆の地広島では、まだ紫金草物語は歌われていませんでしたが10年目にして実現します。日本の平和運動の原点である広島で、これが初演される事は実に意義深いことです。広島合唱団を始め、市内の数カ所の合唱団からも2人3人と参加され広島で60人という広がりに加え、全国の紫金草合唱団からの45人の応援で大きな舞台が期待されています。

 

関西紫金草合唱団10周年コンサート成功

男声合唱団「昴」・関西紫金草合唱団10周年コンサート 4月25日 NHK大阪ホール

  関西紫金草合唱団は4月25日NHKホール大阪で男声合唱団「昴」と合同で10周年コンサートを行い、全国から6紫金草合唱団79人の友情出演をえて120名の平和を訴える感動的な舞台となりました。色々な味を持つ「昴」の演奏、画学生の絵を音楽にした130名の「無言館」の演奏などと合わせ、平和と希望を訴える観客1400人の大音楽会となりました。
  両合唱団の創立にかかわった藤後博巳さんは打ち上げの席で「10年前、数名で始めた紫金草合唱団がこのように今NHKの舞台で10周年をやるなどとは、夢にも考えらえれなかったことで感無量です。ずっと見守りご協力頂いた皆さんに深く感謝したい」と感想をのべました。

紫金草合唱団

(全国の紫金草合唱団の応援)

 

男声合唱団「昴」

無言館の舞台

 

 日本紫金草合唱団第7次訪中公演決まる

 2011年3月に南京理工大学その他で公演の予定で今東京紫金草合唱団が中心になって準備が進められており、8月に詳細が決まる見通しです。指揮者は関西紫金草の本並さんから東京紫金草の安藤さんに代わります。

 南京理工大学とは5年間の文化交流の協定が日本紫金草合唱団との間で2007年に結ばれましたが、来年で5年目になります。

   交流の記録

07年11月24日(日本)南京理工大学生ドラゴンダンスチームを招請15人              日うた祭典in奈良で「龍踊」公演 

08年7月12日(南京)日本のうたごえ合唱団 南京理工大学公演 100人

09年4月18日(南京) 男声合唱団「昴」南京理工大学公演 50人

10年3月26日(南京) 山口裕氏 南京表敬訪問・朱成山氏らと対談   

11年3月25日(南京) 日本紫金草合唱団第7次訪中公演

 

   府中紫金草合唱団

  平和を希うコンサートで「紫金草物語」を演奏

          2010年2月14日     府中市のけやきホール

 府中紫金草合唱団は2月14日に府中市のけやきホール満員で開催された、「第3回府中平和を希うコンサート」で東京紫金草合唱団の応援をえて「紫金草物語」を演奏しました。障害をかかえて生きる者は平和でなければ生きられません。「平和を希うコンサート」は音楽を通じて障害がある者ない者の支えあう仲間の輪が広がることを願って開催され、今年3回目になります。

 

 

 

 

宮城紫金草合唱団第3回コンサート大成功

09年12月12日 仙台市若林区文化センターホール

   おかげさまで700席を満席にしたお客様の前で演奏することができました。今回は団内宣伝部が頑張ってくれてチラシ1万枚を撒き、NHKや東北放送、ミヤギテレビなどへの出演,毎日新聞が大きく取り上げてくれたことなどが功を奏うしたかもしれません。(記:岡村さん)

   去る12月12日に開催しました当団のコンサートに対して皆様から沢山のご協力を頂き、厚く御礼申し上げます。おかげさまで当日は満席のお客様をお迎えすることができ、団員一同張り切って演奏することが出来ました。
第1部       「紫金草物語」は二胡の岩淵時和氏と朗読の田村文子氏に支えられ鎮魂と平和への想いを歌い上げることが出来ました。

第2部               

ゲストの「荒川知子とフアミリーアンサンブル」では多くの方から「天使のような妖精のような姿と 演奏、そして支えるご両親の暖かい眼差しと演奏に心が洗われた」との感想をいただきました。

第3部      

初めてコントに挑戦し、「UDAUBE」と共に共感の笑いを頂くことができました。ヨーロッパのうたメドレーも共に口ずさんでいただけたようです。

    最後の団員作詞による初オリジナル「明日の自分を信じて」ではご来場の皆様と共感しあい、共に涙しながらの演奏になりました。コンサート成功のためにお力添え下さった皆様に心から感謝いたします。

仙台合唱団」
   コメント

おめでとう 紫金草さん今日の演奏会、よかったですねぇ。とにかくプログラム構成がお見事でした。団員の皆さんが何を伝えたいのかがしっかり伝わってきました」    

左は第3部の写真提供仙台合唱団

 

        関西紫金草合唱団創立10周年コンサート

                団員・演奏協力募集中

 関西紫金草合唱団は2010年創立10周年を迎えます。同じ歴史を歩んできた男声合唱団「昴」と合同で、4月25日10周年コンサートを、NHK大阪ホールで行います。団員を50人にし、関連合唱団や全国の紫金草合唱団などの協力をえて、120人〜150人で平和のうた「紫金草物語」全曲を歌います。昴の明るい曲、組曲「無言館」とともに構成し、平和の大音楽会にしたいと奮闘中です。今団員・演奏協力募集中です。

 

 

   

  紫金草への思いをこめて色紙に

           

関西紫金草合唱団の枚方9条の会での公演をきっかけに書いていただいたもの
レッスン場に掛けてあります。

      

         

           絵の作者 西浦悠子さん

 

  西浦悠子さんは大阪の新婦人の会本部で永年 働いて来られ、今は「枚方九条の会」の呼びかけ人代表など。

  絵画が趣味で大阪市内に10ヶ所を超える絵画サークルを主宰されており、昨年の「関西紫金草合唱団」の「枚方九条の会公演」で紫金草の花と運動に感動され「ぜひこれを絵に描かせてほしい」と申し出があり、このような絵と文字を大きな色紙に描いて下さいました。

  当分の間「ねむかホール」に掛けさせていただくことになりました。ご理解のほどよろしくお願いします。

            08年12月

                関西紫金草合唱団

  

 

奈良紫金草合唱団

ファーストコンサート(結成5周年)

奈良斑鳩ホール  08.6.22(日)

 

  奈良紫金草合唱団は結成5周年を迎え、初めてのコンサートをいかるがホールで行いました。昨年12月、日うた祭典をならで成功させた経験を生かし、組織面では入場券を会場のキャパ分の750席を完売し、出場者も600人が入り、第3部紫金草物語(全曲では)団員32人特別団員14人のほか東京・金沢・大阪など全国からの応援で総勢80人の迫力ある感動的舞台となりました。

  感想文では 「男性ソロの力いっぱいの訴えに身が震えました。自分の庭にもこの花があるのに、こんな物語があったとは・・。来年咲き誇ることを想い、世界平和を祈りたい」 「久しぶりに聞いても、やっぱり心をふるわす歌です。元気をもらえる歌です。今大事な歌だと思います。いいコンサートでした」 「本当に感動し、涙、涙でした。私もこれから歌の仲間に入れていただきます」  ある団員は「いつも家を空けるので良く思っていなかった家族が聞きにきてくれ、『なかなか、ええことしてるやないか』と理解を示してくれました」など、演奏についての高い評価が、花を広げ歌をひろげ、平和を拡げる気持ちにつながってくる素晴らしい演奏会でした。

 

第1部            地域のサークルと合同

 

        奈良紫金草合唱団演奏

 感想文より「『みんなの願い』や『願い』など心の琴線にふれる歌があり、また懐かしい童謡もあり、よかったです」 「親しみのある曲が多く、よい選曲でした」

 

第2部              ジクールアンサンブル

 モンゴルの笛、中国の二胡・洋琴など東アジアのやさしい音楽が観客の心をひきつけました。

第3部 紫金草物語 全曲演奏の80人の舞台は聴衆を魅了しました。

  

 

 

 

金沢紫金草合唱団

結成8周年記念コンサート

石川県庁展望ロビーホール  08.5.18(日)

 

  金沢紫金草合唱団は結成8周年を迎え、130人の観客、50人の出舞台演者で花を咲かせました。「初めて聞いたが途中から涙が出て止まらなかった。とてもいい曲なのでCDはないですか」という70歳くらいのご婦人がおられました。(紫金草ニュースin金沢より)

 

 

 

    関西紫金草合唱団

大阪・守口9条の会公演

  紫金草物語全曲を演奏

  08.5.17(土)

       大阪・守口市教育文化会館ホール 

  関西紫金草合唱団は奈良紫金草からの協力を得ながら狭いホールで35人が演奏、約100人の観客に感動していただくことが出来ました。そのあと講演が行われました。

 

 

 

 

奈良紫金草合唱団より出演協力のお願い

公演日  08.6.22(日)

場所:奈良県いかるがホール 

  奈良紫金草合唱団では結成5周年を迎え、日本うたごえ祭典を成功させた勢いで700人収容の音響抜群の「いかるが大ホール」を借りて「ファーストコンサート」を100人の舞台で実現しようと張り切っています。そのために、全国の紫金草合唱団からの出演協力を求めています。

  参加できる方は下記にパート、氏名をご連絡下さい。
           馬場宏  T E L: 0745-76-6208 
                     Email : box@ams.odn.ne.jp

 


         いかるがホールと周辺案内地図

奈良県生駒郡斑鳩町興留10丁目6番43号

0745−75−7743・7744

アクセス
 JR関西本線(大和路線)「法隆寺」駅(天王寺より快速23分)南口より徒歩約9分

 

金沢紫金草合唱団

「県退職女性教職員の会」で全曲演奏  08.2.12

  金沢紫金草合唱団は2月12日(水曜)午前10:00より、石川県教育会館「石川県退職女性教職員の会」の集いがあり、「紫金草物語」全曲を演奏しました。指揮:黒川由美子、ピアノ:坂本麻美、二胡:李彩霞。ナレーション付で、出演者数、S13、A10、T3、B3で合計29人、 観客は退職女教師を中心に、約30名くらいでした。

  演奏後、団員の大森和子さんが「忘れられないこと、忘れてならないこと」という テーマで講演をしました。

  東さんの努力で、会場には咲き始めた紫金草が飾られ、とても印象的でした。  やはりこの曲は特別の意味を持つ とても感動的な演奏会となりました 。( 中村記)

 *この主催団体には地域ブロックや全国組織もあり、その会の歌があり、その歌詞に「平和の花むらさきはなだいこん」が詠われています。

 

 

日うた祭典in奈良   

 

                 大音楽会     1 1月24日

  07日本うたごえ祭典2日目に奈良市立体育館で大音楽会が行われ、紫金草の舞台では、奈良・関西紫金草合唱団が中心になって南京理工大学から招聘した学生のドラゴンダンスチームの竜の踊り、南京市外事弁公室の孫曼さんの挨拶、200人の全国紫金草合唱団の「むらさき色のアユイエラン」演奏で、日中の友好と平和の願いを歌い交わしました。

 

        「むらさき色のアユイエラン」をうたう全国紫金草合唱団

 

 

 

  見ごたえのある南京理工大学学生による「竜の踊り」は祭典を盛り上げました。

 

 

 

  

 

  紫金草合唱団と南京市の仲立ちをいつもしていただいる南京市外事弁公室友好協会の孫曼さんから流暢な日本語で、紫金草の運動を全般にわたって中国との友好と平和にとって高い評価をしながら紹介してくださいました。「公演を聞いた観客の感想は、次のようなものが主でした。たとえば、『日本には良心のある人も大勢いて、歴史を認めないのは、ごく一部の人だ』ということがよく分かった。そして、『日本にも、平和を願って歴史を反省している、そしてより多くの人に歴史の教訓を伝えるために頑張っている方が大勢いるという事実を、多くの中国人に知ってもらったのです。そして竜の踊りでやってきた学生たち何より期待しているのは、将来を担う若い青年たちが、今回の訪問を通じて、日本を理解し、日本の皆さんと友情を深めて、社会人になってからも日中関係に貢献できるようになることです。」

           (孫曼さん挨拶全文はココ

 

   

 

 

 

  憧れの日本に来て感無量の学生たちは25日大阪城見学後、大阪での打ち上げ会に参加親交を深めました。続いて京都・奈良などを見学後東京に行き、「みらい座いけぶくろ」で、竜の踊りを公演すします。

       

 

 

日うた祭典in奈良1 1月23日〜25日   

合唱発表会

 次の全国からの紫金草合唱団の出場       

 

    宮城紫金草合唱団       奈良紫金草合唱                      プリマベラ              千葉から愛と平和を!合唱団

大音楽会

紫金草運動がつくる中国との文化交流のステージ

 

    南京理工大学学生による「竜の踊り」 。孫曼さんのお話、全国の紫金草合唱団員他による「むらさき色のアユイエラン」の演奏などがあります。この曲は、「竜の踊り」で中国との交流が奈良祭典で始まったことを祝って作られました。150人が舞台に上がる予定

       

 

南京電視台 日本で紫金草取材 9/30

   

   南京テレビ局は今年12月13日に迎える旧日本軍の侵略70周年を記念した「日中関係と日中友好の歴史」をまとめた放送番組制作を企画し、そのために4名の中国からのスタッフと江蘇省海外日本事務所の駐在員2名で日本各地を2週間をほどの日程で取材に回っています。一行は東京紫金草合唱団の「紫金草物語」の練習風景・茨城県石岡での「種を持ち帰った誠太郎さんの息子の山口裕さんのインタビュー・名古屋での取材などを終えて9月30日夕方に関西紫金草合唱団の練習場である大阪ねむかホールに到着しました。

   

  関西紫金草合唱団の団長・指揮者、紫金草ネットワーク代表が応対しました。インタビューでは、ずっと日本紫金草合唱団の指揮者を勤めてきた本並さんは紫金草物語との出会い、現在の日本・アジアの情勢の中でのこの歌の持つ大きな役割、そしてこの曲を生涯演奏し続けたいという熱い思い、を語りました。またネットワーク代表の藤後さんは次のような話をしました。16歳にして中国での満州開拓青年義勇隊員となり、日本で日本の戦争をアジア開放のための聖戦と教えられ、神の国日本は世界で一番強く、絶対負けることはないと信じる軍国少年として育っていましたが、中国での体験の中で日本の戦争が実は醜い侵略戦争であることを学びました。中国人民解放軍のなかで多勢がマラリヤの病気に罹ったとき、自分の危険を顧みず、残っていた薬を回してくれた、解放軍幹部(この人は後でマラリヤで死亡)の人間愛にふれたときから、中国軍が真の解放軍であることを感じ深い信頼を持つようになりました。帰国後も3年間中国で基礎を覚えた中国語を深め生かして、日中友好のために働くことが私の生きがいであり責務であると考えています。紫金草運動はそのひとつの手段です。日本では改憲の動きや南京大虐殺をなかったとする閣僚発言があったりする今、特に今重要だと考えています。と

 大阪での南京電視台の取材風景

 

  高い見地から晴れた空のような笑顔で話す藤後さんの話しに中国人インタビュアーも通訳も我々も感激し、会場は暖かく和やかな空気につつまれました。収録後行きつけの中華料理店興隆園では紹興酒をつぎ交わし、いろんな話題で盛り上がりました。スタッフの皆さんとも日本の感想を聞いたり、中国語のうたを何曲もいっしょに歌ったりして打ち解けあい、期せずしてこの日は中国の国慶節(建国記念日)の前日にあたり、これを祝ってのささやかな日中交流の場となりました。今回のテレビ番組はDVDにして12月の南京で全員にいただけるかもしれません。乞期待。 (衣川記)

   

明日は国慶節

腕を組み合っての乾杯

撮影スタッフ

  

 

  関西・奈良 紫金草合唱団

  大阪西区平和展で公演 9月23日(日) 

 関西紫金草合唱団、奈良紫金草合唱団は9月23日(大阪市)西区区民センターで行われた「第25回西区平和展」で約50人を前に「紫金草物語」を全曲演奏しました。関西紫金草合唱団・奈良紫金草合唱団では引き続き10/27に大阪府下での公演を予定しています。

                                

 

  関西・奈良 紫金草合唱団

  豊中九条の会で公演 9月8日(土) 

 関西紫金草合唱団、奈良紫金草合唱団は9月8日(大阪府)豊中九条の会の「憲法をなかせるな!澤地久枝講演会」が豊中市民会館で開かれ、実に1500人の満席の会場で「紫金草物語」を演奏(20分の短縮)しました。関西紫金草合唱団・奈良紫金草合唱団では引き続き9/23,10/27に大阪府下での公演を予定しています。

                

                

 

府中紫金草合唱団ヴィオレッテ・東京紫金草

合唱団演奏、大門高子さん語りの予定

 

  関西・奈良 紫金草合唱団

枚方九条の会で公演 8月4日(土) 

 関西紫金草合唱団、奈良紫金草合唱団は8月4日枚方九条の会の「講演と文化の夕べ」が枚方市民会館で開かれ、約800人の観客を前に「紫金草物語」の全曲を演奏しました。出口で約350袋の紫金草の種を団員が参加者に手渡しよろこばれました。また約100株の紫金草の苗は講演の終わる前になくなってしまうほど好評でした。関西紫金草合唱団・奈良紫金草合唱団では引き続き9/8、9/23に大阪府下の「9条の会」などでの公演を予定しています。

   

 

 

                           むらさき花だいこん」

パネルと朗読

 語り手の会「府中ヴィオレッテ」では、4月に調布第5中学のH先生の授業にゲストティーチャーとして大門高子さんが呼ばれ、命の大切さを話し、ブラックライトパネル「むらさき花だいこん」を演じました。紫金草の花は、平和の語り手です。紫金草物語は現代の民話です。語り手の会のニュースに書いています。

 

金沢紫金草合唱団 5月20日(日)

    5・20ピースコンサートin能美(能美9条の会と金沢紫金草合唱団の合同企画)                                                 

 金沢紫金草合唱団は5月20日、能美9条の会との合同企画による5・20ピースコンサートin能美に出演し、「紫金草物語」全曲を演奏し、「戦争をもう二度と繰り返してはいけない」「花を育てるように平和も育てるもの」と訴えました。観客から感動したという感想が多数寄せられました。(出演45人、観客約250人)

 また、実行委員長で、能美9条の会代表委員、寺井病院の院長さんの渡辺先生には、翌月曜日に来院された患者さんから、「よかった、よかった!コンサートよかった!先生次はいつですか?」と口々に話があったそうです。

:

 

 

  関西紫金草合唱団 2月11日(日)

 関西紫金草合唱団は2月11日、約40名で大阪・「枚方なんぶ9条の会」の文化行事「非戦のつどい」で約60人の前で紫金草物語全曲演奏を行い、戦争に反対、憲法を守れの運動を励ましました。今回は奈良紫金草合唱団の15名の応援を得ました。つどい参加者から以下のような感想を頂きました。

 
 ・感動のひとこと!!非常に良かったです 南京大虐殺を想像しながら心を込めて聞かせていただきました。
 ・とても素敵な歌声でした 大曲を丁寧に歌われていて感動しました 紫金草合唱団の存在や活動をはじめて知りましたがとても意味のある活動でステキですね 
 
1