死の四重奏 「メタボリックシンドローム」




■怖い動脈硬化


  近年、先進国で心臓や脳の血管性疾患増加が問題になっています。
  

  心臓や脳の血管性疾患は、虚血性心疾患とよばれる「狭心症」や
  「心筋梗塞」、そして「脳出血」、「脳梗塞」は「癌」と並んで死亡
  原因の上位を占めています。


      


  そして、狭心症や心筋梗塞、脳出血、脳梗塞 増加の原因には
  「動脈硬化」が深く関与しているのです。




 
■メタボリックシンドローム


  動脈硬化の原因には、いくつもの危険因子が関わっています。


  中でも内臓脂肪の蓄積は、動脈硬化を起こす基盤として重要な
  ことがわかってきています。


  内臓脂肪の蓄積をベースとして、そこに危険因子が加わり動脈硬化
  を起こしやすい状態を「メタボリックシンドローム」と名付け、これを
  一つの疾患として、診断の基準が設けられました。(2005’4月)





■メタボリックシンドロームの診断基準


  「メタボリックシンドローム」は、まず「腹部肥満」があることが
  条件になります。


  ウエスト周囲径が、男性で85cm以上女性では90cm以上
  これは内臓脂肪面積が100平方cmに相当します。


  それに加え、次の項目の内2つ以上当てはまる方がメタボリック
  シンドローム患者になってしまいます。
 


  1.血液中の中性脂肪150以上、善玉コレステロール40以下
  2.高血圧 最高130mmHg以上 、最低85mmHg以上
  3.血糖値(空腹時)110以上


  あなたは、当てはまっていませんか?





■内臓脂肪


  内臓型の脂肪は、さまざまな機能をもったタンパク質を分泌します。
  その中には血栓をつくりやすくする物質も含まれます。


  また、動脈硬化をおこしにくくするアディポネクチンという物質が
  ありますが、内臓脂肪の蓄積によって、このアディポネクチンが
  少なくなってしまうこともわかってきました。


  他にも内臓脂肪は皮下脂肪と比べて糖尿病や高脂血症の原因に
  なりやすいこともわかっています。


  糖尿病高脂血症は、動脈硬化の予備軍ですから、狭心症や
  心筋梗塞などの虚血性心疾患、そして脳梗塞などになりやすく
  なってしまうわけです。





■メタボリックシンドロームと診断されたら・・・


  動脈硬化を進行させないために、まず内臓脂肪を減らすことが
  大切です。


  内臓脂肪を減らすことは、内臓脂肪の動脈硬化作用をくいとめる
  と同時に、糖尿病や高血圧、高脂血症などの動脈硬化のリスクフ
  ァクターを取り除くことにもつながります。
 

  内臓脂肪を減らすには、なんといっても「食事」と「運動」!
  そして、時々ウエスト周囲径も測ってみましょう。


  また、血糖値コレステロールも定期的に調べることが必要です。




 
 


 



   



 



 



 



 



  



  夢展望



  低分子ヒアルロン酸ECM・Eの含有量が断然違う、だから効果が・・・!飲む低分子ヒアルロン酸スーパーオンディーヌ120MG【飲む低分子ヒアルロン酸なら、スタイル・ラボ】


Copyrigrt 2005 A-Life Japan,Limited.All right reserved.