TOP 


 雑  記

 2月3日は節分です。これが過ぎればもうすぐ春です。かといっても、新潟はまだまだ寒さは続きますが、今回は節分の豆まきや、節分とはなんぞやと思い調べてみました。

 節 分

 節分というのは立春・立夏・立秋・立冬の前日のことをいうののだそうで春だけの物ではないのです、特に立春が1年の初めという事ですから春の節分が最も重視されており、一般的にには「節分」といえば春の節分を指すものとなってしまいました。
 これは立春を新年と考えれば大晦日に相当する訳で、そのため前年の邪気を全て祓ってしまうための行事が行われます。その代表が「豆まき」です。

 豆まきの豆について

 豆まきではその年の歳男あるいは一家の主人が「福は内、鬼は外」といいながら煎った大豆をまき、みんな自分の年の数だけ豆を食べるとこれから1年病気にならないと言われています。
 また妊婦のいる家庭ではこの豆を安産のお守りにする所もあるそうです。

 もともと宮中の行事が一般家庭に普及したものの様です。
 最近は大きな神社やお寺などで芸能人やスポーツ選手などを招いて豆まき大会をやっている所をテレビなどで放映されているのを良く見ますよね。

  節分に蒔く大豆ですは、硬い物ですねそれを「金」になぞらえているそうです。
 大豆は最初煎ることで火気にあてられ、「鬼は外」といって外にまかれて捨てられたり、「福は内」といってまかれてから人々に食べられたりして、豆はみんな「やっつけられてしまいます」。
 古来疫病や災厄というのも金気に属するものと考えられていたようで。 豆というのは鬼をやっつける道具でありながら実は鬼そのもので、豆まきというのは邪気を祓うとともに、「金」の気を剋することで春の気を助ける行事、つまり春を呼ぶ行事なんだそうです。
 豆まきの豆について、重要なことのひとつは煎り豆を使うということです。万一生豆を使って、拾い忘れたものから芽が出るとよくないことがある、と言われています。それで煎り豆にして豆をまくのです。
 また近年、「下に落ちた豆を食べるなんてきたない」といって、大豆ではなくピーナッツを使う人たちが増えています。この風習は我が新潟地方から広まったようです。また、家庭によっては豆だけでなく、チョコレートやキャンディ、またはお金を包んだものをまいたりもする所もあるそうです。

 鬼は外ではない所?

 一般的な豆まきの口上は「鬼は外、福は内」で、少なくとも室町時代にはこの口上ができていたらしいのですが、そう言わないところも数多くあります。これは豆まきの風習が全国に普及していくなかで出来ていったバリエーションなのでしょう。
 例えば、福島県の二本松地方では「鬼は外」とは言わないか、あるいは「鬼外」と「ワ」の音を抜かすそうです。これは二本松藩の殿様は丹羽(にわ)氏なので、「鬼は外」と言うと「お丹羽様外(おにわさまそと)」になってしまうからだといいます。

 渡辺という苗字を持っている家は渡辺の綱が鬼退治をしたことから、これも「鬼は外」と言わないと聞きました。

 あと、神社やお寺でも意外と「鬼は外」と言わない所や「鬼は内」と言う所が多いそうです。

  川崎市の千蔵寺では本尊が厄神鬼王(やくじんきおう)という鬼面の神様なので「鬼は内」と鬼を暗くした堂内に呼び込み、住職が鬼たち説教をして、悪い鬼は改心させ社会復帰させるという言われがあるそうです。

  埼玉県の武蔵嵐山の鬼鎮神社(きじんじんじゃ)でも平安末期に畠山重忠の館・菅谷館の鬼門を守るために作られた神社で、鬼が御祭神であり、鬼が邪気から人々を守ってくれるということになっており、江戸時代ころから鬼が豆をまいて厄払いをするようになった。口上は「鬼は内、福も内、悪魔外」と言うそうです。

 佐渡両津の山本家では昔田植えが暴風雨に遭った時、鬼が助けてくれたという伝説があるため「福は内、鬼も内」というそうです。

 地方や、鬼との関係でかならずしも「福は内・鬼は外」ではないんですね。

 その他豆まき文句のバリエーション

 豆まきの時のセリフのバリエーションについても民俗学で研究がおこなわれているようです。
 基本的な話として「鬼は外」と「福は内」のどちらを先に言うか、とか、それぞれを何回言うか、というのが地方によって異なっていたようです。ただし最近ではこの付近の風習はどんどん曖昧になってきているようです。今そういう習慣が残っているかどうかは分かりませんが、「富は内」というのが加わるところもあったようですし、「大荷(おおに)は内」などというのが入るところもあったようです。また、「鬼の目玉ぶっつぶせ」というのが加わる所。また「ごもっとも、ごもっとも」といって豆を拾って歩くなどは我が神林でもやっているようです。  要するに、「豆まき」にかぎらず同じ行事でも、その地域、その家などで様々なバリエーションを持っていて、それを受継いで来ている。そんな事も、これから大事に引き継いで行くのも大切なことではないでしょうか。