クローン病とは
--------------------------------------------------------------------------------
1.クローン病(Crohn病)の理解に必要な情報
【消化管とは】
私たちはものを食べ、水分を補給することで、生命を維持するために
必要なエネルギーやからだをつくるために必要な原料を得ています。
このように食物を体内に取り込み、消化、吸収し、最終的には不要物を
排泄するまでの役割をになう器官が消化器です。
消化器は、胃や腸はもちろん、食物を取り込む口(口腔)や栄養素を
貯蔵・加工する肝臓なども消化器に含まれます。
消化器のうち、食物や水分の通り道となる部分が消化管です。
消化管は口腔にはじまり、咽頭、食道、胃、小腸(十二指腸、空腸、回腸)
大腸、肛門までを指し、全長は約6mです。食物はこの消化管を通り、
消化・吸収され、やがて流動体の残りかす(不要物)が
大腸で糞便となり、排泄されます。
 
 

【消化管の働き】
1)口:食物が口内で咀嚼される間に、唾液と混ざり、唾液アミラーゼにより、
デンプンの消化が始まります。
2)食道、胃、十二指腸:食物は食道を通過し胃に到達すると、
一旦胃内に貯留し撹拌され、胃液中の酵素や酸によってタンパク質の
消化が始まります。
3)小腸:胃で撹拌された食物は十二指腸に流れ込み、
そこで膵液や胆汁と混ざり、さらに各種酵素の消化作用を受けつつ、
小腸内を移動していきます。この移動の間に各種栄養素が吸収されます。
4)大腸:大腸では水と電解質が吸収され、消化吸収されなかったものや
老廃物を肛門まで運搬します。
 
2.クローン病(Crohn's Disease)とは
大腸及び小腸の粘膜に慢性の炎症または
潰瘍をひきおこす原因不明の疾患の総称を
炎症性腸疾患(Inflammatory Bowel Disease:IBD)といいます。

クローン病も、この炎症性腸疾患のひとつで、
1932年にニューヨークのマウントサイナイ病院の
内科医クローン先生らによって限局性回腸炎として
はじめて報告された病気です。

クローン病は主として若年者にみられ、口腔にはじまり
肛門にいたるまでの消化管のどの部位にも炎症や潰瘍
(粘膜が欠損すること)が起こりえますが、小腸の末端部が好発部位で、
非連続性の病変(病変と病変の間に正常部分が存在すること)が
特徴です。
それらの病変により腹痛や下痢、血便、体重減少などが生じる病気です。
 
3. この病気の原因はわかっているのですか
これまでにクローン病が発症する原因として、
遺伝的な要因が関与するという説、結核菌類似の細菌や麻疹ウイルスに
よる感染で発症するという説、食事の中の何らかの成分が腸管粘膜に
異常な反応をひきおこしているという説、腸管の微小な血管の血流障害に
よる説などがあげられていますが、
いずれもはっきりと証明されたものはありません。
最近の研究では、なんらかの遺伝子の異常を背景にもち、
異物を処理する細胞やある種のリンパ球などの免疫を
担当する細胞の異常反応が明らかになってきており、
何らかの外来の抗原(食事の成分、異物、病原体など)の
侵入とそれに対する免疫系の反応異常が想定されています。
 
4.この病気の患者さんはどのくらいいるのですか
日本では1940年ごろから「非特異的限局性腸炎」として紹介
されたものの、まれな病気として一般にはあまり知られていませんでした。
1975年に旧厚生省の研究班が発足し、
クローン病の診断基準が作成され、
全国調査が行われるようになりました。

クローン病の患者数の推移を医療受給者証交付件数で
みると1976年には128件でしたが、その後増加し続け、
近年では毎年1,500人前後の増加がみられ、
2004年度には23,188人の患者さんが登録されています。
したがって人口10万人あたり約18.3人のクローン病患者さんが
いることになりますが、欧米に比べると10分の1前後です。
 
5. この病気はどのような人に多いのですか
10歳代〜20歳代の若年者に好発します。
発症年齢は男性で20〜24歳、女性で15〜19歳が最も多くみられます。
男性と女性の比は、約2:1と男性に多くみられます。

世界的にみると地域的には先進国に多く、
北米やヨーロッパで高い発症率を示します。
環境因子、食生活が大きく影響し、動物性タンパク質や
脂肪を多く摂取し、生活水準が
高いほどクローン病にかかりやすいと考えられています。
 
6. この病気は遺伝するのですか
クローン病は人種や地域によって発症する頻度が異なり、
また家系内発症もみとめられることから、遺伝的因子の
関与が考えられていますが、クローン病を引き起こす原因と
なる特定の遺伝子はみつかっていません。
現在のところ、単一の遺伝子異常だけで発症するのではなく、
いくつかの遺伝子異常と環境因子などが複雑に絡み合って発症していると考えられています。
 
7.この病気ではどのような症状がおきますか
クローン病の症状は患者さんによって非常に多彩で、
侵された病変部位(小腸型、小腸・大腸型、大腸型)に
よっても異なります。
その中でも特徴的な症状は腹痛と下痢で、
半数以上の患者さんでみられます。
さらに発熱、下血、腹部腫瘤、体重減少、全身倦怠感、貧血などの
症状もしばしば現れます。
またクローン病は瘻孔、狭窄、膿瘍などの腸管の合併症や関節炎、
虹彩炎、結節性紅斑、肛門部病変などの腸管外の合併症も
多く、これらの有無により様々な症状を呈します。
 
8. この病気の診断はどのようにおこなわれるのですか
まず、患者さんの症状からクローン病を疑い、一般的な血液検査、
糞便検査、さらに消化管X線造影検査、内視鏡検査をすることに
よって診断します。
その中でも消化管の病変を見つけだすのにX線造影検査
(注腸造影、小腸造影)、大腸内視鏡検査といった
消化管の検査が重要です。
 
9. この病気にはどのような治療法がありますか
クローン病の治療は、いまだ原因が不明であるために
根本的な治療法がないのが現状です。
しかし、患者さん自身がクローン病を正しく理解し、治療を受ければ
多くの場合は「緩解」状態になり、それを維持することが可能です。
その基本はあくまでも腸管に生じた炎症を抑えて症状を和らげ、
かつ栄養状態を改善するために、急性期や増悪期には
栄養療法と薬物療法を組み合わせた内科的治療が主体となります。
内科的には治療できない腸閉塞、穿孔、大量出血などが
生じた場合は手術が行われます。
 
【栄養療法・食事療法】
栄養状態の改善だけでなく、腸管の安静と食事からの異物を
取り除くことで腹痛や下痢などの症状の改善と消化管病変の
改善が認められます。

栄養療法には経腸栄養と完全中心静脈栄養があります。
経腸栄養療法は、抗原性を示さないアミノ酸を主体として
脂肪をほとんど含まない成分栄養剤と少量のタンパク質と
脂肪含量がやや多い消化態栄養剤やカゼイン、
大豆タンパクなどを含む半消化態栄養剤があります。
完全中心静脈栄養は高度な狭窄がある場合、
広範囲な小腸病変が存在する場合、経腸栄養療法を
行えない場合などに用いられます。

病気の活動性や症状が落ち着いていれば、通常の食事が
可能ですが、食事による病態の悪化を避けることが最も
重要なことです。
一般的には低脂肪・低残渣の食事が奨められていますが、
個々の患者さんで病変部位や消化吸収機能が異なっているため、
主治医や栄養士と相談しながら自分にあった食品を
見つけていくことが大事です。
 
【薬物療法】
主に5-アミノサリチル酸製剤、副腎皮質ステロイドや6-MPや
アザチオプリンなどの免疫抑制剤が用いられます。
緩解を維持するために5-アミノサリチル酸製剤や
免疫抑制剤が使われます。
最近では栄養療法、5-アミノサリチル酸製剤、
副腎皮質ステロイドなどによる治療が効かない症状の
重い患者さんや瘻孔のある患者さんに対して、
抗TNF-α抗体が使用されることもあります。
 
【外科治療】
著しい狭窄や穿孔、膿瘍などを経過中に生じ、
内科的治療でコントロールできない場合には手術が必要となります。
手術はできるだけ腸管を温存するために
小範囲切除や狭窄形成術が行われます。
 
【開発中の治療薬】
近年、抗TNF-α抗体が開発され、その有効性が高いことが
明らかにされて以来、クローン病の病態に基づく治療薬の
開発が欧米を中心に精力的に進められています。
特にクローン病ではTリンパ球がTh1型に傾き炎症反応を
引き起こす物質が過剰に産生されていることから、
これを是正するために、インターロイキン12やインターフェロンγなどの
抗体の開発が始まっています。
また、抗TNF-α抗体も、従来より副作用を少なくすることが可能な
製剤の開発が進められ、今後の成績に期待されています。
 
10. この病気はどういう経過をたどるのですか
再燃・再発を繰り返し慢性の経過をとります。
完全な治癒は困難であり、症状が安定している時期(緩解)を
いかに長く維持するかが重要となります。
長い経過の間で手術をしなければならない場合も多く、
手術率は発症後5年で33.3%、
10年で70.8%と報告されています。
また、定期的に検査を受けることも必要となります
 
■概念
本疾患は原因不明で、主として若年者にみられ、
潰瘍や線維化を伴う肉芽腫性炎症性病変からなり、
消化管のどの部位にも起こりうる。
消化管以外(特に皮膚)にも病変が起こることがある。
原著では回腸末端を侵す(回腸末端炎)と記載されたが、
その後口腔から肛門までの消化管のあらゆる部位に
起こりうることがわかった。
臨床像は病変の部位や範囲によって多彩である。
発熱、栄養障害、貧血などの全身症状や関節炎、
虹彩炎、肝障害などの全身性合併症がおこりうる。
[WHOのCIOMS(Council for international Organization Sciences.
医科学国際組織委員会)による概念(1973)を一部改訂]
 
■疫学
好発年齢は10歳代後半から20歳代に多く、男性で20〜24歳、
女性で15〜19歳にピークがみられる。
男女比は約2:1で男性に多い。
人口対10万人の罹患率は0.51、有病率は5.85、
家族内発症は1.5%。
手術率は発症10年で70.8%である。
平成16年度医療受給者証交付件数でみると
23,188人が登録されている。
 
■病因
原因は不明。現在のところ遺伝的因子、環境因子
(ウイルスや細菌などの微生物感染、腸内細菌叢の変化、
食餌性抗原など)などが複雑に関与し、
免疫系の異常反応が生じていると考えられている。
 
■病変部位
大多数は小腸や大腸、またはその両者に縦走潰瘍、
敷石像やアフタなどの病変を有する。
病型は縦走潰瘍、敷石像、または狭窄の存在部位に
よる(小腸型、小腸大腸型、大腸型など)。
これらの所見を欠く場合には特殊型とする。
 
■症状
腹痛、下痢、体重減少、発熱、肛門病変などが
よくみられる症状である。
ときに虫垂炎に類似の症状、腸閉塞、腸穿孔、大出血で発症する。
また、腹部症状を欠き、肛門病変や発熱で発症することもある。
消化管外合併症として貧血、低蛋白血症、強直性脊椎炎、
口内アフタ、結節性紅斑、壊疽性膿皮症、虹彩炎、
成長障害などがある。
 
■診断
臨床症状などからクローン病が疑わしいものについては
臨床所見を把握して消化管X線造影検査、内視鏡検査、
生検、手術症例では切除標本の検査を行い、診断基準の項を
参考にして診断する。

主要所見は縦走潰瘍、敷石像、非乾酪性類上皮細胞肉芽腫、
副所見は縦列する不整形潰瘍またはアフタ、上部消化管と
下部消化管の両者に認められる不整形潰瘍またはアフタであり、
これらの所見と潰瘍性大腸炎や虚血性大腸炎などとの
鑑別により診断する。
 
■治療
本症を完治させる根本的な治療法は現時点ではない。
治療の目的は病気の活動性をコントロールして緩解状態を維持し、
患者のQOLを高めることである。
そのために薬物療法、栄養療法、外科療法を組み合わせて、
栄養状態を維持し、症状を抑え、炎症の再燃・再発を予防することにある。
治療にあたっては患者にクローン病がどのような病気であるかを
良く説明し、患者個々の社会的背景や環境を十分に考慮し、
治療法を選択する。
 
(1)内科的治療
・ 初診・診断時及び急性増悪期の治療
原則として入院・絶食の上、栄養療法(経腸栄養療法、
完全静脈栄養療法)を行う。炎症の程度によって5-アミノサリチル
酸製剤あるいは副腎皮質ホルモンによる薬物療法から開始しても良い。

・緩解維持療法および術後再燃防止・再発予防
在宅経腸栄養療法:易再燃例、経口摂取では栄養管理が
困難な症例では在宅経腸栄養療法に移行する。
5-アミノサリチル酸製剤:在宅経腸栄養療法の有無にかかわらず、
経口摂取を再開したら投与開始する。

・再燃・再発に対する治療
在宅経腸栄養療法:経口摂取量を減らし、経腸栄養剤の
投与量を増やす。
薬物療法:5-アミノサリチル酸製剤を増量し、明らかな改善が
みられればこの治療を継続する。
明らかな改善がなければ副腎皮質ホルモンを投与するが、
減量・離脱困難な場合は免疫抑制剤の投与も試みられる。
上記治療の効果がない場合や肛門部病変に対して
メトロニダゾールが用いられることもある。
なお、これらの治療で改善が得られない重度活動期症例や
外瘻を有する症例には、抗TNF-α製剤が用いられることがある。
内視鏡的拡張術:上部消化管狭窄や大腸〜回盲部、
吻合部に拡張を伴う狭窄とそれによる通過障害を認める場合は、
栄養療法により炎症を落ち着かせ潰瘍が消失、
縮小した時点で内視鏡的バルーン拡張術を試みても良い。
穿孔や出血などの偶発症には十分注意する。

・肛門部病変に対する治療
腸管病変の活動性を鎮め、緩解状態に導入するような
内科的治療に努める。
膿瘍形成時にはメトロニダゾールや 広域スペクトル抗生物質を
投与し、外科・肛門科専門医に診察・治療を依頼する。
 
(2)外科的治療
外科治療の目的は、愁訴の原因となる合併症に外科的処置を
加え、患者のQOLを改善することにある。

・絶対的適応:腸閉塞、穿孔、大量出血、中毒性巨大結腸症、癌合併

・相対的適応:難治性狭窄、膿瘍、内瘻、外瘻のほか発育障害や
内科治療無効例、肛門周囲膿瘍、排膿の多い有痛性痔瘻など
 
■予後
クローン病の手術率は発症後5年で33.3%、10年で70.8%と高く、
さらに手術後の再手術率も5年で28%と高率であることから、
再燃・再発予防が重要である。診断後10年の累積生存率は 96.9%。
 

(質問)クローン病でみられる腹痛はどのようなものですか
(回答)発症早期では軽度で一過性のことが多く、
腸管狭窄が存在する場合には食物摂取により腹痛が
強くなることがあります。
また、経過中には消化管外合併症として胆石や
尿路結石による腹痛が生じることもあります。

(質問)クローン病でみられる下痢はどのようなものですか
(回答)糞便の水分含量が増加し、泥状から水様性の便として
排泄されることを下痢といいます。
クローン病の下痢の原因は、腸管の粘膜障害により吸収能が
低下したり、腸管の中へ滲出液が排泄されることにより生じます。
自覚的には夜間にも下痢がみられる場合はクローン病の病勢が
悪化していることが多い傾向にあります。
しかし、夜間に経腸栄養を行っている場合や抗生物質を
服用している場合でも下痢が生じることがあるので注意が必要です。

(質問)クローン病でみられる体重減少はどのようなものですか
(回答)体重減少は栄養障害を意味し、各栄養素の
消化吸収低下や下痢、出血、蛋白漏出などによる喪失、
また発熱、代謝亢進、潰瘍などの組織修復に消費される
必要エネルギーの増加、食物摂取に伴う症状のため
摂食しないことなどによって生じます。
 
(質問)クローン病でみられる消化管合併症には
どのようなものがあるのですか
(回答)消化管にみられる合併症として、腸管に孔があく穿孔、
腸管の内腔が狭くなる狭窄、腸管と腸管あるいは
腸管と皮膚などに孔があく瘻孔などが生じることがあります。

(質問)クローン病でみられる成長障害とはどのようなものですか
(回答)炎症性腸疾患の小児では成長障害、
性成熟障害がみられることがあります。
この病態の主な原因は蛋白質、カロリー、ビタミン、ミネラルの欠乏です。
また、治療に用いられるステロイドは成長ホルモンの分泌を低下させ、
成長障害を惹起するため、成長障害を起こしている
小児へのステロイド投与は注意が必要です。

(質問)クローン病の診断治療の過程はどのように行われるのですか
(回答)病歴、臨床所見や臨床検査所見から、
まずクローン病を疑います。さらにX線・内視鏡検査により
病変診断を行い、鑑別すべき疾患を除外して総合的に
確定診断が行われます。
病変の存在部位、範囲、程度および消化管以外の合併症に
ついて把握し、栄養療法、薬物療法、手術など患者の
現在の病態に合った適切な治療法を選択します。

(質問)クローン病と鑑別診断すべき疾患にはどのような
疾患がありますか
(回答)潰瘍性大腸炎、腸結核、虚血性大腸炎、
腸型ベーチェット病、エルシニア菌やアニサキスなどの
感染による急性回腸末端炎などが挙げられます。

(質問)クローン病における血液検査はなぜ必要なのですか
(回答)クローン病における血液検査の意義は、緩解持続の確認、
再燃、合併症の早期把握にあります。
つまり、診断確定前では炎症性腸疾患を疑う端緒として
炎症の存在や出血による貧血、低栄養状態、
合併症の存在を把握し、診断確定後は病気の活動性の評価、
治療法の選択や治療効果の判定に用いられます。

(質問)症状がなくても内視鏡検査は必要なのでしょうか
(回答)病状に変化がなくてもある程度定期的な内視鏡検査は必要です。
症状や血液検査で経過を追うのが重要なのと同じく、
内視鏡検査では病変の状態を的確に把握し、
適切な治療内容を決定するためにも重要です。

(質問)発症当初、潰瘍性大腸炎と診断されていたのが、
その後の経過でクローン病との診断されることはあるのですか
(回答)原則として潰瘍性大腸炎とクローン病は
全く異なる疾患と考えられています。
しかし、両疾患は一時期だけをみた場合に診断困難な場合が
あります。
従って潰瘍性大腸炎と診断されたものが実はクローン病であったり、
また、その逆のケースもあります。
少数ですが、両疾患の中間的な所見を示し、確定診断が困難な場合もあります。

(質問)普段の生活でどのようなことに気をつけたら良いのでしょうか
(回答)睡眠不足や過労に気をつけて、リズムある
規則正しい生活が重要です。
病気の状態が落ち着いている時は、基本的に運動や生活に
特別な制限はありませんが、翌日に疲労を残さないようにしましょう。

(質問)クローン病の食生活について
(回答)原則的に、摂取すればクローン病が良くなるといった
食事はありません。
あくまでも食事による病態の悪化を避けることが最も重要なことです。
一般的には低脂肪・低残渣の食事が奨められています。
小腸に病変があると脂肪の消化吸収は低下するため、
脂肪を摂りすぎないよう注意が必要です。
腸管病変が狭くなっている場合は繊維分を多く含む食品は制限して下さい。
牛乳・乳製品は乳糖不耐症でもともと下痢をする人は
避ける必要がありますが、
そうでない場合は摂取してもかまいません。
個々の患者さんで病変部位や消化吸収機能が異なっているため、
下痢、腹痛、膨満感などを誘発する食品もさまざまです。
ですから、患者さん自身が自分にあった食品を見つけ、
病態に悪影響をおよぼす食品を避けることが必要です。

(質問)クローン病が妊娠(受胎)に与える影響ついて
(回答)クローン病の女性患者さんでも健康女性と同様に
妊娠が可能です
。しかし、欧米の報告では健康女性と比べクローン病の
患者さんでは受胎率がやや低いといわれており、
病気の活動性が高くなればなるほど、
受胎率は低くなるといわれています。
逆に言えば、症状がない緩解期であれば、
それほど気にする必要はないと考えられます。
したがって、症状がある活動期での妊娠は避け、
計画的に緩解期に妊娠することが理想的です。

(質問)遺伝について詳しく教えてください
(回答)クローン病を引き起こす原因となる特定の
遺伝子はみつかっていません。
2001年に報告されたNOD2遺伝子の異常は、
欧米では10-20%のクローン病患者さんにみられるとされていますが、
日本人ではこの異常は認められませんでした。
日本では正確な疫学資料はなく、
また親子で発病という症例が学会報告される状況を考えると、
遺伝による発症率は欧米の頻度より低いと考えられます。

(質問)クローン病と就業について
(回答)一般に仕事の内容に関しては病気が理由で
制限することはありません。
ただし、過労や過度のストレスで増悪することもあるため、
疲れを残さないように注意した方が良いでしょう。
また、栄養療法のことや症状が悪化した時に入院が
必要なことなどの周囲の理解も必要となります。

(質問)クローン病は完治するのですか
(回答)長期に渡って緩解(症状がない状態)を維持している
患者さんもおられます。
しかし、クローン病は再燃することが多く、
現時点では原因も明らかにされておらず、
また完全に治すための治療法も開発されていません。
したがって、長期にわたってこの病気とうまく付き合って
いくことが最も重要なことでしょう。

(質問)クローン病は手術を何度もうけることがあるのですか
(回答)クローン病では狭窄や腸閉塞などの理由で手術が
必要となることがあります。
その頻度は発症後5年で約30%、10年で約70%と高いことが
報告されています。
また、一度手術を行っても、その後の経過の中で同じような
症状のために再び手術が必要となる場合もあります。
 
情報提供者
研究班名 消化器系疾患調査研究班(難治性炎症性腸管障害)
情報見直し日 平成20年4月28日
 
 病気に対する症状や治療法は、個人差もありますので主治医とよくご相談することをお勧めします。

*このページは
 財団法人難病医学研究財団 難病情報センターのクローン病情報から
  転載させていただいています。
--------------------------------------------------------------------------------
All Rights Reserved,Copyright 2008-2015 shigaibdforum

TOPページへ戻る