潰瘍性大腸炎とは
--------------------------------------------------------------------------------
1. 潰瘍性大腸炎の理解に必要な情報
【消化管とは】
私たちはものを食べ、水分を補給することで、生命を維持するために
必要なエネルギーやからだをつくるために必要な原料を得ています。
このように食物を体内に取り込み、消化、吸収し、最終的には不要物を
排泄するまでの役割をになう器官が消化器です。
消化器は、胃や腸はもちろん、食物を取り込む口(口腔)や
栄養素を貯蔵・加工する肝臓なども消化器に含まれます。
消化器のうち、食物や水分の通り道となる部分が消化管です。

消化管は口腔にはじまり、咽頭、食道、胃、小腸(十二指腸、空腸、回腸)
大腸、肛門までを指し、全長は約6mです。
食物はこの消化管を通り、消化・吸収され、やがて流動体の
残りかす(不要物)が大腸で糞便となり、排泄されます。
 

【消化管の働き】
1)口:食物が口内で咀嚼される間に、唾液と混ざり、唾液アミラーゼにより、
デンプンの消化が始まります。
2)食道、胃、十二指腸:食物は食道を通過し胃に到達すると、
一旦胃内に貯留し撹拌され、胃液中の酵素や酸によって
タンパク質の消化が始まります。
3)小腸:胃で撹拌された食物は十二指腸に流れ込み、そこで膵液や
胆汁と混ざり、さらに各種酵素の消化作用を受けつつ、
小腸内を移動していきます。
この移動の間に各種栄養素が吸収されます。
4)大腸:大腸では水と電解質が吸収され、消化吸収されなかったものや
老廃物を肛門まで運搬します。
 
2. 潰瘍性大腸炎とは
潰瘍性大腸炎は大腸の粘膜(最も内側の層)にびらんや潰瘍が
できる大腸の炎症性疾患です。
特徴的な症状としては、下血を伴うまたは伴わない下痢と
よく起こる腹痛です。
病変は直腸から連続的に、そして上行性(口側)に広がる性質があり、
最大で直腸から結腸全体に拡がります。
この病気は病変の拡がりや経過などにより下記のように分類されます。

1)病変の拡がりによる分類:全大腸炎、左側大腸炎、直腸炎

2)病期の分類:活動期、緩解期

3)重症度による分類:軽症、中等症、重症、激症

4)臨床経過による分類:再燃緩解型、慢性持続型、
 急性激症型、初回発作型
 
3. この病気の患者さんはどのくらいいるのですか
わが国の潰瘍性大腸炎の患者数は、77,073人
(平成14年度特定疾患医療受給者証交付件数より)と報告されており、
毎年おおよそ5,000人増加しています。
米国の100万人と言われている患者数に比べると10分の1以下です。
 
4. この病気はどのような人に多いのですか
発症年齢のピークは男性で20〜24歳、
女性では25〜29歳にみられますが、
若年者から高齢者まで発症します。
男女比は1:1で性別に差はありません。
 
5. この病気の原因はわかっているのですか
原因は明らかになっていません。
これまでに腸内細菌の関与や本来は外敵から身を守る免疫機構が
正常に機能しない自己免疫反応の異常、あるいは食生活の変化の
関与などが考えられていますが、まだ原因は不明です。
 
6. この病気は遺伝するのですか
潰瘍性大腸炎は家族内での発症も認められており、何らかの
遺伝的因子が関与していると考えられています。
欧米では患者さんの約20%に炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎あるいは
クローン病)の近親者がいると報告されています。
近年、世界中の研究者によりこの病気の原因を含めた特異的な遺伝子の
探索が続けられていますが、現時点では遺伝に関する明解な回答は
得られていません。
遺伝的要因と食生活などの環境要因などが複雑に絡み合って
発病するものと考えられています。
 
7. この病気ではどのような症状がおきますか
便がだんだんゆるくなることが最初の症状のようです。
そして、便は出血を伴い、痙攣性の腹痛と頻回の排便をもよおします。
下痢は徐々にあるいは全く突然に始まることもあります。
症状が重くなると、発熱、体重減少、貧血などの全身への症状が起こります。
また、腸管以外の合併症として皮膚病変、眼病変や関節の痛み、
子供では成長障害が起こることもあります。
 
8. この病気はどのようにして診断されるのですか
潰瘍性大腸炎の診断は症状の経過と病歴などを聴取することから
始まります。
最初に、血性下痢を引き起こす感染症と区別することが必要です。
下痢の原因となる細菌や他の感染症を検査し、鑑別診断が行われます。
その後、患者さんは一般的にX線や内視鏡による大腸検査を受けます。
この検査で炎症や潰瘍がどのような形態で、
大腸のどの範囲まで及んでいるかを調べます。さらに"生検"と
呼ばれる大腸粘膜の一部を採取することで、病理診断を行います。
潰瘍性大腸炎は、このようにして類似した症状を呈する他の
大腸疾患と鑑別され、確定診断されます。
 
8. この病気にはどのような治療法がありますか
原則的には薬による内科的治療が行われます。
しかし、重症の場合や薬物療法が効かない場合には手術が
必要となります。
 
1)内科的治療
現在、潰瘍性大腸炎を完治に導く内科的治療はありませんが、
腸の炎症を抑える有効な薬物治療は存在します。
治療の目的は大腸粘膜の異常な炎症を抑え、
症状をコントロールすることです。

潰瘍性大腸炎の内科的治療には主に以下のものがあります。

〈5-アミノサリチル酸(5-ASA)製剤〉
5-ASA製剤には従来からのサラゾスルファピリジン(サラゾピリン)と、
その副作用を軽減するために開発された
改良新薬のメサラジン(ペンタサ)があります。
経口や直腸から投与され、持続する炎症を抑えます。
炎症を抑えることで、下痢、下血、腹痛などの症状は著しく減少します。
5-ASA製剤は軽症から中等症の潰瘍性大腸炎に有効で、
再燃予防にも効果があります。

〈副腎皮質ステロイド剤〉
代表的な薬剤としてプレドニゾロン(プレドニン)があります。
経口や直腸からあるいは経静脈的に投与されます。
この薬剤は中等症から重症の患者さんに用いられ、
強力に炎症を抑えますが、再燃を予防する効果は認められていません。

〈血球成分除去療法〉
薬物療法ではありませんが、血液中から異常に活性化した
白血球を取り除く治療法で、LCAP(白血球除去療法:セルソーバ)、
GCAP(顆粒球除去療法:アダカラム)があります。
副腎皮質ステロイド剤で効果が得られない重症や
難治性患者さんの活動期の治療に用いられます。

〈免疫抑制剤〉
これらの薬剤には、アザチオプリン(イムラン)や
6-メルカプトプリン(ロイケリン)、
最近ではシクロスポリン(サンディミュン)があります。
基本的には、5-ASA製剤や副腎皮質ステロイドに
無効か効果不十分な患者さんと副腎皮質ステロイドが
中止出来ない患者さん、いわゆる難治性潰瘍性大腸炎に
使用されます。
 
2)外科的治療
潰瘍性大腸炎の多くは薬物治療でコントロールできますが、
下記のようなケースでは手術の対象となることがあります。

(1)大量出血がみられる場合
(2)中毒性巨大結腸症(大腸が腫れ上がり、毒素が全身に回ってしまう)
(3)穿孔(大腸が破れる)
(4)癌化またはその疑い
(5)内科的治療に反応しない重症例
(6)副作用のためステロイドなどの薬剤を使用できない場合

手術は大腸の全摘が基本となります。
以前は人工肛門を設置する手術が行われていましたが、
現在では肛門を温存する手術が主流です。
この手術は大腸を取り除いた後、
小腸で便を貯める袋を作って肛門につなぐ方法です。
この手術方法で患者さんのQOLは飛躍的に向上されています。
 
10. この病気はどういう経過をたどるのですか
多くの患者さんは内科的治療によって炎症はおさまり、
症状も消失します(緩解)が、再び症状が発現(再燃)し、
再燃と緩解を繰り返します。
一般的に発症時の症状が重いほど、
炎症の範囲は広いほど手術率が高くなるようです。
また、発病してから10年以上経過した全大腸炎型の患者さんは、
一般の人より大腸がんを合併する危険性が高くなるようですので、
定期的な検査を受ける必要があります。
 

■概念
潰瘍性大腸炎は主として粘膜を侵し、しばしばびらんや潰瘍を形成する
原因不明の大腸のびまん性非特異性炎症である。
医科学国際組織委員 (CIOMS)では「主として粘膜と粘膜下層を侵す、
大腸特に直腸の特発性、非特異炎症性疾患。
30歳以下の成人に多いが、小児や50歳以上の年齢層にもみられる。
原因は不明で、免疫病理学的機序や心理学的要因の関与が
考えられている。
通常血性下痢と種々の程度の全身症状を示す。
長期にわたり、かつ大腸全体を侵す場合には悪性化の傾向がある。」と定義している。

病態分類として、病変の拡がりによる病型分類(全大腸炎・左側大腸炎・
直腸炎・右側あるいは区域性大腸炎)、
臨床的重症度による分類(重症・中等症・軽症)、
病期の分類(活動期・緩解期)と
臨床経過による分類(再燃緩解型・慢性持続型・急性激症型・初回発作型)などが
あり、多くの患者は再燃と緩解を繰り返すことから
長期間の医学管理が必要となる。
 
■疫学
わが国の罹患率や有病率は欧米に比べて低率ではあるが、
1970年以降急激に増加している。
発症年齢のピークは男性で20〜24歳、女性で25〜29歳にみられるが、
若年者から高齢者まで発症する。男女比は1:1で性差はみられない。
患者数の推移を特定疾患医療受給者証交付件数からみると、
平成14年度には77,073人が登録されており、
毎年増加の一途を辿っている。
 
■病因
いまだ病因は不明であるが、現在では遺伝的因子と環境因子が
複雑に絡み合って、なんらかの抗原が消化管の免疫担当細胞を
介して腸管局所での過剰な免疫応答を引き起こし、
発症と炎症の持続に関与していると考えられている。
 
■症状
代表的な自覚症状は、血便、粘血便、下痢、あるいは血性下痢を
呈するが、病変範囲と重症度によって左右される。
軽症例では血便が少量で下痢を伴わない場合も多いが、
より重症化すれば、水様性下痢と出血が混ざったトマトケチャップ様や
糞塊がなく滲出液と粘液に血液が混じた状態となる。
これ以外の症状としては腹痛、発熱、食欲不振、体重減少、
貧血などが加わることも多い。さらに関節炎、尿路結石、
虹彩炎・結膜炎、膵炎・高アミラーゼ血症などの
腸管外合併症を伴うことも少なくない。
 
■診断
基本的には慢性の(粘)血便を主訴とし、内視鏡検査あるいは
注腸X線検査で、さらに生検により潰瘍性大腸炎の特徴的な所見を認め、
類縁疾患が除外できれば確診としてよい。

診断手順、診断基準については潰瘍性大腸炎診断基準
(厚生省特定疾患難治性炎症性腸管障害調査研究班、
平成9年度研究報告書)を参照のこと。
 
■治療
〈治療原則〉
重症例や、ある程度の全身障害を伴う中等症例に対しては、
入院のうえ、脱水、電解質異常(特に低カリウム血症)、
貧血、低蛋白血症、栄養障害などに対する対策が必要である。
激症例は極めて予後不良であるので、
内科と外科の協力のもとに強力な治療を行ない、
短期間の間に手術の要、不要を決定する。
 
〈薬物療法〉
潰瘍性大腸炎の薬物療法を始めるにあたり、その症例の
重症度を把握することが重要である。
薬物療法の基本はコンビネーション療法であり、
基準薬である5-アミノサリチル酸製剤と副腎皮質ステロイド剤で
多くの症例は緩解導入と緩解維持が可能である。
しかし、一部の症例では増悪や度重なる再燃を経験するため、
アザチオプリンや6-MP、注腸製剤の工夫、白血球除去療法、
シクロスポリンを使用する場合もある。
 
〈外科療法〉
内科的治療に反応せず改善がみられない、あるいは症状の
増悪がみられる場合には手術適応を検討する。
手術適応には、絶対的適応である全身症状の急性増悪、
重篤な急性合併症、大腸癌と、相対的適応である難治例のQOL障害例、
重篤なステロイド副作用が発現するおそれがある例、
大腸外合併症、大腸合併症がある。
近年、手術術式の進歩により肛門機能を温存できるようになり、
術後のQOLも向上している。
 
■予後
〈手術率・生存率〉
一般に発症時の重症度が重いほど、罹患範囲は広いほど
手術率、死亡率が高くなるが、近年の報告では生存率は
一般と比べて差がないとする報告もみられる。
手術理由は発症5年以内では激症例や重症例の内科治療無効例が多く、
5年以降は慢性持続型などの難治例が対象となりやすい。
 
〈癌化〉
長期経過例では炎症を母地とした癌の発生(colitic cancer)を
合併する例が存在する。
発癌には罹病期間と罹患範囲が関係し、
10年以上経過した全大腸炎型のリスクが高い。
欧米の報告では癌合併のリスクは全大腸炎型で6.3%、
左側大腸炎型で1.0%、直腸炎型ではリスクはないとされている。
また累積癌化率は10年で0〜5%、20年で8〜23%、
30年で30〜40%と推定されており、全大腸炎型の長期経過例に
対しては癌合併のサーベイランスが重要となる。
近年、症例対照研究で5-ASA製剤(メサラジン)の
継続投与が大腸癌のリスクを91%減少させるとともに、
経過中の定期的な受診や下部内視鏡検査も
大腸癌抑制の要因と報告されている。
 
〈妊娠〉
本邦の報告によると、妊娠が潰瘍性大腸炎の臨床経過に
及ぼす影響は妊娠前の緩解維持期間が長いほど、
妊娠中の再燃率は低下する。
また、活動期の妊娠は増悪することが多く、
緩解期の妊娠が望ましい。さらに、潰瘍性大腸炎が妊娠経過や
胎児に与える影響は、重症例で異常妊娠、
異常分娩が軽症、中等症、緩解期症例に比べ有意に
高率であったことから、重症化例を除き、
本症が妊娠経過に及ぼす影響は少ない。
 
 
(質問)普段の生活で食事などどのようなことに気を
つけたらよいのでしょうか?
(回答)疲れを残さないように十分な睡眠をとり、規則正しい生活が重要です。
食事や運動に関しては症状が治まっていれば(緩解)、特別な制限は
ありません。
また、カフェインの含まれている飲料も症状の増悪時(再燃)でなければ、
節度ある飲用であれば問題はありません。

(質問)普通の生活ができますか?
(回答)この病気は慢性疾患ですが、生存率は一般の人と
比べて変わりません。
患者さんは薬を長く飲み続けたり、時折入院を必要としますが、
普段通りの生活を続けることができます。
薬物治療を続けることは潰瘍性大腸炎の悪化を予防できることが
わかっていますので、症状がなくても自己判断でお薬を
中止するのではなく、主治医の先生に相談することが大切です。

(質問)普通の女性と同じように妊娠・出産できますか?
(回答)通常、同じと考えてよいでしょう。
潰瘍性大腸炎の患者さんと一般女性との妊娠率には差がないと
報告されており、同じように正常分娩で健康な赤ちゃんを出産しています。
また、手術(回腸肛門吻合術)を受けた患者さんも出産には影響が
ないと報告されています。
男性患者さんの場合はサラゾピリンを服用していると、
この薬による精子形成の抑制が起こるため、
一時的に男性不妊の状態になります。
妊娠を希望する場合、5-ASA製剤のペンタサに切り換えるとよいでしょう。
ペンタサには精子形成の抑制作用がありません。

(質問)精神的な要因でこの病気が起こったり、
悪くなったりしますか?
(回答)まず、この病気は精神的なものが原因で発症することは
ありません。
しかし、心と体は分離できませんので、肉体的、精神的なストレスで
腹痛や下痢と言った再燃症状を惹起することは否定できません。
ストレスはあらゆる病気で症状を悪化させる要因の一つです。

(質問)旅行する時の注意点を教えてください
(回答)特に長期間の旅行に際しては、主治医に相談してください。
あなたの服用している薬の名前を覚えて、
薬が十分あるかも確認してください。
海外旅行の時はその薬の一般名を書きとめて下さい。
 
(質問)この病気の合併症を教えてください
(回答)大きく分けて腸管に起こる合併症と腸管外に起こる
合併症があります。
腸管の合併症には、大出血、中毒性巨大結腸症、
穿孔や長期の経過中に起こる狭窄や癌などがあります。
腸管外の合併症には、関節の痛み、皮膚症状、目の痛み、
肝機能障害などが代表的なものです。

(質問)この病気は完治するのですか?
(回答)残念ながら、この病気の原因が解明されていない
現在では完治する治療法はありません。
しかしながら、規則正しい生活とお薬の服用で長期間に
わたり緩解を維持し、発病前と同じような生活をしている
患者さんはたくさんおられます。

(質問)症状がなくても内視鏡検査は必要でしょうか?
(回答)症状がなくてもある程度定期的な内視鏡検査が必要です。
内視鏡検査はあなたの大腸の状態(炎症の程度や拡がり)を
的確に把握できます。
内視鏡検査で得られる情報は、症状がない緩解期でも
治療内容の変更やお薬の中止などを判断するために重要となります。
また、発病してから10年以上経過した全大腸炎型の患者さんは
癌化の危険性もありますので、
少なくとも1〜2年に1回の検査が必要となります。

(質問)海外と国内では治療法が異なるのでしょうか?
(回答)海外と国内でこの病気に対する治療法は大きく変わりません。
基本的には5-ASA製剤を基準薬として、
このお薬で対処できない場合や炎症が強い場合には
ステロイドを組み合わせて使用します。
多くの患者さんはこの組み合わせで炎症はおさまります(緩解)が、
この治療法でも炎症が沈静化しない場合やステロイドをやめると
症状が悪化する患者さんには、免疫抑制剤や
白血球除去療法を使用します。

(質問)現在症状はありません。
お薬はいつまで続けなければなりませんか?
(回答)発病してから数年間は再燃しない患者さんもおられますが、
通常、多くの患者さんは再燃と緩解を繰り返します。
従って、症状がなくても緩解を維持するために5-ASA製剤を
続けるのが原則です。
特に5-ASA製剤のペンタサは長期に服用することの安全性は
確認されていますし、
さらに合併症の大腸がんを予防することが
近年報告されています。
 
情報提供者
研究班名 消化器系疾患調査研究班(難治性炎症性腸管障害)
情報見直し日 平成20年4月28日
 
病気に対する症状や治療法は、個人差もありますので主治医とよくご相談することをお勧めします。

*このページは
 財団法人難病医学研究財団 難病情報センターの潰瘍性大腸炎情報から
  転載させていただいています。
--------------------------------------------------------------------------------
All Rights Reserved,Copyright 2008-2015 shigaibdforum

TOPページへ戻る