滋賀IBDフォーラム 会則

第1条(名称及び事務局)
 1.この会の名称は「滋賀IBDフォーラム」とします。
 2.この会の事務局は滋賀県大津市におきます。

第2条(目的)
 この会は、潰瘍性大腸炎及びクローン病の患者およびその家族が明るい療養生活を
送れるよう生活の質の向上、原因の究明・予防・治療法等医学的知識の確立、
医療及び福祉の充実向上を願い、食事・生活上の知恵・工夫等の有効な情報の収集、
蓄積、共有、伝達、交換ならびに会員相互の交流や親睦を図ることを目的とします。

第3条(活動)
 この会は前条の目的を達成するために、次の活動を行います。
1.医療講演会をはじめとする各種講演会・市民公開講座・シンポジウム、
医療相談会を開催(主催 共催)し、療養生活の向上を進めます。
2.潰瘍性大腸炎・クローン病の患者および家族、関係者間の交流会を開催し、
この病気の学習と親睦を深め、療養生活の向上を進めます。
 3.会誌「滋賀IBDフォーラム」を発行し、医学的情報をはじめとした各種の情報を
伝達するとともに、医療や社会保障の充実を願い活動します。
 4.その他、目的達成に必要な諸活動をします。

第4条(会員)
 この会の会員は次のとおりとします。
 1.本会の目的に賛同する潰瘍性大腸炎、クローン病の患者または家族。
 2.本会の目的に賛同し、活動を支援する個人または法人・団体・機関。  
 3.会員の居住する地域(都道府県)は問いません。
 4.会員の入院・通院する医療機関(病院)は問いません。

第5条(役員・事務局及び役員の選任、任期)
 1.この会の役員は次のとおりとします。
    会 長(1名)本会を代表し、会務を統括します。
    副会長(1名)会長を補佐して、必要なときは会務を代行します。
    事務局(1名)活動に関する諸連絡、資料の活用・保管、会計業務などを行います。
    会計監査(1名)会計を監査します。
    幹 事(若干名)本会の業務一般をします。
 2.役員は立候補または推薦された人を総会で選出します。
 3.役員の任期は1年間とします。再任は妨げられません。

第6条(役員会)
役員会は前条の第1項の役員で構成します。
会長が必要と認めた時、または役員の3分の1以上の要望があった時、会長が召集します。

第7条(総会)
 1.総会はこの会の最高決議機関であり、会員により構成されます。
 2.定期総会を年に一回、決算終了後3カ月以内に会長が招集し、
   本会の基本事項を決定します。
 3.役員会が必要と認めた場合、または会員の3分の1以上の要望があった時、
   会長は臨時総会を招集することができます。
 4.総会は会員資格を持つ出席者(患者本人と家族等複数出席の場合、
   一登録会員につき一票)の過半数を持って議決します。
   但し、体調等の事情により委任状の提出を持って出席に代えることができます。

第8条 (総会の議決事項)
総会は以下の事項について議決します。
1.事業計画及び収支予算
2.事業報告及び収支決算
3.役員の選任
4.会則の改廃
5.その他、会に関する重要事項

第9条(会計)
1.この会は会費及び寄付金等により運営します。
2.会計年度は毎年4月1日から翌年3月31日とします。
3.毎年一回、紙上で報告します。

第10条(会費)
1.この会の入会金は無料とします。
  会費は患者と家族を含めた一家族で年間2.500円とします。
  新規入会にあたっては、入会月により年会費の減額を行います。
  4月〜9月入会者は2.500円。10月〜3月入会者は1.300円とします。 
 2.会費納入期間は原則として毎年4月1日から6月30日までとします。
 3.賛助会員の会費は年額一口1.000円とします。
 4.新入会者には医学情報等各種の情報が掲載された役立つ資料を配布します。
 5.2年分の会費滞納の際は会員継続について照会し、丁寧に意思を確認します。

第11条(退会規定)
1.退会を希望する時は会長・副会長・事務局のいずれかに連絡してください。 
   年度途中の場合、既納会費等は返金いたしません。
2.一旦、退会した会員が再入会を希望する場合、受け入れます。
  同一年度で当該年度分の会費が納入されている場合は年会費は必要ありません。

第12条(付則)
本会則は2008年6月1日から施行します。
   
All Rights Reserved,Copyright 2008-2015 shigaibdforum

TOPページへ戻る