本文へスキップ
建築工学科卒業生の皆さんの会であります「建友会」は、今年4月より役員を刷新し、林誠会長の新体制となり、組織の再生とより一層の活性化を図りたいと活動しています。
建友会が存続し発展し続けるよう、会員の皆さまからのご支援とご協力を受け賜りたくお願い致します。
 2012 建友会役員
【副会長】納谷 新(藤井研1991年卒)

所属:納谷建築設計事務所
経歴:19911993年山本理顕設計工場、1993年納谷建築設計事務所設立

一言:芝浦工業大学を卒業後は、アトリエ事務所勤務を経て、1993年から現在まで同じ芝浦工業大学出身の兄と設計事務所を運営しています。20年という歳月は、遥か長い道程のようでもありますが、私にとっては、ほんの一瞬のことのように思います。現在、事務所では、住宅を中心にした設計活動が中心ですが、大学で学生と接する事で、私にとっても学生にとっても相乗的な効果が得られればと考えています。建築には境界がなく、歳も性別も経験も超えて、建築を語り合えればと思います。
【副会長】作山 康(相田研1983年卒)

所属:芝浦工業大学システム理工学部環境システム学科

経歴:1983年都市環境研究所入所、取締役上席研究員を経て、現職

一言:昨年は民間都市計画コンサルタントから縁あって芝工大に転職することとなりました。学部は違いますが、教員そして芝浦OBとして、大学とOBの絆を深めるべき、様々な活動に参加していきたいとおもいます。大学時代はアーチェーリー部に属し、体育会の厳しさに育てられ、現在も芝浦愛の強い教員として大学活動に望んでいます。ただ一人だけ継続役員となり近年の建友会活動の停滞の責任は感じております。反面教師でもありますが、先輩達のリスペクトも忘れずに新たな体制で再活性化に取り組んでいきたいと思います。
 ・幹事【会計】見学 洋介(相田研1978年卒)

所属:横浜市役所建築局
経歴:19781983年 円堂建築設計事務所 1983年〜 横浜市役所
2007年〜建築法規・非常勤講師)

一言:もう30年も前ですが設計事務所から転職しようと思ったとき、たまたま、卒業生名簿に載っていた横浜市役所に勤務する見ず知らずの先輩に、相談に行きました。色々とアドバイスを戴き、お蔭で横浜市役所に転職することができました。5年前から母校の非常勤講師をさせていただいています。何故か、それ以来、毎年、卒業生のうち、何人かが、横浜市役所に就職しています。長い人生の中では建友会も一つの縁として大切にしたいものです。
 ・幹事【広報】寺松 康裕(藤井研1977年卒)

所属:建築編集研究所代表、早稲田大学、国士舘大学、九州大学非常勤講師
経歴:a+u編集部、『新建築』編集部を経て、『JA』編集長(19911998年)、『新建築』編集長(19982005年)

一言:現在は書籍などさまざまな出版物をフリーの立場で企画・編集する傍ら、他大学で近現代建築に関わる座学を担当しています。OBの縦横のつながりを構築し活用できるものとなるよう、お手伝いをさせて頂きたいと考えています。皆様ご自身や学友の活動をお知らせ下さい。
・幹事【広報】隈澤 文俊(梅村研1984年卒)

所属:芝浦工業大学工学部建築工学科
経歴:1984年〜 東京大学生産技術研究所 1996年〜 建設省建築研究所

一言:2000年に建築工学科に着任し,建築構造にかかわる教鞭を執り、今春13年目を迎えます。校舎の新築・改修が進み、大宮も芝浦も我が学生時代からは想像もつかない変わり様です。学科の本拠地が豊洲に移転して、丸6年が経過します。卒業生の皆さま、開発著しい豊洲にも、是非、足をお運び下さい。よろしくお願いいたします。
・幹事【広報】小松亜紀子(岡田研1999年卒)

所属:一般財団法人日本建築センター
経歴:1999年より現職

一言:学生時代はもちろん、卒業してからも芝浦OB、建工OBの方々と様々な場所で出会い、お世話になっております。その「つながり」を作る場として建友会が機能するよう微力ながら、お手伝いさせていただきます。また、広報として、みなさまのご活躍を紹介したいと思いますので、ご協力のほど、よろしくお願いいたします。
・幹事【名簿】赤堀 忍(沖研1978年卒)

所属:芝浦工業大学
経歴:芝浦工業大学大学院を修了後、設計事務所勤務の後、仏政府給費留学生としてパリ・ベルヴィル建築大学留学。その後パリで設計事務所を主宰し、在仏16年。2000年帰国、現職。

一言:建友会を単なるOB会ではなく、現場で活躍するOBと学生との関係を繋ぐ組織として、活発な活動のできることを願っています。
・幹事【名簿】黒澤 智子(相田研1989年卒)

所属:有限会社 黒澤設計
経歴:卒業後、設計事務所勤務 2004年現設計事務所設立

一言:かつて前々会長の設計事務所に勤めていましたが、傍観者としてただ大変そうだなという印象のみでした。今回、多くの方にお会いし、先輩方の多大な労力の上に会が成り立ち、運営されてきた事を知りました。
微力ながら、より良い会となる様、お手伝いをさせて頂きます。
・幹事【名簿】竹中 康友(藤井研2003年卒)

所属:NTTファシリティーズ
経歴:卒業後、設計事務所勤務  2011年よりNTTファシリティーズ

一言:今まではあまり知ろうともしなかった建友会ですが、皆さんのお話しを聞くほどにその意義・役割を理解するようになりました。学生・OB・学部と広い交友を実現できるようお手伝いできればとおもいます。また、名簿担当として、OBの方々にご協力をお願いすると思いますが、その際には宜しくお願いいたします。

・幹事【企画】矢谷 明也(三宅研1983年卒)

所属:舞鶴市役所建設部都市計画課  国立舞鶴高専非常勤講師 
経歴:一級建築士 博士(工学)

一言:卒業と同時に地方に引き籠りで今日まできました。田舎暮らしをしながらも大学時代に培った芝浦魂だけは磨き続けているつもりです。常に向上心を持ち続け物事を「見る」のではなく「診る」という姿勢が大切だという信念で切磋琢磨しています。全国津々浦々の建友会の会員の皆さん、大学からいかに遠くにお住まいでも、終身建友会の会員ですのでお忘れなく。
【監査】岡本 知子(相田研1989年卒)

所属:轄イ野建築構造事務所
経歴:19913月芝浦工大大学院(相田研)修了、19914月より大成建設設計部を経て1997年より轄イ野建築構造事務所所属

一言:この度、監査役となりました岡本と申します。正直なところ今までは建友会の詳細な活動に関してはよくわかっておりませんでした。けれども建築業界は縦横のつながりが思った以上に重要であると身にしみて感じる昨今ですので、建友会が卒業生やOBの方々にとって色々な意味で親しみやすい活動の拠点となれれば、業界の活性化にもつながると思います。そんな活動に少しでも役に立てる様頑張りますので宜しくお願い致します。

【監査】宮谷 敦(三宅研1986年卒)

所属:給{谷設計  代表
経歴:1988年本大学院修了、19901997年フランス政府給費生として渡仏、帰国後に個人事務所を設立。

一言:三宅理一先生が本学におられた1999年までは、よく芝浦キャンパスを訪れていましたが、その後は全く足を踏み入れる機会がありませんでした。そうしたなか、パリでお世話になった赤堀忍先生から「たまには大学に来るのも、いいものだよ」と役員のお誘いをうけ、はずかしながらこの1月に、はじめて豊洲キャンパスを訪れました。現役学生さん達が羨ましい限りです。

 問い合わせ


お問い合わせの際は、卒業年次もお知らせください。

芝浦工業大学建築・土木学群書記センター(建築工学科)
FAX 03-5859-8401
E-mail  shibaurakenyuukai ◆
             ※ ◆は「@yahoo.co.jp」と変換して入力してください。

profile

芝浦工業大学 建築工学科 建友会

〒135-8548
東京都江東区豊洲3-7-5
FAX.03-5859-8401