HOME  INTRO  FOOTWORK-1  FOOTWORK-2    ENGINE     EXTERIOR    
    COOLING  INTERIOR   POWERーFC  CONSIDER  PHOTO  CX-3  
    SPOTGUIDE   LINKS   MAIL
   RANDAM PHOTO

  エクステリア

 LEDヘッドライト  うちのFDもヘッドライトはハロゲン時代の車。
以前はディスチャージヘッドライト(HID)に交換しようかとも思ったが
ほとんど夜間乗ることはなかったので放置プレイだったw
HIDに交換する場合は別電源やアースを取ったりする必要もあるし、バーナーやら
別のパーツも付属するので意外に面倒だったりするがLEDヘッドライトはハロゲン
バルブと入れ替えるだけのお手軽さ。

それに時代は変わって今はLEDヘッドライトが主流。
夜間乗ることはないといっても、ハロゲンバルブではなんだか古臭い感じがして、
安くても十分だと思い導入することにしたw
ネットで物色していたら中華製でも割と評価が高くてとにかく安いものがあった。
FDにも付けられるか心配だったが、付けてる人がいたので迷わず購入。
バルブの部分はハロゲンよりかなり大きいが問題なく取り付けることができた。

 


リトラのカバーを外してバルブを交換するだけ






 クリスタルヘッドライト  今更ながらFDのヘッドライトを交換した。
FDの一番時代を感じさせる部分として、ヘッドライトが昔ながらの
カットだということがあげられる。
そんなこともあって社外のクリスタルヘッドライト リフレクタータイプが
売られているわけだが、もともとは2万円以上していた。
しかし最近は大分値段も下がってきたし、それよりもそろそろ在庫が尽きて
手に入らなくなりそうな雰囲気だったので、ついに買ってしまった。


左右のビスを取って黒いカバーを外し、次にリトラのカバーも外す。




ライトユニットを固定しているビスとスプリング、後ろのカプラーを抜いて外す。


見た目はやっぱりキラキラの方が今風でいいね。










交換はとても簡単で、1時間もかからないが最後カバーをきちんと合わせて
つけないとバンパーやボンネットと高さが合わなくなるから注意。

普段は隠れている部分だけど、装着してみるとやっぱりキラキラで今風になってくれて嬉しい。

ドアサッシ外れ対策 昨年あたりから運転席側の窓枠についているウエザーストリップが
 走行中に風圧でちょくちょく外れてきていた。
 特に高速道路を走行中に少しでも窓ガラスを開けるとベロンと外れて、
 あわてて窓を閉めてパーキングエリアに行ってはめ直すことしばししば。
 構造的に接着剤も使わず、ただゴムを差し込んでいるだけだから
 経年劣化で外れやすくなったとも考えられるが、2型の時は一度も
 こんな不具合は無かったから不思議。
 とにかくこのままでは窓すら安心して開けられないので、なにか対策を
 しなければならない。
 接着剤を使えば簡単かもしれないが、ちょっと抵抗があるので今回は
 両面テープで対処。
 念のため一応左右両ドアを施工。

 

 
 
REワッシャー 某ロータリーショップで売り出したのを、ちょっとパクッて作ってみたw。
  単なるM6ボルト用のワッシャー(座金)だけれど、おむすび型の「ローター」
  をモチーフにしていてロータリーオーナーには気になる一品w。
  材質は本家のチタン製に対して、ステンレス製とし、板厚は1mm。
  さっそくFDのナンバープレートを止めているボルトに装着。
  ボルトにかませて、さりげなくロータリーエンジン搭載車
  であることをアピール。


  2007.9月23日 追記
  このワッシャーについての問い合わせが結構あるので、ヤフーショップ
  販売することにしました。
  この他、「星」と「花」も用意してそれぞれ5個セットで1500円。
  もちろん、M6ボルト用なのでナンバープレート以外にも応用できます。


    

    

    
ブリスX 以前に紹介した自動車用ガラス繊維系コーティング「ブリス」の
  最新版「ブリスX」。
  効果期間が約9ヶ月。今までの「ブリス」の効果期間は約4.5ヶ月
  だから約2倍長持ち。
   それでいて1000円位の価格アップ。

  ちょっと高いけれど一度使っちゃうと施工がとても楽で、もう他の
  カーワックスが使えなくなるw。
  洗車後、濡れたままのボディーに吹き付けて、あとは水で流して
  拭き上げるだけ。
   にも関わらず、深みのある艶と高い耐久性を維持してくれる優れもの。
   CDケース・携帯電話等、表面がツルツルしたプラスチック
  用品や、おもちゃ、電化製品にもコーティング可能。
  
  
  
ユーロテール 前々から気になっていたユーロテールがあったのでとうとう付けてみた。
 BIG LUCK CORPORATIONというメーカーらしい。
 RX−8のテールランプをモチーフにしているがハデ過ぎず、フロントの
 コンビランプとのコーディネートもノーマルよりいいかもしれない。
 つくりはそんなに悪くなし、とりあえず車検対応品。バルブやカプラーは
 そのまま使用し、ボルトオンなのもうれしい。ただ、なぜか取り説が付いて
 こない。
 
 レーシングカーデザイナーの由良拓也に言わせるとスポーツカーのライトの
 中を造りこむのは邪道らしいが、10年もFDに乗り続けているとそろそろ少し
 お尻も見飽きたので変化をつけたくなった。
  
 ちょっとこれを機にランプのLED化もやってみたいと思ったがカーショップに
 行ってLEDランプを物色してみると値段も高いがすべて車検非対応という
 ことで断念。その代わりフロストバルブというすりガラスのバルブを見つけた
 ので使ってみることにした。なんでも光が柔らかく拡散するのだとか。
         
                            

  
  
  

  
  まずリアゲートを開けて、ねじ3本で固定されている両側のコーナーカバーを外す。


  
  テールライト本体を外側にスライドさせると外れるが結構きついのでボディーに
  キズをつけないよう注意する。


  
  丸の部分が3箇所ファスナーになっていて、はまるようになっている。
  それにしてもテールランプ本体を外してわかったがここは雨水や洗車水が
  ジャンジャン入り込んでいる。経年劣化でファスナーやグロメット部から水が
  内部に浸入してもおかしくない感じ。この構造をみると結構FDの雨漏りの
  クレームが多いのも理解できる。時々、チェックが必要かも。

  
  このユーロテールはなぜか3箇所ファスナー部の取り付け方法が違うので注意。
  ユーロテール側が突起になっている為、丸部を引き抜く必要がある。
  これも相当きついのでプライヤー等でキズを付けない様に引き抜く。


  
  バルブは普通のバルブを付けるのも面白くないのでたまたま見つけたフロスト
  バルブを付けてみた。


  
  純正はテールランプをスライドさせて取り付けるがこのユーロテールは先ほどの
  ファスナーの穴に突起部を差し込んで固定する。バルブが切れて交換する時は
  注意しなければならない。
BLISS  
  
ガラス繊維系ケイ素ポリマー ブリス320ml 6090円
 最近話題のブリスを使ってみた。というのも高速走行後はどうしても虫の死骸が  
 フロントバンパーに付着する為、そのままにしておくと取れなくなる可能性がある。
 うちのFDもエスクードも一応ポリマーコーティングしているが、それを取り除くの
 にそのつどバンパーだけ水洗いしているとボディーに比べて次第に艶が無くなっ
 てくる。通常ポリマーコーテイングした後は水洗いだけでいいのだがバンパーだけ
 でもなにか艶を復活させられる物はないか探していた。
  このブリスの特徴に「ポリマー施工後のメンテナンスとしてもこれ以上の物はあり  
 ません。」という部分があり、ためしに使ってみることにしたという訳である。
 ガラス繊維系なので酸化しない、高耐久などの特徴がある。
 
 使い方はいたって簡単で
 1. 自動車のボディーを水洗いし、砂・ホコリ等を洗い流す。
 2. 水滴が残っている時点で、ブリスをよく振ってからボディー各部に吹きかける。
 3. 再度、直ぐに水をボディー全体にかけ、余剰成分を流す。
 4. 直ぐに、柔らかいウエス等で水滴と一緒に拭きあげて終了。


 
 上の写真では少しわかりずらいが艶はなかなかいい感じである。ただ、最後の
 拭き取りで静電気が発生しやすいようでクロスの繊維が付着する。
                 ブリス320+G510+クロス2枚セット  
 ブレーキキャリパー
     ペイント
ホイールを18インチにしたこともあり、最近流行りのブレーキキャリパーペイント
  をやってみた。高温になるパーツでもあるので塗料は一応マツダ純正を購入。
  しかし、ディーラーの話では容量が少ないので2本必要らしく、2800円*2で
  5600円となった。塗装まで依頼するとこの他に工賃がかかる。
  自分でやる場合はまずシリコンオフ等で脱脂するのを忘れないこと。
   メーカーはスリーボンドのもので防錆塗料とは書かれているが耐熱とは書か
  れてないのが気になった。
  

  
                    フロント
  
                    フロント
  
                      リア
  
                    リア

  当然のことながら最低限タイヤははずさなければならないが、キャリパー自体は
  はずしてもはずさなくても好みである。こだわりのある人は本当にすべてばらして
  隅々まで塗装すればよい。今回は基本的にホイールの外から覗いて色むらや塗
  り残しが無い程度にばらさずにそのまま塗装した。 したがってタイヤをはずして
  反対側や下から見ると塗ってないところがある。所詮、はけ塗りであり、ブレンボ
  のような仕上がりを期待してはいけない。 ただ、足元のアクセントとしては結構
  満足度は高い。
   フロントリップ
           スポイラー

   2型のみ
 5型純正
    今まで旧型の純正を付けていたが雑誌で5型のリップを1型につけている
  のを発見。さっそくディーラーに発注の電話をしたところ合うかどうかわから
  ないとの回答。しかしまあなんとか付けられるだろうと購入した。15000
  円。旧型をはずし5型用と取り付け穴の位置を比較すると両側ブレーキダ
  クト間中央部分はほとんど全く同じ。その反面両側ブレーキダクトより外側
  の両サイドは全く穴位置が合わず旧型に合わせてあらかじめ開け直して
  からとりつけた。 また位置決め用の突起も合わないのでニッパーなどで
  カット。尚、下の写真でも分かるように少し長い。塗装は直接塗料を塗らず
  カーショップなどに売っているバンパープライマーを下塗りしてから行うと剥
  がれずらい。
       
フロントリップ
     スポイラー
塗装
   6型のみ

   
 5型以降のフロントリップスポイラーを取り外すのにはちょっとこつがいります。
 というか前期型よりも止め数が多くさらに両端がリベット止めされており簡単に
 外せないようになってます。まずボルトを全部はずします。

   
 次に両端のリベットを外しますがこれはもうバンパーとリップスポイラーの間に
 大きめのマイナスドライバーを差込みこじるしかないでしょう。一度外すともう、
 使えなくなりますがこれだけのボルトで止まっているのでなくても大丈夫でし
 ょう。

   
 さらに真中にクリップがありこれは下に押せば外れます。その他あちこちに位置
 決めようの突起がありますがリップスポイラーを外しずらいので切り取りました。
 塗装方法は2型と同じです。
  リアスポイラー
     2型のみ
  エスプリ製
     デザイン的に一体感があり、あまりつけている車がいないのでこれを選ん
   だ。取り付けてみて付けている車が少ないも当然だと思った。  購入時に
  取り付け工賃をサービスしてくれるということでその言葉に甘んじて付けて
  もらったが結局自分でやり直すはめになった。というのも取り付け方法が、
  下部はバンパーとハイマウントストップランプとの間に突起部をはさみこむ
  だけであとは全て両面テープにて取り付けるというものであるが単純に両
  面テープ一枚だけで貼りつけるとすぐに剥がれてしまう。ここで注意しなけ 
  ればならないのは強力な両面テープ(3Mのものを使った)を3層位に重ね
  て使用すること。
  一層だけだとフィット性が悪くテープが完全に密着する前にはがれてくる。
  それからもう一点、スポイラーの裏がわがFRPの地肌でザラザラしてる為、
  クリアラッカースプレーなどでペイントしなければ両面テープの付きが悪い。
  私の場合ショップで取り付けてもらった後自宅に着いた時点ですでにはが
  れていた。高速道路などでスピードを出していたならば飛んでしまってなく
  なっていたかもしれない。
  しかし以上の方法で2年ほどたったが200km/h以上でも問題なし。それ
  でも心配であれば上部を2、3箇所ビス止めした方が安心できる。 
  尚、このスポイラーは未塗装のものと純正色塗装済みのものがある。今
  回純正色塗装済みものを購入したが色が多少違うので未塗装のものを
  購入しボディーに合わせて塗装してもらった方が良いでしょう。
     
 ホーン 2型のみ  BOSCHラリーストラーダ
   日本車全般に言えることだか゜ホーンの音がしょぼすぎます。その点ヨー
   ロッパ車特にスポーツカーの音は良く考えられています。という訳でこの
   ラリーストラーダに交換しました。カーショップで安売りの時に2、3千円で
   買えます。リレーハーネス不要で純正ホーンと差し替えるだけです。音も
   そこそこいいです。ただしこれもまた取り付けが大変。純正ホーンが2個
   付いていますが場所が別々で1個はボンネットラッチのすぐ前のバンパー
   の中に有りすぐに見つけられますがもう1個なかなか見つけられません。
   配線をたどってようやく見つけました。バッテリー側のバンパー裏側オイル
   クーラーの横にありました。バンパー裏側から手を入れて作業しますが、
   手探りのうえ狭くて苦労します。バンパーを交換する時にやったほうが楽
   かも。付属のステーを利用して下の写真のようにバンパー裏に取りつけ
   ますがこれもまた狭くやりずらいです。
         
   
 ホーン 6型のみ  BOSCHラリーストラーダ
   6型の場合、2型よりは多少楽です。2個とも同じ場所にあり、バンパーを
   はずさなくても何とかできます。
       

 ストラットタワー
  バー

     6型のみ
6型純正ストラットタワーバーは2型の赤色塗装のものに比べて塗装の
クオリティーが低く黒色のため車体と同じブルーに塗り直した。一応脱脂
したのち念の為プライマーを塗ってから塗装した。


  ヘッドライト PIAA エクストリーム
  H.I.Dにちかいホワイトブルー光。 60/50→135/125W
  ノーマルから比べるとかなり明るく白い光なので見やすいです。
  車検対応でリレーハーネス不要なのがうれしい。ライトカバーを
  はずせば簡単にとりかえれます。
リアスポイラー
  6型のみ          
以前リアスポイラーのカバーのみ黒のつや消しで塗装しましたが、
 今度はカーボンルックに変更しまし  た。カーショップでカ−ボン
 ルックのシートを見つけたので挑戦してみました。
 熱で伸縮するタイプです。
     
     以前の黒つや消し塗装仕様。

     
     カーボンルックシートを少し大きめ大きめにカット。

      
     良く脱脂したカバーに裏紙を剥がしシートを貼りつけますが空気が入ら
     ぬようにタオルなどを使用しながら貼りつけます。そしてカバーの形状
     より20ミリ位おおきめに切ります。

     
     ヘアドライヤーを使いながら少しづつ縁を貼っていきます。このシートはドラ
     イヤーの熱で柔軟性が増すのでとがった角も引っ張ればフィットします。

       
      あまったシートをカッターで切り取り完成。

 
純正サイド 
     ステップ

   
純正サイドステップ
 リアフェンダー下のハネ石による傷が気になり取り付けました。まだ5000km
 程度しか走行してませんが張り出した形状の為、傷がつきやすいのでしょう。
 いろいろと社外品も検討しましたがやはりさりげないデザインやクオリティー、
 フィッティング等を考慮すると純正が一番かなと。材質は一般的なFRPではな
 くウレタン製であるため割れたりすることはほとんど無いと思われますが重量
 が左右で9kgと少しばかり重いのが欠点。また価格も定価約12万(取りつけ
 工賃別)と高いけれども純正色塗装済みなのでこんな物でしょう。色もブルー
 に関してはそんなにボディー色との違いは有りません。フロントとリアが2分割
  になっており1型から6型まで共通です。オークション等で入手した人のため
 に取り付け手順を公開します。ただし、今回の取り付けでは独断と偏見により
 万全を期すため多少説明書と変えた部分もあります。

取り付け

 用意するもの
 
 上記のなかで今回はKガイドピンは必要無いと判断し、使用しませんでした。
  またHモリーナットも使用せず代わりにM6のポップナットを使用したので電
  気ナッターを会社から借りてきて使用しました。それによってIM5ボルトを
  使用せずM6のステンレスボルトとワッシャーをホームセンターで購入し、使
  用しました。その他、ポリマーコーティングを施しているためシリコンオフも購
  入し両面テープ貼り付け面を拭きました。取り付け位置を決めるためのS型
  紙も付いてきますがやはりそれにこだわらずに一番フィットする位置を見つけ
  た方が良いと判断し、今回は全く使用しませんでした。


  
1.車両ビスをまずはずします。これは短いので使いません。既存の穴で使用す
  るのはここだけです。


  
2.とりあえず仕事をしやすくするために2つジャッキを用意して前後
  とも同時にジャッキアップ。

  
3.取り説ではリア側から付けてますがフロント側から取り付けました。と言うのも
  フロント後部にリア前部がはまる構造になっているので、一人で長いリア側の
  位置決めするときにやりやすいと判断したからです。ガムテープでフィッティン
  グして下写真の2個所の長穴位置にマジックでマーキングし、はずしてポンチ
  ングしたあとΦ4位の下穴を開けてからΦ9.1の穴を開け、やすりできれいに
  バリを取ります。  


  
  
4.穴のバリをのきれいに取ったらタッチアップして乾いてからガードシートを貼り
  M6のポップナットが差し込めるように十字にカッターで切り込みを入れます。
  今回はアルミ製のポップナットを使用しました。ポップナットを差し込んでから
  電動ナッターでかしめます。次に上写真のようにフロントサイドステップの裏
  に付属の接着剤ポリネートを80ミリピッチ位でダンゴ状に塗布し、下側と後
  ろの両面テープだけはがします。上側の両面テープは最後に剥がすので端
  を少しだけ剥がしておきます。装着前にシリコンオフで良くボディーを拭き、脱
  脂しておくことを忘れないこと。

  
 
5.フロントサイドステップの裏2箇所をM6のステンレスボルトとワッシャー、
  それと肉厚が厚いので付属の長さ11ミリのRカラーをかまして締め付け
  ます。同時にFフェンダー内の既存の穴も付属のDタッピングスクリュー、
  ワッシャー、11ミリカラーで留め、最後に上側の両面テープを剥がして十
  分手で押し付け密着させるとフロント側の完了です。


  
6. リア側もフロント側と同じようにまず一番フィットする位置を見つけて
  ガムテープで固定し各穴位置をマジックでマーキングしたあとセンタ
  ーにポンチングします。車体裏3箇所はフロント側と同じようにポップ
  ナットを取りつけます。リア側はタイヤをはずさないと出来ません。


  
7.次にリアフェンダー部2個所はΦ4位の下穴を開けた後、Φ6.5の穴を
  開けきれいにバリを取ってタッチアップします。


  
8.リア側もフロントと同じ手順で取りつけますがリアフェンダー部2個所は
  付属のM5ビス、ナット、ワッシャーと8ミリカラーを使用します。


  
9.隙間も無く無事完成。
 自分で取り付けてみて感じることはやはりショップやディーラー等で付けた
 場合少しでも手を抜かれると錆びが発生してくるということ。ボディーとサイ
 ドステップの間に雨や洗車時に水が入るとなかなか抜けないことは容易に
 想像できる。大きな穴をいくつも開けているので染み込めばすぐに錆びが出
 てくる。一応万全は期したつもりだがあまり高圧洗車機などはかけたくない
 のが正直なところ。