HOME  INTRO  FOOTWORK-1  FOOTWORK-2    ENGINE     EXTERIOR    
    COOLING  INTERIOR   POWERーFC  CONSIDER  PHOTO  CX-3  
    SPOTGUIDE   LINKS   MAIL
   RANDAM PHOTO

    冷却 FD3Sの最大の弱点

ォーターウェッター RED LINE  ォーターウェッター

   water wetterは、従来のクーラントに比べ粘性が非常に低く、熱伝導性
  が2.5倍以上優れている。
  またラジエターの熱交換の妨げになるキャビテーションを防ぎ、100%
  ラジエターの性能を発揮し、熱からエンジンを守る。

  
  FDのオーバーヒートの原因は高回転時にウォーター
  ポンプで発生するキャビテーション時の気泡だという
  ことらしいので消泡効果もあるコレを入れてみた。
  
  定価2000円と安いので保険の意味でも導入。
  サーキット走行はしないので効果の程は正直よくわからないが、
  導入後、たまたまフェラーリF430スパイダーと峠バトルをした。
  時間にして15分位だろうか、ほぼ全開だったが水温は95度位
  で安定していた。(FCコマンダー読み)
   
  [使用方法] 
  冷却水12L〜16Lに対してwater wetterを1本使用。
  凍結防止剤を含まない為、寒冷地での使用はクーラント
  液との併用が必要。※競技、スポーツ走行では、2〜3
  倍で使用すると、より効率があがる。


  

  キャビテーションは、水流内の圧力の飽和蒸気圧より
  低くなると、水が蒸発したり溶存気体の遊離で気体が生じたりし、
  気泡が生じる現象。
  気泡がつぶれるときに衝撃が発生し、騒音振動を発生させ、
  機器の効率を低下さる。
  また、壊食などで機器を破壊することがある。



  

  

  クーラント投入口のレベルを見るとLOWレベルだったのでwater wetterを
  少しづつ投入したところ全部入れて丁度HIGHレベルになった。

    LLC
 
 BILLION  SUPER  THERMO  (放熱性の良いクーラント)
      自宅前で車のフロントだけジャッキアップして作業したがやはりエンジン
      が斜めになる為、古いクーラントが完全に抜けきらなかった。ショップや
  ディーラーでやってもらったほうが良いかも。
    インタークーラー
          2型、6型共通
 冷却ファン取り付け
      空気取り入れ口がとても小さく、 構造上どう見てもインタークーラーの
   効率が悪いので インタークーラーの裏側にパソコン用の軸流ファンを
   2個取り付け空気を強制的に吸い込む様にし、 室内のスイッチでON、
   OFFするようにした。 電子部品専門店 などで1個1500円位で売って
   いる。0.3A,12V用なのでそのまま使える。取り付け後は熱だれが減った。
   走行後、アルミ製のインタークーラーパイプのIN側は触れない位熱い
   がOUT側は十分触れる位、温度差があります。耐久性は常時回転
   させて2年ほどたちましたが今のところ問題ありません。ただし、安全
   の為途中にヒューズを入れてます。

     

  

     
     FDの場合、配線を室内に引き込むのに結構苦労しますが助手席側室内と
  エンジンルームの間にあるエアコン配管のグロメットを利用すれば割と楽
  です。この場合ファンのプラス線1本引き込めばOKです。
  マイナス線はボディーアースです。

   
   配線の先端に割と硬めの針金を固定してエンジンルーム側からグロメット
  に突き刺します。室内に出てきたら引っ張って完了です。スイッチにつな
  ぎます。
  
   
 フォグランプ用のスイッチを購入しファンのオン、オフを行います。

 
 電源は運転席側にあるヒューズボックスのシガライターヒューズを利用
 しました。カーショップに売っている{ヒューズから電源をとる配線}を買って
 利用しました。もちろんプラス電流でスイッチにつなぎます。
 
     防熱板カバー
     2型、6型共通

 エアクリーナー防熱板カバー
    剥き出しタイプのエアクリーナーを取り付けた場合どうしてもラジエター
  からの熱風をまともに受ける為、せっかく吸気抵抗が減っても吸気 温
  度が上がってしまいパワーダウンやノッキングの原因とな ってしまう。 
  そこでアルミ板を加工して防熱カバーを取り付けました。 5、6型の場
  合ナンバープレートの裏にフレシュエアーの取り入れ口が有り、この
  遮熱板で効率よく吸入できます。
  
 作り方
  1.5mm厚のアルミ板を使い製作しました。今回は会社のレーザー
  加工機で切断し、折り曲げ機で曲げたのでDIYで製作する場合は
  もう少し板厚を下げれば金切りはさみで切断し、当て金で曲げれる
  と思います。寸法図は下図のようになりますが使用するエアクリー
  ナーによってR82.5の半径と位置は変わるかもしれません。
  M’sのエアクリーナーの寸法です。赤い点線は折り曲げ線。
  

                      展開図


     
              完成図
 
取り付けは下写真のように純正エアクリーナーボックスを固定している2個の
ブラケットにカーショップで売っている穴の開いたステーを利用して取り付けま
す。フロント側はちょうどラジエターアッパーホースとヒューズボックスの間に
差し込むかたちになります。
  

  

  

   
 効果 FCコマンダーで吸気温度を見ると渋滞時70度以上になる
    が70q前後の巡航で50〜60度、高速道路巡航で35〜50度
    まで下がる。ただし、上記のインタークーラーファンと併用して
    の数値です。
 フロントバンパー
        2型のみ  
            
 フロントバンパー穴あけ
        より一層フレッシュエアーを取り入れる為、フロントバンパー裏側の
   衝撃吸収材に3箇所ホールソーで穴を明けた。バンパーに直接穴を
   明ける方法はよく雑誌などに出ているがちょっと外観に手を掛ける
   ことに抵抗がある人向け。フロントバンパー開口部の上を見上げると
   バンパーの陰から黄色のグラスファイバー製の衝撃吸収材が見えま
   す。ちょうど3箇所穴を明けるスペースがありそこに35パイのホールソ
   ーで2連づつ穴をあけます。この時素手でやるとグラスファイバーのき
   り粉が手に刺さるので軍手をつけた方が良いでしょう。最後に掃除
   機できり粉をきれいに取り除きます。